権現岳ジオサイトを見学してきたよ、山の上にある巨大構造物にビックリたまげた!
2017-10-26 Thu 11:18
 takeさんはウェブ地図「地理院地図(リンク)」を眺めるのが好きで、先日も「渓流の源流域へと車で直接アクセスできる、楽ちんな釣りの穴場は何処かにないもんだろか!?」とネットで地図を眺めておりました。下の地図は能生川の中流域、西飛山の集落辺りになります。左岸からそれなりの規模の支流が合流しており、しかもかなりの上流まで道が続いている(地図中央の辺り)ようです!しかし地図上では実線で示されている道も、実際はほぼ廃道となっていて徒歩による通行すらもままならない状態であることも少なくはありません。その辺りを確認するのに便利なのが、地理院地図のサイトで閲覧できる空撮映像なのであります。クリック1つで地図を空撮映像の画面に切り換えられるのでありますよ~ほれポチポチポチッとな!w (以下の写真は全てクリックで拡大可)


 空撮写真の画像に切り換えても道がしっかりと写っていれば、その道は十分な幅があって車での走行が可能であるという事になります。そして地図中央辺りに記されていた道は、空撮映像でもハッキリと写っております!…おんやおんや…その道を辿っていくと山の上に、不自然な長方形が目につきました。一体こんな場所に何があるというのでしょうか、ズームアップしてみると…
P0000785.jpg

 ななななんじゃこれは、山の上に謎の巨大な長方形の構造物があるぞい!その左側にも謎の白っぽい地形が見えます、土砂採掘現場にしてはちょっと妙な感じだし…秘密の飛行場か何かだったりして!?w
P0000788.jpg

 さらにその右側には池と駐車場のような施設が確認出来ますが、Google地図を見ても詳細は全くの不明でありました。この謎の施設群の正体は一体何なのか、早速現地へと赴いてその秘密を探ってきたのであります!
P0000790.jpg

 山の上へと至る林道の入口から上を見上げると、そこには急峻な山がそびえ立っておりました!この山は「権現岳(詳細情報)」で、この中腹に目的地である謎の施設群があると思われます。さぁ謎の施設に突撃だぞと、車で林道を上り始めると…
P0000800.jpg

 およよ、目の前にでっかい看板が現れました。なぬなぬ…ほぉ、「雪崩から安心な暮らしを守る」ですって。昭和61年の1月に権現岳の中腹にて巨大な雪崩が発生し、麓の集落を襲ったのだそうな。13名もの尊い命が奪われた、非常に大きな災害だったようです。雪崩による災害が再び発生せぬよう各種の対策が講じられ、雪崩の流れを変換して拡散させる「誘導工」や、雪崩の勢いを弱める「減勢工」などが山麓の各所に設置されたのだそうな。そうかそうか、空撮映像に映っていた長方形の巨大な構造物は「1号誘導工」だった訳ね、これにて疑問は解決ミッションコンプリート!…って、いきなり答えが出てしまったでないですか…どうすんだよコレ…www まぁとりあえずアレだ、実際に現地へと赴いて実物をこの目で見てこようそうしようw
P0000802.jpg

 おぉ、権現岳はユネスコによる「権現岳ジオサイト(詳細情報)」に認定されておるのだそうな!独特な形状をした権現岳や大規模な治山工事など、なかなか見所の多い地域のようでありますの。
P0000806.jpg

 さらにそのすぐ近くに、雪崩で亡くなった方々の慰霊碑がありました。再び大きな災害が発生せぬよう祈るばかりです。さぁここからは、山道をグングン上って権現岳の中腹を目指すべし!
P0000808.jpg

 お、あそこに見えるのは「防護柵」ですね、集落手前で雪崩を止める最終防衛ラインであります。
P0000810.jpg

 さらに山道を上ると、今度は道を跨いで設置された巨大な「減勢工」が現れました。こういう巨大な構造物を間近で目にすると、なんかゾクゾクしちゃうよねw
P0000814.jpg

 続きましては、空撮映像で確認できた謎の池が姿を現しましたぞ!
P0000817.jpg

 この辺りは「柵口地区水と土保全モデル公園」として整備されておるようです、謎の施設群は単なる公園だった訳かw
P0000818.jpg

 駐車場の脇には立派な小屋が建てられており、キチンとトイレも設置されてましたよ。
P0000819.jpg

 …これ、やっぱり渡らなきゃダメっすか!?w
P0000820.jpg

 ややっ、水面に生命反応あり!なんか魚いるぞ!!この日は丁度フライロッドが車に積んであったので、ドライフライを結んでキャストしてみたら…
P0000822.jpg

 ひょひょひょ、一発で喰ってきたw 果たしてお魚さんの正体はなんじゃろかと慎重に寄せてみると…
P0000824.jpg

 鯉の子供でした~サイズの割に結構いい引きした♪
P0000826.jpg

 また釣れた、いくらでもバンバン釣れるwww
P0000828.jpg

 待て待て今日は釣りをしに来たのではないのだw 気を取り直してさらに山道を上ると、いよいよ今度は巨大な「誘導工」が見えてまいりました、コイツで雪崩の向きを変えるって訳ね!
P0000830.jpg

 これが一番巨大な「1号誘導工」であります、空撮映像に映っていたでっかい長方形の構造物ですね。
P0000835.jpg

 パラグライダーの飛行場の様にも見えます、見晴らしも良く結構な迫力でしたよ。
P0000838.jpg

 この誘導工は昭和61年に作られたとのこと、災害があったその年にすぐ対策を行ったんですね。
P0000840.jpg

 そして1号誘導工のすぐ近くには、万年雪をたたえた雄大な権現岳がそびえ立っておりました!
P0000843.jpg

 近くには巨大な説明書き看板も設置されておりました。崖の上の方に見える溝は、度重なる雪崩によって削られた跡(雪崩溝)なのだそうです。
P0000850.jpg

 さらに近くには、万年雪に関するパンフレットも用意されてました。画像クリックで拡大出来ます、宜しければ目を通してみて下さいませ。
P0000864.jpg
P0000866.jpeg
P0000868.jpeg

 万年雪に接近してみました、かなりの規模であります。冷蔵庫のない時代にはこの万年雪が、子供の熱を冷ましたり、魚を冷やすために使われていたのだそうです。
P0000870.jpg

 今度は権現岳の登山口を目指して車を走らせると、草に覆われた山小屋が姿を現しました。かつては登山者の休憩場所などに利用されていたのでしょうか。
P0000888.jpg

 その横に設置された看板には昭和49年7月9日と書かれています、柵口雪崩が発生する前に設置されたものなんですね。
P0000890.jpg

 さらにもうちょっと進んだ先に、権現岳の登山口がありました。この道を進んでいくと、あのデコボコとんがったお山のてっぺんへと行けるのかね…無理無理、そんな大冒険絶対にムリ!!w
P0000891.jpg

 そのすぐ脇に水場がありました。
P0000896.jpg

 冷たい水で喉を潤し、これにて本当にミッションコンプリートという事で、帰路へと着いたのであります。
P0000898.jpg

 能生にこんな見所が沢山ある山があったなんて、takeさん全く知りませんでしたよ。全て車で巡ることができますし、ドライブルートとしてはなかなか楽しいのではないかと思います。皆さんも次の週末は、能生の山奥までジオサイト見学へと行ってくるべし♪



にほんブログ村 アウトドアブログへ

別窓 | 2017年のアウトドア遊び | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
昨日もキノコ採り、ナラタケフィーバーは連チャンするのか!?
2017-10-14 Sat 19:18
 昨日は夜勤明けでヘロヘロだったのですが、夕方前のほんの短時間だけカブ号に跨がって山遊びに行ってきました!(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 今回は、先日ナラタケが山のように採れた(当該記事)某所へと再び訪れたのであります!あれからたった3日しか経ってないですからね、ナラタケはまだまだ山のように残っているに違いないと、足取りも軽く森の中へと分け入ってみますれば…
PA132340.jpg

 アイヤー全て流れてしまっておりました!たった3日でここまで状況が変わってしまうとわw
PA132349.jpg

 ほぼ全てのナラタケが跡形もなく消え去っており、一部のみが下の写真のようにかろうじて形を保っているという状況でした。ナラタケの収穫期って驚くほど短いんですね~こりゃ来年は、この場所へ頻繁に顔を出す必要がありそうですな。
PA132353.jpg

 ナラタケの代わりに、毒キノコである「ニガクリタケ(詳細情報)」が出始めておりました~キミは出てこなくて良いからw
PA132355.jpg

 同じく毒キノコである「スギヒラタケ(詳細情報)」も一気に育っておりました、もうこの場所は打ち止めですかの。
PA132369.jpg

 近くで一株だけ収穫できそうな「ナラタケ(詳細情報)」を見つけたけど、これ1つだけ持って帰ってもねぇw
PA132372.jpg

 もうこの場所は諦めて、バイクをゆっくり走らせながら周囲の森を観察していると…
PA132374.jpg

 お、「山芋のムカゴ(詳細情報)」を見つけました~何とか手ぶらで帰るのだけは回避できた♪
PA132379.jpg

 なこんなで昨日の収穫はこれだけです。このまま生でボリボリ食べても”ミニ山芋”みたいな感じの食味でバッチリ美味しいし、ご飯と一緒に炊いて”むかご飯”にしても美味しく食べられる優秀な山菜なんですよ。
PA132388.jpg

 前回採りこぼしたナラタケは残念ながら収穫し損ねてしまったけど、今度は山芋の方も採りに行かなきゃですね。ウカウカしているとあっという間に冬になって、雪が積もってアウトドア活動できなくなってしまいます~2017シーズンラストスパートもっともっと頑張るべし!



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

別窓 | 2017年のアウトドア遊び | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
キノコ採りに行ってきたです、ナラタケ祭りじゃ!
2017-10-11 Wed 21:15
 昨日はカブ号に跨りまして、キノコ採りに行ってきたです!(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 この日まず向かいましたのは上越地区平野部やや奥地の某所、この時期になるとtakeさんいつも訪れる場所であります。けどここ数年は、ここではめぼしい実績ないんだよなぁw
PA102214.jpg

 を、まずは近年になって毒キノコ認定された「スギヒラタケ(詳細情報)」を見つけました。見るからに美味しそうだし、香りも無駄に良い香りw
PA102217.jpg

 ところで”スギ”ヒラタケって杉の木だけじゃなくて、松の木にも生えることがあるんですなぁ!
PA102220.jpg

 この朽ち木に昔はナメコが生えていたんだけど、昨年頃から生えなくなってしましました。今年も多分ダメだろなぁ。
PA102226.jpg

 お、「ドクベニタケ(詳細情報)」を見つけました。毒で食べられないキノコだけど、可愛らしい見た目をしているから嫌いじゃないのだw
PA102228.jpg

 ここはこれ位にして、バイクに跨って小移動するよ~
PA102234.jpg

 続いて訪れましたのは、takeさんの山菜お師匠様であるDoumtakaさんに昨年「ナラタケが大量に生えていたよ!」と教わった場所であります。昨年はタイミングが遅く流れてしまった後だったんだけど、今回は…
PA102240.jpg

 ややややったぞ、「ナラタケ(詳細情報)」めっちゃ生えておる!
PA102242.jpg

 こちらにもワンサカとw
PA102247.jpg

 すすすっごい、ナラタケのスーパーラッシュじゃ!!
PA102249.jpg

 …終わりが見えない…エンドレスに続くナラタケの森で、さすがに疲れちまいましたですw
PA102251.jpg

 道の近くのを採っただけでもこんな凄い量になりました、これだけあれば十分っしょ!
PA102256.jpg

 この日は家に帰ってからが大変で、日付が変わる頃までずっとキノコを洗い続けておりましたです。山菜遊びはただ採ってくるだけじゃダメですからね、後の処理まできちんとやってこそ一人前なのじゃw
PA102330.jpg

 今回はDoumtakaさんのお陰で素晴らしい収穫となりました~大感謝です!今回ナラタケを山ほど採って、ようやっとナラタケを完全に覚えることが出来ましたです。次は自力で群生地を発見して、Doumtakaさんに教えてやりますのだ!!



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

別窓 | 2017年のアウトドア遊び | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
2017渓流シーズンラスト釣行、雄大な渓でゆったり竿を振ってきました!
2017-09-30 Sat 11:18
 2017渓流シーズンはいよいよ今月いっぱいで終了、という訳で昨日は今期ラストの渓流釣りに行ってきました!(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 今回向かいました渓は、先日のキャンプ釣行(当該記事)で最後に竿を出した場所であります。takeさん基本的には小さなヤブ沢での釣りが好きなんだけど、シーズンラストはやっぱりある程度の規模のある渓流にて、のびのびとフライロッドを振り回したかったのだw
P9292009.jpg

 今回の相棒はオービスのセブンイレブンスリー、takeさん最も信頼をおいている竿であります。扱いやすさ&釣り味どちらも素晴らしく、これを超える竿は今まで見たことがありません。ここ一番の釣行では、やっぱりこの竿に手が伸びてしまいますね。
P9292022.jpg

 水の具合は前回と同じく若干少なめ、フライを流しやすくtakeさん的にはベストのコンディションでした。前日の雨の影響が残っていないかと心配してたけど、杞憂に終わってくれましたです。さぁラインを伸ばして、実釣開始なり~
P9292025.jpg

 ふおぉぉいきなりバラしちゃったw けど今回は魚達の活性が、前回釣行時よりも格段に良いようです!この調子なら次もすぐに釣れてくれるハズなのだ…
P9292026.jpg

 ほれ釣れた!そら釣れた!w この渓のイワナはコンディションが良く、トルクのあるファイトをしてくれるからこれまた楽しいんだよね♪
P9292027.jpg

 崖の上から渓を見下ろしていると…およよよ、流れ出し付近に結構なサイズのイワナ達が群れをなしてワラワラ泳いでおる!こりゃ見逃す手はないっしょ、このポイントだけで5匹は釣れちゃいそうな気がするもんねw さぁ急いでポイントへと向かうべし!!
P9292035.jpg

 …どういう訳よ、どういう事情よ、イワナが釣れる釣れない以前に、フライを見に来てすらくれないのだが!w ポイントの近くに接近して初めて気がついたんだけど、水深が浅いんだよね。魚達に食い気があまりなかったのと、警戒心が強かったのが原因であると思います。以前にもイチコ幸店の裏を流れる儀明川にて、ウグイかオイカワの群れがばんばんライズしているのを見かけてフライをキャストしたことがあるんだけど、#2ラインがハタリと静かに着水しただけだというのに、ライズがピッタリとやんでしまった経験があります。ここに着いていたイワナ達も水深の浅さ故か警戒心がバリバリで、水面のほんの僅かな違和感を察知して「危険危険!」と深場へと逃げてしまったんじゃないかな。
P9292037.jpg

 さぁ気を取り直して、再び上流へと釣り上がるべし!ちなみにこの日も魚が水面を割る直前で、反転されてしまうことが多かったです。下の写真のように水面が穏やかなポイントだと特に、フライを見切られてしまいますのだ。
P9292104.jpg

 けど素直にフライに食い付いてくれる個体もいてくれる訳で、キミはスマートな体型をしていて羨ましいぞいw
P9292116.jpg

 水深のある大場所だぞ、深いポイントほど大物が着いている法則!ちなみにこのポイントにて前回プーさんが、大物をかけております。同じ個体が釣れてくれないかしらと気合を入れてフライをキャストすると…
P9292126.jpg

 んんんチビちゃんw
P9292130.jpg

 いよいよクライマックス、前回大物に何回もフライ直前で反転されまくった因縁の場所に辿り着きました!今回こそは結果を出してやるべし、ポイントから距離をおいてきっちりストーキングして、慎重にフライをキャストすると…
P9292138.jpg

 くおぉぉ、一投目でいきなりチビちゃんがヒットしたんだけど、寄せる途中で針が外れちまった!一匹目をバラしてしまい、場荒れしないか心配だったんだけど…
P9292140.jpg

 最終的にこの場所で二匹をキャッチすることが出来ました、上の個体は泣き尺サイズ!さらにコイツはひときわ元気な個体で、岩の下に潜られてしまい糸が切られてしまうんじゃなかろうかとヒヤヒヤしました。
P9292187.jpg

 最後に良型のイワナを釣り上げることが出来、シーズンラストの釣行はこれでバッチリ大満足と、これにて納竿してまったりと渓を下ったのであります。
P9292205.jpg

 これにて今期の渓流釣りもお終い、これでやっと他の遊びが出来るようになるぞw 何しろ今年は渓流釣欲が例年よりも激しく、シーズン中は海遊びなど他のアウトドア活動が全く出来ませんでした。これからはキノコ採りや投網遊び、ドローンでの空撮も撮りたい題材があるんだよね~ウカウカしてるとすぐに雪が降っちまいます、さぁ残り僅かの2017もガッツリ遊び倒してやりますのだ!



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

別窓 | 2017年のアウトドア遊び | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
禁漁直前恒例の渓流釣りキャンプに参加してきました!
2017-09-25 Mon 19:18
 一昨日の23日は、釣り仲間達が集まって某所でキャンプを行っておりました!しかしこの日はtakeさん夜までお仕事で、仕事を上がったら作業着のまま、キャンプ地へと車をぶっ飛ばしたのでございますw (以下の写真は全てクリックで拡大可)


 うおぉ急げや急げ、早くしないとキャンプ初日が終わってしまう~
P9231843.jpg

 ってな訳でこの日は何とか皆が寝てしまう前に、キャンプ地へと訪れることが出来ました。今回の参加者は、まずは東京から参加して下さいました、当サイトのリンクにありますブログ「釣りバカの陸上生活(リンク)」管理人の正平さん。そして埼玉から参加して下さいました、バンブーロッド工房「鱒幸庵(リンク)」代表のバンブーロッドビルダーtroutriverさん&ブログ「ミィのyama♪kawa日記(リンク)」管理人のミィさん。さらに長野から参加して下さいました、当サイトのリンクにありますブログ「いわなたろうのFool’s BAR(リンク)」管理人のいわなたろうさん、ブログ「Fly Fishing! <釣りに行こうよ>(リンク)」管理人のてぃこまさん、さらに当サイトのリンクにありますブログ「Fly Day’s(リンク)」管理人のkanriさん&奥様。さらに長岡からは釣り仲間のプーさん。そして地元上越組は、当サイトのリンクにありますブログ「日々是好日(リンク)」管理人のいぶきちさんと、さらにtakeさんの山菜お師匠様であるDoumtakaさんが参加しました。
P9231847.jpg

 まずは酒じゃ、とりあえず酒じゃ、ほれカンパーイ!遅くなっちゃってゴメンチャイねw
P9231848.jpg

 キャンプのお楽しみはなんといっても、皆が作ってくれた野外メシなのであるw こちらは正平さんが作ってくれたキノコ汁で、さっぱり醤油味なんだけど風味豊かでメチャ旨かった!でもってこのキノコ汁、具材になんと…
P9231851.jpg

 キャンプ初日の釣行時(takeさん不参加)、釣りをしている最中に見つけた「ナメコ」が入っておったのです!こんな早い時期にナメコが採れるなんて前代未聞、とんでもなくレアなキノコ汁を味わうことが出来てtakeさん大感激でありましたぞ。
P9231853.jpg

 さらにDoumtakaさんが、餃子の皮で一口ピザを作ってくれました~パリパリでこちらも大変旨かった♪
P9231860.jpg

 そして釣りキャンプ何よりのお楽しみは、酒を酌み交わしながらの釣り談義&バカ喋りなのだw
P9231867.jpg

 そんなこんなで日付も変わってしまいました、明日に備えてそろそろ寝ましょう~ちなみにtakeさんこの日は車中泊であります。数年前にせっかくテントを買ったってのに、まだ1回しか使ってないやw
P9241873.jpg

 時はいきなり進んで2日目の朝!
P9241880.jpg

 わんこ1「わうわう!」
 take「!」
P9241881.jpg

 わんこ2「わうわうわう!」
 take「フエタ!!」w
 kanriさんちのわんこでした、昨夜はテントのの中で寝ていたとのことで全く気がつかなかったです~実際は一切無駄吠えをしない、賢いわんこ達でしたよ♪
P9241882.jpg

 朝食はまずは目覚めのコーヒーと、troutriverさん&ミィさんが作ってくれたパクチー入りの餃子スープであります~パクチーの香り豊かで大変美味しゅうございました♪
P9241883.jpg

 さらに野菜&お肉たっぷりの焼きそばも作ってくれました、朝から腹一杯になりましたです!
P9241885.jpg

 ここでいぶきちさんとDoumtakaさんは、一足早く帰路に着きました~一番左で手を上げているのはミィさんであります、チミはまだ帰りませんがなw
P9241909.jpg

 さぁここからはお楽しみの釣りタイムじゃ!足の本数がちと合いませぬが、troutriverさん&ミィさんがちっとばかし集合に遅れておりますw さらにここでtakeさんに悲劇が!この写真を撮影直後、しゃがんだ途端に速乾ズボンのお尻がビリリと破けた瞬間!!w
P9241911.jpg

 速乾ズボン→ウエーダーへと装備変更している間に遅れていた2人が到着し、正平さん&プーさんと一緒に渓へと突撃しました。
P9241914.jpg

 皆で向かいましたる某河川、水はカッツカツにクリアーでとても美しい渓でありました♪
P9241919.jpg

 しかしこの日は水量が多く、フライを快適に流すのには少々厳しいコンディションでした。他の皆はキャンプ初日にまずまず良い釣りが出来た様なのですが、takeさんと同じくプーさんも実は初日夜からキャンプに参加しており、せっかくの遠征なので出来ることならもちっと良い環境で釣りがしたいのである…
P9241925.jpg

 という訳でプーさん&takeさんの2人は、より良い環境を求めて林道をぶっ飛ばしました!シーズンラスト、意地でも良い釣りがしたいのじゃっっ!!w
P9241928.jpg

 そんなこんなで移動した先の渓は水量むしろ少なめなくらいで、フライを流すにはtakeさん的にベストのコンディション!やったぜ!!
P9241936.jpg

 早速プーさん一匹釣り上げました、これは幸先良いぞ♪
P9241944.jpg

 しかしtakeさんのフライには、イワナ達は水面近くまで浮上してきてはくれるんだけど、なかなか水面を割ってはくれませんです~プーさんは既に何本かイワナをキャッチしたというのに、一体これはどういう訳よ!?w
P9241945.jpg

 あ~ん、ロケーション的には最高なのに反応渋くてつまんない。今日もナメコでも生えていないかしらと、渓の周囲を眺めてキノコ探しに逃避してみたり…あ、「ハナビラニカワタケ(詳細情報)」みっけたw
P9241946.jpg

 いやいやそんな事をしている場合ではないぞなもし、シーズンラストの貴重な遠征釣行、次の堰堤区間こそは気合を入れて真剣に攻めてやるのだ!
P9241948.jpg

 その熱い想いが渓魚達にも通じたのか、この辺りからフライへの反応が一気に良くなって一安心w
P9241959.jpg

 コイツはかなりのファイトをしてくれて、間違いなく尺上だと思ったんだけどな~けどヒレピンで見事な魚体でした♪
P9241971.jpg

 さらにこの堰堤プールが凄かった~フライを流すと底の方からでっかいのがボンボンと浮上してくる、でもって見事にフライを見切って反転しまくるw
P9241973.jpg

 一方のプーさんはプールのすみっこに定位しているイワナを発見し、見事キャッチされました~流石です!この堰堤下プールで随分と楽しめたので、もうお腹いっぱいだと二人して渓を下ったのであります。
P9241976.jpg

 帰りにキャンプ地へと立ち寄って、さらにもう1泊していくというtroutriverさん&ミィさん達ともうひと遊びしてきましたw takeさんは現在troutriverさんにバンブーロッドを作ってもらっている最中で、アクションの確認も兼ねて竹竿を何本か振らせてもらってきました。年内だったら開業記念特別価格で竿を作ってもらえますよ、この記事を読んだ皆さんもこの機会に是非とも竹竿を注文すべし♪彼の手によるバンブーロッド「鱒幸竿」の詳細については、以前に紹介した記事(リンク)をご覧下さい。
P9241991.jpg

 こんな感じで、今年の釣りキャンプもとってもとっても楽しかったです!来年もまた是非とも声かけて下さいませ、次回こそはtakeさんも初日の朝からフルで参加したいなぁ~w

 今回キャンプの正平さんブログ記事はこちら(リンク)、初日に1人で竿を出した渓がこれまた気になる…今度takeさんも行ってみよかなw てぃこまさんブログ記事はこちら(リンク)、まずは初日の釣りの様子などが綴られております~今回のtakeさんと同じく粘りの釣りを強いられたようですね、2日目釣行が一体どんな様子だったのかこれまた気になる~これら記事も是非とも併せてお読み下さい♪



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

別窓 | 2017年のアウトドア遊び | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
BACK | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT