ペヤング もっともっと激辛MAXやきそば、旨辛な逸品でしたよ~ウルトラデスも追加してみた♪激辛激旨
2017-12-17 Sun 01:18
 先日は「まるか食品(公式サイト)」より発売されております「ペヤング もっともっと激辛MAXやきそば(商品情報)」をお買い上げしました。この商品は、以前に紹介した「ペヤング 激辛やきそば(紹介記事:激辛激旨♪ペヤング 激辛やきそば with サドンデスソース)」をさらに激辛化した商品のようであります。一体どの程度の辛さなのか、大いに気になるトコロなのだw(以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0071632.jpg

 エネルギーは549kcal、思いの外に高めの数値でしょうか。また標準の麺茹で時間は3分と指定されております。
R0071641.jpg
R0071644.jpg

 中身の様子はこんな感じです。かやく&ソースという組み合わせで、構成としては標準的ですな。
R0071648.jpg

 まずはかやくを投入、量がやや多めで好印象であります。
R0071654.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば3分待つのですが、固麺大好きtakeさんは例によって例の如く1分強で強引に麺ほぐし開始、トータル2分弱の茹で時間で湯切りを行いました。
R0071657.jpg

 続きましては”激辛!ソース”を投入であります~けどぱっと見のイメージはただのソースじゃんねw
R0071660.jpg

 しかしソースを混ぜ始めてみると…エフンエフンw 立ち上る香りはちょいと危険な香りがしましたぞ~!
R0071662.jpg

 そんなこんなで「ペヤング もっともっと激辛MAXやきそば」これにて完成なり~ところで外見的には色がほんのり赤い程度、やっぱり攻撃力弱そげな感じ!?w
R0071672.jpg

 実際に一口食べてみると、味の方はやっぱり結構な辛さでしたぞ!けど味付けもしっかりしており、強い甘味なども感じます。以前に紹介した激辛やきそばよりも味の輪郭がしっかりしており、さらに辛味もしっかりとパワーアップされていて、これはこれは大いに旨辛でした!
R0071678.jpg

 具材は通常のペヤング焼きそばと共通なのかな、キャベツ&鶏挽肉の量が多めでこれまた宜しい。またキャベツの甘味が味の良いアクセントになってましたよ。
R0071683.jpg

 さてここで更なる激辛化を図るべしという事で、超激辛調味料「ウルトラデスソース(購入記事)」を追加投入してみるべし!
R0071684.jpg

 ただし既に結構な辛さであったのでちょいと弱気になってしまい、控え目に4滴投入w
R0071686.jpg

 しっかりと混ぜて食べてみると、元々が辛かっただけにウルトラデス投入後はかなりの辛さとなりましたです~久しぶりの大汗かくレベルの辛さでしたぞ。またウルトラデスの量が控え目だったので味のバランスも崩れる事なく、丁度良い具合に激辛化されて大満足でございました♪
R0071689.jpg

 今回の商品は、食べる前は「激辛度にのみこだわって、以前に発売したのを単により辛くしただけだろう」って思ってたんだけど、実際は味付けもしっかりと見直されており、とっても旨辛味でしたよ。国内で普通に市販されている激辛系カップ焼そばの中ではトップクラスの辛さであるかと思います~味の方も勿論申し分なし、皆さんも宜しければお試しあれ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
日清食品 日清のどん兵衛 グリーンカレーうどん
2017-12-07 Thu 09:18
 先日は「日清食品(公式サイト)」より発売されております「日清のどん兵衛 グリーンカレーうどん(商品情報)」をお買い上げしました。…ってか、外側の透明ビニールを外した時点でスパイスの香りが周囲にフワリと漂って、ちょいと驚きましたですw (以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0071120.jpg

 標準の麺茹で時間は5分とのこと、日清のどん兵衛シリーズ共通の茹で時間ですな。
R0071125.jpg

 上蓋には「鳥獣戯画(参考wiki)」っぽい象さんが描かれております、無国籍なイメージのデザインでなんともお洒落♪
R0071131.jpg

 中身の様子はこんな感じ、かやく&スープは全てぶちまけてあるタイプでした。
R0071138.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば5分待つのですが、例によって例の如く固麺大好きtakeさんは1分強の茹で時間で強引に麺ほぐしを開始して…
R0071139.jpg

 2分強の茹で時間にて、これにて大完成ってことにしちまうのだw
R0071143.jpg

 まずは麺を手繰りました、通常のどん兵衛と同じ麺でしょうかね。最初のうちは中央芯の残ったアルデンテな歯応えだったけど、すぐに通常の柔らかさにまで戻っちまったのはショウガナイw
R0071149.jpg

 具材は小さくカットされたブロッコリーやマッシュルームなど、存在感はちょいと薄かったでしょうか。
R0071152.jpg

 でもってこちらの商品は、スープの味が要でありますかと!辛味と共にココナッツミルクのクリーミーな甘味なども感じる味わいで、確かにグリーンカレーっぽくはあるんだけど、トータルで感じるスパイスのイメージは一般的なカレーっぽいような!?ややジャパンアレンジを施してあるようですね、この味だったら誰が食べても多分美味しいと感じるはず♪
R0071166.jpg

 さらにワシワシと頂くべし~そういえば辛さも結構あるかもだw
R0071170.jpg

 ラストはスパイシーなスープをじっくりと味わって、大満足で箸を置いたのであります。
R0071171.jpg

 この味だったら、残ったスープにご飯をぶち込んでも美味しく頂けますかと~サラサラのタイ米ならなお良しw 程良いグリーンカレー感で、誰からも愛される一杯でありますかと~皆さんも宜しければお試しあれ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
「日清食品 蒙古タンメン中本 チーズの一撃」に温泉卵を入れるとメチャ旨よ♪
2017-11-18 Sat 09:18
 先日は「日清食品(公式サイト)」より発売されておりますカップ麺「蒙古タンメン中本 チーズの一撃(商品情報)」をお買い上げました。この商品は「セブンプレミアム(ブランドサイト)」の商品で、全国のセブンイレブンとイトーヨーカドーにて購入することができます。(以下の写真は全てクリックで拡大可)

 この商品は、東京にあります激辛ラーメン店「蒙古タンメン中本(店舗サイト)」が監修しております。今回の商品は”チーズの一撃”と銘打たれておりますが、通常仕様の「蒙古タンメン(紹介記事:蒙古タンメン中本カップ麺 ノーマル&北極ラーメン食べ比べ!デスソースにて激辛化にも挑戦なり♪激辛激旨)」も販売されており、そちらもとっても旨辛なのだ♪

 ええっと、標準の麺茹で時間は5分とのこと。
R0070825.jpg

 熱量は513kcalとのこと、若干高めの数値でしょうか。
R0070833.jpg

 上蓋に辛味オイルの小袋が貼り付けてありました。
R0070840.jpg

 中身の様子はこんな感じ、かやくや粉末スープは全てぶちまけてあるタイプですね。
R0070860.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば5分待つのですが、固麺大好きtakeさんは例によって例の如く3分弱で強引に麺ほぐしを開始して…
R0070862.jpg

 辛味オイルを投入し、さらにざっとかき混ぜてやりますれば…
R0070864.jpg

 「蒙古タンメン中本 チーズの一撃」これにて大完成~チーズの香りがフワリと立ち上ってこれまた食欲をそそるw
R0070870.jpg

 まずは麺を手繰りました、若干幅広&やや太めのストレート麺であります。最初のうちはブツッと強歯応えだったけど、すぐに普通の柔らかな状態まで戻ってしまいました。
R0070877.jpg

 具材はキャベツと豆腐、キクラゲの他に肉そぼろが少々ですね。量は多めの部類であるかと思います。大切りキャベツはザクザク歯応え良いアクセント&優しい甘さでこれまた旨し、お豆腐は熱々旨しだw
R0070881.jpg

 でもってスープは蒙古タンメン本来の旨辛味にコク豊かなチーズの風味が相性抜群、旨味がより濃厚になっている印象ですね~これはこれは美味しゅうございます!
R0070890.jpg

 でもってこのカップ麺、温泉卵との相性が抜群らしいのですよ!(参考記事:セブン限定「蒙古タンメン中本 チーズの一撃」にタマゴを入れたら悪魔の食べ物に…?やってみた!)という訳で今回は、セブンイレブンにて販売されております「トッピング用 温泉たまご 1個入(商品情報)」を同時購入してみました!
R0070891.jpg
R0070892.jpg

 こうやって見ると普通の生玉子みたいだけど…
R0070894.jpg

 早速割り入れてみますれば、丁度良い具合に茹で上がっておりましたです♪
R0070895.jpg

 早速麺に絡めて食べてみると、確かにこれは抜群旨し!辛さはマイルドになってしまうけど、濃厚な黄身の旨味と辛味、さらにコク豊かなチーズの旨味とのハーモニーが絶妙で、大変美味しく味変されましたですよ。
R0070902.jpg

 ただ黄身を食べ終えてしまうと、また最初の旨辛味に戻ってしまうんだけどねw ラストはチーズの風味豊かな旨辛スープをじっくりと味わって、大満足で箸を置いたのであります。
R0070905.jpg

 通常商品である「蒙古タンメン中本カップ麺」に、チーズと卵をぶち込んで食べてるのも美味しいみたいですよ。(参考記事:セブンの蒙古タンメンにチーズと半熟卵を入れちゃダメ、絶対。)また今回紹介したカップ麺にも、さらに自分でチーズを追加増し増ししちゃうのも良いかもしれんw セブンの蒙古タンメン中本カップ麺は、様々な可能性を秘めておるようです~皆さんもオリジナルのアレンジメニューに挑戦してみるべし!



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
日清 AKIBAヌードル 肉汁麺ススム監修 肉汁麺
2017-11-16 Thu 08:18
 先日は「日清食品(公式サイト)」より発売されております「AKIBAヌードル 肉汁麺ススム監修 肉汁麺(商品情報)」をお買い上げしました。(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 この商品は、秋葉原にありますラーメン店「肉汁麺ススム(店舗サイト)」が監修とのこと。こちらのお店のラーメンは、なんとお肉の量を130~800gまで選べるのだそうな!MAX800gにまで増量したら、麺よりもお肉の方がずっと多くなっちゃいそうだよねw そんなお店が監修したカップ麺ですからね、これまた期待が持てそうなのだ♪
R0070690.jpg

 標準の麺茹で時間は5分とのこと、ハイハイ了解。
R0070696.jpg

 上蓋には「卵黄だれ」の小袋が貼り付けてありました、これは後の味変に使用しましょう。またこの小袋は、フタの上で温めないようにと書かれていたので要注意。
R0070705.jpg

 中身の様子はこんな感じ、これはこれはかなりの肉量である♪かやくやスープは全てぶちまけてあるタイプでした。
R0070714.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば5分待つのですが、例によって例の如く固麺大好きtakeさんは2分程の茹で時間で強引に麺ほぐしを開始して…
R0070715.jpg

 これにて大完成!
R0070721.jpg

 まずは麺を手繰りました、ほぼストレートで若干太めの麺であります。食感は最初のうちはブッツリ強歯応えだったけど、すぐに柔らかな状態に戻っちゃったw
R0070725.jpg

 この商品のポイントはやっぱりお肉でしょうかね、ブロック状の謎肉の他にチャーシュー片も沢山入っておりましたよ!
R0070742.jpg

 スープは甘味を効かせた濃厚な醤油味で、これまであまり味わったことのないタイプであります。ニンニクの風味も豊かで、なんとも面白美味しゅうございました♪
R0070745.jpg

 ここで卵黄だれを投入しました。量は少ないようにも見えますが、濃厚まろやかな黄身の旨味がしっかり加味されて、思った以上にまろやか美味しく味変されましたよ!
R0070750.jpg

 そしてこの段階でも、濃厚スープの中からはお肉がたっぷりと顔を出してきます~満足の肉量なり♪
R0070754.jpg

 ラストは甘辛濃厚スープをじっくりまったり味わって、大満足で箸を置きました。
R0070756.jpg

 そうそう、フタの裏にはマンガ「ラーメン大好き小泉さん(参考wiki)」作者「鳴見なる(参考wiki)」さんの書き下ろしイラストが印刷されておりました。服装が違う3パターンのパッケージがあるとのことです、皆さんも捜してみるべしw
R0070759.jpg

 甘味の効いたスープがちょぃと癖があって、なかなか面白いお味のカップ麺でしたよ。肉量も多くなかなかの逸品であります、皆さんも是非とも1度お試しあれ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
明星 銀座デリー監修 濃厚カシミールカレーラーメン&ウルトラデスソース♪激辛激旨
2017-11-12 Sun 01:18
 先日は「明星食品(公式サイト)」より発売されております「明星 銀座デリー監修 濃厚カシミールカレーラーメン(商品情報)」をお買い上げしました。この商品は、銀座にありますインド・パキスタン料理のお店「カレーとインド料理のデリー(公式サイト)」が監修しているとのことで、さらに…(以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0070197.jpg

 パッケージには”激辛”の文字が、これはこれはその味わいが大いに気になるトコロなのだw
R0070200.jpg

 エネルギーは333kcalとのこと、やや控え目の数値なのが嬉しいですね。ちなみにノンフライ麺を使用しておるとのことです。
R0070201.jpg

 標準の麺茹で時間は3分とのことでした。
R0070204.jpg

 中身の様子はこんな感じ、スープや具材は全てぶちまけてあるタイプであります。
R0070214.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば3分待つのですが、固麺大好きtakeさんは例によって例の如く1分弱で強引に麺ほぐし開始、カップの底までしっかりとかき混ぜてやりますれば…
R0070217.jpg

 「濃厚カシミールカレーラーメン」これにて大完成なり~ぱっと見のイメージはド定番商品の「日清カップヌードルカレー」に似ていますが、立ち上る香りはツンとスパイシーで、”激辛”を予感させる刺激的な雰囲気なりw
R0070224.jpg

 まずは麺を手繰りました。平打ち気味の縮れ麺で「日清カップヌードル」と似ているようにも思うけど、コイツは確かノンフライ麺のハズだよね!?w という訳で早速一口啜ってみますれば、表面ツルツルの質感でカップヌードルの麺とは明らかに異なっています、やっぱり麺は別物だったんですね~喉越しが良くてこれまた旨し♪歯応えはすっかり柔らかな状態に戻ってしまっておりましたが、この辺りはまぁ想定の範囲内w
R0070229.jpg

 次いでスープの味につきましては、キリッと刺すような辛さが際立っており、その味わいは「大人のカップヌードルカレー」なイメージでありました~なかなかの旨さでしたぞ♪
R0070236.jpg

 具材は四角い謎肉の他に大きくてポクポク歯応えのポテトなど、こちらもカップヌードルカレーに似たイメージでしょうか。またカット大きめのキャベツも入っており、シャキシャキ歯応えで良いアクセントになってました。
R0070241.jpg

 さてここで、真の激辛仕様にバージョンアップさせてやるべしと「ウルトラデスソース(購入記事)」に今回もご登場願いましたw
R0070244.jpg

 しかし今回のカレーラーメンは味のパンチが若干控え目である様に感じたので、使用するウルトラデスも若干控え目にしてみました。ベースの味に与える影響を最小限にとどめつつ、激辛化できると良いのですが…
R0070245.jpg

 という訳でざざっと混ぜて食べてみると…ぐむむ、量を抑えたにもかかわらずデスソースの辛さと共に”酸味”などデスソース由来の味がかなり前面に出てしまいました~この商品は、デスソース系との相性はあまり宜しくはないようですザンネン!
R0070248.jpg

 最後はデスソース味になってしまったスープをしみじみと味わって、今回の失敗を胸に刻みつつ箸を置いたのであります。
R0070249.jpg

 今回デスソースを使用したのは全く余計でしたね~けどたまにはこんな事もありますです。そのままで食べればバッチリ旨辛のカレーラーメンでありますよ、皆さんも是非とも1度お試しあれ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BACK | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT