ブルダック炒め麺 激辛2倍 ヘクブルダック(ヘクブルダックポックムニョン)韓国最強激辛袋麺♪激辛激旨
2017-06-20 Tue 08:18
 先日、某氏から韓国製の激辛袋麺の存在を教えて頂きました。「ブルダック炒め麺 激辛2倍 ヘクブルダック(ヘクブルダックポックムニョン)」なる商品で、韓国史上一番辛いインスタント麺なのだそうです!韓国の辛いラーメンといえば「農心(公式サイト)」の「辛ラーメン(商品情報)」が有名ですが、この商品はその4倍の辛さなのだそうなw これは即行ゲットせねばと、ネットでポチリとお買い上げしました♪(以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0065526.jpg
R0065528.jpg


 はて、このインスタント麺は”炒め麺”との事なんだけど、ハングル表記なので作り方が全く判らないざます…
R0065530.jpg

 そんな時に活躍してくれるのが、スマホアプリ「Google翻訳(Google Playリンク)」なのでございます!
R0065531.png

 アプリを立ち上げて、翻訳したい部分をこんな感じに撮影し…
R0065533.png

 文章を指でなぞってやると、その部分を日本語に自動翻訳してくれますのだ!
R0065535.png

 ちなみに翻訳対象が英語などだと、文章をスマホに映すだけで…
R0065537.jpg

 リアルタイムで自動翻訳してくれます、このアプリはとっても便利でオススメすよ♪
R0065538.png

 そいでもって、このインスタント麺の作り方は…

 1.沸騰したお湯600mlで約5分煮込みます
 2.水8杯を残し沿った後(左は原文ママで翻訳不能、実際は「スプーン8杯分(100ml~120ml)のお湯を残して茹で汁を捨て」という意味だと思われる)、液状スープを入れ、弱火で30秒間炒めて下さい
 3.火を消し、粉末フレークをふりかけて、よく混ぜてお召し上がり下さい

 と翻訳されました(原文ママ)。一部きちんと翻訳できませんでしたが、私の注釈通りで間違いないと思います。

 中身の様子はこんな感じ、右下が「液状スープ」で右上が「粉末フレーク」ですね。
R0065539.jpg

 まずは鍋で麺を煮込みます。いつもであれば固麺大好きtakeさんは茹で時間を短縮するところですが、今回はあえてほぼマニュアル通りに行ってみます。写真撮影などにかかる時間も考慮して、きっちり4分茹でた後に…
R0065540.jpg

 茹で汁をを目分量で100mlほど残し、液状スープを投入しました。
R0065542.jpg

 鍋の中で30秒程炒めて…っと、実際はフライパンを用意してそこに麺を移し、さらにスプーン8杯の茹で汁を移してから炒めるというやり方の方が良いかもしれませんです。
R0065543.jpg

 火を止めてお皿に盛り、最後に粉末フレークを振りかけてやりますれば「ブルダック炒め麺 激辛2倍 ヘクブルダック(ヘクブルダックポックムニョン)」これにて大完成なり!
R0065548.jpg

 まずは麺を手繰りました、やや太めの麺ですね。早速一口啜ってみますれば、もちムチの歯応えでかな~り旨い麺でしたよ♪
R0065554.jpg

 でもって肝心の味につきましては、結構な辛さでございましたぞw 非常にパンチの効いた甘辛味で、takeさんこれまで食べた激辛系インスタント麺料理の中では間違いなくトップの辛さでありますかと!ただ今回は、残した茹で汁の量がちょっと多すぎたかもねw
R0065560.jpg

 お次は粉末フレークと一緒に頂きます、ゴマの香ばしい歯応えが良いアクセントになってましたよ。
R0065564.jpg

 んほ~それにしても結構な辛さである、汗が噴き出てきましたぞいw
R0065566.jpg

 なこんなで無事完食であります、いや旨辛でした!
R0065567.jpg

 このレベルの激辛料理を商品化して一般に販売するとは、さすが韓国でありますな。日本国内だとペヤングの「激辛やきそば(紹介記事)」が辛さとしては最強であるかと思いますが、それを完全に凌駕している逸品でありますかと。辛い料理が好きな人は、絶対に1度は味わっておくべきインスタント麺であるかと思います~この機会に是非とも1度ポチってみなはれ!w



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
サンヨー食品 サッポロ一番 ご当地マシマシ タレ濃いめ&麺大盛 東京油そば しょっぱオイリーな逸品なり!
2017-06-15 Thu 12:18
 先日は”サッポロ一番”のブランド名でその名を知られる「サンヨー食品(公式サイト)」より発売されております「サッポロ一番 ご当地マシマシ タレ濃いめ&麺大盛 東京油そば(商品情報)」をお買い上げしました。ご当地マシマシって、一体何をマシマシいておるのだろかね!?w (以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0066007.jpg

 いかにもカロリーがヤバそうな商品イメージですが、エネルギーは531kcal。この商品はノンフライ麺を使用しておるとのことで、カロリーも若干低めなのかもですね。
R0066014.jpg
R0066018.jpg

 中身の様子はこんな感じです。液状のスープが「液体スープ」と「調味だれ」の2種類ついているのが特徴ですね。
R0066027.jpg

 まずはかやくを投入しました。量はやや少なめでしょうか。
R0066034.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば5分待つのですが、固麺大好きtakeさんは例によって例の如く2分強で強引に麺ほぐし開始、トータル3分弱の茹で時間で湯切りを行いました。
R0066036.jpg

 お次は液体スープを投入、フタの上で温めていたにも関わらずドロドロ高粘度でしたよ。
R0066040.jpg

 ざっくりと混ぜた後に今度は調味だれを投入、こちらは透明な液体でありました。
R0066044.jpg

 再び箸で混ぜ始めると…およよ、この透明な液体はアブラ様だったのだねw ちなみに今回は液体スープから投入したけど、粘度が高く均一に混ぜるのに少々苦労しました。両者を同時投入か、調味だれ(=油)を先に混ぜて麺を油でコーティングした後に液体スープを投入した方が、もしかしたら色々とやり易いかもです。
R0066046.jpg

 兎にも角にも、これにて「サッポロ一番 ご当地マシマシ タレ濃いめ&麺大盛 東京油そば」完成だよ!
R0066049.jpg

 早速麺を手繰りますれば、表面ギンギラオイリーでこれまた見るからに食欲をそそるw 味は強烈しょっぱオイリー、これまたtakeさん好みのぶっ飛んだ味わいですわ!麺の歯応えもしっかりで、茹で時間短縮大成功でしたよ♪もしかすると、調味だれを先に入れて麺の表面をコーティングしておけば、麺の歯応えがよりしっかりしたかもしれないですね。
R0066056.jpg

 具材は渦巻きナルトの他にメンマと肉そぼろ、さらにネギであります。量はやっぱり少ないと感じたけどそれぞれの粒は大きく、味的にもしっかりしており(特に肉そぼろ)、存在感はありましたね。
R0066065.jpg

 っと気がついたらいつの間にか、油が底に沈んじゃってました。時折麺を軽く混ぜながら食べ進むのが良いかもしれませんです。
R0066069.jpg

 なこんなであっという間にラスト一口、量的にはちょいと少な目かな~出来ることならこの倍は食べたいぞいw
R0066074.jpg

 商品タイトルの”ご当地マシマシ”ってのは多分、味の濃さと油っこさですわ。量はちょっとアレだったけど、味のトンガリっぷりは結構なモノがありましたぞ!濃い味&油っこい味が好きな人には自信を持ってオススメ出来ます、是非とも1度お試しあれ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
明星 のりたま 焼うどん だし醤油味
2017-06-06 Tue 07:18
 先日は「明星食品(公式サイト)」より発売されております「明星 のりたま 焼うどん だし醤油味(商品情報)」をお買い上げしました。(以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0065481.jpg

 このカップ麺は、ふりかけの最王手「丸美屋食品工業(公式サイト)」と明星食品が共同開発した商品で、丸美屋の看板商品「のりたま(商品情報)」を使用しておるのだそうな。焼うどんとのりたまのコラボ、一体どんなお味なのか大いに気になりますのw
R0065483.jpg
R0065487.jpg

 中身の様子はこんな感じ、麺は太いうどん麺ですね。かやく具材(キャベツ)は既にぶちまけられた状態でした。
R0065490.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば5分待つのですが、固麺大好きtakeさんは例によって例の如く3分弱で強引に麺ほぐし開始、トータル3分強の茹で時間で…
R0065492.jpg

 液体ソースを投入、甘く香ばしい香りが立ち上りましたよ♪
R0065496.jpg

 しっかりと混ぜた後、最後にふりかけをかけてやりますれば「明星 のりたま 焼うどん だし醤油味」これにて完成!
R0065501.jpg

 まずは麺を手繰りました、平打ちの太麺であります。味は甘味の効いた香ばし風味の醤油味、オイリーな旨味もしっかりでなかなかの旨さでしたよ。麺の食感は茹で時間を短縮したにも関わらず普通に柔らかくなってました、この辺りはまぁよくある事なので気にしてはいけませんですw
R0065508.jpg

 今度はふりかけを麺に絡めて食べてみると、香ばしい醤油味と海苔の風味は相性抜群で大変美味しゅうございました!ふりかけのカリッとした歯応えも食感の良いアクセントになってましたね。
R0065515.jpg

 ふりかけ以外の具材はキャベツのみ、まぁまぁこんなものでしょう。
R0065518.jpg

 ってな訳であっという間にラスト一口、一気に完食ゴチッした!
R0065521.jpg

 のりたまふりかけはご飯のみならず、醤油味の焼うどんとも相性良いんですね。もしかすると、他の料理にのりたまをふりかけても美味しく頂けるかもしれん…例えば焼そばなんかもイケちゃったりしてw ふりかけの新しい食べ方を提案している、なかなか興味深い商品でありますかと~皆さんも是非とも1度お試しあれ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
日清のどん兵衛 ギョーザラブうどん
2017-06-01 Thu 08:18
 先日は「日清食品(公式サイト)」より発売されております「日清のどん兵衛 ギョーザラブうどん(商品情報)」をお買い上げしました。(以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0065272.jpg
 餃子をモチーフにしたカップ麺といえば、以前に「エースコック スーパーカップ1.5倍 ギョーザパンチラーメン(当該記事)」という商品を紹介したことがありますね。スープの味が餃子のタレにそっくりで、なんとも面白美味しいカップ麺でしたw 今回の商品も似たような方向性の味なのかな?

 パッケージは和の雰囲気で、上蓋には鳥獣戯画っぽいウサギと蛙が描かれております。このイメージで「ギョーザラヴ」とは…なんとも妙ちくりんな感じw
R0065276.jpg

 具材に餃子は入ってないのね、はいな了解。
R0065280.jpg

 中身の様子はこんな感じ、かやくやスープは全てぶちまけてあるタイプでした。また、フタを開けた時に餃子っぽい香りがフワリと立ち上りましたよ。
R0065291.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常なら5分待つのですが、固麺大好きtakeさんは例によって例の如く2分程でフタを開け、チャチャチャッと麺をほぐして…
R0065292.jpg

 これにて完成なり!
R0065296.jpg

 まずは麺をチェック、どん兵衛シリーズと共通であると思われる平打ち麺であります。早速一口啜ってみますれば、芯のあるしっかり歯応えで茹で時間短縮大成功でした♪
R0065300.jpg

 具材は肉そぼろの他に、キャベツとニラと赤唐辛子であります。具の構成は、赤唐辛子を除けばリアル餃子と共通のメンバーですね。
R0065301.jpg

 さて肝心のスープの味なんだけど、基本的には餃子のタレに似た”酸っぱ醤油味”なんだけど酸味など控え目で、以前に食べた「ギョーザパンチラーメン(紹介記事)」に比べると”餃子(のタレ?)っぽさ”は正直言って弱いかも?
R0065312.jpg

 次いで再び麺を啜ってみると…あら、これ餃子だぞw 時間が経って通常の柔らかさとなった麺の質感はまさに「餃子の皮」で、スープ単体で味わった時よりもトータルでの”餃子っぽさ”が格段に上がりましたです!これはぶったまげですわ!!
R0065313.jpg

 スープ&麺&具材を同時進行で食べ進むのがキモでありますかと、これぞまさに”啜る餃子”でございますw
R0065317.jpg

 スープと麺を同時に食べ進んだので、麺がなくなった時点でスープもこんなに減っておりました。最後は酸っぱ醤油スープをグイッと飲み干して、大満足で箸を置いたのであります。
R0065320.jpg

 どん兵衛のムッチリとした麺の質感を上手に活かした、アイデアの光る逸品カップ麺であるかと思います。餃子が好きな人には特にオススメ、皆も是非とも1度味わってみるべし♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
エースコック 厚切太麺 背脂こってり油そば 大盛り 超油っこいギンギラな逸品なり!
2017-05-23 Tue 08:18
 先日は「エースコック(公式サイト)」より発売されております「厚切太麺 背脂こってり油そば 大盛り(商品情報)」をお買い上げしました。(以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0065211.jpg

 「分厚い太麺×背脂入りこってりダレの食べ応え」、「太い!分厚い!濃い!」など、なんとも魅惑的な単語がずらずらと並んでおりますなぁw
R0065213.jpg

 エネルギー716kcal、高めの数値は覚悟の上よ!
R0065214.jpg
R0065220.jpg

 中身の様子はこんな感じ、かやく&調味たれという標準的な構成であります。
R0065223.jpg

 まずはかやくを投入、量がめっちゃ少ないように見えるのは気のせいだと信じたいw
R0065228.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば5分待つのですが、固麺大好きtakeさんは例によって例の如く2分弱の待ち時間で強引に麺ほぐし開始、トータル2分強の茹で時間で湯切りを行いました。
R0065229.jpg

 次いで調味たれを投入し、しっかりと混ぜてやりますれば…
R0065232.jpg

「厚切太麺 背脂こってり油そば 大盛り」これにて完成なり!
R0065236.jpg

 早速麺を手繰りました~かなりの太さの縮れ麺であります、さらに麺の表面が油でギンギラめっちゃ旨そう♪早速一口啜ってみますれば、ギトギトこってり油味&塩気もしっかりキンキン濃厚、背脂独特の風味もしっかりと感じます、これはこれは油旨いぞ!麺の歯応えもムッチリしっかり、茹で時間短縮も大成功したようです♪
R0065247.jpg

 具材はナルト1枚に、メンマとネギと唐辛子がほんの少々…まぁアレだ、具材にかける予算を全て油に回したんだと信じておりますw
R0065256.jpg

 さらにワッシワッシと食べ進みます、稀に麺に絡む唐辛子が味の良いアクセントになってましたよ。さらに麺の表面は油で完全にコーティングされており、啜り心地もギットギトでこれまた宜しいw
R0065260.jpg

 ラスト、器の底に具材がたっぷり残ってしまう”カップ焼そば現象”も一切発生しなかったけど、油っこくて美味しかったからヨシとしましょw
R0065262.jpg

 油っこい料理が好きな人には自信を持ってオススメ出来る、非常にオイリーな逸品でした。具材が少なかったのは少々気になったけど、こと”油っこさ”においては非常に突き抜けた商品であります。麺も太くごわごわでとっても食べ応えがありましたよ~この手の味が好きだって人は是非とも1度お試しあれ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BACK | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT