FC2ブログ
遊食倶楽部 たいむ Dセット:やきそば&カレーライス 2つの味を楽しめる嬉しい1皿♪
2018-06-25 Mon 01:18
 先日は南本町にあります「遊食倶楽部 たいむ(shop data記事)」に行ってきました!お店の営業時間等の詳細につきましてはshop data記事をご覧下さい。(以下の写真は全てクリックで拡大可)

IMG_0081_20180624203839a30.jpg

 今回のお目当ては、この「Dセット:やきそば&カレーライス」であります。焼きそばとカレーライスをセットにした一皿だなんて、こんな妙ちくりんな組み合わせは他じゃちょっと聞いた事がないよw
IMG_6249_20180624203840ee5.jpg

 この日初めて気が付いたんだけど、こちらのお店にはマンガがたっぷりと用意されてたんですね。
IMG_6253.jpg

 という訳でマンガ読書をしつつまったりと待つ事暫し…料理が完成したようです!
IMG_6258_201806242038296a9.jpg

 こんもり盛られたご飯にカレールーがタップリとかけられたカレーライスゾーンと…
IMG_6271.jpg

 見るからに香ばし旨そげなやきそばゾーン!
IMG_6286_20180624203831e52.jpg

 引いた全体像はこんな感じ、スープとサラダが付いてきました。また両者の量的割合については、やきそばの方が若干量が多い様ですね。
IMG_6293_201806242038331e9.jpg
【遊食倶楽部 たいむ Dセット:やきそば&カレーライス¥1100】

 まずはやきそば麺を手繰りました。やや細めの麺で、油がテヤテヤと輝いておりこれまた大いに食欲をそそるw 早速一口啜ってみますれば、 味付け濃い目の濃厚ソース味で、甘味や酸味などエッジの立った味わいはtakeさん大好物の「日清焼そばU.F.O.(紹介記事)」を連想させます。オイリーな旨味もバッチリ効いてますね、これはこれは美味しゅうございます!
IMG_6312.jpg

 具材についてはお野菜たっぷり、ジャクジャク歯応えこれまた旨し♪
IMG_6318_20180624203836ad8.jpg

 お次はカレーを頂くべし。ルーはスパイシーな旨味と共にキンとした酸味と香ばしさも感じます。濃厚個性ある味わいで、こちらも大変美味しゅうございましたよ!
IMG_6325_20180624203743608.jpg

 ご飯との相性ももちろん抜群、ジャパニーズカレーに属する味わいであります。
IMG_6329_201806242037328fb.jpg

 全体の断面の様子はこんな感じです。盛り付けは薄く見えるかもだけど、面積が広いので十分なボリューム感がありましたぞ。
IMG_6337.jpg

 副菜の様子はこんな感じです。サラダには甘酸っぱいドレッシングがかけてあって、さっぱり美味しゅうございましたよ。ワカメスープも優しいお味で、口直しにピッタリでした。
IMG_6354.jpg

 でもって後半は、様々な食べ方を試してみましょう!まずはやきそば&ライスで頂くべし、やきそばのオイリーな食味がライスの旨味をより際立たせてくれて、これまた美味しゅうございます♪
IMG_6364.jpg

 今度はそこへさらにカレーをプラス、いよいよとんがった味わいとなってこれまた面白美味しゅうございますw
IMG_6370_201806242037370b7.jpg

 ラストは紅生姜で酸味スッキリ締め括るべし、ここんちの紅生姜はカット大きめ&力強い食味でこれまた旨かったですぞ。
IMG_6374_20180624203739029.jpg

 最後にコーヒーをサービスして下さいました。マンガを読みながら熱々の一杯をじっくりと味わって、大満足で店を後にしたのであります。
IMG_6377.jpg

 なんとも珍しい組み合わせの一皿でしたが、味もボリュームもバッチリで満足の逸品でしたよ。特に焼そばの味については濃厚&エッジの効いた味わいで、とても印象に残っております~皆さんも是非とも1度お試しあれ♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越の各種焼きそば、炒め麺 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<昨日は某渓で渓流釣り、堰堤プール遊びもなかなか楽しw | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | ローソン 台湾風豚肉煮込みご飯 五香粉の香り豊かなお弁当♪>>
この記事のコメント
バキ❗面白いですよね。
2018-06-25 Mon 14:27 | URL | #-[ 編集] | top↑
食事の描写が旨そうで良いw
2018-06-29 Fri 21:32 | URL | take #k0tkCqHs[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |