昨日は初めての渓に調査釣行、イワナさんはおりますでしょか?w
2017-07-09 Sun 14:18
 昨日はtakeさんの山菜お師匠様で、釣り仲間でもあるDoumtakaさんと一緒に渓流釣りに行ってきました!今回向かいましたのは上越地区中山間部奥地の某所、某渓流のこれまで竿を出したことの無い区間であります。他の区間では以前に良い釣りをした経験があるので、お魚さんもきっといてくれるはず…だと信じたいw (以下の写真は全てクリックで拡大可)


 駐車スペースに車を停めて、ウエーダーなどフル装備してさぁ出撃だ!はてさて渓の雰囲気は一体どんな具合でしょうか、期待に胸を膨らませて入渓点目指して歩いて行くと…
P7080242.jpg

 うっほぉメッチャ良い雰囲気!水は綺麗だし、大岩がゴロゴロした太い流れでこれはこれは期待が高まります!!頭上も開けてるし、長い竿を気持ちよく振り回せそうだ♪しかしここは足場が高く渓へと降りられないので、さらに先へと進みます。
P7080243.jpg

 そんな訳で今回の相棒はちょいと長めの竿をチョイスし「AXISCO AIRRITE STREAM FIBER GRASS PACK ROD 10pc(エアーライト ストリーム グラスファイバー パックロッド10ピース)ASFG693-10(購入記事)」を装備しました。6.9ftは一般的にはショートロッドの範疇ですが、takeさん最近は4.9ftという超ショートロッドばかりを使ってましたからねw はてさて、入渓点から渓へと降り立ってみると…
P7080246.jpg

 …うぉい、この緑のトンネルな超ボサボサ状態は一体どういう訳なんでしょうかねぇ!w 結構太い流れだというのに、ここまでヤブが深い渓はちょいと珍しいと思います。これじゃちょっと釣りにならないので、這いつくばるようにして先へと進んでみると…
P7080250.jpg

 を、やっと頭上が開けたと思ったら、ナメ滝っぽい感じの流れになったぞ~こういうのtakeさん大好きなんだよねw この渓のこの区間はこういった雰囲気の場所が多く、歩いていてなんとも楽しかったです♪
P7080261.jpg

 さらにその先のポイントにて、Doumtakaさんがイワナを無事キャッチしてくれました!これにてこの辺りにイワナが居るのが確認出来て、とりあえずは一安心♪
P7080265.jpg

 しかしその後が続きません…全くもって続きませんw さっきイワナが釣れた場所よりも明らかに良いポイントが続々と目の前に現れるんだけど、お魚さんからの反応は一切なく、二人して首をかしげるばかりでした。
P7080266.jpg

 堰堤下のスペシャルポイントも完全沈黙、一体どういう訳よ!w
P7080271.jpg

 もちろん堰堤の上も攻めましたよ、さっきのポイントが下に見えておりますな。
P7080273.jpg

 ここでようやっとtakeさんのフライにもお魚からの反応あり、とりあえずフライに出てくれただけでも大感謝ですわw
P7080275.jpg

 しかしその後がまたまた続いてくれませんです、ヤブもまた深くなっちゃったし。
P7080279.jpg

 Doumtaka「私はクワの実でも食べてるから、takeさんは先に釣り上がってて下さ~い」
P7080283.jpg

 そうだそうだ「クワの実(ヤマグワ)(詳細情報)」なんて山菜もあったよね!黒紫に熟したのが食べ頃です、今時期の山ではいくらでも食べ放題よw
P7080286.jpg

 それにしても魚からの反応は、再び完全沈黙なのであります。
P7080287.jpg

 やがて目の前には、再び巨大な堰堤が現れました。でもってこの堰堤下も非常に良い感じのポイントで、二人して随分と粘りましたが、残念ながらこの場所でも魚からの反応は無く、これにて納竿としました。
P7080305.jpg

 ん~渓自体の雰囲気はとっても良いんだけど、肝心の魚影が薄いのはちょいと厳しいでしょうか。ただ今回は、中途半端なイメージのポイントに魚が居て、いかにもな好場所では反応がなかったので、直前に先行者がいたなどあるのかもしれません。なのでまた機会があったら、もう一度くらいは訪れてみる必要があるかもですね~何しろ渓の雰囲気は良いんだからね、またあの場所で竿を振ってみたいのだ♪



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

別窓 | 2017年のアウトドア遊び | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<かつや テリマヨ合盛りカツ丼(期間限定)牛&豚のダブルカツ丼! | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | モスバーガー にくにくにくバーガー(期間限定)お肉尽くしの肉々バーガー!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |