昨日は渓流釣り、久しぶりにフライを沈めて勝負!タケノコもちこっと採れたw
2017-06-21 Wed 15:18
 先日、某釣友から「上越地区中山間部奥地を流れる、これまで仲間内であまり話題に上らなかった某河川、あそこ実はイワナいるよ!ただドライフライ(水面に浮かべて使用する毛鉤)には全く反応しなくて、ニンフ(水中に沈めて使用する毛鉤)じゃないと釣れないんだ。」なんて話を聞きました。…確かその場所は、ずっと以前に顔を出したような記憶があるんだけど…一体どうだったんだっけ、すっかり忘れちゃったw いい思いをしたんだったらきっとしっかり覚えているはずだし、多分良い釣りできなかったんだと思う。今シーズンは間違いなく魚がいるという話なので、物は試しだと早速行ってきましたですよ!(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 そんなこんなでやって来ましたる某河川、水量豊富で流れも太く、大変力強い渓なんだけど…
P6209502.jpg

 むおぉぉ水が濁っておる、記憶から抜け落ちてしまっていた理由はこれかぁ。多分前回来た時はこの水を見て「ロケーションが今ひとつだなぁ」と、ほとんど竿も出さずに別の場所へと移動してしまったのでしょう。けど今回は折角の機会だし、いっちょ頑張って竿を出してみましょうかね!
P6209510.jpg

 今回の相棒は、それなりの長さがありつつも携帯性に超優れる10ピースのパックロッド「AXISCO エアーライト ストリーム グラスファイバー パックロッド10ピース 6.9ft #3(購入記事)」であります。この渓は頭上が開けていて竿が振りやすいと聞いていたので、源流域用本気ロッドに久しぶりに出動願いました。
P6209513.jpg

 まず最初に結んだフライはとりあえずドライフライ、いつものイワイイワナ先生でございますw
P6209515.jpg

 さぁ気合を入れて釣り上がるぞ!こんなに頭上開けて竿が振りやすい渓は本当に久しぶりで、竿をビュンビュンと振り回しているだけでも随分と楽しかったです♪
P6209524.jpg

 しかしやっぱりドライフライに対しての、魚さんからの反応は非常に渋かったのであります。流れの脇の小さなたるみ、ここだったら水深も浅いし水面を意識した個体が着いてるんじゃなかろうかと、丁寧に叩いてみましたが残念ながら反応なし。この程度の濁りだとエサ釣りだったらむしろ反応良くなるようなもんだと思うのに、ドライフライだとどうしてこうも渋くなるのかねぇ!?
P6209527.jpg

 …っとぉ、やっと魚からの反応あった!水面のフライが吸い込まれて、一呼吸おいてからアワせてみたけど残念すっぽ抜けちゃいました。このポイントは水深が浅かったので、水面のフライに魚が反応してくれたってことなのかしらん!?
P6209530.jpg

 うおぉ今度は目の前に大場所が!けどこれまでの感じからしてドライフライでは釣れてくれる気が全くせず、やっぱり反応全くありませんでした。
P6209531.jpg

 あいやいやいやい、ついにゴールの堰堤が見えてきちまったどw
P6209540.jpg

 なりふり構っていられねぇ、ここでついにフライをニンフに結び変えました。
P6209543.jpg
 真剣にニンフを投げるのは実はかなり久しぶりだったんだけど、水中に沈むフライが一体どのように流れているかを想像しながら戦う水中戦もやっぱ楽しいね!実はずっと以前、この釣りに一時期ハマっていたことがあって、その頃に培ったテクニックを思い出して丁寧に丁寧に釣り上がりました。

 下の写真のポイントなんて超一級だと思うのよ、じっくりしつこく攻めてみたけど…反応なし、takeさんがアタリを取り逃しているだけなのかなぁ?
P6209547.jpg

 そうこうしているうちに堰堤へと辿り着いてしまい、時間的にもアレだったのでこれにて納竿することとしました。
P6209551.jpg

 およよよ、ぴょん吉さんばりのエロスを見つけてしまった瞬間!
P6209559.jpg

 さて帰る前にもう一箇所、寄り道したい場所があったのであります。山道をぐいっと駆け上がって…
P6209561.jpg

 ほんの少量で良いから「根曲がり竹(姫竹)(詳細情報)」のタケノコを持って帰りたかったのだ!この竹やぶだったら今時期でもタケノコが採れると踏んでやって来たんだけど…
P6209562.jpg

 あぁ良かった~伸びすぎたのがほとんどだったけど、ギリギリ収穫時期の個体もちらほら混じっておりましたよ♪
P6209566.jpg

 と思ったら、生えたばっかり採り頃ドンピシャのも幾つか見かけたりして、奥手の株なんでしょうかね。
P6209571.jpg

 太いのも生えてた、焼いて喰うのにぴったりサイズだ♪
P6209576.jpg

 そんなこんなで、ざざざっとこれだけ採ってきました。
P6209580.jpg

 なんで本日タケノコが欲しかったのかって、こないだブログで紹介した焼きタケノコレシピ「根曲がり竹(姫竹)の焼きタケノコの作り方、焼くだけカンタン旨しw」について、某仕事仲間から「あのやり方じゃダメだよ~皮を剥くための傷は最後に付けなきゃ、キチンと蒸し焼きにならないからね!」との指摘を受けたのであります。確かにその通り、大急ぎでレシピを更新せんばと新たに写真を撮り直したかったのですよ。今回は無事にタケノコが採れて、レシピの内容を最新版に更新することが出来ましたです♪
P6209584.jpg

 ところで焼きタケノコはあまり消化が良くないので、食べ過ぎは避けるべしと言われています。今日採れたタケノコを全て焼いて食べてしまうのはちょいとアレなので、長すぎたり短すぎたりして焼いて食べるのにあまり適さないタケノコは…
P6209586.jpg

 「味噌漬け(レシピ記事:根曲がり竹(姫竹)の味噌漬け、皮剥いて漬けるだけの簡単レシピ♪)」にしておけば、ある程度の保存も効くのでオススメなのだ!
P6209588.jpg

 今回お魚さんは釣れなかったけど、焼きタケノコレシピを無事更新できて一安心のtakeさんなのであります。来年まで中途半端な内容のままのレシピを公開し続けるのは、本意ではありませんからね。いや本当にタケノコ採れてよかった~…なんて言ってるけど、実は他にも内容を更新する必要のあるレシピ記事等が結構残ってるんだよね、なるたけ早く時間を見つけて作業しなきゃだ!



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

別窓 | 2017年のアウトドア遊び | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<デイリーヤマザキ デイリーホット 大きな揚げ鶏弁当(甘辛ソース) | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | ピッツェリア リモーネ おんたまピザの旨さに開眼!>>
この記事のコメント
こんにちは。我が家では竹の子は皮つきのまま茹でて、マヨネーズをつけて食べることが多いです。
今度は我が家も味噌漬けに挑戦してみようかな!

ちなみに、関川の猿橋周辺でニジマス釣り大会があったようで、先日は残りマスを釣ってきました。ニジマスだけに結構なファイトを楽しめましたよ!

2017-06-23 Fri 15:22 | URL | 山田錦 #-[ 編集] | top↑
タケノコを皮付きのまま茹でで食べるとは、それも簡単で良さそうですね~次回試してみます!…けど、来シーズンになってしまうかも(^^;

釣り大会の情報ありがとうございます、早速行ってきましたw
2017-06-25 Sun 21:52 | URL | take #k0tkCqHs[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |