ブルダック炒め麺 激辛2倍 ヘクブルダック(ヘクブルダックポックムニョン)韓国最強激辛袋麺♪激辛激旨
2017-06-20 Tue 08:18
 先日、某氏から韓国製の激辛袋麺の存在を教えて頂きました。「ブルダック炒め麺 激辛2倍 ヘクブルダック(ヘクブルダックポックムニョン)」なる商品で、韓国史上一番辛いインスタント麺なのだそうです!韓国の辛いラーメンといえば「農心(公式サイト)」の「辛ラーメン(商品情報)」が有名ですが、この商品はその4倍の辛さなのだそうなw これは即行ゲットせねばと、ネットでポチリとお買い上げしました♪(以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0065526.jpg
R0065528.jpg


 はて、このインスタント麺は”炒め麺”との事なんだけど、ハングル表記なので作り方が全く判らないざます…
R0065530.jpg

 そんな時に活躍してくれるのが、スマホアプリ「Google翻訳(Google Playリンク)」なのでございます!
R0065531.png

 アプリを立ち上げて、翻訳したい部分をこんな感じに撮影し…
R0065533.png

 文章を指でなぞってやると、その部分を日本語に自動翻訳してくれますのだ!
R0065535.png

 ちなみに翻訳対象が英語などだと、文章をスマホに映すだけで…
R0065537.jpg

 リアルタイムで自動翻訳してくれます、このアプリはとっても便利でオススメすよ♪
R0065538.png

 そいでもって、このインスタント麺の作り方は…

 1.沸騰したお湯600mlで約5分煮込みます
 2.水8杯を残し沿った後(左は原文ママで翻訳不能、実際は「スプーン8杯分(100ml~120ml)のお湯を残して茹で汁を捨て」という意味だと思われる)、液状スープを入れ、弱火で30秒間炒めて下さい
 3.火を消し、粉末フレークをふりかけて、よく混ぜてお召し上がり下さい

 と翻訳されました(原文ママ)。一部きちんと翻訳できませんでしたが、私の注釈通りで間違いないと思います。

 中身の様子はこんな感じ、右下が「液状スープ」で右上が「粉末フレーク」ですね。
R0065539.jpg

 まずは鍋で麺を煮込みます。いつもであれば固麺大好きtakeさんは茹で時間を短縮するところですが、今回はあえてほぼマニュアル通りに行ってみます。写真撮影などにかかる時間も考慮して、きっちり4分茹でた後に…
R0065540.jpg

 茹で汁をを目分量で100mlほど残し、液状スープを投入しました。
R0065542.jpg

 鍋の中で30秒程炒めて…っと、実際はフライパンを用意してそこに麺を移し、さらにスプーン8杯の茹で汁を移してから炒めるというやり方の方が良いかもしれませんです。
R0065543.jpg

 火を止めてお皿に盛り、最後に粉末フレークを振りかけてやりますれば「ブルダック炒め麺 激辛2倍 ヘクブルダック(ヘクブルダックポックムニョン)」これにて大完成なり!
R0065548.jpg

 まずは麺を手繰りました、やや太めの麺ですね。早速一口啜ってみますれば、もちムチの歯応えでかな~り旨い麺でしたよ♪
R0065554.jpg

 でもって肝心の味につきましては、結構な辛さでございましたぞw 非常にパンチの効いた甘辛味で、takeさんこれまで食べた激辛系インスタント麺料理の中では間違いなくトップの辛さでありますかと!ただ今回は、残した茹で汁の量がちょっと多すぎたかもねw
R0065560.jpg

 お次は粉末フレークと一緒に頂きます、ゴマの香ばしい歯応えが良いアクセントになってましたよ。
R0065564.jpg

 んほ~それにしても結構な辛さである、汗が噴き出てきましたぞいw
R0065566.jpg

 なこんなで無事完食であります、いや旨辛でした!
R0065567.jpg

 このレベルの激辛料理を商品化して一般に販売するとは、さすが韓国でありますな。日本国内だとペヤングの「激辛やきそば(紹介記事)」が辛さとしては最強であるかと思いますが、それを完全に凌駕している逸品でありますかと。辛い料理が好きな人は、絶対に1度は味わっておくべきインスタント麺であるかと思います~この機会に是非とも1度ポチってみなはれ!w



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ピッツェリア リモーネ おんたまピザの旨さに開眼! | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | となりのカレー屋さん かつ重 大矢リスリスペクト、手仕込みとんかつ使用の逸品です!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |