ヤマザキ 魚介豚骨の冷しつけ麺
2017-06-17 Sat 09:18
 先日は近所のデイリーヤマザキにて「魚介豚骨の冷しつけ麺」をお買い上げしました、久しぶりのコンビニつけ麺♪(以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0065943.jpg

 ええっと、「同封のカップにスープ&具材を入れ、ほぐし水で麺をほぐしてから召し上がれ」とありますね、ハイハイ了解。
R0065949.jpg

 中身の様子はこんな感じです。具材は小さなメンマとチャーシュー片が、麺の上へ乱雑にトッピングされちょりますw
R0065950.jpg

 とりあえずは具材を箸で1つずつカップに移しました、いかにも寂しげなイメージだけどまぁまぁしょうがないw 茹で卵も具材という事になるのだろうけど、こちらはあえて麺の上に残しておくこととしました。
R0065956.jpg

 次いでカップにスープを投入、っとその前にしっかりと袋を振るのを忘れずに!
R0065968.jpg

 麺のほぐし水は「富士山の伏流水使用」なんて書かれております…ちょいと大げさ過ぎやしませんかねぇw
R0065978.jpg

 ってな訳で麺をしっかりとほぐしてやりますれば「魚介豚骨の冷しつけ麺」これにて完成!
R0065982.jpg

 まずは麺を手繰りました、角の立った極太ストレート麺であります。まずは麺だけで食べてみると、ややブツッとした強めの歯応えで、なかなかの旨さでしたよ。
R0065983.jpg

 スープはドロドロ高濃度、味はいわゆる”濃厚魚介豚骨醤油味”ですね。新しさは感じなかったけど、安定感のある濃厚ドッシリとした美味しさでした。
R0065985.jpg

 次いで麺をディップ。スープは高濃度であるが故に麺への絡みも良好なり、パンチの効いた食味でこれまた美味しゅうございました!
R0065987.jpg

 具材について、最初はあまり良いイメージが持てなかったけど、実際に麺をスープに深々とくぐらせると、麺にチャーシューが程良く絡んで味&食感共に良いアクセントとなって、食味についてはそれなりに良好でした。メンマも小さいのが3つしか入ってなかったけど、ザックリ歯応えで存在感のある食味でしたよ。
R0065990.jpg

 後半は茹で卵をスープにディップ、これはこれで悪くないねw
R0065995.jpg

 ラスト、麺量に対してスープが足りなくなってしまいそうで、後半はスープの消費を調節しつつ食べ進む必要がありました。この辺りはコンビニつけ麺の宿命でありましょう。最後は麺を全てスープにぶち込んで、一気に掻っ込んで大満足で箸を置きました。
R0065996.jpg

 ここ最近のコンビニつけ麺は、どうにもインパクトに欠ける商品が多いようです。かつてセブンイレブンが発売した「豚骨魚介だし香る冷しつけ麺(紹介記事)」みたいな、具沢山で強烈な商品をどこぞのコンビニが発売してくれないものでしょうか~takeさん期待しておりますぞ!



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | コンビニ等グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<根曲がり竹(姫竹)の焼きタケノコの作り方、焼くだけカンタン旨しw | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | いきなりステーキ イオンモール新潟南店 喰らえ肉塊!@shop data>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |