某隠し沢に行ってきたです、山菜も大量ゲット!なんとタケノコまで生えておったw
2017-04-11 Tue 12:18
 昨日は上越へと遊びに来てくれてた海無県人の釣り仲間、ブログ「我が心の川(リンク)」管理人troutriverさんと一緒に渓流釣りに行ってきました!ブログ「ミィのyama♪kawa日記(リンク)」管理人ミィさんも一緒だったのですが、彼女は連日のアウトドア活動で体力が限界を迎えてしまい、車内でお休みであります。(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 今回向かいましたのはぴょん吉さんの隠し沢、誰も知らない超マニアックな小渓流でございますw
P0106839.jpg

 ところでですね、なんとtroutriverさんはこの春に脱サラし、竹製のフライロッドを手造りする職人”バンブーロッドビルダー”として新たな人生の一歩を踏み出しました!当サイトのリンクにあります「竹竿工房 鱒幸庵(ますこうあん)(リンク)」が工房のサイトで、彼のバンブーロッド”鱒幸竿(ますこうざお)”へのこだわりが綴られています。
P2106885.jpg
 上の写真は鱒幸竿で最も標準的なアクションの竿「花鳥風月(kachoufuugetu)7ft3#2p」です。まず最初に驚いたのが、手にした時の軽さです。さらにラインを通して振ると、大変しなやかで軽い降り心地でさらにビックリ!こんなにスカッと振りやすいバンブーロッドはこれまで経験がありません、本当に見事な竿だと感じました。ちなみにテーパーは完全オリジナルとのことです。

 番手などは漢字で記載されています、趣のある字体なのがこれまた宜しい。
P2106892.jpg

 ラッピングも繊細で美しいですね、見ているだけでうっとりしちゃうw
P2106899.jpg

 あまりにライトで抜けの良い振り心地なので最初はティップがえらく細いように感じたのですが、実際は特にそんな事はないとのことでした。ブランク素材として軽くしなやかな日本の真竹を使用しており、それがしなやかでスカッとした振り心地を実現させているのだそうです。もちろんこの素晴らしいアクションは素材のみでなく、計算され尽くしたテーパーデザインこそが要であることは忘れてはなりません。単に真竹を使用しただけでは、ヘナヘナで軟らかいだけの竿になってしまうでしょう。
P2106900.jpg
 ちなみに現在、鱒幸庵では”開業記念特別価格”を実施しており、2017年中に注文すると特別価格¥50,000にてロッドを製作してもらえるとのこと!実はtakeさんも1本ロッドを頼んでしまいました~超コンパクトなパックロッド、珍スペックな竿をお願いしちゃったw 皆さんもこの機会に、ハンドメイドの竹竿を手にしてみてはいかがですか♪(オーダーページリンク

 そんなこんなでいよいよ実釣開始!釣り始めてすぐにtroutriverさんには魚からの反応があった様ですが、takeさんのフライにはお魚からの反応全くありませんです。
P3106855.jpg

 目の前には大場所が!気合いを入れてフライを流しますが…残念反応無し、一体何がイカンのだ…
P4106843.jpg

 この使い古しのボロボロフライがイカンのか、ダメなのか!?w
P4106873.jpg

 という訳で新品のイワイイワナに結び替えてみた、心機一転さぁ頑張ろうw
P4106875.jpg

 っとっと新しいフライに結び変えてすぐ、目の前の小っちゃいポイントにフライを打ち込んだらちんこい岩魚がフライにアタックしてきて、これが今期一発目のお魚さんからの反応だからついつい大アワセになっちまって、アワセたと同時にチビイワナさんはtakeさんの後方へとすっ飛んでいって、そのまま水の中へドボンとオートリリースwダメじゃんwww
P4106876.jpg

 とはいいつつもお魚さんからの反応もらってとりあえず「魚は居るぞ!」と一安心、ここで癒しのお握りタイム♪
P4106881.jpg

 小さなポイントまでキッチリ叩いて丁寧に釣り上がるtroutriverさん、ついについに…
P4106903.jpg

 隠し沢での1匹目をキャッチ、おめでとうございます!
P4106905.jpg

 程なくしてtakeさんも今期お初のイワナをようやっとキャッチ、これにて釣れない釣りブログは卒業なりw やっとお魚さんの写真が撮れて、周囲の様子を観察するゆとりが出来ると…
P4106907.jpg

 ややっ、採り頃&極太の見事な「コゴメ(コゴミ)(詳細情報)」が生えているのを見つけました!
P4106908.jpg

 さらにさらに、見事な「ゼンマイ(詳細情報)」まで生えているのを大発見!2017シーズン初の真っ当な山菜の収穫で大興奮よ!!
P4106910.jpg

 Spring has COME!
 ここに本格的な春の到来を宣言致しますw
P4106912.jpg

 さらにこの辺りから魚からの反応も急激に良くなってきました。これまではチビちゃんばっかりだったけど、かろうじて竿を絞り込んでくれるサイズの岩魚さんも何とかキャッチ、最低これくらいのサイズがないと写真映えしないよね♪
P4106930.jpg

 はて、そろそろ山菜採りの方をより頑張っちゃおうかなw
P4106934.jpg

 この日はゼンマイが良かったですね。まだほんの僅かに時期が早すぎたようで短いのが多かったけど、極太一級クラスのが大量に生えておりました。
P4106949.jpg

 3時間ほどの釣り上がりにて、脱渓点に辿り着きました。ここから林道を下れば入渓点まで戻れるハズなんだけど、林道は2本あります…一体どっちが正解なのだろかね!?w
P4106957.jpg

 ぱっと見で下ってそうな右岸の林道を進んでみたら、次第に踏み跡が不明瞭になってなんともヤバそげな感じ!しかしここまで来たら戻るのもアレだし、左下の谷底からは水の流れる音も聞こえるので、いざとなったら谷底に降りて川通しで帰ればいいやと、かすかな踏み跡を辿って行くと…
P4106959.jpg

 やややっ、まだまだ山菜シーズン走りのこんな時期だというのに「根曲がり竹(詳細情報)」が生えておりました!
P4106961.jpg

 こんな時期にタケノコが採れるなんて嘘みたいw これまでの最速記録タケノコかもしれませんです、いやぁ驚きました!さらにこの後も大量のゼンマイが採れたりと、道を間違えたおかげで山菜大量ゲットすることが出来ましたぞw
P4106964.jpg

 この後は谷底へと下って川へと戻り、今度は左岸の崖を上がってみると正規のルートを発見し、無事入渓点へと戻ることが出来ましたです。
P4106966.jpg

 なこんなで昨日の収穫はこれだけです、左はコゴメで中央はゼンマイですね。右の袋はtroutriverさんが採ったコゴメとタケノコが入っており、今回採れたタケノコは全て「焼いて食べたら美味しいですよ!」とtroutriverさんにプレゼントしました。
P4106971.jpg

 troutriverさん今回は本当に楽しかったです、今期のイワナ初釣果&今期の本格的な山菜初収穫で記念すべき山行でございました。ミィさんも次回は一緒に山に入りたいですね、お二人とも機会がありましたらまた是非ご一緒させて下さい!
 また今回は思いがけず山菜が大量に採れて、本当に驚きました。最近は温かかったから一気に芽を伸ばしたのでしょう、他の山菜ポイントも一気に活性化している可能性ありです。さぁさ次の休みも山遊び頑張らなきゃ!



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

別窓 | 2017年のアウトドア遊び | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<すき家 ねぎキムチ牛丼のアレンジメニューをご紹介♪ | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | 海無県から釣り仲間達がやって来た!フォッサマグナミュージアムなど見学してきたよ♪>>
この記事のコメント
takeさん、お世話になりました!
それからさっそくのご注文ありがとうございます!!
来月の第二段も楽しみです(^^)♪
2017-04-12 Wed 15:29 | URL | troutriver #-[ 編集] | top↑
こちらこそ大変お世話になりました、とっても楽しい二日間でした!
鱒幸パックロッド、完成を楽しみに待っております~慌てなくていいですからね、じっくり作業して下さいませ(^^)
2017-04-13 Thu 21:58 | URL | take #k0tkCqHs[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |