海無県から釣り仲間達がやって来た!フォッサマグナミュージアムなど見学してきたよ♪
2017-04-10 Mon 19:18
 昨日は海無県人の釣り仲間、ブログ「我が心の川(リンク)」管理人troutriverさんと、ブログ「ミィのyama♪kawa日記(リンク)」管理人ミィさんが上越へと遊びに来てくれて、当サイトのリンクにありますブログ「渓で会いましょう(リンク)」管理人ぴょん吉さんと一緒に上越の各地を観光してきましたです!ちなみにお二人は前日8日から上越にいらっしゃっており、その日は山菜パーティーや海釣りなど楽しんでおられたのだそうな!その時の様子はぴょん吉さんのブログで紹介されております(リンク)、事前に目を通しておくと彼らの旅の様子が時系列を追って楽しめますぞ。(以下の写真は全てクリックで拡大可)
IMG_0007_201704102302475bb.jpg

 ミィさんがプレゼントしてくれたリポDで早速一本イッといた瞬間!
IMG_7228.jpg

 その瞬間を撮影しちゃってるぴょん吉さんを激写しちゃった瞬間!!
IMG_7229_20170410223641a0a.jpg

 ぴょん吉丸に乗り込みまして、皆で向かった先は…
IMG_7237.jpg

 ゲストお二人のご希望で、糸魚川市にあります「フォッサマグナミュージアム(公式サイト)」へと行ってきました!takeさんこちらの施設はこれまで行ったことがなく、”フォッサマグナ”についての知識も全く持っておりませんでした。…糸魚川と静岡辺りを繋いでいる断層のことを指しているんだよね!?(マチガイw
IMG_7246.jpg

 中へと入ると、様々な石がズラリと展示されておりました!こういった方向性の展示をする施設だとは全く思っていなかったので、ちょいと面食らいましたですよ。
IMG_7250_20170410223646d85.jpg

 糸魚川で石といえばやっぱり「ヒスイ(参考wiki)」だよね!
IMG_7258_20170410223646b80.jpg

 2016年の7月、ヒスイが日本の「国石(参考wiki)」に認定されたのだそうです、地元で産出されている石が選ばれたのはなんとも喜ばしい♪
IMG_7260.jpg

 この日は有り難いことに、ボランティアスタッフの方が詳しい説明をしながら館内を案内して下さいました。施設に常駐しているのかは不明ですが、ボランティアの方がいらっしゃった時は案内をお願いした方が絶対に良いですよ!
IMG_7270.jpg

 この黒っぽい石、これもヒスイなんですって!
IMG_7283.jpg

 この青っぽい色をしたのや…
IMG_7284.jpg

 ほんのり紫がかったこの石も、どれもヒスイなのだそうです。さらにヒスイを見分けるコツも教わりました。全体に角張っており表面ツルツル、透明感があるなどの特徴があるとのことでした。
IMG_7286.jpg

 これまた濃い発色&巨大なヒスイであります、一体いくらくらいの値が付くのだろかね!?w
IMG_7295_20170410223558faf.jpg

 またヒスイ誕生の歴史も紹介されてました。ヒスイ自体が誕生したのは約5億年前で、日本国内でヒスイを産出し、宝石として扱う(ってか、最初は「この石固いぞ」ってハンマー代わりに使っていたらしいw)宝石文化が生まれたのは約7千年前の縄文時代であると言われています。しかし日本のヒスイ文化は残念なことに後世へと受け継がれず、一旦消え去ってしまいました。
IMG_7304.jpg

 やがて昭和の時代になってから糸魚川にてヒスイが再発見され、日本のヒスイ文化が再び始まったのだそうです。下の写真のヒスイはまさに、歴史を変えた記念すべきヒスイなのだそうですよ!
IMG_7309.jpg

 その他にも糸魚川には、この地域でしか産出されない岩石が多数存在するのだそうです。地質学的に特異な土地なのでしょう。
IMG_7319.jpg

 さらに施設内には壁面と床面を利用した巨大なモニターが設置されており、「フォッサマグナ(参考wiki)」について詳しく解説する動画が流されておりました。
IMG_7331.jpg

 かつて、日本列島は東西に分断されておったのだそうです。画面右上、上下に分かれた島が当時の日本の姿であります。
IMG_7336_201704102236074d6.jpg

 分断されていた部分の海底が火山活動などにより隆起して陸地となり、その部分のみが新しい地層となっておるのだそうです。この南北に続いている新しい地層の帯を”フォッサマグナ”と呼ぶのだそうです。…より詳しい説明は、皆もフォッサマグナミュージアムに行ってボランティアの人に教わってくるべしw
IMG_7338.jpg

 ちなみにフォッサマグナの地帯はかつて海底であったために、海洋生物の化石が大量に出土するのだそうですよ。下の写真の黒い石、表面の白い模様はそのほとんどが海洋生物の化石なのだそうな!
IMG_0042_20170410230249cee.jpg

 地質学の勉強を終えた後は、”糸魚川で1番旨い!”と評判のお蕎麦屋さん「そば処 おだじま(店舗情報)」でお蕎麦を食べてきました。
IMG_7371.jpg

 細麺であるにも関わらずコシ感しっかり、大変美味しいお蕎麦でしたよ!こちらについての詳細は、後日グルメ枠の別記事で詳しくお伝えしますです。
IMG_7397.jpg

 続きましては、糸魚川の浜にてヒスイ探しじゃ!
IMG_7538.jpg

 フォッサマグナミュージアムで教わった特徴を参考に、各自気合いを入れてヒスイを捜します…
IMG_7543.jpg

 んほ~ヒスイこんなに見つけちゃった、takeさん大金持ちじゃんね!w
IMG_7557.jpg

 ぴょん吉さんもミィさんもしっかりとヒスイを発見したようです…ってか上のぴょん吉さんが見つけたの、ガチでヒスイの特徴を兼ね備えておるまいか!?
IMG_7559.jpg
IMG_7560.jpg

 troutriverさんてばヒスイをこんなに拾っちゃって、欲張りすぎ!w
IMG_0062.jpg

 お次は上越へと戻ってきて、本町にあります「高田小町(公式サイト)」を見学したり…
IMG_7570.jpg

 東本町にあります「町家Cafe Re:イエ(店舗サイト)」でまったりコーヒータイム♪
IMG_7583.jpg

 でもって最後は仲町にあります「居酒家 彦左エ門(shop data記事)」にてガッツリ呑んできましたですw
IMG_7591.jpg

 ここからはtakeさんの山菜お師匠様であるDoumtakaさんと響さんが合流しました、まずは乾杯!
IMG_7595.jpg

 ザックリと料理をご紹介、この日のお通しがこれまた旨かったんですわ~冷や奴の上にたっぷりの蟹ミソと蟹足がトッピングされており、大変贅沢な味わいで抜群旨かったです~これ後で追加注文しちゃったw
IMG_7598.jpg

 こちらは「ポテトと明太子のチーズ焼き」であります、こちらも熱々香ばしいチーズの風味と明太子のコク豊かな旨味が相性抜群、抜群の旨さで3皿も頼んじゃったw
IMG_7612.jpg
【居酒家 彦左エ門 ポテトと明太子のチーズ焼き¥480】

 こちらは彦左エ門の看板メニュー「もつ煮」であります、モツがトロトロ柔らかでこれまた旨かった~噛む必要なし♪
IMG_7617.jpg
【居酒家 彦左エ門 もつ煮¥390】

 ここで当サイトのリンクにありますブログ「日々是好日(リンク)」管理人のいぶきちさんが合流しました、この日は遅くまでお仕事だったそうです~大変お疲れ様でした!
IMG_7645.jpg

 皆で楽しく語らいながらお酒と料理を楽しんで、楽しい夜は更けていったのであります。
IMG_7655_20170410223429819.jpg

 今回の上越観光を紹介するぴょん吉さんブログ記事はこちら(リンク)であります。同じネタでも見る角度が違うので、読み比べるときっと楽しいですよ~是非とも併せてお読み下さい♪

 次回予告、次の日はtroutriverさんと渓流釣りに行ってきました!脱サラしてバンブーロッドビルダー(竹竿職人)となった彼の手による見事な竹竿を振らせてもらい…
IMG_7657.jpg

 さらに道に迷って行き着いた先にて、季節外れの根曲がり竹ゲット!ドタバタの渓流釣行をお伝えする記事は現在鋭意執筆中、公開までもう少々お待ち下されw
IMG_7658.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<某隠し沢に行ってきたです、山菜も大量ゲット!なんとタケノコまで生えておったw | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | ラーメンショップ 福橋店 ネギチャーシューつけ麺 酸っぱ辛いつけ麺なり、チャーシューも旨し!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |