頸城大勝軒 元祖つけ麺の味を継承するお店、これぞスタンダードの味!@shop data
2016-12-05 Mon 07:18
 先日は下源入のR8沿いにありますラーメン店「頸城大勝軒」に行ってきました!(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 頸城大勝軒
 新潟県上越市下源入231-1
 090-3649-5161
 営業時間 11:00~14:00(土日祝は16時まで)
 定休日 不定休



 こちらのお店の店主殿は、かつて東池袋で営業していた「東池袋大勝軒(公式サイト)(現在では弟子が引き継いで営業再開)」にて修行をしてきました。大勝軒は”つけ麺元祖の店”と言われており、麺をスープにディップして食べるスタイルを最初に考案した店としてその名を広く知られています。頸城大勝軒はその”つけ麺原点の味”を味わうことのできるお店なのです!ちなみに現在、頸城大勝軒は「大勝軒 味と心を守る会(公式サイト)」の一員として、元祖つけ麺の味を守ろうと頑張っておられるようです。
IMG_0071.jpg

 店内の様子はこんな具合になっちょります。こちらの店舗はかつて牛丼チェーン店として営業していた場所で、店内もそれを彷彿とさせる雰囲気となっております。
IMG_0076.jpg

 さらにこちらのお店、テレビでは常にプロレスが映し出されておるのが名物の1つなのだw ここんちの店主殿、よっぽどのプロレス好きよwww
IMG_0078.jpg

 お店は不定休となっており、入口に掲示されたカレンダーにその月の店休日が記されているんだけど…お休みの日は、店主殿がプロレスの試合を見に行く日に間違いないはずっ!w
IMG_0081.jpg

 続いてメニューチェック、ここんちの基本はやっぱり「つけ麺」ですよね。どうせならお肉も食べたいぞという事で「もりチャーシュー(大3枚)」を頼みました。ちなみにここんちで一番激しいのはメニュー中央「タッグもり(チャーシュー+メンマ)」ね、以前に頼んだことがあるんだけど(当該記事)具沢山のとんでもないのが出てきましたですw
IMG_0246.jpg

 もちろん通常のラーメンも提供されております、トッピング追加で様々なバリエーションを選べるのも嬉しいですね。
IMG_0253.jpg

 こちらにはもりそば(つけ麺)についてのウンチクなどが書かれております。卓上に用意された調味料の活用法なども書かれていますので、参考にすべし。
IMG_0256.jpg

 そうこうしているうちに、待ちに待ったもりそばの着丼なり~シンプルなビジュアルのスープがなんとも印象的ですな。
IMG_0826.jpg

 引いた全体像はこんな感じです、麺のボリューム感がこれまた見事!
IMG_0848.jpg
「頸城大勝軒 もりチャーシュー(大3枚)¥1125」

 丼に麺がみっちりと盛られています、並盛でもこの盛り具合ですからね。
IMG_0861.jpg

 早速麺を手繰りました、ほぼストレートの太麺であります。まずはこのまま一口啜ってみますれば、むちモチの歯応えでなかなか美味しゅうございましたよ。
IMG_0870.jpg

 続いてスープを一口頂きます。酸味際立つ味わいで、甘味と辛味も効いた大変スッキリとした風味でこれまたキリッと旨し!昆布出汁の旨味も感じますね、最近のつけ麺スープはどっしり濃厚系が非常に多いですが、これこそがつけ麺元祖の味なのですよ。
IMG_0883.jpg

 次いで麺をディップ、スッキリした味わいなので麺がいくらでも食べられちゃう感じねw
IMG_0890.jpg

 チャーシューは厚みもあるジャンボサイズでこれまた大迫力!
IMG_0895.jpg

 早速一口がぶりんちょ、お肉にはスープがたっぷりと染みてなかなかの旨さでしたぞ。
IMG_0906.jpg

 肉を喰らいつつ麺を啜って、もちろん同時進行でも旨しだw
IMG_0911.jpg

 その他の具材の様子はこんな感じ。チャーシューの他にナルトと味玉とメンマ、さらに海苔が入ってました。
IMG_0912.jpg

 海苔はずっとスープの中に沈んでたってのに、溶けてなくてちょいとたまげた。風味豊かでこれまた旨し♪
IMG_0923.jpg

 味玉にもスープがしっかり染みており、味玉自体の味はちょいと解らなかったけどこれはこれで旨しだw
IMG_0925.jpg

 この時点でもお肉はガッツリ残っております、ジャンボお肉は予想以上の食べ応えなり!
IMG_0929.jpg

 さぁ残り僅か、この時点ですでに結構な満腹感となっておりました~大盛りにしたら一体どんな盛り具合になるのだろかね?
IMG_0931.jpg

 でもってラスト、麺器の底には水が結構残ってました。調理している様子を見ていると解るのですが、ここんちは麺の水切りについて、麺を手で押さえて器を逆さにするだけで済ませているんですよ。takeさん聞いた話だと、これは東池袋大勝軒から受け継がれた流儀で、麺がほぐれやすいようにわざと水を完全に切らないのだそうです。この不完全な水切りも、元祖つけ麺の味を構成する要素の1つなのであります。
IMG_0934.jpg

 最後はスッキリ味のスープをじっくりと味わって、大満足で店を後にしました。
IMG_0938.jpg

 久しぶりに味わった元祖つけ麺の味、シンプルすっきりな味わいで大変美味しゅうございましたよ。最近では”濃厚魚介豚骨味”などどっしり濃厚な味わいのスープが多いですが、このシンプルな味こそが原点なのです。つけ麺元祖の味、皆さんも是非とも1度体験してみるべし♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越の酸味系つけ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ローソン 炙り金目鯛のっけ盛り丼 これ旨かったよ! | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | キノコ採りに行ってきたです、今期お初のヒラタケゲット!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |