橋場食堂 かつ丼 こちらはやっぱり”とんかつ大矢”の味を継ぐお店でした!
2016-11-28 Mon 11:18
 黒井駅近くにあります「橋場食堂(shop data記事)」、これまで何度かブログで紹介してきましたが、2016年の10月20日に閉店してしまった上越を代表する老舗「とんかつ大矢(shop data記事)」で提供されていたのとそっくりの「かつ重(紹介記事)」や「とんかつ定食(紹介記事)」を食べることができるお店として、当ブログとしては最近イチオシの食堂であります。

 でもって先日のこと、ご近所さんのブログを見ていたら「軽薄短笑:「とんかつ大矢」の味を伝承 上越市の「橋場食堂」」という記事を発見、なんと「とんかつ大矢」と「橋場食堂」はご兄弟がやっておられるお店なのだそうです!両店の味は妙に似ているなぁと不思議に思っておったのですが、これで疑問が解けましたね。これにて謎が解決したぞという訳で…
橋場食堂
 先日は再び来店してきちゃいましたw

 はてさて「とんかつ大矢」には、丼系の料理はソースカツ系の「カツ重」しかメニューに存在しませんでした。しかし橋場には…
これ喰うよ
 とんかつを卵でとじた「かつ丼」がメニューに存在するのであります!卵でとじた大矢系かつ丼、大矢では味わうことのできなかった幻の味!!これは必食のメニューでありましょうと、早速注文致しました。

 ってな訳でこちらが橋場のかつ丼様でございます~
橋場食堂 かつ丼 パッケージ
橋場食堂 かつ丼 パッケージ posted by (C)take

 ほれご開帳、昔ながらの素朴なビジュアルでこれまたイイ感じですな!てっぺんにトッピングされた海苔がこれまた良い雰囲気♪
橋場食堂 かつ丼 アップ
橋場食堂 かつ丼 アップ posted by (C)take

 引いた全体像はこんな感じ、味噌汁と漬け物が付きますです。
橋場食堂 かつ丼¥800
橋場食堂 かつ丼¥800 posted by (C)take

 まずはかつを1つリフトアップ、肉は厚すぎず薄すぎずの絶妙なカットであります。これ位のが一番食べやすいんだよね♪
橋場食堂 かつ丼 かつ断面の様子
橋場食堂 かつ丼 かつ断面の様子 posted by (C)take

 裏側の衣は通常の状態だと濃い目の発色なんだけど、卵でとじて汁を吸った状態だとやや明るい色合いとなっておりました。
橋場食堂 かつ丼 かつ衣の様子
橋場食堂 かつ丼 かつ衣の様子 posted by (C)take

 それ早速がぶりんちょ、柔らか歯応えでこれまた旨し!味付けは甘味が強い甘しょっぱ味で、甘い汁を吸った衣がジューシーとろとろ歯応えでこれまたうんまいw
かつ旨し

 お肉とご飯の間にはタマネギがたっぷりで、火がしっかりと通っておりトロトロ柔らかな歯応え&タマネギ本来の甘味も芳醇でこれまた旨かった。
橋場食堂 かつ丼 盛り付けの様子
橋場食堂 かつ丼 盛り付けの様子 posted by (C)take

 それぞれの味を確認した後は、器を持ってガッシガッシと掻っ込むべし!
かっ喰らうぜな

 断面図はこんな感じ、汁の量は標準的な印象ですね。
橋場食堂 かつ丼 断面図
橋場食堂 かつ丼 断面図 posted by (C)take

 副菜の様子はこんな感じ、お味噌汁とお漬物であります。
橋場食堂 かつ丼 副菜の様子
橋場食堂 かつ丼 副菜の様子 posted by (C)take

 お味噌汁のお豆腐が小さくカットされているのも大矢と共通、可愛らしくてこれまた宜しい。
味噌汁旨し

 なこんなであっという間にラスト一口、かつの端っこ部分は脂身&衣たっぷりのスペシャルゾーン!残りを一気に掻っ込んで、大満足で店を後にしたのであります。
残り僅か

 大矢系かつの卵とじ丼、素朴なお味で大変美味しゅうございましたよ!もし大矢にもかつ丼が存在したらきっとこんな感じだったのでしょう、今回は貴重な体験をする事が出来ましたです。幻の大矢系卵とじかつ丼、皆さんもこの機会に是非とも1度味わってみるべし♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越の卵とじかつ丼 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<PHANTOM3 STANDARDフライト準備編、CE/FCCコンプライアンスの設定などについて | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | 本格的空撮ドローン「PHANTOM3 STANDARD」購入しました、まずは箱出し編!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |