東洋水産 マルちゃん 富山ブラック
2016-08-18 Thu 10:18
 先日は「東洋水産(公式サイト)」より発売されております「マルちゃん 富山ブラック(商品情報)」をお買い上げしました。「富山ブラック(参考wiki)」とは、富山県を代表するご当地ラーメンなのであります。”ブラック=醤油の濃さ”という訳で、とてつもなくしょっぱい味で有名なのだw これを提供しているお店は、富山市にあります「西町大喜 西町本店(shop data記事)」などが有名ですね。このカップ麺は本物の味を果たしてどの程度再現できているのか、その味わいが大いに気になるトコロなのであります。
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック パッケージ
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック パッケージ posted by (C)take
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック 原料等
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック 原料等 posted by (C)take

 熱量328kcal、低めの数字なのが嬉しいですね。食塩相当量は8.4g、本当だったらスープは残した方が良いのだろうケレドモw
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック 栄養成分等
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック 栄養成分等 posted by (C)take

 標準麺茹で時間は5分ね、とりあえず了解なり。
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック 調理方法等
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック 調理方法等 posted by (C)take

 中身の様子はこんな感じです。かやくは通常のとフリーズドライの2種類が付いてました。
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック 中身の様子
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック 中身の様子 posted by (C)take

 まずはかやくを投入であります。フリーズドライのかやくはネギでありました、こちらについては味の期待が持てそうですね!
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック かやく
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック かやく posted by (C)take

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば5分待つのですが、固麺大好きtakeさんは例によって例の如く2分弱で強引に麺ほぐし開始、トータル2分強の茹で時間で…
5分待つべし

 まずは粉末スープを投入します、この時コショウの香りがフワッと立ち上りましたよ。
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック 粉末スープ
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック 粉末スープ posted by (C)take

 ざっくりと混ぜた後に液体スープを投入し、さらにしっかりと混ぜてやりますれば…
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック 液体スープ
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック 液体スープ posted by (C)take

 これにて完成なり~真っ黒スープの上にカット大きめで存在感のあるネギがたっぷりで、ビジュアル的には思いの外に”富山ブラック”っぽいですぞ!
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック posted by (C)take

 まずは麺を手繰りました、やや細めの縮れ麺…これって富山ブラックとは違うくね?w ただ、スープの色で黒っぽく染まった様子は、リアル富山ブラックに通じるものがありますな。食感については歯応えしっかりで、茹で時間短縮大成功でありました♪
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック 麺アップ
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック 麺アップ posted by (C)take

 スープは真っ黒黒で見た感じはまんま富山ブラック、味についても醤油の風味が前面に出ておりまぁまぁ本物に近い感じでしょうか。コショウの風味もバッチリ効いており、予想以上の再現度でありましたよ!
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック スープアップ
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック スープアップ posted by (C)take

 具材はカット大きめなネギがたっぷりで、メンマ&カット焼豚もそれなりの量が使用されていてこちらも結構本物っぽい印象を受けました。ただ、味についてはメンマと焼豚の「舌が痺れる程のしょっぱさ」が全く再現されていなかったですね。とはいえ、あのしょっぱさをガチで再現してしまうと、一般で販売するカップ麺としては”やり過ぎ!”となってしまいそうな気もしますしw
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック 具材の様子
東洋水産 マルちゃん 富山ブラック 具材の様子 posted by (C)take

 タップリのネギと一緒に麺をズズッと啜るべし、それにしてもこのネギは風味豊かで旨いですわ。
ネギ旨し

 ラストはしょっぱスープをじっくりマッタリ味わって、takeさん血圧高めだってのについつい完飲しちまいましたw
スープ旨し

 このカップ麺、これまで食べた「富山ブラック」をテーマにした商品の中では、再現度はなかなか高いと感じました。富山県は位置的には上越のお隣ではあるものの、やっぱり遠いですからね~本場の富山ブラックを食べに行くのも、けして簡単ではありませんです。なのでまずはこのカップ麺を食べて、本場の味を疑似体験してみましょう~もしもこの味が気に入ったのなら、今度は富山までグルメドライブ行ってくるべし♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ラーメンハウスあおき 本店 上越を代表する老舗、ネギラーメン旨し♪@shop data | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | 森のレストラン フォレスタ 三和区にあります超和やか雰囲気イタリアンのお店♪@shop data>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |