越後海鮮どん屋 ウニいくら丼 ウニ&いくらが超たっぷりの超絶贅沢丼なり!
2016-07-20 Wed 09:58
 先日は国道18号沿いの「道の駅あらい(公式サイト)」にあります「越後海鮮どん屋(shop data記事)」に行ってきました!お店の営業時間等の詳細につきましてはshop data記事をご覧下さい。
越後海鮮どん屋
越後海鮮どん屋 posted by (C)take

 今回のお目当てはこの「ウニいくら丼」であります。takeさんはウニ&いくらを人生のウチで一度でいいから、ゲッソリするくらい大量に食べてみたかったのでありますのだ~今回ようやっとその夢が叶うw
これ喰うよ

 まったりと待つことしばし、運ばれてきたのは…
越後海鮮どん屋 ウニいくら丼 いくら側アップ
越後海鮮どん屋 ウニいくら丼 いくら側アップ posted by (C)take
 超山盛りのいくら山!

 さらに酢飯の上を覆い尽くす、ウニのモコモコ絨毯なりw
越後海鮮どん屋 ウニいくら丼 ウニ側アップ
越後海鮮どん屋 ウニいくら丼 ウニ側アップ posted by (C)take

 引いた全体像はこんな感じです、高級食材が贅沢山盛り盛りで強烈癒やしのビジュアルですな!
越後海鮮どん屋 ウニいくら丼¥2700
越後海鮮どん屋 ウニいくら丼¥2700 posted by (C)take

 上から見た図はこんな感じ、いくら:ウニ=1:1の見事な盛り具合であるw
越後海鮮どん屋 ウニいくら丼 上から見た図
越後海鮮どん屋 ウニいくら丼 上から見た図 posted by (C)take

 まずはいくらのみ頂きます。程よく張りのある皮をプチッと噛むと、中から旨味濃厚いくら汁が口の中に溢れだしてそれはもう究極の旨さ!
いくら旨し

 ウニは粒感がしっかりとしており、鮮度の方はバッチリでしたよ!味は磯の香りが濃厚な野性味溢れる風味&ほんのりほろ苦い大人の味わいでこれまた美味しゅうございました♪
ウニ旨し

 酢飯は酢を効かせすぎない上品な風味で、具材の味を殺さぬ優しい味わいでしたよ。
越後海鮮どん屋 ウニいくら丼 酢飯アップ
越後海鮮どん屋 ウニいくら丼 酢飯アップ posted by (C)take

 そんな訳で、いくら&ウニ&酢飯を一緒にワッシワッシと掻っ込むのだ!
一緒で旨し

 断面図はこんな感じです、特にいくらの盛り具合が見事なのがこの写真でよく解りますね。
越後海鮮どん屋 ウニいくら丼 断面図
越後海鮮どん屋 ウニいくら丼 断面図 posted by (C)take

 ここまではお醤油無しで食べ進んだけど、ここからはお醤油&ワサビも適宜使用すべし。
お醤油

 お醤油を全体に一気にかけてしまうのもどうかと思うので、食べる部分にだけちょろっとかけて…
お醤油投入

 そこにワサビを一つまみのせて…
ワサビ投入

 さじですくって頂くべし、鼻に抜ける鮮烈な風味が食欲をいや増すのである!
ワサビ旨し

 またウニの芳醇な磯の風味もワサビと一緒に食べると程良く抑えられて、さっぱり頂けてこれまた宜しい。
さっぱり旨し

 器の縁にはキュウリとガリ、さらに玉子焼きが添えられていました。
越後海鮮どん屋 ウニいくら丼 副菜の様子
越後海鮮どん屋 ウニいくら丼 副菜の様子 posted by (C)take

 ガリは時折つまんで味覚をリセットするのに活用すべし。
ガリ旨し

 中央にトッピングされてた大葉ももちろん残さず頂きます、芳醇な香りでガリよりもダイナミックに味覚をリセットしてくれますぞ。
大葉旨し

 大根のけんももちろん頂きます、こちらも口の中をさっぱりさせる効果がありますね。
大根のケン旨し

 なこんなで残り僅か、最後の一口はいくらにすべきかウニにすべきか…!?
残り僅か

 悩んだ挙げ句、ラスト一口はいくら様にて有終の美を飾ることと致しましたw
締めはいくらで

 締めは甘い玉子で舌をリラックスさせて、大満足でさじを置きました。
玉子旨し

 最後に熱いお茶が出てきました。じっくりと渋味を堪能した後に、店を後にしたのであります。
越後海鮮どん屋 お茶(サービス)
越後海鮮どん屋 お茶(サービス) posted by (C)take

 この日はいくら&ウニをガッツリ堪能することが出来て、takeさん長年の夢を叶えることが出来ましたです。¥2700とお値段少々張りますが、満足度は超高いですよ~さぁさ皆さんも超贅沢丼を是非とも1度体験してみるべし♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越の各種海鮮丼 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<デイリーヤマザキ サンドおむすび ソーセージカツ&焼そば | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | セブンイレブン 中華蕎麦とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しつけ麺>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |