スマホでVR体験しよう!VR CASE RK5thなどお買い上げ♪
2016-07-02 Sat 07:18
 最近はPlayStation4用のバーチャルリアリティシステム「PlayStation VR」の予約が開始されるなど、これまでは特別な施設などでしか体験できなかった「バーチャルリアリティ」が次第に身近な存在となりつつあります。しかしPS4でVR環境を構築するには、takeさんはそもそも本体を所有していないのでかなりの出費となってしまいます。そこでネットで色々と調べていたら、スマートフォンを使って安価にVR体験することが出来るということを知りました!

 専用のVRヘッドセットにスマホをセットしてVR環境を構築するのですが、ヘッドセットはなんと自分で作ることも可能!Googleがダンボール製VRヘッドセットの作り方をネットで公開しており(当該ページ)、これならほとんどお金をかけずにVR体験することが出来ます。けど、市販されているVRヘッドセットも実売価格は¥3000前後で意外と安く造りもしっかりとしており、こりゃ買うしかないだろという事で…
VR CASE RK5th パッケージ
VR CASE RK5th パッケージ posted by (C)take
 汎用のVRヘッドセット「VR CASE RK5th」ゲットしました!



 中身の様子はこんな感じです。本体とマニュアルと、スマホを挟み込むツメに貼り付けるスポンジテープ、さらになぜかキーホルダーまで付いてましたw
VR CASE RK5th 中身の様子
VR CASE RK5th 中身の様子 posted by (C)take

 こちらがマニュアルであります、えらくシンプルな内容ですな。
VR CASE RK5th マニュアル
VR CASE RK5th マニュアル posted by (C)take

 顔に触れる部分にはクッションが取り付けられており、余計な光が入り込まないようになっています。実はこれが重要で、ダンボール製のだと脇から余計な光が入り込んでしまってVR空間への没入感が阻害されてしまうのですよ。さらにレンズは2眼式となっており、立体視できるようになっています。(一眼式もあり)
VR CASE RK5th 内側
VR CASE RK5th 内側 posted by (C)take

 さらにこの製品は左右別々にレンズを調節できるのがポイントで、左右で視力が違ってもクリアな映像を楽しめるのだ。
VR CASE RK5th 上側
VR CASE RK5th 上側 posted by (C)take

 サイドにはスリットが設けてあり、熱がこもらないよう配慮されています。
VR CASE RK5th 横側
VR CASE RK5th 横側 posted by (C)take

 この商品の唯一の欠点が、正面に白いパネルが採用されている点です。光を若干通してしまうので、没入感に欠けてしまうのだ。
VR CASE RK5th 前側
VR CASE RK5th 前側 posted by (C)take

 フロントパネルを開けるとこんな具合になっちょります。
VR CASE RK5th 内部の様子
VR CASE RK5th 内部の様子 posted by (C)take

 このツメでスマホをがっちりと挟み込みます、バネの力はかなり強いですよ。
強力バネ

 また、このツメとスマホのボタンが干渉してしまうと使用する事が出来ません。
ボタンと干渉

 そこで、附属のスポンジテープを利用してボタンとツメが干渉してしまわぬよう調節する訳です。
スポンジで避ける

 下側にもキズ防止も兼ねてスポンジテープをセットします。取り付けの調整は思いの外に自由度が高いので、ほぼ全てのスマホに対応出来ると思いますよ。ちなみにtakeさんは「Xperia Z5(購入記事)」と「Xperia Z SO-02E(購入記事)」の2台のスマホを所有していますが、どちらも問題無く取り付けることが出来ました。
下にもスポンジ

 スマホを取り付けるとこんな具合になります。
取り付けた図

 VRのアプリを立ち上げると、こんな具合に左右に映像が表示されます。ちなみに平行法で立体視が出来る人は(参考:平行法で立体視とは)、VRアプリをダウンロードして平行法で画面を見れば簡易VR体験できますね。画面が小さくてメチャクチャ見づらいと思うケレドモw
分割画面

 ちなみに、3年も前に買ったスマホ(Xperia Z SO-02E)でもVRのアプリは動作したけど、顔の動きへの追従性が今一つで、アプリによっては動画も若干のガタつきが見られました。
Xperia Z SO-02E

 また有線のイヤホンも使えないことは無いんだけど、この際だからとBluetoothの無線イヤホンも買っちゃったさw ちなみにイヤホン無しでも使用は出来るけど、周囲の音が聞こえてしまうとやっぱりVR空間への没入感が阻害されてしまいますね。
ワイヤレスイヤホン
快適なり



 さらに、スマホをケースに入れたままでもこれを使えば操作出来るのかしらと、えらく安かったのでどんな製品なのか詳しく調べもせずにBluetoothリモコンも試しに買ってみたんだけど、これはハッキリ言って不要でした。
安物パッケージ
安物リモコン



 日本語のマニュアルは付いてないし…
安物マニュアル

 ボリュームの上げ下げくらいしか出来ないんだものw リモコンに操作パッドみたいなのが付いてたから、マウスカーソルが出てきて何かしら操作出来るのではなかろうかと期待したんだけど、アテが外れましたです。まぁスマホのVRアプリは基本的に画面を触らないで操作出来るよう配慮されているようですし、皆さんは余計な買い物をせぬようご注意をw
安物機能

 さてここからは、スマートフォン用に開発された様々なVRアプリを紹介していきますね!最初のうちに言っておきますが、これらアプリはあくまでも”無料”なので、短時間でエンディングまで到達してしまうなどボリュームが小さいゲームが多いです。過度な期待は禁物ですよ!

 takeさん的には、VRとホラーって非常に相性が良いと思うのですよ。なので最初に導入したのはこのVRホラーゲーム「Sisters(GooglePlayリンク)」であります。
Sisters 1
Sisters 2
 部屋の中をグルグルと見回していると、様々な恐怖体験ができまするw ポリゴンの解像度などは数世代前の印象なんだけど、顔の動きと映像の動きが見事にシンクロしているのでVR空間への没入感をバッチリ楽しむ事ができますよ!

 続いても同じくホラーゲーム「Insidious VR(GooglePlayリンク)」であります。
Insidious VR 1
Insidious VR 2
Insidious VR 3
 こちらも先程紹介した「Sisters」と似たようなゲームで、家庭に居ながらにしてリアルなお化け屋敷体験ができますぞw ちなみにどちらのゲームもクリアまでの時間は数分程度です。

 続いては「シドニーとあやつり王の墓(GooglePlayリンク)」を紹介します。
シドニーとあやつり王の墓 1
シドニーとあやつり王の墓 2
シドニーとあやつり王の墓 3
 このゲームは、敵を倒しながらダンジョン内を進むVRアドベンチャーゲーム!視線を動かして敵をターゲットして倒すのですが、思いの外にゲーム性が高くオススメのVRアプリであります。

 お次に紹介しますのは「Vanguard V(GooglePlayリンク)」であります、こちらはシューティングゲームのくくりになるのかな。
Vanguard V 1
Vanguard V 2
Vanguard V 3
Vanguard V 4
Vanguard V 5
 3Dで描写された宇宙空間をグングン突き進むシューティングゲームです。移動も攻撃も視線移動で操作し、爽快感&浮遊感が見事なオススメアプリであります!

 ラストに紹介しますのは、歌い踊るミクちゃんをただただ鑑賞するだけのアプリ「WAVEFILE/初音ミク VR(GooglePlayリンク)」であります、ぶっちゃけこいつがイチオシだぜっ!w
WAVEFILE/初音ミク VR 1
 目の前で歌い踊る初音ミク、顔を横に向けると…

 視線も横に移動します、VR空間って訳ではないけどこれはこれで面白い。
WAVEFILE/初音ミク VR 2

 視線を上へと向けると…
WAVEFILE/初音ミク VR 3

 おっおっおっおっwww
WAVEFILE/初音ミク VR 4
 takeさんこのアプリを立ち上げて真上をただ見上げてるだけで、気がついたら1時間ほど経過しておりましたですよw

 かつて家庭用ビデオデッキの普及を急速に押し進めたのは、ス○ベなビデオの普及がカギであったと言われています。VRが今後広く世間一般へと普及できるかどうかは、ス○ベなコンテンツが如何に充実するかどうかにかかっておると思うのですよ!

 「PlayStation VR」期待のソフト「サマーレッスン(公式サイト)」、まず最初のキラーコンテンツはこれであるかと思います。これに続く、もっともっとス○ベなコンテンツの充実なくしては、VRの真の普及は実現しないと思うのだ!はてさてこれから一体どの様なVRソフトがリリースされるのか、今後の展開が大きく気になるところなのであります。

 最後に、VRの輝ける未来を期待させる動画を1つご紹介したいんだけど…ごめんね18禁なんだ、大きなお友達だけリンクからyoutubeのサイトに飛んで、VRコンテンツが秘める脅威の可能性を堪能してくれたまへ!



ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | PC、デジタルモノ関連 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<日清 セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨飯&ウルトラデスソース♪激辛激旨 | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | 「PEPSI STRONG 5.0GV」強炭酸ペプシ ペプシストロング5.0GV登場、最高ガスボリューム5.0GV!>>
この記事のコメント
takeさん、また素早く導入しましたね~。
画面酔いとか、しなかったでしょうか?

大昔、クーロンズ・ゲートって伝説のバカゲーがあって、それがまたエライ画面酔いするゲームだったんですよ。あれをクリアした自分、よく頑張った!と褒めたいぐらいです(笑)。

そんで自分もホラゲ好きだけど、根気とハラハラするのに耐性が低下したので、専ら、つべでゲーマーズのプレイを鑑賞するスタイルへとメタモルフォーゼしました。

最後の大きいお友達用のリンク、飛んで視てきましたが大真面目で笑えました。
2016-07-03 Sun 06:51 | URL | かんずり旨し #-[ 編集] | top↑
画面酔いは大丈夫だったですね~使用したスマホが最新機種だったので、頭の動きと映像の動きに誤差が生じなかったのが良かったのかもしれませんです。

takeさんもホラーゲーが大好きで、その辺りのソフトが揃ってきたらPS4も場合によっては導入しちゃうかもしれません(^^;
PlayStation VRで完成度の高いホラーゲームが発売されちまったら、いよいよ10万円からビシっと投資してしまうかもw

ラストの動画、自分の将来を見せつけられているようである意味怖いですww
2016-07-06 Wed 21:11 | URL | take #k0tkCqHs[ 編集] | top↑
takeさん、相当なゲーマー魂ですね!
むー、うちはプレステ3を購入したもののソフトを買って、そのまま寝かしたままになっているとゆー・・
ビシッ!と買って、発酵させてます(笑)。

さすがに、ホラゲでバーチャルだと心臓止まるかも。自分的には、三國無双みたいなゲームがVRだったら楽しいかな。
あのゲームは、高い所からでも飛び降りできて
死なないので、城壁から飛び降りるとヒュ~って尻が浮きます。
呂布を最大まで育てて、イージーモードでプレイしたらさぞかし壮快でしょうな~。
2016-07-07 Thu 00:09 | URL | かんずり旨し #-[ 編集] | top↑
takeさん実はブログを始める前は結構なゲーマーで、特にホラーゲームは零など全てやり尽くしております(^^;
けどブログをやるようになったらリアル生活の方がよっぽど楽しくなってしまって、ここ数年間はグランド・セフト・オートなど積みっぱなしですよw

三國無双もVRとは確かに相性良さそうですね~VR空間を無双状態で暴れまわるのは楽しそう♪
2016-07-13 Wed 21:26 | URL | take #k0tkCqHs[ 編集] | top↑
グラセフですか(笑)。
ちょっと、盗んだバイクで走り出す~
ってヤツですか。

takeさん【17】
ってヤツですか。

そういえば、少し前に見た「アウトブレイク」ってゲームがグロくて怖くて、危うくガラスのハートがアウトブレイクしそうになりましたよ。
もう、クロックタワーシリーズでプレイは卒業しちゃいましたね。手を付けてないPS1の「恐怖新聞」が永い眠りについていますが・・。

何回も、レスしてスンマセン(笑)。
2016-07-14 Thu 03:44 | URL | かんずり旨し #-[ 編集] | top↑
ども、takeさん@永遠の17歳でありますw

一番最近の積みゲーはグラセフですね~そういえば「The Elder Scrolls V SKYRIM」も途中で投げ出しておりました(^^;

takeさんは逆に、クロックタワーの時代はホラーゲームにはそこまで傾倒していなかったんですよ~確かあのゲームはtakeさんには難易度が高すぎて、怖さを感じる前に「難しすぎてやってられん!」と投げ出してしまった記憶が;_;ナサケナシ
2016-07-16 Sat 23:14 | URL | take #k0tkCqHs[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |