【閉店】加藤そば屋 昭和のお蕎麦を味わえるお店!@shop data
2016-06-06 Mon 08:18
 先日は妙高高原駅の前にあります老舗のお蕎麦屋さん「加藤そば屋」に行ってきました!お年を召されたご夫婦と思しきお2人がお店を切り盛りされてらっしゃるのですが、聞いた話によるとなんと3代目になるのだそうです。
加藤そば屋
加藤そば屋 posted by (C)take

 【閉店】加藤そば屋
 新潟県妙高市田口322
 0255-86-2168
 営業時間 11:00~18:00 通し営業
 定休日 水曜
 2017/02/19追記、閉店しました



 店内の様子も飾らない雰囲気でこれまた宜しい、写真奥の小上がり席に用意されたペラペラの座布団がこれまた家庭的な雰囲気で大いに和みましたw
加藤そば屋 店内の様子
加藤そば屋 店内の様子 posted by (C)take

 こちらのお店の看板メニューは「もりそば」で、当然この日の注文もそれにすることとしました。
加藤そば屋 メニュー
加藤そば屋 メニュー posted by (C)take

 まったりと待つこと暫し、運ばれてきたのは…
加藤そば屋 もりそば アップ
加藤そば屋 もりそば アップ posted by (C)take
 丼に蕎麦がたっぷり盛られた、なんとも素朴でありながらも迫力のある一杯でしたぞ!

 引いた全体像はこんな感じです、背後の大きな赤いプラの急須は蕎麦湯ですね。
加藤そば屋 もりそば¥500
加藤そば屋 もりそば¥500 posted by (C)take

 早速蕎麦を手繰り、まずはそのままの状態で頂きます。結構な太麺で、歯応えとてもしっかりとしております。風味も豊かで噛み締めるほどに旨味が口の中に広がって、これまた美味しゅうございますぞ!
加藤そば屋 もりそば 蕎麦アップ
加藤そば屋 もりそば 蕎麦アップ posted by (C)take

 つゆは見るからに濃厚であります。実際の味も見た目の印象通りで、出汁が控え目で醤油の風味がガンッと効いた、とても力強く素朴な味わいであります。
加藤そば屋 もりそば つゆアップ
加藤そば屋 もりそば つゆアップ posted by (C)take

 なのでお蕎麦を全てディップせず、江戸っ子を気取ってお蕎麦の下だけちょんとつゆにディップして啜るのが宜しかろう♪
下だけディップ

 さらにここんちのお蕎麦は非常に長~いのも特徴の1つなのだ!
加藤そば屋 もりそば 蕎麦の様子
加藤そば屋 もりそば 蕎麦の様子 posted by (C)take

 以前に本か何かで「手繰りきれないほどの長い蕎麦を、上の部分だけつゆに漬け、そのまま丼に残った蕎麦まで一気に啜って食べるのが、昔の時代の粋な蕎麦の食べ方」なんて話を聞いた覚えがあります(随分と検索したんだけど、残念ながら情報ソースを見つけることが出来ませんでした)。ここのお蕎麦はとても長いし、つゆの味も濃いのでその食べ方がバッチリ合うだろうと試しにやってみたんだけど、確かに”通”な感じがしてなんとも気分が良かったですぞw
先だけディップ

 この日の薬味はネギだったけど、時期によっては違う物になることもあるみたいです。前回来店時(当該記事)の薬味はアサツキでした。
おネギ投入

 蕎麦湯はこんな感じになっちょります、薄めの感じですね。
加藤そば屋 蕎麦湯
加藤そば屋 蕎麦湯 posted by (C)take

 濃厚なつゆをこいつで割ってやると丁度良い具合に味が薄まって、熱々美味しゅうございましたよ♪
蕎麦湯旨し

 さらに別の日には「月見きつねそば」を頼んでみました、油揚げ&玉子&刻み海苔が丼を覆うちょいと予想外のビジュアルでたまげましたぞw
加藤そば屋 月見きつねそば アップ
加藤そば屋 月見きつねそば アップ posted by (C)take

 引いた全体像はこんな感じです、こちらも蕎麦湯がつくんですね。
加藤そば屋 月見きつねそば¥590
加藤そば屋 月見きつねそば¥590 posted by (C)take

 早速お蕎麦を手繰るべしと箸を入れると、丼の中がミッチリ麺で埋め尽くされててこれまたたまげた!また、後に「つゆアップ」の写真を撮影したのですが、その時点では玉子が溶けてつゆが若干濁ってしまいました。フレッシュな状態のつゆのビジュアルは、この写真を参考にして下さい。
加藤そば屋 月見きつねそば 盛り付けの様子&つゆアップ
加藤そば屋 月見きつねそば 盛り付けの様子&つゆアップ posted by (C)take

 お蕎麦はもりそばと共通ですが、温められた状態だとモチモチ感が飛躍的にアップしますね!結構な太さもあるので噛み応えは非常に豊か、冷えた状態とは全く異なる食味でしたがこれはこれで強烈旨かった!
加藤そば屋 月見きつねそば 蕎麦アップ
加藤そば屋 月見きつねそば 蕎麦アップ posted by (C)take

 お蕎麦はもちろん長~いからね、啜り応えがありまっせ!
やっぱ長いよ!

 油揚げは甘く味付けされており、熱々のつゆがジュワッと染みてこれまた美味しゅうございました♪
加藤そば屋 月見きつねそば 油揚げアップ
加藤そば屋 月見きつねそば 油揚げアップ posted by (C)take

 先程も書きましたが、この段階になるとつゆは玉子が溶けて若干濁っておりました。味についてはもりそばのつゆと同様にかえしの風味が強かったのですが、同時に甘味も感じました。もしかすると、油揚げの甘い味が溶け出したのかもしれませんね。
加藤そば屋 月見きつねそば つゆアップ
加藤そば屋 月見きつねそば つゆアップ posted by (C)take

 いやそれにしても器の中は麺がみっちり、つゆがほとんど見えないざますw
みっちり麺

 おっと薬味のネギを使うのを忘れておった!ここで一気に全投入であります、爽やかな風味で食欲もいや増すのだ♪
おネギ旨し

 最後の最後、いよいよ玉子を破壊である!
玉子破壊

 濃厚つゆと玉子の相性は予想以上に抜群で、まろやか風味に味変されて強烈美味しゅうございましたよ♪
玉子旨し

 残ったつゆも玉子が完全に混ざって様子が随分と変わりましたね、まろやかな味わいでとっても旨かったです。
まろやか旨し

 ラストは熱々の蕎麦湯を投入し、再び熱々になったつゆをラスト一滴までしっかりと味わい尽くし、大満足で店を後にしたのであります。
熱々旨し

 さて、こちらのお店は「もりそば」と「ざるそば」を別メニューで提供しております。ネットで両者の違いについて調べたところ、現在では両者の相違点は「麺の上に刻み海苔が散らされているかどうか?」だけらしいのですが、本来はつゆの味が異なっているようです(参考情報)。ざるの方がより上等なつゆを使用しており、今でも一部の老舗ではもりとざるでつゆをちゃんと使い分けているそうです。はてさて、こちらのお店のざるそばのつゆの味が大いに気になるところなのである…近日中に来店してその辺りをハッキリとさせてきますぞ。

 こちらのお店のお蕎麦は良くも悪くも飾らない雰囲気で、昭和の時代の庶民のお蕎麦を味わうことの出来る希有な存在であるかと思います。皆さんも妙高方面へとお越しの際は、是非とも1度立ち寄ってみて下さいな♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越のそば | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ローソン ローストビーフの冷製生パスタ(期間限定) | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | ヤマモリ ガパオごはん 鶏肉のバジル炒め>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |