中華のカトウ 本店 新潟市を代表する「朝ラー」のお店!@shop data
2016-03-02 Wed 08:18
 先日は響さんと一緒に新潟市にあります老舗ラーメン店「中華のカトウ 本店」に行ってきました!こちらのお店はなんと朝の7時半から営業しており、朝食としてラーメンを食べる「朝ラー」の店として新潟市ではその名を広く知られる有名店なんですよ。
中華のカトウ 本店
中華のカトウ 本店 posted by (C)take

 中華のカトウ 本店
 新潟県新潟市中央区東堀通6-1045
 025-228-9481
 営業時間 7:00~12:30(麺がなくなり次第終了)
 定休日 水曜、第2木曜



 店内こぢんまりとした印象、いかにも老舗っぽい質素な雰囲気で居心地これまた宜しかったです。
中華のカトウ 本店 店内の様子
中華のカトウ 本店 店内の様子 posted by (C)take

 メニューは中華そばとチャーシュー麺の2種類のみという潔さ。響さんは中華そばをタマネギ抜きで、takeさんはチャーシュー麺を頼みました。
中華のカトウ 本店 メニュー
中華のカトウ 本店 メニュー posted by (C)take

 でもってこちらが響さんの頼んだタマネギ抜きの中華そばであります、少々くたびれた風情の器がこれまた良い雰囲気ですのw
中華のカトウ 本店 中華そば(タマネギ抜き)¥470
中華のカトウ 本店 中華そば(タマネギ抜き)¥470 posted by (C)take

 takeさんの頼みましたチャーシュー麺はこんな感じです、なんともシンプルなビジュアルで”これぞラーメンの原点!”といった印象ですな。
中華のカトウ 本店 チャーシュー麺¥570
中華のカトウ 本店 チャーシュー麺¥570 posted by (C)take

 ここんちのラーメンは麺も独特なんですよ、まるできしめんかのような幅広のストレート麺であります。
中華のカトウ 本店 チャーシュー麺 麺の様子
中華のカトウ 本店 チャーシュー麺 麺の様子 posted by (C)take

 上品な柔らかい歯応え&非常に滑らかな啜り心地♪上越地区ではまずお目にかかれぬ優しい食味の麺で、これを体験するためだけでも新潟市まで車を飛ばす価値がありますぞ!
中華のカトウ 本店 チャーシュー麺 麺アップ
中華のカトウ 本店 チャーシュー麺 麺アップ posted by (C)take

 スープは透明感があって黄金色に輝いており、これまた見るからに旨そうである♪
中華のカトウ 本店 チャーシュー麺 スープの様子
中華のカトウ 本店 チャーシュー麺 スープの様子 posted by (C)take

 早速一口飲んでみると、思いの外に塩気が効いたキリッと上品な味わいで大変美味しゅうございました!妙な重さが一切ないので、これだったら確かに朝飯にバッチリかもですわ。
中華のカトウ 本店 チャーシュー麺 スープアップ
中華のカトウ 本店 チャーシュー麺 スープアップ posted by (C)take

 チャーシューは歯応えしっかり、上品なスープの味を邪魔せぬ素朴な味わいでこれまた良い味でしたよ。
中華のカトウ 本店 チャーシュー麺 チャーシューアップ
中華のカトウ 本店 チャーシュー麺 チャーシューアップ posted by (C)take

 その他の具材は渦巻きナルトに絹さやとメンマ、さらに大量の刻みタマネギが散らされていました。このタマネギが食感の良いアクセントになってましたね。ちなみに苦手な人は無しにしてもらったり、逆に増量してもらう事も出来るようです。
シナチクなど旨し

 それにしても上品な食味の麺であります、いくらでもスルスルお腹の中に収まっちまう印象ですわw
麺旨し

 そうそう、こういった昔ながらの印象のラーメンは胡椒との相性きっと良いはず!
コショウ

 パパッと振って頂いてみると、スパイシーな風味が加味されてバッチリ美味しく味変されましたです♪
コショウ旨し

 ラストはスープを最後の一滴までじっくりと味わい尽くし、大満足で店を後にしたのであります。
さっぱり旨し

 店を出ると、暖簾は既に下げられていました。こちらのお店は閉店が12:30と早く、場合によっては麺が終了して10時過ぎには店を閉めてしまうこともあるようです。この日はきっちり12:30まで営業していましたが、確実に食べたいならなるたけ早い時間帯に来店するのがベターかと思いますよ。
お昼で店じまい

 新潟市を代表する老舗ラーメン店であります、1度は味わっておく価値はありますかと。朝食はここでラーメン食べて、ランチは新潟市の別のお店でラーメン食べて…なんてラーメン店巡りの旅なんかやってみるのも楽しいかもですよ♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 下越地区のグルメ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<ヤマザキ 炭火焼鳥重 | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | 農心 カムジャ麺 侮れじ韓国、麺が激旨の逸品です!>>
この記事のコメント
へ~、手打ち麺なんですね。独特のヒラヒラ感が嬉しい感じです。スープも黄金色で美味しそう。でも、新潟市・・(笑)。新潟市は不案内で、中心街の伊勢丹とシネコンしか行ったことなかったです。

玉ねぎの薬味使ってる所は、東京だと実家の近所にあった一心ラーメンって店ぐらいしか出会ったことなかったです。ダシにスルメとか使っていて、麺が物凄く細い(素麺ぐらい?)ラーメンで、社長が安岡力也の友達で、雰囲気もよく似てる人でした(笑)。後の店は殆どが長葱使用しか知らないかな~。玉ねぎは甘味と風味があって美味しいけど、好みが別れるかもですね。
確か埼玉?にも薬味が玉ねぎの文化圏があったように思いますが記憶はアヤフヤ(笑)。
2016-03-03 Thu 11:41 | URL | かんずり旨し #.//Hucbg[ 編集] | top↑
私も新潟市は全く不案内で、いつも響さんに案内してもらっています。
特にラーメンについては、上越地区と新潟市では味の文化圏が全く違うから食べ歩きがとっても楽しいですよ!

ラーメンにタマネギといえば、ご存知かとは思いますが燕三条系の背脂ラーメンもタマネギがたっぷりと使用されていますね。
あと、能生にある「あさひ楼」もタマネギが欠かせないトッピングとなっています。こちらもかなりとんがったラーメンですよ、機会がありましたら是非とも一度お試し下さい!
http://take118.blog118.fc2.com/blog-entry-137.html
2016-03-06 Sun 15:13 | URL | take #k0tkCqHs[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |