BISESTILE(ビセスティーレ) カウンター6席のみの隠れ家イタリアン♪@shop data
2016-02-24 Wed 09:18
 先日は響さんと一緒に北城にありますイタリア料理店「BISESTILE(ビセスティーレ)(店舗ブログ)」に行ってきました!
BISESTILE(ビセスティーレ)
BISESTILE(ビセスティーレ) posted by (C)take

 BISESTILE(ビセスティーレ)(店舗ブログ
 新潟県上越市北城町4-20-13 サンローゼ北城1F
 025-526-6570
 営業時間 12:00~14:00/18:00~22:00
 定休日 水曜(土曜はディナーのみ)



 こちらのお店、かつては看板すら出しておらず、仲間内で「謎のイタリア料理店」と注目を集めていたお店であります。ずっと以前からの課題店だったのですがなかなか来店することが出来ず、先日ついに初の来店を果たした次第。
BISESTILE(ビセスティーレ) 店舗看板
BISESTILE(ビセスティーレ) 店舗看板 posted by (C)take

 お店の入口の所にこのメニュー看板が出ていたら「営業中」の合図ですよ!
BISESTILE(ビセスティーレ) 入口メニュー
BISESTILE(ビセスティーレ) 入口メニュー posted by (C)take

 駐車スペースはお店の真裏にあります。
BISESTILE(ビセスティーレ) 駐車場
BISESTILE(ビセスティーレ) 駐車場 posted by (C)take

 店内は噂に聞いていた通り、カウンター6席のみのシンプルお洒落空間でした。さらに店内の整理整頓っぷりが素晴らしかった、こりゃ料理の方も期待が高まるってものであります♪
BISESTILE(ビセスティーレ) 店内の様子
BISESTILE(ビセスティーレ) 店内の様子 posted by (C)take

 こちらがランチメニュー、内容は日替わりだと思われます。注文するのはやっぱり左の「セット」これっきゃないでしょ!選べるメニューは「燻製ブリとフレッシュトマトのスパゲティ」…ブリのパスタか、なかなか興味深い…「鶏肉と里芋のラグーソース スパッカテッレ」…スパッカテッレ、何ぞこれ!?マスターに聞いてみたら”ショートパスタの一種”なんですって…「サルシッチャと野菜の煮込み」…腸詰めか、二人ともパスタにするより片方が肉料理の方が良いかもなぁ…あぁどうしよ!w 散々悩んだ挙げ句「鶏肉と里芋のラグーソース スパッカテッレ」と「サルシッチャと野菜の煮込み」を頼みました。するとマスター「お二人に半分ずつ提供することも出来ますよ」との有り難い提案、もちろんお受けしましたです♪またドリンクはワインが選べるようになっております。ランチに追加料金無しでこれはかなり珍しい、超お得なサービスだと思いますよ!
BISESTILE(ビセスティーレ) 2016年1月某日のランチメニュー
BISESTILE(ビセスティーレ) 2016年1月某日のランチメニュー posted by (C)take

 こちらはディナーメニューであります、なんとも気になるパスタメニューがズラリと並んでおりますな!
BISESTILE(ビセスティーレ) 2016年1月某日のディナーメニュー
BISESTILE(ビセスティーレ) 2016年1月某日のディナーメニュー posted by (C)take

 そうこうしているうちにまずはドリンクが運ばれてきました、響さんは昼間っから白ワインをオーダーしおったでw
BISESTILE(ビセスティーレ) グラスハウスワイン(白)
BISESTILE(ビセスティーレ) グラスハウスワイン(白) posted by (C)take

 takeさんは車なのでオレンジジュースで、濃厚でありながらもスッキリとした酸味&甘味で大変美味しかったですよ。
BISESTILE(ビセスティーレ) ブラッドオレンジジュース
BISESTILE(ビセスティーレ) ブラッドオレンジジュース posted by (C)take

 次いで前菜が運ばれてきました、種類が抱豊富でこれまたビックリ!
BISESTILE(ビセスティーレ) 前菜
BISESTILE(ビセスティーレ) 前菜 posted by (C)take

 寄って1枚撮影してみました。一番右奥は茸で、紫キャベツの裏にはほうれん草が隠れています。中段は左からローストポーク、鶏肉とパプリカ、白菜、大根、下段は左からフリッタータ、人参、里芋ですね。どれも素材の旨味を活かした優しい味わいで大変美味しゅうございましたよ!
BISESTILE(ビセスティーレ) 前菜 盛り付けの様子
BISESTILE(ビセスティーレ) 前菜 盛り付けの様子 posted by (C)take

 この人参が甘味豊かでこれまた旨かったです。
人参旨し

 肉食takeさん的にはお肉もやっぱり外せないのだw
お肉旨し

 こちらは自家製のフォカッチャなのですが、これがまた強烈に旨かった!フカフカのモッチモチ歯応えでこれはこれはこれは旨いパンですわ♪
BISESTILE(ビセスティーレ) 自家製フォカッチャ
BISESTILE(ビセスティーレ) 自家製フォカッチャ posted by (C)take

 裏側がカリッカリかのがまた良いんだよね、オイリーな旨味もあって「止められない止まらない!」状態になりましたぞw
BISESTILE(ビセスティーレ) 自家製フォカッチャ 裏側
BISESTILE(ビセスティーレ) 自家製フォカッチャ 裏側 posted by (C)take

 ってな訳であっという間にお代わりしちゃった♪
即行お代わり!

 料理をするマスターを眺めつつ料理の完成を待ちます、非常に手際が良くてtakeさん見とれてしまいましたよ。
マスター殿

 ってな訳で「鶏肉と里芋のラグーソース スパッカテッレ」の完成であります!
BISESTILE(ビセスティーレ) 鶏肉と里芋のラグーソース スパッカテッレ
BISESTILE(ビセスティーレ) 鶏肉と里芋のラグーソース スパッカテッレ posted by (C)take

 こちらがショートパスタの一種「スパッカテッレ」であります、マカロニを縦に裂いたような形をしていますね。
BISESTILE(ビセスティーレ) 鶏肉と里芋のラグーソース スパッカテッレ パスタアップ
BISESTILE(ビセスティーレ) 鶏肉と里芋のラグーソース スパッカテッレ パスタアップ posted by (C)take

 その形状故に具材などがパスタにしっかりと絡んで食味が非常に豊かなのがこれまた宜しい♪さらにパスタの茹で加減がtakeさん好みの固めだったのもこれまた嬉しw
パスタ旨し

 ここで響さん、なんとワインをお代わりしおった!オッケーオッケー真っ昼間だけどグイグイ呑っておくれww
BISESTILE(ビセスティーレ) グラスハウスワイン(赤)
BISESTILE(ビセスティーレ) グラスハウスワイン(赤) posted by (C)take

 ここでいよいよ本日のメインであります「サルシッチャと野菜の煮込み」の登場であります!
BISESTILE(ビセスティーレ) サルシッチャと野菜の煮込み
BISESTILE(ビセスティーレ) サルシッチャと野菜の煮込み posted by (C)take

 お野菜をちょっと避けると、サルシッチャの下にはマッシュポテトが盛られていました。
BISESTILE(ビセスティーレ) サルシッチャと野菜の煮込み 盛り付けの様子
BISESTILE(ビセスティーレ) サルシッチャと野菜の煮込み 盛り付けの様子 posted by (C)take

 まずはこのポテトとお野菜を一緒に頂きます、ポテトが繊細な食感でこれまた旨かった!味付けは野菜の旨味が前面に出ており、なんとも上品な味わいで大変美味しゅうございましたよ。
お野菜旨し

 でもってお野菜の下から腸詰めサルシッチャ様の登場である、こちらは一転してスパイスの風味が効いたしっかり味でこれまた旨かった!
BISESTILE(ビセスティーレ) サルシッチャと野菜の煮込み サルシッチャアップ
BISESTILE(ビセスティーレ) サルシッチャと野菜の煮込み サルシッチャアップ posted by (C)take

 お肉&ポテト&お野菜を全て一緒に頂くべし、なんとも満足の食べ応えでしたぞ。
一緒で旨し

 ラストはデザートの盛り合わせ!左からパンナコッタ、チョコレートケーキ、パンプディング、栗のミルクレープであります。どれも味が良いのは勿論のこと、ボリュームもあって満足の食べ応えでありました。
BISESTILE(ビセスティーレ) デザート
BISESTILE(ビセスティーレ) デザート posted by (C)take

 こちらのお店は長年の課題店だったのですが、ようやっと来店することが出来ました。カウンターのみの隠れ家イタリアン、マスターとの会話を楽しみつつ頂く食事はなんとも格別なのであります。またこちらのお店は日曜のランチ限定で提供されているラザニアがこれまた旨いらしいんですよ~お次の課題メニューであります、果たしていつになったら味わうことが出来るかな!?w



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越のイタリア、フランス料理 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<セブンイレブン チャーシュー3枚乗せ 鶏白湯の冷しつけ麺 | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | ローソン ガパオの五穀ごはん>>
この記事のコメント
なんとまた、良い店ですね~。

覆面系の店ってたまに有るけど本当にいい店って少なくて、オーナーがちょっと変わってたり、万人向けじゃなくて物凄く狭いコアなターゲット相手だったりするんですけど(笑)、ここの店は端正な一皿に、お客さんごとのニーズを大切にしてるホスピタリティ豊かなお店ですね。

自分としては、ご飯タイムは魂の癒やしの時間だと思っているので、美味しくてもピリピリして作っている料理人の店や、ブロイラー扱いされる店は行きたくないんですよね。お互いに敬意と感謝をもって、美味しく頂きたいんで・・。きっとこのお店は、丁寧にお客さんに対応する為にあんまり宣伝しないんですね。
自分も雪が溶けたら上越ハウス行って、ここでご飯食べてみたいです~。サルシッチャ・・
2016-02-27 Sat 08:26 | URL | かんずり旨し #.//Hucbg[ 編集] | top↑
「お客さんごとのニーズを大切にしてる」
確かにそのようなお店であると思います、ネット検索してもそれを感じさせるエピソードがヒットしますね。
http://niigata-sweetsmen.com/yousyoku/post-2547/

お店の雰囲気って確かに重要ですよね、接客態度に問題があるお店だと味の方もたとえ美味しくても次の来店は躊躇ってしまいます。

新井に「天空」というラーメン屋さんがあるのですが、お店の雰囲気はこの辺りではピカイチかと思います、機会がありましたら来店してみて下さい♪
http://take118.blog118.fc2.com/blog-entry-808.html
2016-02-28 Sun 00:35 | URL | take #k0tkCqHs[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |