寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん
2015-10-20 Tue 10:10
 先日は「寿がきや(公式サイト)」より発売されております「赤から監修 カップ赤からきしめん(商品情報)」をお買い上げしました。この商品を監修している「赤から(店舗サイト)」は名古屋味噌と赤唐辛子をブレンドした秘伝のスープで味わう「赤から鍋」が名物のお店で、全国にチェーン展開しています。以前にも寿がきやとタッグを組んだ商品を発売していますが(当該記事)、なかなか個性的なお味で強く印象に残っておりますw 今回の商品も期待が持てそうですぞ♪
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん フタ
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん フタ posted by (C)take
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん 原料等
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん 原料等 posted by (C)take

 熱量たったの309kcal、この低い数字は嬉しいですね!
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん 調理方法等
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん 調理方法等 posted by (C)take

 中身の様子はこんな感じ、麺は生タイプであります。
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん 中身の様子
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん 中身の様子 posted by (C)take

 まずは麺を熱湯でサッとほぐし、一旦お湯を捨てます。
ざっくり湯がく

 次いで「かやく入スープの素」を投入します。
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん かやく入スープの素
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん かやく入スープの素 posted by (C)take

 お次は「カップ 赤から 液体スープ」を投入しました、ドロドロで結構な高粘度でしたよ。
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん カップ 赤から 液体スープ
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん カップ 赤から 液体スープ posted by (C)take

 熱湯を内側の線まで注ぎ入れて、しっかりとかき混ぜてやりますればあっという間に完成なり!
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん posted by (C)take

 まずは麺を手繰りました、平打ちのきしめんであります。食感については正直言って立ち食いそば屋の茹で置き麺を連想させる柔らかめの歯応えでしたが、平打ちの形状故に啜り応えがあって思いの外に宜しかったですw
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん 麺アップ
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん 麺アップ posted by (C)take

 具材は揚げ玉の他に油揚げと肉そぼろなど。前回の商品よりももしかすると量が多くなったような気がします、油揚げがジュワッと甘くて旨かった♪
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん 具材の様子
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん 具材の様子 posted by (C)take

 でもってスープ、これがまた甘旨かった!コチュジャンの甘味が強く前面に出ておるのですよ、辛味も程良く効いていて大変美味しゅうございました♪前回の商品を紹介する記事(当該記事)ではスープについてひたすら「甘い!」と連呼していますが、今回のは非常にバランスの良い味になっているように感じました。
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん スープアップ
寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん スープアップ posted by (C)take

 後半になって気が付いたのですが、この麺って時間が経っても食感があまり変化しないように感じました。…まぁもともと柔らか歯応えなので、これ以上柔らかくなりようがないってのもあるかもだけどw
きしめん旨し

 ラストは甘辛スープをじっくりまったり味わって、大満足で箸を置いたのであります。
甘辛旨し

 赤からは上越から一番近くだと富山県黒部市に「赤から黒部店(店舗情報)」があり、釣りに行った時など何度か店舗の前を通りかかったことがあって「いつか来店してみたいなぁ」と常々思っておるのですが、未だ来店する機会を得ておりませぬ。次回富山へ行った時こそは是非とも来店してみたいなぁ。



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<天体写真撮影の世界に入門してみた! | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | サンレパス ルート8 国道8号沿いにあります味良し盛り良しの食堂です♪@shop data>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |