麺や真登 レッドアリーマー~2015~(限定) 長岡の夏の名物メニュー!超激辛の逸品です♪激辛激旨@shop data
2015-08-19 Wed 11:18
 先日は長岡市にあります人気ラーメン店「麺や真登 -MASATO-」に行ってきました!
麺や真登 -MASATO-
麺や真登 -MASATO- posted by (C)take

 麺や真登 -MASATO-
 新潟県長岡市喜多町797
 0258-28-7234
 営業時間 11:00~15:00/17:00~21:00頃(スープ終了まで)
 定休日 月曜



 こちらのお店は行列必至の超人気店!列に並ぶ前にまずは券売機にて食券を購入しましょう。ちなみにこの日もお店の前には行列が出来ていましたが、客の回転が意外と早く思いの外に短い待ち時間で店内に入ることが出来ました。
麺や真登 麺や真登について
麺や真登 麺や真登について posted by (C)take

 券売機にはずらりとメニューが並んでいますが、この日のお目当ては…
麺や真登 券売機
麺や真登 券売機 posted by (C)take
 この限定激辛メニュー「レッドアリーマー~2015~」なのであります!毎年夏の時期のみ提供されているとのことで、当サイトのリンクにありますブログ「ツーリングとetc・・・(リンク)」管理人のつぬまるさんからこのメニューに関する情報を教えて頂きました~情報提供大感謝です!
麺や真登 レッドアリーマー~2015~(限定)について
麺や真登 レッドアリーマー~2015~(限定)について posted by (C)take

 ノーマル、玉子入り、チャーシュー、特製の4種類から選べるのですが、今回はお肉を沢山食べたいぞという事で「気まぐれ限定B(レッドアリーマー)チャーシュー¥1150」をポチりました。
食券

 食券を手にして並んでいると、お店の人がやって来て食券を受け取りながら人数と盛り具合の確認をしていました。こちらのお店は中盛りまで無料なので、takeさん永久のダイエッターだというのに思わず「中盛りでお願いします!」と叫んでしまいましたw
麺や真登 店内の様子
麺や真登 店内の様子 posted by (C)take
 食券を渡してから少々の待ち時間の後に店内へと案内されました、とてもシンプルすっきりとした印象ですね!

 既に食券を渡してあるので、料理が運ばれてくるまでの待ち時間も思っていたよりも短めで…
麺や真登 レッドアリーマー~2015~(限定)チャーシュー アップ
麺や真登 レッドアリーマー~2015~(限定)チャーシュー アップ posted by (C)take
 真っ赤っかっかな一杯が着丼であります!

 引いた全体像はこんな感じです。赤いのは唐辛子でしょうか、けどこの刺激の強い香りは単なる唐辛子とはとても思えませぬ。ハバネロ辺りかな!?
麺や真登 レッドアリーマー~2015~(限定)チャーシュー¥1150
麺や真登 レッドアリーマー~2015~(限定)チャーシュー¥1150 posted by (C)take

 早速麺を手繰ってみるべしと箸を入れると、スープの粘度の高さにまずはビックリw 超ドロッドロであります、こりゃ辛さの方も期待が持てそうですぞ♪
ドロドロじゃ!

 麺はやや角が立った太めの弱縮れ麺で、しっかりした歯応えで大変美味しゅうございました!
麺や真登 レッドアリーマー~2015~(限定)チャーシュー 麺アップ
麺や真登 レッドアリーマー~2015~(限定)チャーシュー 麺アップ posted by (C)take

 でもってスープ、これがまたとっても刺激的なお味でありましたよw ほんのり青臭い独特の風味は恐らくハバネロ由来であるかと思われます。この手のハバネロやジョロキアの香りって一歩間違うとエグいと感じてしまうのですが、上手い具合に抑えて旨味に変換してあるのはさすが超有名店であると感心しました。でもって辛さもかなりのモノがありましたよ!唐辛子で辛くしたそこいらの辛いラーメンとは別次元の辛さであります、注文にはそれなりの覚悟が必要w
麺や真登 レッドアリーマー~2015~(限定)チャーシュー スープアップ
麺や真登 レッドアリーマー~2015~(限定)チャーシュー スープアップ posted by (C)take

 こちらのお店はチャーシューが旨いんですよね!右のはローストポークのような半生風味で、モッチリ食感でこれまた旨し♪左のは脂身たっぷりのこってりオイリー仕様、辛味との相性がこれまた抜群でありました!
麺や真登 レッドアリーマー~2015~(限定)チャーシュー チャーシューアップ
麺や真登 レッドアリーマー~2015~(限定)チャーシュー チャーシューアップ posted by (C)take

 いやそれにしてもかなりの辛さであります、あまりの刺激の強さにピントもボケ気味w ジョロキアほどの辛さではないし、やっぱりこれはハバネロだろなぁ。
ハバネロ!?

 ネギには激辛スープがたっぷりと染みており、薬味的な風味は消し飛んでおりましたよw
スープが染みちょるw

 後半になるにつれて器の底に沈んだ香辛料が濃度を増して、辛さも次第にパワーアップ!
激辛旨し

 なこんなで残すはスープのみです。ハバネロの香りと辛味をじっくりと堪能し、大満足で店を後にしました。
スープ旨し

 いやそれにしても結構な辛さでしたよ、takeさんこれまで食べた辛いラーメンの中ではもしかしたらトップクラスかもしれません。これだけの辛さでありながら味は崩壊していませんでしたからね、さすがは超有名店であると感心しました。このメニューはこの夏だけの期間限定、食べるなら今しかないですよ~上越の激辛好きさんは長岡へと急ぎ向かうベしっ!



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 中越地区のグルメ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<日清 カップヌードル レッドシーフードヌードル&ウルトラデスソース♪激辛激旨 | 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | 今日は今期お初の投網活動、鮎の塩焼き旨し♪>>
この記事のコメント
お久しぶりです
いつも拝見しております

takeさんが辛いと言うのですから相当なものなんでしょうねぇ… 食いたい

現在静岡県に長期滞在中でして、お盆休み中にこいつの存在を知っていれば、と悔しいです

以前ぽっちゃりーのでのジョロキアダブルで死ぬ思いをして以来、激辛道探求には及び腰なんですが、少し前に新潟市の大舎厘で頂いた辛つけ麺の辛さ宇宙一ってのがヤバかったす
ってtakeさんは既に食ってるようですね
しかもなんか余裕げだし…w

昨年あたりから上越ラーメンの良さに開眼中でいろいろ食い歩いてます
あら川、上海軒、こじま、ニューハルピンなんかが美味かった
食いに行こうと長らく誓っていながらも叶わなかったオーモリが心残りです
takeさん的に今上越地区でイチオシのお店はどこになるんでしょうか?
次、新潟に帰る時の参考にしたいです。

長々とすいませんでした。密かに愛読しておりますので、今後もうんまいもの、楽しいことの紹介を楽しみにしております
2015-08-19 Wed 17:02 | URL | だいすけべ #-[ 編集] | top↑
おぉぉぉお久しぶりです!

この激辛メニューについては、ここ数年は”夏の名物メニュー”として限定で提供されているようです~年によってつけ麺スタイルになったりと微妙な変化があるかもですが、来年の夏もきっと提供されると思いますよ♪

それにしてもポッチャリーノが懐かしい、あの店がなくなってしまって上越地区の激辛料理は一気に衰退してしまいましたよ。

上越のラーメンですね、まずは上海軒の味を意識した(と思われる)ラーメンを提供している「神楽屋」を推したいです。
http://take118.blog118.fc2.com/blog-entry-2245.html
ここの煮干しラーメンはなかなかですよ!

あとは、オーモリで修行し、上越定番の味を現代流にアレンジしたラーメンを提供している「麺処 暁」もオススメしたいです。
http://take118.blog118.fc2.com/blog-entry-916.html
ここの味はオーモリとセットで食べ比べると面白いかもしれません。

もう一つ、個人的に私が最も気に入っているお店は「麺ぐるい」であります、良くも悪くも”とんがった”一杯を提供しているお店ですよ。
http://take118.blog118.fc2.com/blog-entry-2277.html
盛りの良い二郎系、強烈に脂っこいまぜそば、そして看板メニュー「とりとんラーメン」これは誰からも愛される味わい♪

それではまた、何かありましたらいつでも声かけてください!
2015-08-21 Fri 21:04 | URL | take #k0tkCqHs[ 編集] | top↑
行きましたね(^^)

あれ?1人だったの?

しかしtakeさんが辛いって言うんだから常人には無理でしょ(  ̄▽ ̄)

スープ旨そうですけど
2015-08-21 Fri 22:15 | URL | つぬまる #-[ 編集] | top↑
この時は単独遠征でした~夏季限定ということで行ける時に行っとくべしと急遽来店した次第(^^;

”旨辛い”スープだと思いますよ、ハバネロの味を活かした貴重な一杯だと思います!
2015-08-25 Tue 22:31 | URL | take #k0tkCqHs[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |