FC2ブログ
昨年のクリスマスは直江津のトゥジュールで激旨フレンチを頂いてまいりました♪
2021-02-05 Fri 08:18
 昨年のクリスマスは、響さんと一緒に直江津駅南口の近くにありますフレンチのお店「restaurant Toujours(トゥジュール)(shop data記事)」にて激旨フレンチを頂いてまいりました♪(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 テーブルにはツリー型のキャンドルが飾られてました、クリスマス仕様なのだw
DSC07678.jpg

 メニューの内容はこんな具合になっちょります、ちなみにお値段は1人¥8000ですよ。
DSC07679.jpg

 ドリンクメニューはこんな感じ、まずはクリスマスの定番「スパークリングワイン(カヴァ)」を注文すべし♪
DSC07680.jpg

 っと、その前に「自家製ゆず茶」が運ばれてまいりました~ウオッカ入りで、食前酒代わりの一杯であります。優しい甘酸っぱお味で、身体の芯から温まる美味しさでした♪
DSC07693_20210203185456e33.jpg
【トゥジュール 自家製ゆず茶】

 続きましては「スパークリングワイン(カヴァ)」で乾杯メリークリスマス!
DSC07699.jpg
【トゥジュール スパークリングワイン(カヴァ)¥600×2】

 そうこうしているうちに、まずは一皿目の料理が運ばれてまいりましたよ~「オマール海老のザルクソース ショーフロワ」でございます♪
DSC07714.jpg
【トゥジュール オマール海老のザルクソース ショーフロワ】

 オマール海老にたっぷりと塗られた薄緑色のソースには、なんと生海苔が使用されておるのだそうです!
DSC07752.jpg

 早速一口頂きますれば、磯の香り豊かで味の印象は和テイスト、風味豊かなオマール海老とも相性抜群で強烈美味しゅうございました!
DSC07762.jpg

 一方こちらのオマール海老には、カリフラワーを使ったソースがこれまたたっぷり塗られてました♪
DSC07774.jpg

 食味はふわふわクリーミー、カレーの風味ほんのり香ってこれまた美味しゅうございましたよ!
DSC07780.jpg

 中央に写っている白いフワフワしたのは海老が原料とのことで、全く海老っぽくない見た目なのにしっかりエビ味で面白旨しでしたw
DSC07785.jpg

 ここでtakeさんは「ハートランド中瓶」を追加オーダー、泡がきめ細やかでこれまた旨し!
DSC07808_20210203185402fa4.jpg
【トゥジュール ハートランド中瓶¥700】

 続いて運ばれてきたのは「ポワロジュンヌのグリル 仏産鴨胸肉の生ハム」でございます、盛り付けがこれまた格好良いね♪
DSC07820_20210203185403299.jpg

 上から見た図はこんな感じ、若いネギを使った料理とのことでした。
DSC07822.jpg
【トゥジュール ポワロジュンヌのグリル 仏産鴨胸肉の生ハム】

 グリルされたネギは特有の甘味&風味豊か、抜群美味しゅうございましたよ!
DSC07875.jpg

 鴨胸肉の生ハムは絶妙な塩加減、噛み締めるほどに豊かな旨味が口の中へジュワッと広がる超ジューシー食味でとてつもない旨さでした!
DSC07892_2021020318540853f.jpg

 このネギ、ロンギヌスの槍みたいだw クルクル巻いているのはゴボウですってw
DSC07897.jpg

 ネギやピンクペッパーなどを生ハムの上にのせて…
DSC07905.jpg

 クルッと巻いて頂きますれば、賑やかお味&ピンクペッパーが良いアクセントとなってこれまた美味しゅうございました♪
DSC07911.jpg

 続いて運ばれてきた「コンソメヴォライユ プロフィットロール」はカップが柄違いでした♪
DSC07930_20210203185322615.jpg

 コンソメスープの下に洋風茶碗蒸しが沈んでいる二層仕立てとのこと、ミニシュークリームがこれまた可愛らしいw
DSC07934.jpg
【トゥジュール コンソメヴォライユ プロフィットロール】

 コンソメスープは旨味しっかり、香ばし風味で大いに旨し!
DSC07942_20210203185325bc0.jpg

 底の茶碗蒸しはフワフワで、軽やか美味しゅうございました♪
DSC07947.jpg

 カップの脇に添えられたシュークリームは…
DSC07955.jpg

 中にはなんとフォアグラ入り!コク豊かな旨味大いに豊か&ザックリ歯応え猛烈旨し!
DSC07957.jpg

 スープに浮かべられたシュークリームは、お口の中でとろける美味しさw
DSC07967.jpg

 最後はスープと茶碗蒸しを混ぜて頂きました、熱々美味しゅうございましたよ!
DSC07974.jpg

 お次に運ばれてきたのは「アンコウのブイヤベース 柚子胡椒のルイユ」でございます!takeさんアンコウ食べるのは恐らく今回がお初、しかも大好物のブイヤベースで味わえるだなんてオイラ幸せ者だぁw
DSC07978.jpg

 引いた全体像はこんな感じです。写真中央の木の枝のようなスプーンに盛られた黄色いのは「柚子胡椒のルイユ」ですね、ルイユはブイヤベースに欠かせぬお供であります。またこのルイユは、玉子の代わりにパン粉が使用されておるのだそうです。左上のポットに入れられているのは「初摘みオリーブオイル」であります。
DSC07979.jpg
【トゥジュール アンコウのブイヤベース 柚子胡椒のルイユ】

 そしてアンコウの身の下には、アンコウの様々な部位が隠されておりました~「アンコウは捨てるとこなし」でありまして、この料理ではアンコウの身の他に皮と卵、さらに胃袋までもが使用されておるのだそうです!
DSC08014.jpg

 まずはアンコウの身を頂くべし。ちなみにアンコウは佐渡産で、背中の身を使っているとのことでした。takeさん初体験のアンコウはプリプリ歯応え&絶妙な塩加減、脂も大層のっており抜群の美味しさでしたぞ!
DSC08048.jpg

 さぁ続きましては、アンコウの様々な部位を頂いてみるとしましょうかの~
DSC08061.jpg

 こちらは皮ですね、フルフル食感コラーゲンの塊だw
DSC08067.jpg

 これはアンコウの卵ですね、独特な旨味豊かで初体験の美味しさでした♪
DSC08071_202102031852310bb.jpg

 これは胃袋で良いのかな!?内臓だからさぞや独特な食感だろうと思いきや、意外やスタンダードなお肉的食味で普通に美味しゅうございましたw
DSC08075.jpg

 お次はアンコウの身に「柚子胡椒のルイユ」をたっぷりつけて頂きますれば、爽やか風味でこれまた大いに旨かった♪
DSC08079.jpg

 お次は「初摘みオリーブオイル」をちょいと垂らして頂きますれば、より爽やか風味でこれまた抜群の美味しさでした!このオリーブオイルは兎にも角にも大いに旨し、余計なクセが一切なくてそのままグイグイ飲めちゃう美味しさでした♪
DSC08087_20210203185237e5b.jpg

 また、ブイヤベースと同時に運ばれてきてた「バタール」は…
DSC08094.jpg
【トゥジュール バタール】

 スープをたっぷり吸わせて旨し、魚介の旨味の塊だ!そもそもブイヤベースは鍋料理で、スープの旨さが要なのだ♪
DSC08106.jpg

 ここで、次の料理に備えて「グラスワイン白・赤」をオーダーしました。
DSC08110.jpg
【トゥジュール グラスワイン白・赤¥600×2】

 お次に運ばれてきた一皿、テーブルにて最後の仕上げにトリュフをショリショリしてもらったスペシャルメニューは…
DSC08126_20210203185145f41.jpg

 お待ちかねの肉料理「頸城牛フィレ肉のロースト マスタード風味」でございます!
DSC08145.jpg

 上から見た図はこんな感じです。下の写真の上側、お芋みたいなのは…
DSC08148.jpg
【トゥジュール 頸城牛フィレ肉のロースト マスタード風味】

 グラタンの原型で、ホワイトソースを使わずに芋のデンプンをつなぎに使っているのだそうです。
DSC08186.jpg

 そしてナイフとフォークは、なんとライヨールでした!takeさんこのナイフが大好きなんだよね~大昔に所有してたんだけど、久しぶりに手にしたらまた欲しくなっちゃったw
DSC08212.jpg

 大好きなライヨールでお肉をカットして、早速頂くべし~低温調理された頸城牛は歯応え超柔らかで、強烈ジューシーとてつもない美味しさでした!
DSC08218_20210203185154c10.jpg

 ソースは渋味ほんのり大人な味わい、香ばし風味でこれまた大いに旨かった♪
DSC08225.jpg

 赤ワインとの相性も最高ねw
DSC08227.jpg

 ポテトはポクポクしっとり食味、トリュフの滋味溢れる香りとも相性抜群でとっても美味しかったです!
DSC08230_20210203185046bc1.jpg

 ここで米麹を使った「パンドカンパーニュ」が登場なりw
DSC08256.jpg
【トゥジュール パンドカンパーニュ】

 風味豊かなパンは濃厚なソースの味に負けず、モッチリ香ばし風味でこれまた大いに旨かったのだ♪
DSC08259_20210203185049a1f.jpg

 お次はいよいよ料理のラスト「焼きリゾット アンコウのスープ」でございます~十五穀米リゾットのあん肝添えで、スープは先程のアンコウブイヤベースのものを使っているのだそうな!
DSC08283.jpg
【トゥジュール 焼きリゾット アンコウのスープ】

 裏側から見るとこんな感じです。写真だとちょっと判りづらいかもだけど、トマトと蟹身、さらにあん肝がトッピングされておりますよ。
DSC08287.jpg

 この角度から見ると、焼きリゾットの米粒が確認できますね。
DSC08308.jpg

 まずはリゾットのみ頂きますれば、表面の焼きチーズが香ばし風味で抜群美味しゅうございます!
DSC08330.jpg

 スープは酸味がほんのり効かせてあり、魚介の旨味大いに豊かでとてつもない旨さでしたぞ。
DSC08341.jpg

 あん肝はコク豊かな旨味の塊、旨いに決まってるよねw
DSC08344.jpg

 トマトと蟹身は、酸味の効いた濃厚魚介スープと相性抜群でした!
DSC08353.jpg

 てっぺんにトッピングされてた赤いパリパリは、ビーツのチュイールでした~パリパリ旨しw
DSC08357.jpg

 最後にあん肝も含めて全体をしっかりと混ぜて食べてみたら、一気に和風なテイストになって驚きました!明らかにフレンチなイメージの料理なのに、食材の組み合わせ次第で味の印象はここまで変わってしまうものなのですなぁ。
DSC08358.jpg

 ここからはいよいよデザートタイム♪まずはお店のコレクションの中からお気に入りの一客を選ぶべし~
DSC08370.jpg

 takeさんは素朴な感じのこれが良いかな、こちらに紅茶をお願いしまーす!
DSC08374.jpg

 響さんはオシャレなこちらをチョイス、〆のドリンクはコーヒーをお願いしました。
DSC08377.jpg

 左の紅茶はオレンジペコー、軽やかな味わいで食後の一杯にピッタリでしたよ。右のコーヒーもスッキリ飲みやすく、とっても美味しかったです!
DSC08378.jpg
【トゥジュール 紅茶、コーヒー】

 そしてお楽しみのデザートは「ベリーサングリアのジュレ マスカルポーネムース」でございます、盛り付けもこれまた美しい!
DSC08421.jpg
【トゥジュール ベリーサングリアのジュレ マスカルポーネムース】

 こちらはピスタチオのシャーベットであります、風味がちょいと独特で面白美味しゅうございましたw
DSC08493.jpg

 お次は一番下にトッピングされてたベリーサングリアのジュレと一緒に頂きますれば、キリッとした酸味加味されこれまた旨し♪
DSC08500.jpg

 こちらはマスカルポーネアイスですね、まろやかお味でこれまた大いに旨かった!
DSC08504.jpg

 甘いデザートの合間に味わう紅茶がこれまた美味いことこの上なしw
DSC08511.jpg

 最後にチュイールを頂くべし、パリパリで飴みたいだw
DSC08514.jpg

 会計時に、お店の人からクリスマスプレゼントを頂きました!
DSC08516.jpg

 中身は巨大なチョコであります、帰りの電車の中で美味しく頂きました~ごちそうさまでした!
DSC08519_20210203184948445.jpg

 こんな感じで、昨年のクリスマスも美味しい料理をガッツリ楽しんできました♪トゥジュールの料理は創作系で、時には和なテイストも盛り込まれているから好きなんですよ~皆さんも機会がありましたら、トゥジュールの創作フレンチを是非とも体験してみるべし♪



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 上越(市)情報へ

別窓 | 上越のイタリア、フランス料理 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |