FC2ブログ
今日はキノコ採り、でっかいウラベニホテイシメジをゲット!
2019-10-13 Sun 19:46
 今日はtakeさんの山菜お師匠様Doumtakaさんと一緒にキノコ採りへと行ってきました!(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 今回向かったのは近所のお山であります。周囲の朽木倒木をチェックしながら林道を注意深く進んでいくと…
PA131151.jpg

 ややっ、Doumtakaさんが早速何かを見つけたようです~
PA131153.jpg

 立ち枯れた木に群生していたこのキノコは「ヌメリツバタケモドキ(詳細情報)」というのだそうです!
PA131154.jpg

 一応は食べられるキノコとの事なんだけど、身が柔らかくてあまり美味しくないんですって。という訳でキープはしませんでした。
PA131158.jpg
PA131159.jpg

 むむっ、この謎のキノコは見るからに美味しそうに見えるけど…
PA131178.jpg

 Doumtakaさんによると、根本にツボのあるキノコは毒キノコである場合が多いとのこと。なのでコイツもスルーであります、触らぬ神に祟りなし!
PA131180.jpg

 お、このポテンと可愛らしいキノコは「ホコリタケ(詳細情報)」ですね。地面に生えているのはよく見かけるけど、木に生えているのはtakeさん初めて見ました!これも一応食べられるキノコなんだけど、あまり美味しくないらしいからコイツも写真撮影するだけでキャッチ&リリースw
PA131172.jpg

 っとっとっとっと、Doumtakaさんはプロの山師なので山歩きがえらく速い。のんびり写真撮影してたらどんどんと先に行ってしまいました、オーマーイ 待ってくださーい!
PA131181.jpg

 またDoumtakaさんが、道の脇で巨大なキノコを発見しました~こいつはレアキャラの激旨キノコ「ウラベニホテイシメジ(詳細情報)」であります!
PA131182.jpg

 このキノコは「クサウラベニタケ(詳細情報)」や「イッポンシメジ(詳細情報)」など、見た目が超そっくりな毒キノコが存在している危ないキノコなのだ!茎が太くしっかりしているのがウラベニホテイシメジの判りやすい特徴なんだけど、クサウラベニタケの中にもまれに茎がしっかりした個体が混ざっているらしいから具合が悪いw 他にも香りなど、見分けるポイントがいくつもあるのだそうですよ。
PA131186.jpg

 キノコは胞子を飛ばして増えるので、周囲にも同じキノコが生えている可能性が高いです。さらに周囲を注意深く探してみると…ややっ、これってウラベニホテイシメジでないですかDoumtakaさん!?
PA131193.jpg

 裏返してみたら、やや古い個体だったので見分けポイントである茎が溶けかかってました!しかしDoumtakaさんによると、このキノコはウラベニホテイシメジで間違いないとのこと。
PA131195.jpg

 香りがさっき採ったウラベニホテイシメジと同じだし、さらに傘に光沢のある白っぽい模様があるのも特徴の1つとのことです。色々と見分け方を教えてもらったけど、自分一人でキノコ採りに行ったときに、ウラベニホテイシメジを見分けるのはやっぱりちょいと自信がないなぁ。
PA131198.jpg

 お、このキノコは食用の「ハナビラニカワタケ(詳細情報)」ですね。これくらい特徴がハッキリしたキノコなら、簡単に見分けられるんだけどなぁw ちなみにこの個体は若干古めだったので、採取はしなかったです。
PA131209.jpg

 およ、林道に水が流れ込んで川みたいになってました。昨日の台風の影響はまだあちこちに残ってましたよ!
PA131218.jpg

 そんなこんなで今日の収穫はこれだけです、Doumtakaさんが見つけたウラベニホテイシメジはtakeさんがもらっちゃいました♪炒めて食べてみたんだけど、ほんのり苦味のある大人な味わいでとっても美味しかったです!
PA131226.jpg

 今回が2019年一発目のキノコ活動となった訳なんだけど、Doumtakaさんのおかげで見事なキノコをゲットすることが出来ました!幸先とっても良い感じです、この秋もキノコ沢山採れると良いなぁ♪



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

別窓 | 2019年のアウトドア遊び | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT