FC2ブログ
昨日は西頸地区の某渓へ調査釣行、清流で存分に竿を振ってきたのだ♪
2019-07-22 Mon 16:18
 西頸地区を流れる某河川、これまで何度もその近くを車で通る度に「水もキレイだし、大いに気になる渓である…渓流魚の類は居るのかなぁ!?」と以前からずっと気になっておりました。ここは極端に入渓しやすい場所なので、たとえ定期的に放流されているとしても、魚は釣り切られてしまっているだろうと半ば諦めておったのです。しかしただの一度も竿を出さぬまま諦めてしまうのは惜しいと考えて、昨日は車をぶっ飛ばして釣りをしに行ってきたのだ!(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 そんなこんなでお目当ての某河川に到着なり!まずは下流部へと訪れてみたんだけど、水はかつかつクリアーでこれまたいい感じ♪
P7210060.jpg

 けどこの辺りは堰堤が非常に多く川がずたずたに分断されているので、よっぽど大量に放流されていない限り釣りをするのは厳しいかも!?という訳で今度は一気に上流を目指して…
P7210064.jpg

 車で訪れることの出来る最上流部までやって来ました、まずはここから竿を出してみよう!
P7210066.jpg

 水量は少な目だけど水はキレイだし、頭上が開けているので竿もたいそう振りやすい♪さてイワナさんはいてくれるかしらと、気合を入れてフライを打ち込みますれば…
P7210073.jpg

 うおぉ、どチビちゃんだけどいきなりフライに反応あり!これはこれは幸先良いぞw
P7210075.jpg

 そのすぐ上流にあったポイントでは、もちっと良いサイズのイワナがなんと2回もフライにアタックしてきました!けど残念ながらフッキングには至らずです。ドラグがかかってしまって食べ損ねたか、それとも水量少なく魚達は警戒モードになっているのか!?
P7210077.jpg

 この調子ならイワナさんの顔はすぐに拝めるだろうと思ってたんだけど、その次が全く続きませんです。あれ以来魚からの反応はピタリと止んでしまいました、一体どういう訳ざましょw
P7210078.jpg

 うほ~良い雰囲気のポイントです!魚からの反応はやっぱりなかったんだけど、これだけのロケーションなら竿を振っているだけで十分に癒されますのだ♪
P7210083.jpg

 これは昔の農業用取水堰堤の跡ですね。こんな人里離れた超山奥でも、昔は人が農業を営んでいたのですなぁ。
P7210086.jpg

 うっほほ、またまたスーパーロケーションのポイント登場w しかし魚からの反応はやっぱりなし、この渓はどうやら魚影があまり濃くはないようですね。この先にもきっと美しい眺めの場所がいくつもあるだろうと思うんだけど、今回の目的はこの渓に渓魚が居るかの調査な訳で、とりあえず上流部は魚影が薄いというのが判明しました。この先の様子も気になるところだけど、今度は中流部で竿を出してみることとすべし!
P7210089.jpg

 川沿いの林道を下っている最中、目の前を巨大なイノシシが横切りました!実はさっき林道を上っている時にもイノシシを目撃してるんだよね、ここはイノシシ山のようであります。川で釣りをしている最中に出くわしたらヤバイんだぜ…
P7210091.jpg

 そんなこんなで中流部にやって来ました、ここも水が綺麗でいい感じ!
P7210094.jpg

 良いポイントも結構あるんだけど、魚からの反応は残念ながら全くありませんです。「釣券購入案内」の看板があったから魚が放流されているとは思うんだけど、非常に入渓しやすい場所だから魚は全て釣り切られてしまったのかなぁ!?
P7210095.jpg

 川の中を注意深く観察してみると、小魚が何匹か泳いでました。流れが緩い場所にいたし、ドライフライにも反応しなかったから、おそらくウグイでしょうかね。
P7210096.jpg

 そんなこんなで、イワナの顔を拝むことは出来なかったけど、渓の状況はばっちり把握することが出来ましたです。水質A、渓相A+、魚影C、こんなところでしょうかw 放流のタイミング次第では良い釣りができるかもしれない、また機会があったら竿を出してみようそうしよう♪



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

別窓 | 2019年のアウトドア遊び | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT