FC2ブログ
讃岐うどん房 鶴越 創作うどん「激辛!カチカチ山」さらに大量の天ぷら&ビールを味わってきた♪激辛激旨
2018-12-07 Fri 09:18
 先日は響さんと一緒に、本町にあります讃岐うどんの専門店「讃岐うどん房 鶴越(shop data記事)」に行ってきました!お店の営業時間等の詳細につきましてはshop data記事をご覧ください。(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 今回驚いたのが、なんと店舗入口の所に巨大な券売機が導入されておりました!これだと注文のミスがなくなるし、これはこれは嬉しい進化♪
IMG_1310_20181206202853ab1.jpg

 券売機の脇にメニューの一覧が用意されておりました。注文時には、これをじっくりと眺めて料理を選ぶと良いでしょう。下の写真は字が小さくてちょいと見辛いかもだけど、shop data記事には数枚に分割して撮影した、見やすいメニュー写真を掲載してありますです。
IMG_1316_20181206202855e54.jpg

 でもってこの日の注文はこんな感じなのだw
IMG_1329_20181206202836710.jpg

 まずは無料セルフサービスのお通しを頂いて…
IMG_1349_20181206202839a24.jpg
【讃岐うどん房 鶴越 お通し¥無料サービス】

 次いでビールが運ばれてまいりました、早速乾杯致しましょw
IMG_1357.jpg
【讃岐うどん房 鶴越 エビス生¥580*2】

 まず最初に紹介しますのは、秋限定の「秋刀魚天」でございます~脂が大層のっており、熱々&衣サクサクで抜群美味しゅうございましたよ!
IMG_1362_20181206202843a61.jpg
【讃岐うどん房 鶴越 秋刀魚天(期間限定)¥300】

 揚げたての天ぷらをつまみに呑むビール、最高でございますw
IMG_1363_2018120620284586f.jpg

 今度はテーブルに用意された天つゆを使用して頂くべし、秋刀魚特有の旨味がより際立つ印象でこれまた旨し♪
IMG_1365_20181206202847e25.jpg

 お次は「鶏せせり天」を頂くべし、首のお肉の天ぷらですね。
IMG_1378_2018120620284978d.jpg
【讃岐うどん房 鶴越 鶏せせり天¥240】

 ジャンボサイズでこれまた素敵w
IMG_1379_20181206202629f53.jpg

 早速一口がぶりんちょ、ジューシーお肉で大変美味しゅうございます♪
IMG_1380_20181206202632ad3.jpg

 続きましては「バクチク」を頂くべし、竹輪の天ぷらに明太ソースをかけたものですね。ソースがコク豊かな旨辛味で、衣のオイリーな旨味と相まってなんともジャンクな味わいでしたぞw
IMG_1390_20181206202634819.jpg
【讃岐うどん房 鶴越 バクチク¥150】

 お次に紹介しますのは、takeさんが頼みました激辛創作うどん「激辛!カチカチ山」でございます♪てっぺんにトッピングされているのは、自家製肉ラー油の具材かしらん。ちなみにこのおうどんは、麺もスープも冷たい仕様であります。
IMG_3408.jpg
【讃岐うどん房 鶴越 激辛!カチカチ山¥590】

 このおうどんは激辛系メニューのハズなんだけど、スープは真っ白で辛さを予感させる要素は全く見当たらないのでありますがw
IMG_3455_20181206202638065.jpg

 しかしスープがたっぷり絡んだ麺を器の底から引っ張り出して一口啜ってみますれば、これがまた結構な辛さでたまげました!またスープには見た目のイメージ通りのクリーミーさもあって、さらに辛味もバッチリ効いているという、相反する要素がどちらも際立ったお味で、なんとも面白美味しゅうございましたw また麺は冷水でビシッと締められており、もっちムッチしっかり歯応えでこれまた旨かった♪
IMG_3472_20181206202640bc4.jpg

 今度はてっぺんにトッピングされた肉ラー油を麺に絡めて食べると、コク豊かな辛味が加味されてより旨辛味となりましたよ!
IMG_3474_20181206202642167.jpg

 ここで全体をしっかりと混ぜ込みました。肉ラー油&旨辛クリーミーなスープが全体に馴染んで味にまとまりが出て、さらにモヤシのシャキシャキとした歯応えが良いアクセントとなって大変美味しゅうございます♪
IMG_3479.jpg

 ここで鶴越マスター殿が「コレ試してみてよw」と「和風激辛ソース 雷」を持って来て下さいました!超有名な辛味調味料「かんずり」でその名を知られる「(有)かんずり(公式サイト)」が手がけた、和テイストの激辛調味料ですね。
IMG_3507_201812062026468da.jpg

 最高に辛いと言われている激辛唐辛子「キャロライナ・リーパー(参考wiki)」を使用しているとのこと、これはこれはかなりの辛さが期待できそうw
IMG_3513_201812062026484c6.jpg

 なかなか渋いパッケージデザインでありますな。
IMG_3522.jpg
IMG_3523.jpg

 まずはチャチャチャッと5滴ほど投入して…
IMG_3528_20181206202517f7b.jpg

 軽く混ぜて食べてみると、雑味のないキリッとした辛味が加味されて、これはこれは大いに旨辛!酸味などの余計な味がなく、醤油ベースのスッキリとした旨辛味なので、激辛調味料としてこれはかなり使いやすいと思いますよ♪
IMG_3531.jpg

 という訳でさらに追加マシマシ、激辛激旨でございますw
IMG_3533_201812062025052d4.jpg

 最後に天かすを投入し、オイリーな旨味を加味して締め括りました。
IMG_3538_20181206202509b0e.jpg

 ラストに紹介しますのは、響さんが注文した「ラー油うどん(温)」であります!てっぺんにはtakeさんが頼んだカチカチ山と同じく自家製肉ラー油がトッピングされており、中央下の小瓶にはタレが入っておるようです。右のスープは、後半になったらお好みで器に投入して食すべしとの事でした。ちなみにこのメニューは”温”と”冷”を選ぶ事が出来、今回は麺もスープも温かな仕様をチョイスしました。
IMG_4431_20181206202507748.jpg
【讃岐うどん房 鶴越 ラー油うどん(温)¥520】

 まずは小瓶のタレを投入してしっかりと混ぜた後に、もちろんtakeさんお味見させてもらいましたぞ~麺は温かモッチリ歯応え、ラー油のオイリーな旨味が効いてて大変美味しゅうございました!
IMG_4488.jpg

 後半になったらスープを投入して…
IMG_4544.jpg

 ここで再び味見をさせてもらうと、酸味がほんのり増した感じでこれまた美味しく頂けました♪
IMG_4547.jpg

 今回は久しぶりに鶴越のおうどんを味わったけど、麺の歯応えモッチリしっかりでやっぱりひと味違いますな。さらに鶴越のマスター殿は辛い料理がお好きな様で、激辛系創作メニューが高確率で提供されているのもtakeさん的な嬉しいポイントなのだw もちろん辛くない通常のおうどんも激旨ですぞ~さぁさ皆もこの週末は、鶴越の熱々おうどんを食べて迫り来る寒波をぶっ飛ばしてやるべし!



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 上越(市)情報へ

別窓 | 上越のうどん、冷麦 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |