FC2ブログ
アマノフーズ チキンカツカレー(フリーズドライ、数量限定)これぞ近未来の食べ物なり!
2017-09-12 Tue 08:18
 先日は当ブログにて、「アマノフーズ(公式サイト)」より数量限定にて発売されておりましたフリーズドライの「チキンカツの玉子とじ(当該記事)」を紹介しました。黄色い色をした四角い物体にお湯をかけるだけであっという間に「チキンカツの玉子とじ」が出来上がってしまうという、SF漫画に出てくるかのような未来を感じさせる仰天の逸品でありましたよ。そして今度はアマノフーズから、同じくチキンカツを使用した「チキンカツカレー(商品情報)」が数量限定にて販売開始との情報を得て、今回も即行お買い上げした次第なり!(この商品は既に売り切れとなっております)(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 作り方は、中身を広い容器に入れて熱湯を140ml注ぎ入れて、とろみがつくまで約60秒軽くかき混ぜるだけでOKとのこと。
R0068256.jpg

 中身の様子はこんな感じ、ぱっと見のイメージは固形のカレールーっぽいでしょうか。しかし持ち上げると非常に軽く、これがカレールーでないことは一発で判ります。
R0068263.jpg
R0068267.jpg

 裏側はこんな感じ、中央に見えるのが恐らくチキンカツでしょう。
R0068271.jpg

 中身を広い容器に入れてやって…
R0068274.jpg

 熱湯を注ぎ入れますれば、黄色い塊がみるみるうちにチキンカツカレーへと変化していきます~こりゃ凄い!
R0068277.jpg

 軽くかき混ぜてやりますれば、あっという間に「チキンカツカレー」の完成なり!
R0068282.jpg

 ご飯を盛り付けて、可能な限りに見栄えを良くしてみたつもりなんだけど、ちょいと見た目がアレなのは許して下されw
R0068287.jpg

 まずはチキンカツを1つリフトアップ、お肉の厚さが結構ありますね!
R0068303.jpg

 衣の様子はこんな感じ、ルーが染みてすっかりヘナヘナになってしまっているように見えるけど…
R0068308.jpg

 まずは一口がぶりんちょ、衣はちゃんとサクサク感のある歯応えでこれまた驚いた!お肉は歯応えやや固めでしたが、それはそれで”肉喰ってます感”を感じることが出来、なかなかの旨さでしたよ。
R0068315.jpg

 衣の裏側はこんな感じになってました、なんか妙に本物っぽいなと感じましたですw
R0068318.jpg

 ルーもちゃんととろみがあってその質感は非常にリアル、味の方もスパイスの風味しっかりで大変美味しゅうございましたよ!
R0068319.jpg

 またルーの中には具材として玉ねぎ(オニオンソテー)が入っており、ザクザク歯応えで良いアクセントになってました。
R0068320.jpg

 そんな訳でメシと一緒にワッシワッシと頂くべし~普通にカツカレーを食べているのとほぼ変わらぬ感覚で、バッチリ美味しゅうございました!
R0068323.jpg

 なこんなであっという間に完食でございますw 今回のフリーズドライ食品も、調理の簡単さなど全てひっくるめて、驚きに溢れている見事な逸品でありました~凄い時代になったもんだね!
R0068336.jpg

 今回紹介した商品も、こないだ紹介した「チキンカツの玉子とじ(当該記事)」と同じく数量限定の販売であります。何故に定番商品扱いとならないのでしょうか?ちなみに今回紹介した「チキンカツカレー」は単価が¥600もします、もうちょっと安くならないと定番化は厳しいと判断したのかもですね。こういった商品がいつでも購入できるようになれば、保存食やアウトドアでの食料としてとても重宝されるかと思います。アマノフーズさんには商品開発頑張って、チキンカツ系の商品を早く定番商品化してくれますよう祈っております!



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | レトルト、冷凍食品等 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |