湖池屋 KOIKEYA PRIDE POTATO 爆売れ中の超人気商品を一気に3種ご紹介!
2017-03-11 Sat 07:18
 激辛系お菓子の元祖「カラムーチョ(商品情報)」や、面白CMでその名をられる「ポリンキー(商品情報)(ブランドサイト)」を製造販売している「湖池屋(公式サイト)」は日本を代表するスナック菓子メーカーですが、ことポテトチップスにおいては「カルビー(公式サイト)」が業界トップとなっています。この記事を書くために色々と調べていて実は初めて知ったのですが、ポテトチップの量産化に国内で初めて成功したのがなんと湖池屋だったんですね!しかし現状では業界二位に甘んじており、ポテチの元祖としてこの状況を打破すべく、プライドをかけて投入した新商品が…(以下の写真は全てクリックで拡大可)

 「KOIKEYA PRIDE POTATO(商品情報)(ブランドサイト)」”フライド”ではなく”プライド”ポテト、まさに湖池屋のプライドをかけたポテチなのでございます!2月6日に発売されたのですが、あまりの売れ行きでまずは3つのフレーバーのうちの「魅惑の炙り和牛」が販売休止に、次いで「松茸香る極みだし塩」も出荷が停止され、現時点では「秘伝濃厚のり塩」のみが販売されているという状況とのこと。しかしですね、今回運良く3つのフレーバーを全て入手することが出来たのであります~感謝感謝アリガトウネ♪

 さてまずは、一番最初に販売が休止された「魅惑の炙り和牛(商品情報)」から頂いてみるべし~真っ赤なパッケージがこれまた熱いぜ!
DSCF8191.jpg
DSCF8203.jpg

 魅惑の理由として「食欲をそそる和牛ならではの濃厚な旨味と、独特の炙り風味。味を引き締める黒胡椒のキレ。一度食べたら虜になる、個性派ポテトチップス。」なんですって~読んでるだけでよだれが出てくるぞいw
DSCF8205.jpg

 ほれご開帳、これまた香ばしい色合いをしておりますな。
DSCF8218.jpg

 まずは1つリフトアップ、軽く焦げた感じでしっかりと揚げられているのが判ります。早速口の中へと放り込んでみると、まずはお芋本来の風味豊かで驚いた!味付けはしっかり濃い目、確かにお肉の風味濃厚でパワフル美味しゅうございます♪
DSCF8230.jpg

 黒胡椒の風味もしっかりで、いかにもビールに合いそうな美味しさでしたぞ。
DSCF8244.jpg

 続きましては「松茸香る極みだし塩(商品情報)」であります、こちらも最近になって販売が休止されてしまったのだそうな。パッケージは輝くゴールド、これまた高級感がありますね!
DSCF8304.jpg
DSCF8326.jpg

 この商品の極みの理由は「日高産昆布と焼津産鰹節、重なり合う二つの旨味を包み込む松茸の香りに、素材の味わいを引き出す三種の塩(焼塩、藻塩、平釜炊きの塩)を絶妙にブレンド。日本人の味覚にこたえる和を極めた新定番ポテトチップス」ですって、これまた究極を感じさせますなぁ!
DSCF8328.jpg

 こちらも早速ご開帳、ブワッと立ち上る松茸の香りにまずはぶったまげよ!さらに中のポテチも黄金色に輝いておるようであります♪
DSCF8344.jpg

 まずは1枚リフトアップ、こちらは揚げ色が薄いようですね。早速口の中へと放り込んでみますれば、鼻に抜ける芳醇な松茸の香りがこれまた素晴らしかった!味はコクが豊かな塩味で、これまた食べる手が止まらぬ旨さでしたぞ。
DSCF8350.jpg

 この1枚は揚げ色が付いてましたが、ビジュアル的にはとてもシンプルな印象でしたね。
DSCF8354.jpg

 ラストは「秘伝濃厚のり塩(商品情報)」であります、この商品だけは今でも普通に入手できるハズですよ!
DSCF9248.jpg
DSCF9266.jpg

 この商品が秘伝となった理由は「香り広がる日本産100%の青のりを贅沢に使い、芋の旨味を引き出す三種の塩(焼塩、藻塩、平釜炊きの塩)と、味わいを引き締める三種の唐辛子(細挽き、粗挽き、焙煎)を絶妙にブレンド。元祖のり塩の伝統を継ぎながら進化した、正統派ポテトチップス」ですって、そういえばポテトチップの”のり塩味”はコイケヤが元祖なんですよね!
DSCF9267.jpg

 こちらも早速ご開帳~こちらは開けた途端に青のりの香りがフワッと立ち上りました♪
DSCF9274.jpg

 ほれ1枚リフトアップ、こちらは揚げ色濃い目ですね。早速口の中へと放り込んでみると、青のりの風味豊かでこれまた美味しゅうございます!塩味とのバランスが絶妙ですね、流石は元祖のり塩味♪
DSCF9280.jpg

 この1枚は青のりたっぷり、風味の豊かさでは青のり味が1番かもです。
DSCF9289.jpg

 3種のKOIKEYA PRIDE POTETO、それぞれ個性があってどれもとっても美味しかったです。味は「魅惑の炙り和牛」、香りなら「松茸香る極みだし塩」、風味なら「秘伝濃厚のり塩」が優れているという印象でしょうか、いずれにしてもどれもとっても旨かった!今は品薄状態が続いていますが、きっともうちょっとすれば普通に店頭に並ぶことでしょう。その時は皆さんも是非とも、3つのフレーバー食べ比べをやってみるべし♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | その他グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |