NS-1を改造中♪レーシングポジションキットなど取り付けました!
2015-02-28 Sat 16:04
 先日は原付バイクのNS-1を購入したという記事をアップしましたが(当該記事)、NS-1に取り付ける改造パーツを幾つか購入しましたですよ!
NS-1用パーツ購入物一覧
NS-1用パーツ購入物一覧 posted by (C)take
 とりあえずこれらが購入したパーツの一覧であります。takeさんは吸排気などエンジン周りはノーマルにこだわっており、今回購入したパーツはハンドル周りなどライディングポジションに関するものがほとんどです。エンジンに関しては、メーカーが膨大な開発費用を投入して造り上げたものなのでノーマルの状態がベストであると思うのですよ。しかしハンドルやステップの位置については、誰が乗っても違和感を感じにくい最大公約数の位置に設定されています。この部分については、自分の体格などに合わせて改造していくべきであるというのが私の考えです。

HURRICANE スピードメーターシール(NS-1用)、キタコ アルミドレンボルト
HURRICANE スピードメーターシール(NS-1用)、キタコ アルミドレンボルト posted by (C)take
 まずは左、「HURRICANE(公式サイト)」より発売されております「スピードメーターシール」であります。スピードメーターに貼り付けるだけで120km/hまで速度が読み取れるようになるという原付定番の貧乏改造パーツなりw 右のは「キタコ(公式サイト)」より発売されております「アルミドレンボルト」であります。ネジの先端に磁石が取り付けられており、エンジンオイル内のスラッジを集塵してくれる優れもののパーツなんですよ!takeさんの所有するバイクはドレンボルトが全てこれに交換されています。



POSH レーシングポジションキット(NS-1用)
POSH レーシングポジションキット(NS-1用) posted by (C)take
POSH レーシングポジションキット(NS-1用) 説明書1
POSH レーシングポジションキット(NS-1用) 説明書1 posted by (C)take
POSH レーシングポジションキット(NS-1用) 説明書2
POSH レーシングポジションキット(NS-1用) 説明書2 posted by (C)take
 こちらは「POSH(公式サイト)」より発売されております「レーシングポジションキット」であります。ステップの位置を調節するパーツで、バックステップよりもはるかに安価に入手できるのが大きな魅力のパーツなのであります。



ノーマル状態
 これがノーマル状態のステップであります。ステップはノーマル状態だと安定性を重視して低めの位置に設定されています。ステップ位置を上に上げるのは自分の体格や好みの位置にステップを合わせるのと供に、バンク角を稼ぐためにも定番の改造なのです。

プレート取り付け
 まずはステップを外し、フレームにステップホルダーを取り付けます。ちなみにヤフオクで見かけた安価なコピー品はこの部分のネジがプラスネジになっており、しっかりとトルクをかけて締められない恐れがあるので購入するのは要注意ですよ。

POSH レーシングポジションキット 装着後の様子(左)(NS-1)
POSH レーシングポジションキット 装着後の様子(左)(NS-1) posted by (C)take
 なこんなであっという間に取り付け完了!取り付け位置は3箇所から選べるのですが、実際に跨ってみて最もしっくりきた「15mm Back/21mm Up」の位置にしました。

POSH レーシングポジションキット 装着後の様子(右)(NS-1)
POSH レーシングポジションキット 装着後の様子(右)(NS-1) posted by (C)take
 右側はリアブレーキホースが繋がっており、位置をずらすのに少々苦労しましたです。

アジャストシフトペダル(NS-1用)
アジャストシフトペダル(NS-1用) posted by (C)take
 続きまして、変更されたステップの位置に合わせてシフトペダルの長さを調節できるよう「アジャストシフトペダル」を購入しました。この商品は「POSH(公式サイト)」より発売されている「アジャスタブルシフトペダル」のコピー品で、ヤフオクで安価に入手しましたです。



丁度いいw
 とりあえずノーマルのシフトペダルだと具合はどんなもんかいなと試してみたら…あれま、このままで全く違和感なく操作できるのだがw しかしまぁせっかく購入したんだからと、ノーマルを外して付け替えることとしました。

溝が切ってある
 はてさて、ノーマルのシフトペダルを外してふと思い出しました。ペダルを取り付けるロッドにはギザギザの細かい溝の他に、丸い大きな溝が彫られているんですよね。

純正部品
 これはノーマルシフトペダルの取り付け部分を拡大した写真ですが、締め付け用のネジがロッドに彫られた丸い溝に引っかかってペダルが抜けないような構造になっています。

コピー品
 一方、ヤフオクで購入した安物のアジャストシフトペダルのネジはロッドの溝に引っかかる造りになっておらず、締め付けて固定するだけとなっていました。純正部品に採用されている抜け落ち防止の構造が無視されており、これはイカンぞと使用は止めました。写真を見る限りPOSHの正規品だとその辺りの造りが純正部品と同じっぽいのですよ、今回は安物買いの銭失いとなってしまいました。

 最後にシフトペダルの取付角度をじっくりと吟味し、これにてステップ回りの改造は終了であります。次回からはハンドル周りをいじっていきますです~



ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | バイク、車の話題 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT