デジカメ買うた!Canon Power Shot S120お買い上げ♪
2014-09-30 Tue 22:14
 takeさんはブログネタを収集する際、6台のデジカメをシチュエーション毎に使い分けて使用しておりました。特にグルメ活動に使用するデジカメは画質にこだわり、厳選した機材を使用しています。しかし画質にのみこだわってしまった為にグルメ活動用のデジカメはサイズが大きな物ばかりになってしまい、お店が混雑している時など使用を躊躇ってしまう事が稀にありました。コンパクトでありながらもそれなりに上等な画質で撮影できるデジカメが欲しいぞと言う事で、雑誌やインターネットなど駆使して理想的なデジカメを探した結果…
Canon Power Shot S120など購入物一式
Canon Power Shot S120など購入物一式 posted by (C)take
 「Canon(公式サイト)」より発売されております「Power Shot S120(商品情報)」をお買い上げしました!さらに予備のバッテリーとSDカード、液晶保護フィルムと純正ケースも同時購入であります。



簡易クリーンルーム
 まず最初は液晶保護フィルムを貼り付けるべし!風呂場の壁をシャワーで濡らし、扉を閉めて放置してホコリを落ち着かせれば”簡易クリーンルーム”として利用出来ます、液晶保護フィルムなど貼り付ける際に有効ですよ。



上手く貼れた
 写真だと判り辛いけど、まぁ綺麗に保護フィルムを貼る事が出来ました♪

前から見た図
 なこんなでこちらが「Power Shot S120」の勇姿であります、ブラックボディで精悍な印象ですの!ちなみに「目立たない」のを狙ってこの色を選択しました。

上から見た図
 厚さはこの程度、シャツの胸ポケットに収まるコンパクトサイズであります。

ソフトケースCSC-S3
ソフトケースCSC-S3 posted by (C)take
 こちらは同時購入したソフトケースです。takeさんはデジカメを収納するケースは”メーカー純正品”にこだわっています。純正だとサイズがピッタリなので、ケース内でカメラがガサガサと擦れて傷が付いてしまう事を防げるのですよ(勿論例外も有り)。

ソフトケースCSC-S3 内側の様子
ソフトケースCSC-S3 内側の様子 posted by (C)take
 ケース内側の様子はこんな感じ、ソフトな起毛素材であります。

ショルダーストラップ
 ソフトケースにはネックストラップが付属します。

ソフトケースCSC-S3 S120を入れた様子
ソフトケースCSC-S3 S120を入れた様子 posted by (C)take
 ネックストラップを装着し、ケースに入れてみました。サイズはピッタリでケース中でガサガサ動くなんて事は無く、擦れて傷が付く事は絶対に無いでしょう。

ソフトケースCSC-S3 横から見た図
ソフトケースCSC-S3 横から見た図 posted by (C)take
 フタを閉めるとこんな感じになります。

ホールド感良好
 S120は薄型ながらもホールド感はバッチリであります。ただ、ケース付属のネックストラップが若干ゴツ過ぎてなんか気になる…
ハンドストラップ
 って事で本体付属の簡易なストラップに付け替えちゃいました、こちらの方が存在感が薄く良い感じです♪

電源投入前
 電源投入前はこんな感じです。電源を入れますれば…
電源投入後
 ニョッキリとレンズが伸びてきますですw

 さて今回も例によって例の如く、takeさん普段使用しているデジカメ達とグルメ写真の撮り比べをしてみるべし!
撮り比べ!
 今回比較に使用したのはこれらデジカメであります。左から順に「OLYMPUS TG-1(購入記事):アウトドア専用カメラ」、「CASIO EXILIM G EX-G1(購入記事):水没専用カメラ」、「リコー Caplio GX100(紹介記事):グルメ専用カメラ」、「FUJIFILM X10(購入記事):グルメ専用カメラ」これらデジカメと、今回購入した「Canon Power Shot S120」の撮り比べを実施しました。撮影場所は自室で、やや暗めの食堂と同様の撮影環境であるかと思います。

 さてまずは「OLYMPUS TG-1」で撮影した写真から紹介していきますね。
OLYMPUS TG-1にて撮影1
OLYMPUS TG-1にて撮影1 posted by (C)take
OLYMPUS TG-1にて撮影2
OLYMPUS TG-1にて撮影2 posted by (C)take
 ふむ、バッチリ旨そうに撮れております。そもそもこのカメラは接写に難があるのとサイズがデカ過ぎる以外では全く文句のつけ様が無いデジカメですからね、頼りになるヤツですw

 続きまして「CASIO EXILIM G EX-G1」で撮影した写真は…
CASIO EXILIM G EX-G1にて撮影1
CASIO EXILIM G EX-G1にて撮影1 posted by (C)take
CASIO EXILIM G EX-G1にて撮影2
CASIO EXILIM G EX-G1にて撮影2 posted by (C)take
 こんな感じです、発色など正直言ってかなり見劣りしますね。このカメラは海などに沈めて使用する水没専用カメラとして使用してますし、まぁこの程度でしょう。

 続いては我が家にあるデジカメの中で最も料理を旨そうに撮してくれる「リコー Caplio GX100」であります!今回の写り具合は…
リコー Caplio GX100にて撮影1
リコー Caplio GX100にて撮影1 posted by (C)take
リコー Caplio GX100にて撮影2
リコー Caplio GX100にて撮影2 posted by (C)take
 こんな感じでした~発色具合などやっぱり一味違いますな!このカメラは暗い環境を苦手としているのですが、今回は良い写真が撮れました。

 お次はグルメ撮影のメインカメラ「FUJIFILM X10」であります。我が家の在庫で最も高価なカメラなのに、料理の写り具合は正直言ってGX100に僅かに劣ります。いつもカメラにお任せで撮影しているんだけど、もしかしたらこのカメラの性能を充分に引き出せていないのかなぁ!?
FUJIFILM X10にて撮影1
FUJIFILM X10にて撮影1 posted by (C)take
FUJIFILM X10にて撮影2
FUJIFILM X10にて撮影2 posted by (C)take
 今回撮影した写真も、発色の具合などやはりGX100に一歩及ばない印象です。ピント合わせの早さなど基本性能が非常に優れておりとても使いやすいカメラではあるのですが、takeさんの腕前では存分に使いこなせておりませぬわ。

 さていよいよラストに紹介しますのは、今回お買い上げした「Canon Power Shot S120」で撮影した写真であります。その写り具合はといいますと…
Canon Power Shot S120にて撮影1
Canon Power Shot S120にて撮影1 posted by (C)take
Canon Power Shot S120にて撮影2
Canon Power Shot S120にて撮影2 posted by (C)take
 おぉぉバッチリじゃんね!?w 発色や表面の質感などはGX100に一歩及ばないようにも感じますが、バッチリ旨そうに撮れているとは思います。

 サイズはコンパクトだし料理もバッチリ旨そうに撮影できる、さらに暗い環境でも全く問題無く撮影できるようなのでグルメ撮影には最適なデジカメでありましたよ!今後はS120とX10がグルメ活動のメインカメラとして活躍してくれる事でしょう、S120隊員殿これからも宜しくたのんまっせ!w



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | PC、デジタルモノ関連 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT