FC2ブログ
昨日オープン!麺屋義次 特濃つけ麺 中盛り
2010-10-26 Tue 22:00
麺屋義次
麺屋義次 posted by (C)take
 昨日は、いつになったらオープンするんだろうとずっと気を揉んでいた”麺屋義次”がついに25日に開店にこぎつけたとの情報を得たので、早速行って参りました!!

麺屋義次 店外垂幕
麺屋義次 店外垂幕 posted by (C)take
 ふむふむ、つけ麺は麺の盛り具合に関わらず同一料金なのですな、これは良心的♪
 
 こちらのお店の営業時間等の情報、検索してもまるでヒットしませぬ。とりあえず店舗看板によると…
麺屋義次 看板
麺屋義次 看板 posted by (C)take
 開店時間は11:30~14:00、17:00~20:00みたいですね。休日は申し訳ない未確認です。

 さて、メニューを眺めますと…
麺屋義次 メニュー
麺屋義次 メニュー posted by (C)take
 つけ麺好きのtakeさんとしては、初回は”特濃つけ麺”の一択でしょう。麺の量は、ダイエット中ということで大盛りは縛りますがさすがに並は寂しい、中盛りとしました。

 注文後に店主さんと少々おしゃべりしました。店主殿アメカジな感じでオサレなお兄さんでしたよ。ちなみに店内装飾もオサレな印象。takeさんもオサレしていきました(イミフ
 こちらのお店、現在はあえて全く宣伝をしていないのだそうな。新しもの大好き気質の上越市民、どかっと宣伝を打っていきなり大量のお客さんに来られてしまっては店側としてもまともな対応ができず、結果評判を下げてしまう可能性がある…等々の考えから、最初のうちは全く広告を出さないという戦略をとったのだそうです。まずは口コミのみで勝負、ある程度オペレーションに慣れてきたら広告を打つつもりみたいですよ。
 何よりも、現在は飯山にある本店「麺屋義継(店舗情報)」との掛け持ち営業とのことで、お客さんに沢山押しかけられたら忙しくてやってられませんさね!
 なので、ブログ記事で公にしまっては逆に迷惑かしらと店主さんに確認したら「記事にしてOKよ」と快諾していただけたので、ブログネタに採用させていただきました♪
 ちなみに、具体的なお店の場所はこちら(リンク)になります。通りからは少々解りづらいですが、つけ麺のノボリ旗を目印に探せば何とかなるかと。

 歓談しつつ待つこと暫し、やがて…商品が出来上がってまいりました!
麺屋義次 特濃つけ麺 中盛り
麺屋義次 特濃つけ麺 中盛り posted by (C)take
 今回は中盛りでのオーダーとなりましたが、量としてはまずまずのボリューム感です。

スープアップ
 スープに具はなし、これについては飯山にあります本店のことを知っていたので想定の範囲内でした。

麺をディップ!
 麺をスープにディップして…頂きます!
 最初の感想は…ちょいとスープの粘度が薄いかしら!?スープの味付け自体は濃厚なのだけど、粘度的にスープの濃度が水っぽくびしゃびしゃで麺への絡みが今ひとつで、その意味での粘度的な濃さの印象は今一歩といった感じです。とはいえスープの味付けが濃厚ということは間違いなく、粘度的な水っぽさをカバーする十分な濃度を確保しており、スープの麺への絡みの悪さを食味からは意識させません。しゃびしゃび&濃厚な「日本そば的つけ汁感覚」とでも表現すればいいのでしょうか。魚粉の香りが濃厚に香るスープでとても美味です。
 とはいえtakeさん的には脂的ドロドロ感ももうちょっとは欲しいかな!?とも感じたのが正直な印象です。なんせいっつも脂油アブラ言ってるtakeさんですからね、やっぱりドロドロしたのが好きなんすw ぶっちゃけ私の味覚がぶっ飛んでいるのも事実なんで、私の言うことを真に受けると場合によっちゃ損するかもですよケケケww

 麺に関しては、程良く縮れのある幅広の極太麺で、絶妙な湯で加減のコシ感と歯応えが豊かな麺で食べ応えはとても豊かでした。風味も豊かで、とてもハイレベルな出来栄えかと思います♪

タマネギが好相性♪
 このスープ、別添の刻みタマネギとの相性がこれまた良かった♪濃厚なスープに爽やかな刺激を追加してくれて、最高の組み合わせでした☆ミ

チャーシュー
 チャーシューについて、正直当初はtakeさん苦手なパサパサ系かと思ったけど…
温めて美味
 スープに浸して温めて脂を柔らかくしたら、takeさん的に最高のお味になりました♪歯応えのあるお肉と程良くトロトロ脂身のハーモニーが最高でした!前回の経験(当該記事)が活きましたなっ♪

ユズスコ
 テーブルに備えてあるユズスコ(柚子胡椒ソース)これがやたらに旨い!後半味に飽きてきたらこれで味変するといいですよ♪

某つけ麺専門店も見習って欲しい見事な水切り
 いよいよラスト、感心したのが麺の水切りの具合です。快適な麺の手繰り具合を確保するギリギリ最小限の水分量に調整されており、最後お皿の上に余分な水気はほとんどありません!これはなかなか出来るものではありませんよ、こちらのお店の麺担当者の技術はかなりの腕前かと思います。
 見事な水切りのおかげで、最後までスープの味も薄くなることなく美味しく頂くことができました、ご馳走様でしたっ!

 いやぁ今回は本当に美味しく頂くことができました!こちらのお店のつけ麺、麺の完成度は上越から30分で行ける圏内で私的には最高レベルかと思います。スープの味については人それぞれ味の好みというものが色々とあると思いますが、こちらもかなりのレベルであると感じました。

 店内で飼育されてるシルバーアロワナの今後も気になります、お店と共にすくすく成長していってもらいたいものであります♪

にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越の濃厚魚介系つけ麺 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |