FC2ブログ
鉄道模型 少年時代 NO.36他
2010-10-03 Sun 20:02
草を植えるべし
 進行遅れ気味な鉄道模型、作業を加速させる必要がありそうですな。まずはジオラマグレードアップ講座NO.29、「地面を塗装」とありますがその作業は省略しちゃって、草を植える作業を開始します。

コケを植えるべし
 まずは河原にコケを植えてやります、TOMIXのカラーパウダーでコケを表現するんだそうな。

ボンド水溶液
 ボンド水溶液を作り、それを岩の上にちょんと塗り付け、そこにピンセットでカラーパウダーを少量つけてやる、という段取りであります。こういうクリエイティブ性の高い作業って緊張しますっ!

こんな感じ
 …まぁまぁそれっぽくなりましたかね、バッチリでしょう♪
 このまま24時間乾燥させた後、続いて草を植える作業に入ります。コケを乾燥させている間に別の作業をやっつけちゃいましょうかね。

茶屋を作るべし
 続いて、ジオラマ展示用クリアケースのおまけについてきてた「茶屋」を組み上げます。

こんな感じ
 ちゃちゃちゃっと完成、簡単なもんです♪

パウダーを撒いてやります
 さぁここからまたクリエイティブ性の高い作業に突入します、緊張しますわ。ジオラマ通常進行NO.36、地面にパウダーを撒きます。均一に撒いた後、ボンド水溶液をスポイトで染み込ませ、地面に定着させます。

こんな感じ
 まずは練習がてら茶屋周辺の地面から作業開始、一発目にしてはまずまずの出来映えではないでしょうか!?予想よりもかなり厚く敷き詰める印象ですね。

いい感じ
 茶屋の両側の地面にパウダーを撒いて、まずまずの出来映えですな。

 続いては、いよいよジオラマ本体の地面にとりかかります!パウダーを撒く範囲も先程よりもずっと広くなります、丁寧に作業して…
とりあえずはパウダー撒いて…
 ようやっと撒き終わりました!均一に撒くのに結構苦労しましたよ。

 さて続いて、スポイトでボンド水溶液を染み込ませるのですが、この作業が結構手こずりました。ボンド水溶液がパウダーの上で玉になってしまって染み込んでくれないという事態が稀にあり、少々難儀しました。パウダーとの馴染みが良くなるよう、水溶液に中性洗剤をごく少量混ぜることによって問題は解決できました♪
ボンドを染み込ませたよっと
 こんな感じで、全体にボンド水溶液が染み込みました。このまま24時間乾燥させればOK!

隙間を埋めるべし
 つづいて、ジオラマベースの隙間を木工用ボンドで埋めてやる作業に移ります。これをやらないと、ベースの隙間に地面パウダーが入り込んじゃいますからね。

隙間を埋めてやります
 隙間を埋めるようにボンドを流し込んだ後、へらでならして均一にしてやったら完成、この作業は上手いこと行きました♪
 ここで作業は一段落、ジオラマを丸一日乾燥させます。

草を植えてやります
 さて丸々一日乾燥させました、続いて今回行程ラストの草を植える作業に入ります。ジオラマにボンド水溶液を塗って、そこにコースターフを接着します。緑褐色を多めに貼り付け、明緑色のはアクセント程度に少な目に使用せよ、とのことでした。

こんな感じ
 こんな感じに仕上がりました、悪くないですね♪
 マニュアル通りに、ボンド水溶液を塗ってそこに単純にコースターフを置くだけでは上手くいかず、コースターフを少量つまんで指の間で揉むように転がして玉にして、それを押し付けるようにボンド水溶液を塗った岩の上に置いた後、ピンセットで整形すると綺麗な仕上がりとなりました。場合によってはボンド水溶液をその上から滴下しました。

全体像
 全体的な仕上がりの感じはこんな具合、岩周りの表現は結構それっぽくなったんじゃないかと自画自賛♪茶屋の周辺はちょいと寂しい印象ですね、この辺りはおいおい修正していくことになるでしょう。

プレゼント届いた♪
 応募者全員プレゼントのオリジナル車両が届きました、予想していたよりもずっとしっかりした造りの車両が届いて正直ビックリしました。ジオラマ完成まで大切に保管しておきましょうかね。

 ジオラマ完成はまだまだまだ先、ジオラマ進行ずんずん加速させますよっ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 模型、工作、玩具等 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |