FC2ブログ
takeさんが経験した不思議な体験と、上越パワースポットを巡るプチツーリング
2010-07-28 Wed 20:17
 takeさんはかつて一度だけ不思議な体験をしたことがあります。それは、東京の友達の家まで車で遊びに行った時の帰り道での出来事です。時間は夜の23時頃でしたでしょうか、高速道路を六日町インターで降りて、国道253号線を上越へと向かって車を走らせていました。

 道はすいており、夜の国道を70km/h程で快調に飛ばしていました。やがて道は大島区へ、儀明峠トンネルへと進入しました。

 参考に儀明峠トンネルの動画を貼っておきます。私の場合だと、動画とは逆方向に進行したことになりますね。
 片側一車線、けして作りは新しくない細長い直線のトンネルです。トンネルに進入した直後、それまで10年以上ハンドルを握っていますがそれまでそんなことを考えたことは一度もないのに、ふとある考えが頭に浮かびました。
 「今ここで路上に大きな落下物があったらオレ確実に死んじゃうよな…」
 刹那、その考えに頭の中が支配されてしまいパニック状態に。「オレ死んじゃうぞコワイコワイ」と、脂汗もだらだら、心臓ばくばく、突然のパニックに訳もわからずとりあえず速度を30km/h程度まで減速しました。
 それまで一度も体験したことのない突然の精神的大パニック状態で、一体こりゃどうなっているんだとびくびくしながら走っていると、ふと視界の彼方に黒いランドセル大の固まりが、なんと本当に路上落下物です!しかしその時こっちもパニック状態で身体ががちがちだったので何もできず30km/hの速度のまま落下物に突っ込み、落下物は幸いにも右前輪タイヤにクリーンヒットしてクルクルと回転しながらすっ飛んでいきました。

 トンネルを出て路肩に車を停め、車体を確認してみると幸いにもダメージは無し、落下物は上手いこと右前輪タイヤのみにヒットしたようです。
ここいらで停車しました
 当時、車を停めた場所はちょうど写真の場所辺りですね。儀明峠トンネルを大島側に出てすぐの場所です。
 車体の無事を確認した後、Uターンして落下物を確認してみると、錆びて落下したのでしょう車のマフラーでした。いくら車のマフラーとはいえ狭いトンネル内での出来事ですので、普通に70km/hの速度で突っ込んでいたら果たして無事だったかわかりません。

 今まで運転中に何度もパニック状態を経験していて、今回だけは不安が的中したとかなら当たり前の話ですが、実際には車を運転している最中にあんなパニック状態になったのは後にも先にもあれっきり、暗い夜道で不意の落下物のために場合によっては命に関わるような経験をしたのもあれっきりです。偶然というには無理のある確率であるように思いますが…。

 とにもかくにもこんな体験をしたものだから、takeさん特段の信仰を持っているわけではありませんが、この世界は目に見える物だけが全てではないだろうな、とは感じています。皆さんも「嫌な予感」みたいなものには素直に従っておいた方が無難だと私は思いますよ。私もこの出来事以来、その辺りは気をつけるようになりました(6/12Miracle Friday)。

 …さて、この話を会社の人に話してみたら、「確か儀明峠トンネルの上にはお不動さんか何かがあったはず、それが助けてくれたんじゃないか!?」との情報が。確かに、私に本当に予知能力があったら現在はもうちょっとマシな人生になっていたはずw しかし、自分なりに地図などで調べてみてもトンネル上にお不動さんなどの存在は見つけることができませんでした。
 探すのを諦めかけた頃、ふとネットで上記体験を書き込んで何方かお不動さんか何かの存在を知りませんかと聞いてみたところ、地元の方から「お薬師様がありますよ」とのお返事を詳細な情報と共に頂くことができました。
 もしかしたらこちらのお薬師様に命を助けてもらったのかもしれません、一言お礼を言いに行きましょうと昨年の秋に現地へ向かったのですが残念ながら冬囲いの後で、お薬師様は板で覆われておりきちんと対面することはできませんでした。

 なので昨日、お薬師様にきちんとご挨拶すべく、儀明峠旧道へと再び向かいました。
儀明峠トンネル
 とりあえずは儀明峠トンネルに到着しました、終日片側交互通行規制中とのこと。このトンネルっていっつも工事をやっているって印象だなぁ。

儀明峠旧道入口
 トンネルを儀明側に抜けてすぐの脇道が、旧道への入り口になります。

薬師堂看板
 お薬師堂の看板がありました。つつじ園?お助け井戸??そんなの昨年秋に来たときには気がつかなかったなぁ。

ここは右
 ちょっと進んだ先にある三叉路を右に折れます。

清水を発見
 途中で清水を発見、水量は少ないながらもとっても冷たくて美味しかったです。

薬師堂へと至る林道
 ヘアピンカーブの所で細い林道に入ります、お薬師堂へと至る道です。

細い道を進みます
 林道を進みます。細い道なので軽自動車かバイクじゃないと通れないでしょう。

ワラビがやたら目に付く
 道中、道の脇に生えているワラビがやたらに目につきました。ちょっと時期が遅くて伸びちゃってるのが多かったというのもあって、採取は控えました。そもそも、お薬師様の住む山の幸に手を出すのはどうにも気が引けます。

やっと到着!
 お、ようやくお薬師堂が見えてきました!

細い階段を上がって
 バイクを止めて、階段状の細い坂道を上がると…

到着!
儀明薬師堂全景
 到着しました!今回は冬囲いも外されていて、きちんとお薬師様とご対面が出来そうです。

脇の小さな祠
 ふと脇に目をやると、小さなお堂があります。

綺麗な石が祀られています
 お祀りしてあるのは綺麗な石でした、何の石なんだろう?

 続いて、いよいよお薬師堂へと向かいました。
儀明薬師様
 あの時はありがとうございましたと神妙に手を合わせました。やっときちんとお礼を言うことができて、takeさんようやく胸のつかえが取れたような気がしています。

儀明薬師伝承
儀明薬師伝承 posted by (C)take
 ふむ、儀明薬師様は米山薬師様と関係があるようですね。機会があったらそちらの方にも顔を出してみたいですが…米山薬師堂は米山の頂上にあるようです。米山登山せねばならんのか…ちょっと敷居が高いかもw

展望台
 お堂の隣には展望台があります。

絶景♪
 絶景♪

 たっぷりと絶景を堪能した後、さて帰りましょうかねとバイクに跨ったら…なんと鼻の穴に虫が飛び込んできおった!ゲフンゲフンと咳き込んでたら…なんと口から虫が出てきて手の上にw 鼻に飛び込んできた虫は小さなハエでした。汚い話ですが、羽根が鼻水で濡れて飛び立てないようで、手の上で歩き回っています。滅多にない機会ですので、Optio W90のデジタル顕微鏡モードで撮影してみました。

ハエをデジタル顕微鏡モードで
ハエをデジタル顕微鏡モードで posted by (C)take
 ん~ピントを合わせるのが難しい!何枚も撮影したけど、この写真が一番まともでした。ちょっとピントは甘いですが、珍しい写真を撮影することが出来ましたよ。この後ハエは飛び去ってゆきました。
 よく漫画とかでありがちなシチュエーションで、クジラに間違って飲み込まれて、潮吹きの穴からぴゅーと吹き出されて助かるってやつ。あれと似たような感じですもんね、さぞやびっくりしたろうなぁw

旧道を進んでみます
 旧道まで戻ってきました。このまま普通に帰っても面白くないので、旧道が何処まで続いているかを調査してみましょうか。

すぐに砂利道に
 ちょっと進んだら、砂利道になってしまいました。さらに進むと…

と思ったらすぐに雑草ボサボサに
 あらま、道は雑草で覆われてしまいます。引き返すかどうするか悩みましたが…

とりあえず進んでみます
 突入w

やっぱ無理w
 むぅぅ雑草がぼうぼうでさすがにムリ、ここで引き返すこととしました。根性ある人ならもっと奥まで行っちゃうんだろうけど…ヘタレですんませんw

 まだちょっと時間があるので、もう1カ所寄り道していくことにしました。
板山不動尊入り口
 近くにある「板山不動尊」にもお参りしていきましょうか。

JACK LAND
 上越の地域情報紙「月刊JACK LAND」最新号が「近所のパワースポット」特集で、こちら板山不動尊がパワースポットとして紹介されていました。考えてみると、儀明薬師堂も結構なパワースポットなのかもしれませんね。

不動尊内を流れる小川
 真ん中を小さな沢が流れています。周囲は鬱蒼としており、幻想的で良い雰囲気です。

ウワバミソウ大群生
 ふと横の斜面を見ると、なんと一面がウワバミソウです!物凄い巨大群生地ですよ。しかし、こういった神聖な場所ではやっぱり採取するのは躊躇しちゃいますね。

板山不動尊全景
 やがて、巨大洞窟が見えてまいりました。

板山不動尊
板山不動尊 posted by (C)take
 石仏がなんと二百数十体も奉られているんだそうな!

 洞窟内に入ってみると…
板山不動尊
 お不動様が奉られています。その背後には…
洞窟内
 ずらっと石仏が並べられています。その数は二百数十体にも及ぶとのこと!この並べられた石仏の数を数えると、その度に数が変わるっていう伝説があるらしいですね…試すなんて、そんなの怖くてとってもムリですけどねw

不動尊脇の滝
 洞窟の右手には小さな滝があります、中々の見応え。JACK LAND8月号の表紙を飾っているのがこの滝の写真ですね。

不動尊公園入口
 駐車場の奥に階段があるのを発見しました。どうやら上は公園になっているようですね、行ってみましょう。

不動尊公園
 …微妙w 荒れ放題ですな。

上沼道看板
 さらに帰り道、この春に一部が開放された上沼道に行ってみたら…なんと、125cc以下のバイクは通れないとのことで、俺のカブ90は進入禁止かい!こりゃやられましたよ。

上沼道
 指をくわえて見ているほかありません、次は自動車で来るしかないですな!

 そんなこんなで今回の旅はこれにておしまい!儀明薬師様のパワーが注入されたようで、takeさん一段とパワーアップしたような気がしておりますw お薬師様は山奥でいつも独りぼっちで寂しくしているかもしれません、これからもたまにはお参りに行こうかな♪
別窓 | 神社仏閣など | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |