刺身BAR 河岸頭 安くて旨い!築地にあります名店です♪@shop data
2016-01-04 Mon 07:18
 先日は築地市場を見学してきた記事をアップしましたが(当該記事)、今回はその日のランチに寄りましたお店「刺身BAR 河岸頭(カシガシラ)(店舗サイト)」を紹介します!
刺身BAR 河岸頭
刺身BAR 河岸頭 posted by (C)take

 刺身BAR 河岸頭(カシガシラ)(店舗サイト
 東京都中央区築地4-12-2 ライオンズマンション東銀座地下1階
 03-6383-4597
 営業時間 11:00~14:00/18:00~23:00
 定休日 日曜



 店舗はマンションの地下一階で、建物の入口にお店の看板が出ています。さらにすぐ隣も似たような店があるので、行列に並ぶ際は間違えぬよう注意が必要ですよ。
刺身BAR 河岸頭 建物入口付近の様子
刺身BAR 河岸頭 建物入口付近の様子 posted by (C)take

 店内の様子はこんな感じです。けして広くはありませんが、窮屈な雰囲気もそれはそれで悪くないですよね♪
刺身BAR 河岸頭 店内の様子
刺身BAR 河岸頭 店内の様子 posted by (C)take

 続いてメニューチェック、画像クリックしてフォト蔵のサイトに飛んで、さらに画像をクリックすると拡大等が可能ですよ。
 まずはランチメニュー、ここに載ってる写真付きのがお店的イチオシなのでしょう。
刺身BAR 河岸頭 ランチメニュー1
刺身BAR 河岸頭 ランチメニュー1 posted by (C)take

 む、追加トッピングが可能な丼メニューって斬新ですね!
刺身BAR 河岸頭 ランチメニュー2
刺身BAR 河岸頭 ランチメニュー2 posted by (C)take

 この「マグロづくし丼」がこちらのお店を紹介してくれた四平さんイチオシとのことで、二人ともこれを注文することとしました。ちなみにこちらのお店、先日の築地見学の記事で「築地一番のマグロ仲卸業者!」と紹介した「樋長(ヒチョウ)(公式サイト)」で仕入れたマグロを使用しているとのこと!なので食材の品質は折り紙付きという訳だ♪
刺身BAR 河岸頭 マグロづくし丼メニュー
刺身BAR 河岸頭 マグロづくし丼メニュー posted by (C)take

 こちらのお店はこの「築地場外丼」が名物のようですが、あえて次回以降のお楽しみという事でw
刺身BAR 河岸頭 築地場外丼メニュー
刺身BAR 河岸頭 築地場外丼メニュー posted by (C)take

 ってな訳で待つこと暫し、運ばれてきたのは…
刺身BAR 河岸頭 マグロづくし丼 アップ
刺身BAR 河岸頭 マグロづくし丼 アップ posted by (C)take
 大切りカットのマグロがたっぷりの贅沢な一杯でありました!

 引いた全体像はこんな感じ、味噌汁が付いてきますです。
刺身BAR 河岸頭 マグロづくし丼¥1500
刺身BAR 河岸頭 マグロづくし丼¥1500 posted by (C)take

 さて、この手の海鮮丼って食べ方に迷うことがありますよね。最も正式な食べ方は、小皿に醤油を注ぎ、切り身を外して醤油にディップして丼に戻し、ワサビを付けて食す、というやり方だそうです。けど少々面倒くさいですよね、なのでtakeさんは…
お醤油投入
 醤油を全体(漬けなど、醤油が不要なネタにはかけませんよ)に回しかけて…

 ワサビをのせて食すべし、脂がのっていて大変美味しゅうございましたよ!さらに程よい酸味など、いわゆる”マグロらしい”旨味が濃厚であるように感じました。これは食材の品質の良さ故なのでしょう、樋長のマグロはやっぱり一味違うのだ♪
ワサビをのせて

 ややっ、食べ進むと器の底からエビやイクラが顔を覗かせましたよ~これはこれは嬉しいサプライズ!
なんか出てきた!

 さらにモリモリ食べ進むべし、この漬けがコクのある味でこれまた旨かった♪一見した印象だと味がかなり濃そうですが、マグロ本来の旨味を際立たせる絶妙な味加減で大変美味しゅうございましたよ!
漬け旨し

 途中ガリで味覚をリセットしつつ食べ進むべし。
ガリでリセット

 断面図はこんな感じです。器の底には大きなエビとイクラ、さらにシラスがたっぷりと仕込まれていてなんとも得した気分なのだw
刺身BAR 河岸頭 マグロづくし丼 断面図
刺身BAR 河岸頭 マグロづくし丼 断面図 posted by (C)take

 さらにさらに食べ進むべし~これはマグロのぶつ切りを漬けにしたものですね、色んな味が楽しめてこれまた宜しい♪
ぶつ切り旨し

 サプライズのエビは予想以上のジャンボサイズ、満足の食べ応えでしたよ!
エビ旨し

 このネギトロがこれまた旨かった!マグロ本来の旨味が非常に濃厚だったのですよ、takeさんこれまで味わってきたものとはひと味もふた味も違った旨さでした♪
ネギトロ旨し

 ラストの一口には漬けを残しました、見事な江戸前の仕事が施されていて最も印象に残る旨さでした。
ラスト一口

 最後はお味噌汁をじっくりと味わって、大満足で店を後にしたのであります。
刺身BAR 河岸頭 マグロづくし丼 味噌汁
刺身BAR 河岸頭 マグロづくし丼 味噌汁 posted by (C)take

 このクオリティでお値段¥1500って、かなりお得だと思いますよ。上越地区だったら、この価格ではまず食べることが出来ないと思います。築地旅行のランチはこちらのお店で決まりであります、皆さんも是非とも一度お立ち寄り下さいませ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | 首都圏のグルメ | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
小田保 築地にあります各種フライが激旨のお店!@shop data
2016-01-03 Sun 07:18
 先日は築地市場を見学してきたのですが(当該記事)、その日の朝食に寄りましたお店がこちら「小田保(店舗サイト)」であります!
小田保
小田保 posted by (C)take

 小田保(店舗サイト
 東京都中央区築地5-2-1 築地市場 6号館
 03-3541-9819
 営業時間 4:00~13:00
 定休日 日曜日、祝日、休市日



 店内非常に混雑しており、ちゃんとしたメニュー写真を撮影することが出来ず申し訳ありませんです。メニューには各種フライの他に、ポークソテーなど洋食系のメニューがずっりと並んでおりました。
小田保 メニュー
小田保 メニュー posted by (C)take

 こちらは釣りキチ四平さんが注文したカツカレーであります、カツが非常に厚くてなんとも旨そうね!
小田保 カツカレー¥1250
小田保 カツカレー¥1250 posted by (C)take

 こちらは四平さんの勧めで響さんが注文した「カキミックス定食(10~4月まで)」であります、写真だと解りづらいかもですが牡蠣の大きさが半端なくってぶったまげですよ!ちなみに牡蠣のフライとバターソテーが合い盛りされております。
小田保 カキミックス定食(10~4月まで)(おかずのみ)
小田保 カキミックス定食(10~4月まで)(おかずのみ) posted by (C)take

 takeさんもそれぞれ味見させてもらっちゃいましたw まずは牡蠣フライ、見事なボリュームであります!
小田保 カキミックス定食(10~4月まで) カキフライアップ
小田保 カキミックス定食(10~4月まで) カキフライアップ posted by (C)take

 早速かぶりついてみると、牡蠣の身がプリっとしっかり歯応え&大変ジューシーな食味で強烈な旨さでした!身自体の旨味が非常に濃厚なので、ソース無しでもバッチリ美味しく頂けましたよ~ってかむしろソースの味は邪魔かもしれんねw
カキフライ旨し

 こちらは牡蠣のバターソテーなのですが、こちらはさらに輪をかけて粒が大きくてぶったまげですわ!
バターソテー旨し

 ご飯茶碗にのせるとこんな感じです、とてつもないサイズ感がしっかりと伝わっておりますでしょうか!?フライとソテーはそれぞれ3つずつあったのですが、一番大きなソテーはこれよりも2回りはでっかかったです!味の方ももちろんクリーミーで強烈に旨かった♪
小田保 カキミックス定食(10~4月まで) カキのバターソテーアップ
小田保 カキミックス定食(10~4月まで) カキのバターソテーアップ posted by (C)take

 一方のtakeさんは基本の味を確認すべしという事で、様々なフライがセットになった「エビフライ・帆立フライ・アジフライ定食 ライス・みそ汁付き」を頼みました。
小田保 エビ・帆立・アジ ライス みそ汁¥1500
小田保 エビ・帆立・アジ ライス みそ汁¥1500 posted by (C)take

 左から順に帆立フライ、アジフライ、エビフライであります、どれも香ばしい揚げ色でこれまた旨そう♪
小田保 エビ・帆立・アジ ライス みそ汁 アップ
小田保 エビ・帆立・アジ ライス みそ汁 アップ posted by (C)take

 まずはエビフライを頂きます!衣はガリッと香ばしく、身はプリプリの歯応え&海老本来の甘味が大変豊かでこちらも大変美味しゅうございました♪
エビフライ旨し

 お次はアジフライを頂きます~こちらは非常に身厚&ふっくら歯応え、さらにこちらもアジ独特の旨味が大変濃厚でこれまた旨かった!きっと使っている材料が上質なんだと思います、これ程までに旨味の濃いアジフライは初体験でありましたよ。
アジフライ旨し

 帆立フライは火が通り過ぎてない絶妙な火加減で、微妙に生感の残ったジューシー食感でこれまた旨かったw
ホタテフライ旨し

 ソースを付けてご飯と一緒に掻っ込むべし、至福のひとときなのである♪
ご飯も旨し

 副菜としてキャベツの千切りと味噌汁、さらに味変用のレモンが付いてました。
小田保 エビ・帆立・アジ ライス みそ汁 副菜の様子
小田保 エビ・帆立・アジ ライス みそ汁 副菜の様子 posted by (C)take

 後半はソース&タルタルソースのダブルで食べてみるべし、ヘビーな味わいでこれまた旨し♪
ソースタルタル旨し

 ラストはレモンでさっぱりと締めて、大満足で店を後にしたのであります。
レモン旨し

 いやそれにしても牡蠣のでっかさが印象的でした、あんなにでっかい牡蠣がこの世に存在するなんてtakeさん思いもよりませんでしたよ。上越地区では見た事も聞いたこともないサイズであります、もしかしたらあんなスペシャル牡蠣は全て築地へ行ってしまって、上越みたいな田舎町には回ってこない…とか!?何れにしましても、築地へ行ったらここんちの牡蠣は必食のスペシャルメニューでありますよ~牡蠣系メニューは10~4月までの期間限定、さぁさ今こそ築地へと旅立つベしっ!!

 また今回来店時の四平さんブログ記事はこちら(リンク)であります、是非とも併せてお読み下さい♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | 首都圏のグルメ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
築地市場を見学してきました、規模のでかさにビックリよ!
2016-01-02 Sat 10:18
 先日は響さんと一緒に東京の中央区にあります「築地市場(参考wiki)」を見学しに行ってきました!築地にある「東京都中央卸売市場(通称:場内)」は今年の11月に豊洲に移転してしまうので(参考情報: 豊洲新市場建設について)、その前に現在の築地市場をこの目で見ておきたかったのですよ。
築地駅にて

 当サイトのリンクにありますブログ「大食い茶屋(リンク)」管理人の釣りキチ四平さんは”超”のつく築地マニアで、今回は築地の場内から場外まであちこち案内して下さいました~この度は大変お世話になりました!
四平さん

 っとその前にまずは腹ごしらえw 築地には沢山の飲食店がありますが、現在では観光地と化してしまったのでお店の当たり外れが物凄いのだそうです。しかしこの日は四平さんがいるから心配ご無用、「小田保(店舗サイト)」というお店に案内して下さいました。
小田保
小田保 posted by (C)take

 フライの定食を食べてきたのですが、とてつもなく旨かったです!中でも下の写真の牡蠣、粒がとんでもなくでっかくて大いにたまげました!!あんなに凄いのは上越地区では流通してないんじゃないかなぁ、詳しくは後にグルメ枠の別記事で詳しく紹介しますね。
小田保 カキミックス定食(10~4月まで)(おかずのみ)
小田保 カキミックス定食(10~4月まで)(おかずのみ) posted by (C)take

 しっかり腹を満たした後は、まずは場内にある青果部門の仲卸店舗を見学してきました。小さな店舗が何店舗もズラリと並んでおり、なんとも活気のある雰囲気でしたよ!
築地市場 青果 仲卸店舗の様子
築地市場 青果 仲卸店舗の様子 posted by (C)take
色々売ってる

 世界最大級の柑橘類とのこと、この他にも上越ではまずお目にかかれそうもない珍しい果物が沢山並んでおりました。
巨大柑橘類!

 こちらのお店ではワサビが大量に売られてました、それぞれのお店で得意分野があるんですね。
わさび屋さん

 これは…キロあたり¥26000っすか!四平さんによると、ミシュランガイドに載るようなお寿司屋さんはこういった最高級のものを使用しているのだそうです。一食で何万円という価格設定もこういった材料を使っているからこそで、無闇に高いという訳ではないんですね。
最高級ワサビ

 続いて青果のセリ場に向かいました、大量の青果が山積みされております!
築地市場 青果 セリ場付近
築地市場 青果 セリ場付近 posted by (C)take

 これは最高級のメロンであります。一番右上の箱には「1」と書かれた札が入れてあり、左下へ向かうにつれて番号が下がっています。これはメロンの品質を示しており、右上のが最高クラスの「一番札」という訳ですね。このクラスだと1つで一万円以上するそうですよ!
メロン競り場

 続いては鮮魚部門へ、まずはセリ場へと向かいました。建物が左へと曲がっているのが解りますか!?
築地市場 鮮魚 セリ場付近
築地市場 鮮魚 セリ場付近 posted by (C)take

 すぐ右を見てみると段差があって、外側が一段低くなっています。これは建物が以前は「国鉄東京市場駅(参考wiki)」だった頃の名残で、かつてはここで鮮魚を直接貨物列車に積み込んでいたのだそうです。しかし流通の担い手が貨物列車からトラックへと徐々に移行するとともに、駅は廃止されてしまいました。
築地市場 鮮魚 セリ場付近 段差の様子
築地市場 鮮魚 セリ場付近 段差の様子 posted by (C)take

 takeさん達が訪れた時にはすでにセリも終わっていて品物がほとんど無かったのですが、巨大な生マグロなど珍しいものをいくつか見ることが出来ましたよ♪
生マグロ

 ここでは活魚がズラリと並んでました、これらはもう買い手が決まっているのかな!?
築地市場 活魚コーナー
築地市場 活魚コーナー posted by (C)take

 これは真鯛ですね、魚を落ち着かせる&省スペースの為にケースは細かく仕切られていました。
真鯛活魚

 うおぉ「イシダイ(参考wiki)」だ、海釣り師には憧れの魚ですね!生きた状態を生で見るのはtakeさん初めてかもしれんw
イシダイ活魚

 続いて四平さん、立体駐車場の屋上に案内してくれたのですがここからの眺めが素晴らしかったです!
築地市場
築地市場 posted by (C)take

 中央にぼんやりと写っているのは富士山です、築地からまさか見えるなんて思いもよりませんでしたよ。
富士山だ!

 続いては鮮魚部門の仲卸のお店を案内してもらいました。
築地市場 鮮魚 仲卸店舗の様子
築地市場 鮮魚 仲卸店舗の様子 posted by (C)take

 これはアジですね、見るからに鮮度がよさそう♪「神経取済」と書かれた札が入っていますが、これはこの魚が「神経締め(参考情報)」されていることを示しています。神経を抜き取る特殊な活け締め処理を施されており、鮮度がより長く保たれるのだそうです♪
アジ

 こちらも神経締めされてますね、高級魚に更なる付加価値を与えることが出来るのですな。
真鯛

 四平「takeさん、この魚はなんだか解りますか?」
 take「スズキでしょ、これくらいは知ってますぜ!w」
 四平「違うんです、これは「ヒラスズキ(詳細情報)」といって荒磯などに居着く魚なんです。普通のスズキのように河口付近など淡水を含む領域に行かないので身に臭みがなく、とても高級な魚なんですよ!」
ヒラスズキ
 この他にも様々なことを教えて頂きました、本当に四平さんは博学でいらっしゃる!

 これは超レア入荷「オオグソクムシ(参考wiki)」であります、目つきがなんともキリッとしておるねw
築地市場 オオグソクムシ
築地市場 オオグソクムシ posted by (C)take

 こちらのお店ではなんと、ウナギを捌いて串に刺した状態のものが多数売られてました!一体どんなお店が仕入れるのでしょうか、なんとも興味深いですな。
捌いた鰻屋さん

 こちらが今回の仲卸巡りのクライマックス、築地で一番のマグロ仲卸業者「樋長(ヒチョウ)(公式サイト)」であります!その日一番の上質なマグロはまず間違いなくこちらの仲卸が競り落としているとのことで、ミシュラン級のお寿司屋さんなどは多くがここでマグロを仕入れるのだそうですよ!
築地市場 樋長
築地市場 樋長 posted by (C)take

 一番左奥にあるのがこの日最上級のマグロで、あの一塊でサラリーマンの給料2ヶ月分位のお値段するんだそうですw
築地市場 樋長 売り場の様子
築地市場 樋長 売り場の様子 posted by (C)take

 巨大な生マグロもありました、艶やかで見るからに旨そうですな!
巨大生マグロ

 っと、四平さん何やら売買交渉を始めましたぞ(別の仲卸です)。
交渉中

 ってな具合でマグロ買っちゃったし!w 四平さんは毎週築地を訪れてマグロを購入し、熟成が進むことによって味が日々どの様に変化するのかなど研究しておられるのだそうです。
買っちゃった!

 四平さんはマグロの他にも色々と購入されてました。このワカメはtakeさん一口味見させてもらったんだけど、素晴らしい歯応えで強烈に旨かったです!…ってか、築地市場で晩ご飯のおかずを日常的に仕入れてる一般人って、きっと四平さんくらいしか存在しないだろなぁw
激旨わかめ

 続いては「築地場外市場(公式サイト)」を案内してもらいました、こちらは一般の観光客も多く大変賑わっていましたよ!
築地場外市場
築地場外市場 posted by (C)take

 おぉ、こちらはテリー伊藤さんのご実家である玉子焼の専門店「丸武(店舗サイト)」ですね、いつかいっぺん来てみたかったんだ♪
丸武

 ややっ、新潟市にある「新潟中央水産市場(公式サイト)」の名を冠したお店を発見!築地にもお店を出してたんですね、ちこっと驚きましたw
新潟中央水産市場

 包丁の専門店もありました、東京のプロを相手に商売しているので見事な品揃えでしたよ!四平さんもこちらのお店で自分の包丁を購入されたとのこと、takeさんもいずれはマイ包丁をゲットして料理を趣味の1つに加えてやるのだ…ムフー!
包丁専門店

 この日のランチは、築地場外にあります「刺身BAR 河岸頭(店舗サイト)」に行ってきました。
刺身BAR 河岸頭
刺身BAR 河岸頭 posted by (C)take

 こちらも四平さんイチオシのお店で、マグロ丼を食べてきたのですがこれがまた別格の旨さでした!先程紹介した築地一番のマグロ仲卸「樋長」で仕入れたマグロを使っているのだそうです、こちらについても詳細は後日グルメ枠の別記事にてきっちり紹介します!
刺身BAR 河岸頭 マグロづくし丼 アップ
刺身BAR 河岸頭 マグロづくし丼 アップ posted by (C)take

 四平さんとはここで別れ、最後に秋葉原などぶらりと眺めた後に上越へと帰ってきました。
秋葉原駅

 くおぉ牛丼の「サンボ(参考wiki)」、takeさん学生時代の思い出の店だ♪よっぽど牛丼一杯食べていこうかと思ったけど、腹が超一杯だったので泣く泣く我慢したのでありますw
サンボ

 この日は四平さんから食に関する様々なことを教わったのですが、特に「食の安全」について多く学ばせて頂きました。私達が普段何気なく口にしている食べ物は、実は食品添加物が大量に使用されているなどけして安全とは言えない食材が非常に多いのです。さらに旨味調味料の蔓延など、今の人は”真に美味しい食べ物の味”を知らないのではないでしょうか。四平さんは毎週築地に通い、真に旨い食べ物について日々研究されております。takeさんも築地に通うことは出来ませんが、上越は海の幸や山の幸など自然の恵みを自給することが可能なのであります!takeさんもこれまでは単に山菜などを採って食べるだけだったけど、これからは自分で調理や保存処理を行うなど、より深く突っ込んだ活動をしてみようかなと最近は考えるようになりました。今年のtakeさんブログのアウトドア系記事は、内容がこれまでよりも専門的になる…かも!?w

 四平さん今回は大変お世話になりました、また次回もお世話になっちゃうかもですw 今回の築地でのお買い物を紹介している四平さんブログ記事はこちら「築地でお買い物♪その142「こみつ&アテモヤ&山葵&本鮪&もずく&若布」 (リンク)」であります、是非とも併せてお読み下さい!今回仕入れたマグロ、四平さんの手によってとっても美味しそうに調理された様子も紹介されてますよ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | 首都圏のグルメ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |