マイサイズ おいしいパスタ ペンネタイプ レンジでチンするだけで美味しいパスタが食べられる!
2017-08-17 Thu 07:18
 先日ドンキにて、なんとも興味深い商品を発見致しましたです。「大塚食品(公式サイト)」より発売されております「150kcalマイサイズ おいしいパスタ ペンネタイプ(商品情報)」なる商品で、レンジでチンするだけで美味しいパスタが出来上がるのだそうな!レンジでチンするだけで食べられるご飯は既に以前から売られてましたが、パスタはこれまで目にしたことがなかったので「これは革命ぞ!」と即行お買い上げした次第w (以下の写真は全てクリックで拡大可)


 トレーはそれなりの深さがあり、そのままお皿として使えるのがこれまたお手軽で嬉しいのだw また賞味期限がガッツリと長いのも嬉しいですね。
R0017214.jpg

 端っこをちょっとだけ開けて…
R0017230.jpg

 レンジアップするだけで、あっという間にショートパスタのペンネが完成なり!
R0017247.jpg

 まずはそのままで味をみてみると、それなりにムチムチ感のある歯応えで、なかなか美味しゅうございましたよ。
R0017251.jpg

 そしてこのパスタには、専用のソースも併せて販売されております!今回は「100kcalマイサイズ ミートソース(商品情報)」をお買い上げました。
R0067216.jpg
R0067220.jpg

 中身の様子はこんな感じになっております。
R0067230.jpg

 この商品も簡単に調理できるのがポイントで、下の写真のように箱に入れたままの状態でレンジアップするだけで食べられますのだ!ちなみに湯煎でもOKですよ。
R0067233.jpg

 レンジアップ後のソースをパスタにかけるだけで、超簡単にミートソースペンネの出来上がり♪
R0067263.jpg

 まずはミートソースのみで頂くべし、甘味がやや強め&程良い酸味もあってなかなか美味しゅうございましたよ。挽肉の量は少なめだったけど、しっかり歯応えで良いアクセントになってました。
R0067265.jpg

 次いでパスタにソースを絡めて頂くべし。溝の刻まれたペンネはソースの絡みも良好で、バッチリ美味しく頂けましたよ!ただしボリューム的には若干軽めと感じました。このパスタはカロリーたったの150kcalしかありませんからね、量については期待しない方が無難かもですw ソースについてもカロリーたったの100kcal、両方合わせてもたったの250kcal♪
R0067271.jpg

 さらに今回はこの商品の専用ではない、一般のソースとの相性も確認してみましたです。「日清フーズ(公式サイト)」より発売されております「青の洞窟PREMIUM 魚介のトマトクリーム(ブランドサイト)」を比較対象として購入してみました。
R0067277.jpg
R0067281.jpg

 中身の様子はこんな感じ、「オマール海老ソース」の小袋がついてました。
R0067284.jpg
R0067286.jpg

 ソースをちゃちゃっと湯煎してパスタにかけてやりますれば「魚介のトマトクリームペンネ」こちらもあっという間に大完成なり!…レンジだけの調理の方がやっぱり簡単で良いかもだw
R0067293.jpg

 まずはベースのトマトクリームソースのみで頂くべし。この段階でも既に魚介の旨味どっしりで、トマトの酸味も程良く効いて、これはこれは抜群美味しゅうございましたよ!
R0067299.jpg

 次いでオマール海老ソースと一緒に食べてみると、こちらは結構しょっぱいな。海老の旨味がガツン濃厚、コクも豊かでこれまた旨し♪
R0067304.jpg

 続きましては、パッケージの「作り方」に書かれているように全体をしっかりと混ぜて食べてみると…およよよよ、これまたしょっぱい、結構しょっぱいw パスタの量が少なすぎるのかな、味のバランスが盛大に崩れてしまったぁwww
R0067307.jpg

 この段階で、トマトソース内に結構な量の海鮮具材が使用されているのに気がつきました。トマトソース自体は旨味濃厚具沢山でバッチリ美味しかったんだけど、いかんせん海老ソースの味が勝ちすぎてしまっているなぁ。
R0067312.jpg

 最後もソースが多めに残ってしまいました。このパスタにはやっぱり専用ソースを組み合わせた方が、味のバランス的には無難みたいですね。
R0067316.jpg

 専用ソース以外の市販ソースで、実はこれ以外にもチーズ系の商品も試してみたのですが、こちらについてはもっともっとしょっぱすぎて味が完全崩壊してしまい、記事はボツになってしまいました。量が多すぎても味のバランスが悪くならないソースを選べば良いのかもですが、やっぱり専用のソースを組み合わせるのが無難でしょう。カロリー控え目で調理も超簡単、小腹の空いた時などにオススメですよ~皆さんも是非とも1度お試しあれ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | レトルト、冷凍食品等 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
アマノフーズ フリーズドライ 中華丼&いつものおみそ汁 あおさ
2017-08-08 Tue 08:18
 takeさん最近フリーズドライグルメにハマっておりますw 今回紹介しますのは、「アマノフーズ(公式サイト)」より発売されておりますフリーズドライの丼飯具材「小さめどんぶり 中華丼(商品情報)」であります。


 調理方法は、中身を容器に入れて熱湯を80ml注ぎ、30秒程かき混ぜるだけの超お手軽簡単調理♪
R0066798.jpg

 中身の様子はこんな感じ、カサカサの立方体でございます。
R0066804.jpg

 横から見るとこんな感じ、結構な厚さがあります。
R0066810.jpg

 裏側に海老様がいらっしゃいましたぞw
R0066814.jpg

 丼飯だけでは寂しいので、フリーズドライのお味噌汁「いつものおみそ汁 あおさ(商品情報)」も同時購入しました。
R0066820.jpg

 こちらについても調理方法は、中身をお椀に入れて熱湯を160ml注ぎ入れ、かき混ぜるだけの楽ちん仕様w
R0066823.jpg

 中身の様子はこんな感じです、緑色をしたのが「あおさ」でしょう。茶色いのは原料表によると「もずく」と思われます。
R0066827.jpg
R0066831.jpg
R0066835.jpg

 まずはお味噌汁の方から調理を開始すべし、お椀に入れて熱湯を160ml注ぎ入れ…
R0066840.jpg

 ざざっとかき混ぜるだけであっという間に完成なり!
R0066845.jpg

 お次は中華丼であります、こちらも熱湯を80ml注ぎ入れ…
R0066848.jpg

 軽くかき混ぜたらこんな感じになりました、汁にはちゃんととろみが出ましたよ。
R0066854.jpg

 ご飯茶碗にメシを盛り付けて、その上にのせてやりますれば「小さめどんぶり 中華丼」これにて大完成!
R0066859.jpg

 お味噌汁と並べて1枚、中華丼定食なのだw
R0066863.jpg

 まずは中華丼の具材を頂くべし、お野菜ザクザク歯応えでなかなか美味しゅうございましたよ!
R0066866.jpg

 お次はご飯と一緒に頂くべし、味付けは塩気がやや強めでしょうか。けどこれくらい味が濃い方が、メシが進んで良いかもしれぬw
R0066871.jpg

 断面図はこんな感じ、中華丼なので汁気はやや多めでしょうか。
R0066873.jpg

 お味噌汁はこんな感じです。あおさについては見た目や食感は本物ソックリだったけど、風味はちょっと弱かったかもですね。
R0066875.jpg

 海老についてはミッチリ歯応え、こちらはなかなかの旨さでしたぞ♪
R0066880.jpg

 お湯をかけるだけであっという間に1品出来上がり、なんとも便利な時代になったものです。賞味期限も結構長いですし、常備しておくといざという時に役立ってくれるかもですよ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | レトルト、冷凍食品等 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
アマノフーズ フリーズドライ 親子丼&いつものおみそ汁 とうふ お湯をかけるだけの簡単調理♪
2017-07-30 Sun 08:18
 先日は当ブログにて、「アマノフーズ(公式サイト)」によるフリーズドライのお惣菜「チキンカツの玉子とじ(当該記事)」を紹介しましたが、フリーズドライの食品であるとはとても思えぬ素晴らしい出来映えで、本当に驚きました。

 あれ以来takeさんフリーズドライの食品にすっかりハマってしまい、今度は「小さめどんぶり 親子丼(商品情報)」をお買い上げちゃいましたw (以下の写真は全てクリックで拡大可)


 調理方法は今回もメッチャ簡単!中身を容器に入れて熱湯を100ml注ぎ入れ、30秒程かき混ぜればあっという間に出来上がりw
R0066675.jpg

 中身の様子はこんな感じ、カサカサの黄色い立方体であります。ほんのり立ち上る香りは確かに、親子丼っぽかったですね。
R0066691.jpg

 横から見るとこんな感じ、結構な厚みがあります。
R0066694.jpg

 裏側はこんな感じ、白く見えているのは恐らく鶏肉でしょう。
R0066701.jpg

 丼飯だけじゃつまらないという事で、今回は同じくアマノフーズのフリーズドライお味噌汁「いつものおみそ汁 とうふ(商品情報)」も同時購入しました。
R0066705.jpg

 こちらについても調理方法は超簡単♪中身をお椀に入れて、熱湯を160ml注ぎ入れるだけで完成ですってw
R0066711.jpg

 中身の様子はこんな感じ、こちらも黄色いカッサカサの立方体です。
R0066715.jpg

 同じく厚みも結構ありますね。
R0066719.jpg

 裏側はこんな感じ、白く見えているのはお豆腐かしらん。
R0066722.jpg

 まずはお味噌汁の方から調理すべし、お椀に入れて熱湯を注ぎ入れ…
R0066727.jpg

 軽くかき混ぜただけであっという間にお味噌汁が完成しました、相も変わらず魔法のようであるね!
R0066731.jpg

 親子丼につきましても、やや深めの容器に入れて熱湯を注ぎ入れてやりますれば…うおぉ黄色い立方体が、みるみるうちに溶けていくぞい!
R0066737.jpg

 そんなこんなで、トロトロ卵の親子丼の具があっという間に出来上がりました!これがほんの数十秒前まではカッサカサの黄色い立方体だったなんて、ちょっと信じられませんよね。
R0066743.jpg

 ご飯の上に盛り付けてやりますれば、親子丼の完成なり!ちなみに器の大きさは茶碗サイズですよ。
R0066746.jpg

 お味噌汁と並べてみました、親子丼定食であるw
R0066752.jpg

 まずは鶏肉を1つリフトアップ、ぱっと見の印象は全く普通の鶏のササミって感じですね。実際の食味についても全く普通の鶏肉って感じ、これまた旨しw
R0066763.jpg

 卵は見た目の印象通りのトロトロで、味付けは出汁の旨味がしっかりと効かせてあって大変美味しゅうございましたよ!
R0066767.jpg

 ご飯との相性ももちろん抜群、熱々美味しゅうございますw
R0066770.jpg

 断面図はこんな感じ、汁気はやや多めの印象の仕上がりになりました。
R0066780.jpg

 お味噌汁につきましても全く違和感なし。お豆腐は確かにお豆腐だし、ワカメもしっかりワカメでしたw
R0066788.jpg

 takeさん的最近流行りのフリーズドライグルメ、今回もバッチリ美味しかったですよ!家庭料理で一品増やしたいなって時はもちろん、アウトドア活動の時なんかにも重宝するかもしれませんね。お湯を注ぐだけで親子丼の具材があっという間に出来上がります、皆さんも是非とも1度お試しあれ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | レトルト、冷凍食品等 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
無印良品 素材を生かしたカレー グリーン GREEN CURRY ファミリーマートにて販売中♪
2017-07-08 Sat 11:18
 以前に当ブログにて、「無印良品(公式サイト)」より発売されておりますレトルトカレー「素材を生かしたカレー グリーン GREEN CURRY(当該記事)」を紹介しました。この商品は非常に完成度が高く、2013年7月に放送されたテレビ朝日『全て当てるまで帰れま10~「無印良品」編(詳細情報)』で2位を獲得した事もあるんですよ!しかしブログ記事を書いた当時は無印良品の商品を扱うお店が上越になく、簡単に入手することが出来ませんでした。それがですね…(以下の写真は全てクリックで拡大可)

 昨年オープンしました「ファミリーマート上越南新町店」にて、無印良品の商品が販売されておるのですよ!扱う商品点数はそんなに多くはないのですが、売れ筋である「素材を生かしたカレー グリーン」はもちろんちゃんと売られておりました♪

 という訳で早速ゲットしてきましたですっ!
R0063236.jpg
R0063245.jpg

 気持ち長めに湯煎してやりまして、熱々出来上がりましたぞw
R0063255.jpg

 まずはルーをさじですくいました、サラサラのスープカレーであります。早速一口頂いてみますれば、結構な辛さでなんとも刺激的な味わい!ちなみに本来のグリーンカレーは「辛味・酸味・甘味」の全てが際立っており、日本人にとってはかなりクセの強い味なのですが、この商品は甘味をグッと抑え、さらに酸味も程良く抑えてあり、絶妙なジャパンアレンジが施されているので日本人でもバッチリ美味しく頂けるのだ!もちろんココナッツミルクの甘味も程良く効かせてあり、タイ料理らしさもちゃんと感じることが出来ますのでご安心を♪
R0063268.jpg

 さらにこの商品は、思いの外に具沢山なのがこれまた嬉しいのだw
R0063280.jpg

 これはふくろたけですね、takeさん的にはグリーンカレーを代表する具材であります。プリプリ歯応えで旨かったですよ!
R0063283.jpg

 鶏肉が使用されているのもグリーンカレーの特徴ですね、脂身がなくさっぱり旨し♪
R0063286.jpg

 細長くカットされたタケノコも欠かせぬ具材であります、ザックリ歯応えで良いアクセントとなってくれますのだ。
R0063290.jpg

 これは「こぶみかんの葉」でいいのかな、パッケージ裏には「刺激が強いため、取り除いてからお召し上がりください」って書かれてたけど、もったいないから食べちゃったw
R0063294.jpg

 ここでようやっとご飯をディップ。本当であればタイ米などサラサラした長粒種のお米が合うと思うんだけど、ジャポニカ米でもバッチリ美味しく頂けまっせ!
R0063298.jpg

 またこんな感じに米粒をバラした方が、ベタつきのある単粒種でもサラッと美味しく頂けると思います。
R0063302.jpg

 こんな感じでサラサラっと、けど結構な辛さなので啜る時はむせないよう要注意だw
R0063304.jpg

 前は長野とかに遠征しないと無印の商品が買えませんでしたが、ファミマが出来たおかげで上越でも無印の商品を購入することが出来るようになってくれましたです。今回紹介したグリーンカレーは本当に絶品ですよ~皆さんも是非とも1度お試しあれ、ただし結構な辛さなので覚悟してねw



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | レトルト、冷凍食品等 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
アマノフーズ チキンカツの玉子とじ フリーズドライの技術はここまで来た!
2017-07-04 Tue 09:18
 ここ最近、ネットでは「アマノフーズ(公式サイト)」より発売されておりますフリーズドライのお惣菜「チキンカツの玉子とじ(商品情報)」の完成度がとんでもないと、大きく話題になっております!(参考情報1:2chコピペ保存道場「最近のフリーズドライって凄いな(´・ω・`)」)(参考情報2:アマノ食堂「【第15回】30秒で「チキンカツの玉子とじ」 この完成度はマジやばい、マジでやばい」)これは試してみるしかないでしょって事で、即行ネットでお取り寄せしてみました!!(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 120mlの熱湯を注ぎ、約30秒待って軽く箸でほぐすだけで「チキンカツの玉子とじ」が出来上がるんですって、ホンマかいなw
R0066518.jpg

 袋の中からは、四角くて黄色い立方体が姿を現しましたです。これが「チキンカツの玉子とじ」に姿を変えるだなんて、にわかには信じられませんな。
R0066529.jpg

 横から見るとこんな感じ、結構な厚さがあります。また鼻を近づけると、確かに煮カツっぽい香りがしますわw
R0066533.jpg

 裏側はこんな感じ、うっすら茶色く見えるのがチキンカツでしょう。
R0066536.jpg

 中身をお皿に移してやりまして…
R0066542.jpg

 熱湯を注いでやりますれば…
R0066543.jpg

 ややややっ、水分を含んだ部分がみるみるうちに溶けて玉子っぽく変化していきます!
R0066544.jpg

 そんなこんなで特に箸でほぐす必要も無く、熱湯を注ぎ入れただけで玉子プルプルトロトロの「チキンカツの玉子とじ」完成しちゃいました~これは凄い!
R0066551.jpg

 引いた全体像はこんな感じです。ボリューム的には、ご飯の上にのせて食べるなら丁度茶碗1杯分程度でしょうか。
R0066552.jpg

 まずはチキンカツを1つ引っ張り出してみました。見た感じの印象だと、衣は完全に汁気を吸ってしまっている様ですね。
R0066561.jpg

 断面の様子はこんな感じ、お肉の厚さは標準的な印象です。
R0066567.jpg

 さぁいよいよ食ってみっか、そのお味は…うおぉぉ普通に旨いw まず驚いたのが衣の食感、部分的ではありますがサクサクした歯応えを残しておったのです!ぱっと見の印象だと完全にふやけているように思えたので、これには本当に驚きました。肉は程良い歯応えで、こちらも充分に本物っぽさを感じさせます。…なにしろ「フリーズドライのカツ丼の具」なんて商品はこの他に存在しないので(レトルトは存在しますが、未食)、比較対象がリアル本物しか存在しないというのがある意味厳しい部分ではあるですが、この商品については「期限切れ間近のコンビニカツ丼より確実に美味」な旨さでした!
R0066572.jpg

 玉子は見たまんまのトロットロ、違和感ゼロで驚きの旨さ♪味付けはしょっぱさと甘さが程良くバランスしており、誰でも美味しく頂けるでしょう。…これがついさっきまではカッサカサの立方体だったなんて、ちょっと信じられませんぞいw
R0066574.jpg

 煮カツはやっぱり on the ライスで食べるのがベストだよね!
R0066580.jpg

 120mlの熱湯のせいでシャビシャビになるかと思いきや実際は全く問題無くて、普通のチキンカツ丼感覚でバッチリ美味しく頂けましたよ♪
R0066584.jpg

 そうそう、チキンカツは全部で4切れ入っておりました。
R0066587.jpg

 なこんなで完食です~いや旨かった!
R0066589.jpg

 あんなカサカサの立方体がお湯をかけるだけで煮カツになってしまうだなんて、なんとも凄い時代になったものであります。「未来の食べ物は全てこれに置き換わってしまうのではなかろうか…!?」なんて思ってしまうくらいに、見事な完成度でありましたよ。食卓で黙って出されたら、この料理がまさかフリーズドライだとは誰も気がつかないんじゃないかなw

 この商品は一般市場ではあまり流通していないようで、メーカー公式サイトの売り場(リンク)などでしか購入できないようです。一時はアマゾンでも売られていたのですが、takeさんが購入した直後あっという間に売り切れとなってしまいました。近未来を感じさせる、とんでもない逸品ですよ~皆さんもこの機会に是非とも購入してみてくだされ♪しかもこの商品は数量限定らしいです、気になる人は急ぎネットでポチるのだ!…と思ったら、この記事をアップする時に確認してみたら、メーカー公式サイトの売り場でも”売り切れ”になってました残念!この商品は、1年ほど前にも売られていた時期があったようなので、きっとまた再販されると思います。その時はまた記事にしますね、今度は売り切れになる前に大急ぎでw またアマノフーズによるその他の商品も、きっと優れたものが多く存在すると思います~また別の商品を購入したら、ブログでがっつり紹介しますぞ!



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | レトルト、冷凍食品等 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT