FC2ブログ
飯山の「うなぎ専門店 本多」でうまきなど様々な鰻料理を堪能してきました♪
2019-06-07 Fri 08:18
 先日は響さんと一緒に、長野県飯山市にあります超人気の鰻料理店「うなぎ専門店 本多(shop data記事)」に行ってきました!お店の営業時間等の詳細につきましてはshop data記事をご覧ください。(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 はてさて何を注文するか、響さんは基本の「うな重」コレで決まり!そして「ホネ揚」と「吸物」、さらに「うまき」も頼んでみることとしました。うまきは2皿単位の注文となるようですね。また大と小の2種類があって、単純にサイズの違いだと思ったんだけど、お店の人に聞いてみたら「中のウナギの量が違ってくるんですよ」ですって、こりゃ大を頼むしかないって事でしょw
IMG_0058_20190606191327f5b.jpg

 takeさんはここんちの「白焼重」が大の好物で、今回の注文ももちろんそれで決まりっ!
IMG_0060_20190606191329db5.jpg

 まずは「ホネ揚」が運ばれてまいりました。塩味をしっかりと効かせてあり、香ばし食味でとっても美味しかったですよ~酒のつまみにもピッタリって感じw
IMG_0344_2019060619131517f.jpg
【うなぎ専門店 本多 ホネ揚¥310】

 続きましては「うまき(大)」が運ばれてきました、下の写真に写った2皿でワンセットなのでご注意下さい!
IMG_0377_201906061913177f5.jpg

 まずはグイッと寄って1枚、玉子焼きが色鮮やかで大いに旨そう♪
IMG_0388_20190606191318b57.jpg

 引いた全体像はこんな感じです。これが2皿で¥2300、これまで食べた中で最も高額な玉子焼きなりw
IMG_0393_20190606191320d80.jpg
【うなぎ専門店 本多 うまき(大)¥2300(2皿価格)】

 玉子焼きは出汁の旨味が上品で、とっても優しい味わいでした。フワフワ超ソフトな食感も素晴らしかったです♪
IMG_0408_201906061913215d9.jpg

 そして玉子焼きの味が上品であるが故に、ウナギ本来の旨味をガッツリ堪能出来て抜群美味しゅうございました!ウナギサイズをケチって小にしてたら、きっと旨さも半減してたはずw
IMG_0413_20190606191323311.jpg

 ここでサービスのお漬物が運ばれてきました。左の野沢菜漬が、しっかりと漬け込まれた「古漬け(詳細情報:野沢菜漬のできるまで)」で、酸味しっかり&風味も豊かでとっても美味しかったです!
IMG_1429_20190606191324063.jpg
【うなぎ専門店 本多 漬物¥サービス】

 そうこうしているうちに、お待ちかねの「うな重」&「白焼重」運ばれてまいりました♪
IMG_1443_20190606191157594.jpg

 まずは響さんが頼んだ「うな重」から紹介していきます~
IMG_1518_201906061911594d5.jpg

 ほれご開帳w
IMG_1520.jpg

 ここんちのウナギ蒲焼きは”関西風”で蒸さないので焼き目香ばしく、見るからに旨そうなり♪
IMG_1532_20190606191202180.jpg

 引いた全体像はこんな感じ、大きなお重にウナギ蒲焼きがミッチリと敷き詰められておりますw
IMG_1555_20190606191203158.jpg
【うなぎ専門店 本多 うな重¥3900】

 もちろんtakeさんも味見させてもらいましたよ~まずはいきなり断面図から、思いの外にアタマ大盛り具沢山なイメージですね。またご飯にはタレがたっぷりと染みております。
IMG_1623_20190606191205b71.jpg

 次いで蒲焼きに箸を入れると、フワッと超ソフトな手応え♪
IMG_1635_201906061912065d9.jpg

 まずは蒲焼きのみで一口食べてみますれば、タレの味は甘味が控え目で醤油の風味しっかりと、キリッと香ばし食味で抜群美味しゅうございます!
IMG_1639_20190606191208c9f.jpg

 お次はタレがたっぷりと染みたご飯と一緒に、蒲焼き&ご飯が口の中でハラリとほどけて渾然一体となり、なんとも官能的な美味しさでした♪
IMG_1645_20190606191209b02.jpg

 2人とも注文した「吸物」は…
IMG_1647_201906061912113d0.jpg

 こんな感じw こちらも出汁の旨味豊かでとっても美味しかったです!
IMG_1648.jpg
【うなぎ専門店 本多 吸物¥350】

 ラストに紹介しますのは、takeさんが頼みました「白焼重」でございます~こちらも焼き目香ばしくてメチャ旨そうw
IMG_2440_20190606191104c5d.jpg

 引いた全体像はこんな感じ、様々な薬味がセットになっております。そういえば白焼重にはフタが未使用でした、白焼がふやけないようにとの配慮かも!?
IMG_2445_20190606191105f1b.jpg
【うなぎ専門店 本多 白焼重¥3900】

 薬味はこんな感じ、左から順に白ごま、ワサビと生姜、さらにネギであります。下の小瓶にはタレが入れられておりますのだ。
IMG_2498_201906061911073c3.jpg

 下の写真は白重の食べ方の一例なんだけど、まぁ自分の感性に従って好き自由に食べ進むのが宜しかろうw
IMG_2500_20190606191108ec6.jpg

 まずは白焼に箸を入れると、こちらもフワリ柔らかソフトな手応えでこれまた宜しい♪
IMG_2565_20190606191110bbb.jpg

 一発目は白焼のみで頂くべし。ぶっちゃけウナギって川魚特有の臭みがあって、蒲焼きはそれを消すために濃い味のタレを使用しているんだと思うんだけど、ここんちの白焼は余計な臭み一切なし。けどウナギ特有の旨味はバッチリ豊かで抜群の美味しさでした!
IMG_2569_2019060619111144c.jpg

 今度はネギをのせて一口、風味豊かでこれまた旨し♪
IMG_2590_201906061911134a4.jpg

 お次はワサビをのせて、鮮烈な香りが鼻に抜けて目の覚めるような旨さであるw
IMG_2593_20190606191114d34.jpg

 生姜はスッキリさっぱりお味、香り豊かで大いに旨し!
IMG_2599.jpg

 今度は白ごまをのせて、香ばし食味でこれまた宜しい。白焼はそもそも淡泊な味わいなので、薬味をのせるだけで味の印象がクルクルと変わってくるのがこれまた面白旨しなのだ♪
IMG_2603.jpg

 断面の様子はこんな感じです。ちなみにご飯大盛り¥100、多目¥50というオプションもありまっせw
IMG_2609.jpg

 今度は白焼をタレにディップして頂くべし。タレは蒲焼きに使用されているのと同じなのかな、香り豊かなスッキリ醤油味でこれまた旨し♪
IMG_2663.jpg

 お次は生姜を溶いたタレに白焼をディップして食べてみると、風味がより豊かになって抜群美味しゅうございます!
IMG_2664.jpg

 このタレにはtakeさん的には生姜を組み合わせるのが大正義だな。なのでワサビは白焼にのっけて先に使い切って…
IMG_2678_20190606190944d0f.jpg

 ラストは残った薬味を全てのせて、生姜を溶いたタレをかけて頂くべし!
IMG_2680_20190606190945d41.jpg

 白重の食べ方マニュアルに載ってた〆の食べ方だけど、やっぱりこれが一番ですね~ネギと生姜の相性抜群で、とてつもない旨さでしたぞw
IMG_2683_20190606190947e53.jpg

 最後は熱々のお茶を頂いて、大満足で店を後にしたのであります。
IMG_2687_20190606190948daf.jpg

 ここんちのうなぎ料理はやっぱり一味違いますわ、特に白焼の旨さは別次元!上越から車を飛ばして食べに行く価値おおいにアリ、皆さんも是非とも来店してみるべし♪



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

別窓 | 長野北信の和食、洋食 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
信州飯山にあります「うなぎ専門店 本多」にて激旨「白焼丼」食べてきました♪
2018-11-11 Sun 11:18
 先日は友人のつち君と一緒に飯綱高原までキャンプツーリングに行ってきたんだけど(当該記事)、その時のランチに寄ったお店がこちら、長野県飯山市にあります「うなぎ専門店 本多(shop data記事)」でございます♪こちらのお店はかなりの人気店で、この日もピークタイムを外して来店したにも関わらず、店内は多くのお客さん達で賑わっておりましたよ!(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 つち君は今回が本多のウナギ初体験という事で、注文するのはスタンダードな「うな丼」で決まりであります。またこの日は2人とも「吸物」をセットで頼みました。
IMG_2902.jpg

 takeさんはお気に入りの「白焼丼」を注文であります、あっさり上品味でとっても美味しいんですよ♪
IMG_2908_20181110183610e0d.jpg

 専門店では注文が入ったらウナギを捌くところから始めるので、料理が完成するまでどうしても時間がかかってしまいます。この日も30分程の待ち時間の後に、待ちに待った料理が運ばれてまいりましたw
PA077803.jpg

 こちらはつち君が頼みました「うな丼」であります~香ばし焼き目&タレが艶々と輝いて、これまた大いに旨そうなり!
IMG_2934_2018111018355703a.jpg
【うなぎ専門店 本多 うな丼¥3150】

 一口味見させてもらったんだけど、ここんちの蒲焼は上品お味で相も変わらず大変美味しゅうございます!ウナギ自体も脂が大層のっており、フワフワ歯応え旨かった♪
IMG_2938_2018111018355844c.jpg

 季節毎に異なるサービスのお漬物、この日は「白菜の浅漬け」でした。優しい塩加減でとっても美味しかったです!
IMG_2939.jpg
【うなぎ専門店 本多 漬物(サービス)】

 「吸物」は上品お味で、口の中に残るウナギの脂をサラッと洗い流してくれますのだ。
IMG_2940.jpg
【うなぎ専門店 本多 吸物¥350】

 お次に紹介しますのは、takeさんが頼みました「白焼丼」でございます~こちらも焼き目香ばしく、タレが使用されていないのでシンプルな印象で、高級感を感じます♪
IMG_2944_20181110183603666.jpg

 引いた全体像はこんな感じです。タレと薬味が付いており、それらを使用してご自由にお召し上がり下さいとのことでした。
IMG_2960_2018111018360444e.jpg
【うなぎ専門店 本多 白焼丼¥3150】

 早速白焼に箸を入れると、フワッと超ソフトな手応えでこれまた宜しい♪
IMG_2988_201811101836066e1.jpg

 まずはそのままの状態で頂くべし。淡白でありながらも脂ののったウナギ本来の味わいを存分に堪能することが出来、焼き焦がされた香ばしい風味も豊かで抜群美味しゅうございます!
IMG_2993_20181110183532e9b.jpg

 これだけでもバッチリご飯が進みますのだw
IMG_2996_201811101835339d9.jpg

 お次は薬味のネギをのせて頂くべし。ネギの風味がウナギ本来の旨味をより際立たせてくれる印象で、これはこれは大いに旨し!
IMG_3004_201811101835358fb.jpg

 お次は生姜で頂くべし。脂の重さが抑えられる印象で、さっぱり美味しく頂けますな♪
IMG_3009_201811101835361b8.jpg

 今度はワサビをのせて、キリッと目の覚めるような食味でこれまた悪くない。
IMG_3014_2018111018353868b.jpg

 続いてはゴマをのせて頂くべし。香ばしい風味でこれまた美味しゅうございます~白焼はとても淡白な味わいなので、使用する薬味で味わいが大きく変化するのがこれまた面白美味しいのだw
IMG_3016_20181110183539ad2.jpg

 今度はタレにディップして頂くべし、しっかりお味でご飯との相性が格段に良くなりました♪
IMG_3019_201811101835415c5.jpg

 お次はワサビをタレに溶いてみたりして、キリッとした味わいで日本酒が欲しくなっちゃうw
IMG_3024.jpg

 最後は薬味を全のっけ、さらにタレも投入して大胆に掻っ込んで、大満足で店を後にしたのであります。
IMG_3029_2018111018354425c.jpg

 そういえばこの日は、前回白焼丼を注文した時に渡された「白丼の食べ方の一例」が出てきませんでした。お客さんに自由な発想で食べてもらいたいという事で、廃止されたのかしら!?確かに今回一番美味しいと感じた食べ方は「ネギのせ」で、ここには書かれていない食べ方でした。なのでやっぱりこういった予備知識なしに、完全にフリースタイルで食べるのが正解って事なのかな…!?
IMG_3030_20181110183545ede.jpg

 実は今回のランチはつち君にご馳走になってしまいました~高価なランチ大変ご馳走様でした!次は私が出しまっせ、また一緒に旨いもの食べ行こうね♪



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

別窓 | 長野北信の和食、洋食 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
茶房まめ家 小布施にありますお豆腐料理の専門店!@shop data
2014-10-15 Wed 07:18
茶房まめ家
茶房まめ家 posted by (C)take
 先日は響さんと一緒に小布施にありますお豆腐料理の専門店「茶房まめ家(店舗サイト)」に行ってきました!

 茶房まめ家(店舗サイト
 長野県上高井郡小布施町雁田821-10
 026-247-6706
 営業時間 11:30~14:30(LO)/18:00~20:30(LO)
 定休日 水曜



茶房まめ家 店舗入口
茶房まめ家 店舗入口 posted by (C)take
 こちらが店舗入口であります。看板に「薬師豆富」とありますが、こちらのお店は「雁田薬師 浄光寺(公式サイト)」に併設されたお食事処なのですよ。さらに「お豆腐」「お豆富」なのもポイントであります、記載を間違えぬよう注意しなきゃw

茶房まめ家 店内の様子
茶房まめ家 店内の様子 posted by (C)take
 店内の様子はこんな感じ、和モダンでなんとも良い雰囲気ですな♪ちなみに撮影時は開店直後で店内誰もいませんでしたが、この写真を撮影直後あっという間に席は満席となりました~来店時の予約は必須でありますかと!

 続いてメニューチェック、画像クリックしてフォト蔵のサイトに飛び、さらに画像をクリックすると拡大等が可能ですよ(PC表示のみ)。
茶房まめ家 メニュー1
茶房まめ家 メニュー1 posted by (C)take
茶房まめ家 メニュー2
茶房まめ家 メニュー2 posted by (C)take
 メニュー左にある4種類のコース料理がメインで、出てくる料理の種類が微妙に異なっています。「”定番”と”お勧”では豆富ステーキに使用されているソースが違う」という情報をネットで見かけたので、二人してそれぞれのコースを頼んでみることとしました。

茶房まめ家 メニュー3
茶房まめ家 メニュー3 posted by (C)take
 こちらは夜のメニューであります。「夜は予約のみ営業」という情報もネットで見かけましたがこちらについては未確認、いずれにしても予約してからの来店が無難なようですね。

 響さんとグルメ談義などしつつまったりと待っていると…
お待ちかね!
 かなり短めの待ち時間で料理が運ばれて参りました♪

茶房まめ家 豆富サラダ、大豆まるごと奴豆富
茶房まめ家 豆富サラダ、大豆まるごと奴豆富 posted by (C)take
 まずは「豆富サラダ」と「大豆まるごと奴豆富」であります!

豆腐旨し
 まめ家のお豆腐はなんと大豆をまるごと使用した”おからの出ない豆富”なのだそうです!大豆の旨味全てが凝縮されており、クリーミーで大変美味しかったですよ♪ちなみに冷や奴を塩で食べたのはこの時が初めてだったのですが、この食べ方は良いですね~豆腐本来の味をより楽しめるように感じました。

唐揚げ旨し
 豆富サラダには豆富の唐揚げが使用されてました、これがまた違和感なく食べられて美味でしたぞw

茶房まめ家 高野豆富の煮物
茶房まめ家 高野豆富の煮物 posted by (C)take
 煮物は「お勧コース」のみの料理です、しっかりした味付けでこちらも良い味でした♪

 ここからはメニュー「おまかせ*品」の料理になります、恐らく日替わりでしょう。
茶房まめ家 ガンモの甘酢あんかけ
茶房まめ家 ガンモの甘酢あんかけ posted by (C)take
 まずは「ガンモの甘酢あんかけ」であります、ちょこんと可愛らしいビジュアルをしておりますなw

茶房まめ家 ガンモの甘酢あんかけ 断面の様子
茶房まめ家 ガンモの甘酢あんかけ 断面の様子 posted by (C)take
 ふんわりとした歯応えでとっても美味しゅうございましたよ!さらに具沢山なのも好印象であります♪

茶房まめ家 豆富の春巻き
茶房まめ家 豆富の春巻き posted by (C)take
 こちらは「豆富の春巻き」であります。豆富をハムと青しそ、さらに海苔で包み、最後に春巻の皮で巻いて揚げるというとても手の込んだ料理でありました!こちらもお豆富がとってもクリーミー&皮の食感が香ばしく強烈に旨かったです!さらに…
旨辛旨し
 春巻きの味変用調味料としてなんとホットソースが用意されており、これとの相性がこれまた抜群で驚きました!

茶房まめ家 豆富の蒲焼き
茶房まめ家 豆富の蒲焼き posted by (C)take
 お次に紹介しますのは、おまかせ料理の品数が一品多い「お勧コース」のみの料理「豆富の蒲焼き」であります~精進料理として有名なメニューですよね!

茶房まめ家 豆富の蒲焼き 裏側の様子
茶房まめ家 豆富の蒲焼き 裏側の様子 posted by (C)take
 裏側は海苔で”ウナギの皮”を再現してあります。

茶房まめ家 豆富の蒲焼き 断面の様子
茶房まめ家 豆富の蒲焼き 断面の様子 posted by (C)take
 断面は真っ白でいかにもお豆腐って感じですが表面はカリッと香ばしい歯応えで、味付けも甘辛く確かに”ウナギの蒲焼”を思わせる食味でした♪

 さていよいよお次は本日のメインであります「豆富ステーキ」であります!「定番コース」と「お勧コース」で使用されているソースが異なるらしいという情報を得ており、さぁ食べ比べてやるぞと身構えておったら…
ソース共通
 およよ、今回はどちらも共通の豆乳ソースでありましたw

茶房まめ家 豆富ステーキ
茶房まめ家 豆富ステーキ posted by (C)take
 まぁまぁオッケイ、兎にも角にもこちらが本日の主役「豆富ステーキ」様であります、真っ白な豆乳ソースがたっぷりでなんとも上品なビジュアルをしておりますな♪

茶房まめ家 豆乳パン
茶房まめ家 豆乳パン posted by (C)take
 さらに「お勧セット」には豆乳パンが付くのですが、「定番セット」でも¥50追加すればパンを付けてもらえますよ。

料理沢山!
 実はこの時点でテーブルの上は多くの料理で大賑わい!様々な料理がどんどんと出てくるのはなんとも心が踊りますな♪

茶房まめ家 豆富ステーキ 断面の様子
茶房まめ家 豆富ステーキ 断面の様子 posted by (C)take
 さぁ豆富ステーキを食べ進むべし、豆乳ソースがとっても上品な甘さでこれまた旨かった!豆富本来のクリーミーな旨味と相まってとても素晴らしい味わいでしたよ♪

ソース旨し
 豆乳パンにソースを絡めて頂くのもこれまた最高、今にして思えば¥50追加してパンをもう一つ付けてもらえばよかったかな。

茶房まめ家 五平餅、汁物、漬物
茶房まめ家 五平餅、汁物、漬物 posted by (C)take
 いよいよお次はラス前クライマックス、主食のたぐいの登場でっせw

茶房まめ家 五平餅 アップ
茶房まめ家 五平餅 アップ posted by (C)take
 この五平餅がこれまた旨かった!どっしりとした味噌味で甘さ控えめ、さらに表面カリッと香ばしく中はモッチリとした食感がこれまたクセになる旨さでありました♪

茶房まめ家 デザート
茶房まめ家 デザート posted by (C)take
 デザートはスッキリとした甘さの豆乳プリンで、その上にのっているのも豆乳のアイスとこれまたお豆尽くしのデザートにてビシッと締めたのでありまする。

 小布施は栗が名物の街で今がシーズン真っ盛り!小布施ハイウエイオアシス名物の栗焼酎「栗どっこ(当該記事)」なんて旨い酒もありまする♪先日当ブログにて紹介した絶品栗天心「小布施堂本店 朱雀(当該記事)」を食べられるのチャンスも残り僅かですよ~さぁ次の休日は小布施に行って旨い豆富料理と栗を堪能してくるのだっ!w



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 長野北信の和食、洋食 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
【閉店】菊寿し 牟礼にあります江戸前寿司の”超”名店なりっ!@shop data
2013-12-23 Mon 06:18
 先日、職場のグルメ先輩殿とお寿司の話をしていたら「takeさんは多分、本当に旨い寿司を食べた経験がないと思います。前に教えた牟礼のお寿司屋さんには行ってきましたか?私が知る限り、この辺りで唯一”旨い江戸前寿司”を食べられるお店です。あの味を知らずして、寿司の味を語ってはいけないと思いますよ。」と言われてしまいました。グルメ先輩殿は全日本レベルで旨い料理を食べ歩いてらっしゃるグルメの超人で、先輩殿の旨い料理に対する知識は並大抵のものではありません。そんな先輩殿が”唯一の店”と言い切るお店であります、この機会に来店してみようじゃないかと思い立って…
菊寿し
菊寿し posted by (C)take
 牟礼にありますグルメ先輩どの一押しの江戸前寿司の名店「菊寿し」突撃してきましたですっ!

 【閉店】菊寿し
 長野県上水内郡飯綱町普光寺925
 026-253-2258
 営業時間 11:30~14:00/17:00~21:00
 定休日 月曜
 2018/10/24追記、閉店しました



 お店は国道18号沿いにあります。上越からR18を南下して長野県境を越え、野尻湖を過ぎてからさらに20分程車を走らせると、左側に上の写真の建物が見えてきます。
菊寿し 駐車場
菊寿し 駐車場 posted by (C)take
 店舗の左隣が専用の駐車場となっています。

 ちなみにtakeさんこんな高級店に一人で入る度胸はなく、グルメ仲間の響さんに付き合ってもらいましたw さぁ気合いを入れて店内へGO!
菊寿し カウンター席
菊寿し カウンター席 posted by (C)take
 店内入ってすぐにまずカウンター席があって…
菊寿し 小上がり
菊寿し 小上がり posted by (C)take
 奥には小上がりもありますが、ここでグルメ先輩殿からのアドバイス「菊寿しは大将の接客が素晴らしいのも魅力の1つなので、席は絶対にカウンターにすること!」と教わっており、来店前に電話でカウンター席を確保しておきました。確かに寿司ネタの説明やお茶のお替わりの指示など、配慮の行き届いた大変きめ細やかな客あしらいでありましたよ♪

 カウンターに着席するやいなや「お任せでお願いします!」と告げました。食べログ情報だと平日ランチのお任せ握りは12貫で¥3150とのことで、この日のお会計もその通りの価格でした。

 ここでもう一つグルメ先輩殿からのアドバイス「カウンターには醤油と小皿が用意されていますが、絶対に手を付けてはダメです。菊寿しは江戸前寿司のお店、寿司にタレを塗ってもらうのが本来の姿です。皿に醤油を入れてしまうと、タレを塗っていない普通のお寿司が出てきますよ!」とのことで、そのままの状態でおとなしく待っていたらご主人が「こちらで寿司にタレを塗っても良いですか?」と聞いてきたので「お願いします!」と答えました♪

 そんなこんなで…
菊寿し アラの握り
菊寿し アラの握り posted by (C)take
 まず出てきたのは、上越は名立港で水揚げされました「アラ」の握りであります!握りのサイズは若干小ぶりで上品な印象ですね。早速口の中に放り込みますれば…むおぉ口の中に入れた瞬間にシャリがはらりとほどける絶妙の握り加減!ネタは程良い歯応えがあり、独特の旨味が濃厚でありながらもさっぱりとした味わいでした。このお寿司はまだまだ1貫目、お任せ12貫握りのほんの序章にすぎなかったのであります…

菊寿し 金目鯛の握り
菊寿し 金目鯛の握り posted by (C)take
 お次はキンメの握りであります、こちらはネタのとろけるような食感&脂ののりが強烈でこれまた旨かったですよ!

菊寿し 白バイ貝の握り
菊寿し 白バイ貝の握り posted by (C)take
 今度は白バイの握りが出てきました。バイ貝って食感がコリコリしているという印象があったのですが、菊寿しの白バイはサックリとした食感をしておりこれまたたまげましたです!この食感の違い、ネタを熟成させることによって生じたのだろか…!?

菊寿し アジの握り
菊寿し アジの握り posted by (C)take
 お次は定番寿司ネタのアジであります、こちらは程良い歯応え&濃厚な旨味でもちろん最高の旨さでした♪

菊寿し 甘エビの握り
菊寿し 甘エビの握り posted by (C)take
 次に出てきましたのは甘エビであります、海苔で巻いたりとか野暮なことはもちろんしてありませんですよw こちらもプリッと心地良い歯応えで、甘味も濃厚で強烈な旨さでしたぞっ!

菊寿し 野沢菜の浅漬け
菊寿し 野沢菜の浅漬け posted by (C)take
 ここで箸休め、野沢菜の浅漬けが出てきました。これは野沢菜を本漬けする直前のものを醤油に漬けたもので、野沢菜を漬ける今の時期しか食べられない特別なお漬け物なのだそうです。優しい味で大変美味しゅうございました♪

菊寿し 平貝の握り
菊寿し 平貝の握り posted by (C)take
 お次に出てきましたタイラガイの握り、これがまたこれまで未体験の味&食感でtakeさんたまげましたです!これまで食べてきた魚とも貝とも異なる独特なザックリとした歯応えで、独特な甘味もある初体験の旨さでした♪

菊寿し しめ鯖の握り
菊寿し しめ鯖の握り posted by (C)take
 定番の寿司ネタであるシメサバも菊寿しのご主人の手にかかればひと味もふた味も違うのであ~るっw 口の中に入れた瞬間にネタがとろけて、まるで生寿司であるかのような食感&味わいでしたぞ!

菊寿し づけマグロの握り
菊寿し づけマグロの握り posted by (C)take
 お次の漬けマグロは江戸前寿司の定番ネタですが、こちらもとろけるような食感&マグロ赤身の旨味を最大限に引き出す絶妙な味加減で強烈な旨さでした!

菊寿し 味噌汁
菊寿し 味噌汁 posted by (C)take
 ここでお味噌汁が出てきました、超熱々でこれまた旨かったのだ♪

たら汁旨し
 タラのぶつ切りがでんっと入っておりましたぞw

 お味噌汁で身体を温めた後、次に出てきたお寿司がこれまた強烈な旨さだったのであります…
菊寿し マグロの背トロの握り
菊寿し マグロの背トロの握り posted by (C)take
 マグロの背びれの下の身を、筋の部分を外して握ったお寿司なのですがこれがまた強烈な旨さでした!甘味がとてつもないんですよ、同じマグロでも部位によってこれ程までに味わいが異なるとは思いもよりませんでした。

菊寿し マグロの背トロ
菊寿し マグロの背トロ posted by (C)take
 こちらがマグロの背トロの部分です。筋を外すなど一手間加えないと寿司ネタに出来ないのですが、その旨さは強烈でありましたよ~w

菊寿し ヤリイカの握り
菊寿し ヤリイカの握り posted by (C)take
 お次はヤリイカの握りを、こちらは塩で味付けされてました。イカのお寿司を塩で食べるのは今回が初体験だったのですが、さっぱり味で大変美味しかったです♪

菊寿し エゾバフンウニの握り
菊寿し エゾバフンウニの握り posted by (C)take
 今度はウニが出てきました、しかも軍艦ではなく”握り寿司”スタイルであります!海苔が無いからウニの旨味をダイレクトに味わうことが出来、濃厚コッテリとした旨味でこれまた大変贅沢な味わいでした!

菊寿し 玉子焼き
菊寿し 玉子焼き posted by (C)take
 ついにラスト前、玉子焼きが出てきましたです。甘さ控え目の上品な味付けでありましたよ♪

 さていよいよラストであります、締めの一貫は…
菊寿し 穴子の握り
菊寿し 穴子の握り posted by (C)take
 アナゴでありました!超ふっくら食感&香ばしい味で、ラストを締めくくるにふさわしい見事な旨さでありましたよ♪

 菊寿しのお寿司、確かにグルメ先輩殿が言う通りに”これまで未体験の”旨さのお寿司でありました。takeさん思うに、ネタを熟成させる技術がずば抜けているんだと思います。アナゴなど熟成を要しないネタは上越でも負けないものが食べられるようにも感じましたが、その他のキンメやマグロなどネタの熟成が旨さの決め手となる寿司については、正直言ってケタ違いに旨かったです。

 上越から1時間少々車を飛ばす必要がありますが、握り寿司に対する考え方が変わってしまうくらいの旨い寿司を味わうことが出来ますよ!寿司の味を語るなら、まずは菊寿しの味を知らないといけませんですっ!w 素晴らしい名店であります、皆さんも是非とも一度は足を運んでみてください!!

 ちなみにグルメ先輩によりますと、土日休日は予約した方が無難とのことです~



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 長野北信の和食、洋食 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
花屋 HANAYA 小布施にありますフレンチのお店です♪ @shop data
2013-11-29 Fri 09:18
 先日はグルメ仲間の響さんと一緒に、小布施にありますフレンチのお店「OBUSE 花屋 HANAYA(店舗サイト)」に行ってきました!
フローラルガーデン小布施
フローラルガーデン小布施 posted by (C)take
 店舗は「フローラルガーデン小布施(店舗サイト)」内にあります。門をくぐり、施設内の一番奥へと進みますれば…
OBUSE 花屋 HANAYA
OBUSE 花屋 HANAYA posted by (C)take
 こちらが「OBUSE 花屋 HANAYA」の入り口であります、フレンチのお店であるにもかかわらず「和」の雰囲気でなんともお洒落な建物ですな。

 OBUSE 花屋 HANAYA(店舗サイト
 長野県上高井郡小布施町大字中松506-1(フローラルガーデンおぶせ内)
 026-247-1187
 営業時間 ランチ・喫茶 11:00~14:00
            喫茶 11:00~16:00
          ディナー 18:00~20:30(LO)
 定休日 木曜、第2・第4水曜ディナータイム
 (1/7~3/31のディナー営業は、当日16:30までに予約した客のみ)



花屋 テラス
花屋 テラス posted by (C)take
 この日は天気が良かったので、少々肌寒かったですがテラス席に座りました。もちろん膝掛けなどのサービスもありますのでご安心を♪

 続いてメニューチェックであります、画像クリックで拡大等が可能ですよ。
花屋 ランチメニュー
花屋 ランチメニュー posted by (C)take
 今回は2人ともメニュー右上にあります「豚肩ロースの赤ワイン煮込み」をオーダーしました、やっぱ肉料理しかないよねw

花屋 ドリンク等メニュー
花屋 ドリンク等メニュー posted by (C)take
 セットのソフトドリンクは◎がついたメニュー以外から選択することが出来ます。「長野といったらリンゴしかないっしょ!」ってことで2人とも「小布施産りんごジュース(100%)」を選びました。

花屋 アラカルトメニュー
花屋 アラカルトメニュー posted by (C)take
 さらにもう一品頂きましょうって事で「ソーセージ盛り合わせ」も注文しました。

 響さんとグルメ談義なんぞしつつ待つこと暫し…
ご到着!
 最初のお皿が運ばれてきました!

花屋 ミニサラダ アップ
花屋 ミニサラダ アップ posted by (C)take
 まずはサラダであります、生ハムの上にたっぷりとかけられているのは玉ねぎドレッシングなり♪

 ここでふと響さんの方を見てみると、お箸など格好良く配置して写真撮影しておらっしゃった…
花屋 ミニサラダ
花屋 ミニサラダ posted by (C)take
 takeさんも真似してみるべしw
 ちなみにこちらのお店は「お箸を使った洋食」にこだわっているのだそうです。もちろんナイフとフォークも用意されていますが、今回はあえてお箸で頂きました。

ポテトサラダ
 生ハムの下にはポテトサラダが仕込まれており、サラダだけでも色々な味わいを楽しむことが出来ました!

花屋 ソーセージ盛り合わせ アップ
花屋 ソーセージ盛り合わせ アップ posted by (C)take
 続いてはソーセージが登場であります!

花屋 ソーセージ盛り合わせ ¥600
花屋 ソーセージ盛り合わせ ¥600 posted by (C)take
 ピクルスが添えられていました、盛り付けも美しいですね♪

カレー味
 カレー風味のソーセージや…
ハーブ味
 ハーブの香りが効いたソーセージなど、これまた様々な旨さを楽しむことが出来ましたよ♪

 お次に運ばれてきましたのが本日のメイン…
花屋 豚肩ロースの赤ワイン煮込み アップ
花屋 豚肩ロースの赤ワイン煮込み アップ posted by (C)take
 お肉様であるw

花屋 豚肩ロースの赤ワイン煮込み
花屋 豚肩ロースの赤ワイン煮込み posted by (C)take
 右がちょこっと欠けた渦巻きデザインのお洒落なお皿に盛り付けられておりました、なかなか良いセンスをしてますの♪

花屋 ライス
花屋 ライス posted by (C)take
 主食(!?w)としてtakeさんはライスを…
花屋 パン
花屋 パン posted by (C)take
 響さんはパンを選択しました。箸にパンってのは妙な絵だったねw

花屋 豚肩ロースの赤ワイン煮込み 肉アップ
花屋 豚肩ロースの赤ワイン煮込み 肉アップ posted by (C)take
 まずはお肉を1つ取り上げました、結構でかい塊ですぜ!

花屋 豚肩ロースの赤ワイン煮込み 肉断面
花屋 豚肩ロースの赤ワイン煮込み 肉断面 posted by (C)take
 早速がぶりんちょw 柔らか食感で強烈旨し!味わいについては、B級な例えですが”上品なハヤシライスソース”といった印象でした。なので…
ソースつけます
 お肉にソースをたっぷりと絡めて…
オンザライス
 on the ライスで頂いてみるべしw もちろんとっても美味しかったですよ♪

ネギ旨し
 添えられていたネギは酸っぱく味付けられていました、予想外の味だったので少々驚きましたですw

花屋 デザート&小布施産りんごジュース(100%)
花屋 デザート&小布施産りんごジュース(100%) posted by (C)take
 いよいよラスト、デザートとドリンクが運ばれてきました。デザートには焼きリンゴ&茹でリンゴが使用されているとのこと、図らずも”リンゴ尽くし”となりましたw

茹でリンゴ
 ええっと、これが多分茹でリンゴで…
焼きリンゴ
 こちらが多分焼きリンゴであります、柔らかなリンゴとザックリとしたフレークの食感の組み合わせが面白美味しい逸品でした♪

りんごジュース
 ラストは優しい甘さのリンゴジュースをじっくりと味わって、大満足で箸を置いたのであります。

 わざわざ小布施まで行った甲斐がありましたよ、どの料理もとっても美味しかったです!併設されている「フローラルガーデン小布施」も様々な花が展示されていたりと見所沢山で、上越からのドライブコースとしてもなかなか秀逸であるかと思いますよ~皆さんも是非とも来店してみて下さいな♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 長野北信の和食、洋食 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT