日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん 天ぷら&牛肉&おあげ全部のせ!
2018-05-12 Sat 01:18
 先日は「日清食品(公式サイト)」より発売されております「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん(商品情報)」をお買い上げました。サクサク天ぷら&ジューシィ牛肉&ふっくらおあげ、全部丸ごとのっけてしまった夢の1杯なのでございます♪(以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0076368.jpg

 具材が中に入りきらなくて、フタが2重になっているのがこれまた素敵w
R0076369.jpg

 熱量496kcal、全部のせの割にカロリーそんなに高くないのが嬉しいですね♪
R0076373.jpg
R0076378.jpg

 まずは透明の上蓋を外してみると、中蓋の上には天ぷらの入った袋がのせられてました。
R0076386.jpg

 次いで中蓋をめくると、中からは粉末スープ&彩り七味の袋が出てきました。おあげ&牛肉はすでに麺の上にセットされた状態でしたよ。
R0076387.jpg

 まずは粉末スープを投入、鰹出汁の香りがブワッと立ち上ってこれまた食欲をそそるw
R0076394.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常なら5分待つんだけど、例によって例の如く固麺大好きtakeさんは2分弱で強引に麺ほぐし&粉末スープ混ぜ作業開始、トータル2分強の茹で時間にて…
R0076397.jpg

 最後に天ぷらをトッピングしてやりますれば「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」これにて大完成なり!
R0076399.jpg

 まずは麺を手繰りました、どん兵衛定番の平打ち極太麺であります。最初のうちは固くしっかり歯応えだったけど、すぐに柔らかな状態にまで戻ってしまったのは想定の範囲内。ただ、柔らかな状態でもムッチリ感の強い歯応えで、バッチリ美味しゅうございますな♪
R0076406.jpg

 つゆについては、我々上越民に馴染みのある東日本仕様のどん兵衛よりも見た目が明らかに薄いですね!味もかえしの風味控え目の上品な味わいで、西日本仕様ベースのつゆであるかと思います。どん兵衛の東西での違いの詳細については、当ブログの過去記事「日清のどん兵衛 きつねうどん 東西食べ比べ!(リンク)」を読んでみて下さいなw
R0076414.jpg

 お次は天ぷらを頂くべし~takeさんこれ大好物なのよ♪
R0076420.jpg

 早速一口がぶりんちょ、サクサク歯応え&オイリーな旨味もバッチリでこれはこれは美味しゅうございます!今回の全部のせだと天ぷらがおあげの上になってつゆに直接触れないので、汁を吸ってふやけないのもtakeさん的には嬉しいポイントなのだw
R0076427.jpg

 断面の様子はこんな感じ、程良い厚さであります。
R0076428.jpg

 牛肉は甘く味付けられており、良い口直しとなりましたぞ。
R0076429.jpg

 でもってお次はこのぶ厚いお揚げを…
R0076432.jpg

 大胆にがぶりんちょ、こちらもほんのり甘い味付け&熱々のツユがたっぷり染みてジュワワッと超ジューシー歯応え、熱々ふっくら美味しゅうございます♪
R0076436.jpg

 後半になると天ぷらにつゆが染みて箸でカットできるほどに柔らかとなって、これはこれで美味しく頂けますのだ。
R0076443.jpg

 ラストは西日本仕様のあっさりつゆをじっくりマッタリと味わって…
R0076445.jpg

 っと、底に沈んでいた牛肉が最後に姿を現しました、これを食べ忘れちゃったらモッタイナイですぞ!w
R0076447.jpg

 夢の全部のせ贅沢仕様どん兵衛でございました、2重構造になった巨大なフタも目を引く素敵なカップ麺でございます~皆さんも是非とも1度お試しあれ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅&ウルトラデスソース♪激辛激旨
2018-05-06 Sun 08:18
 先日は”サッポロ一番”のブランドネームで知られる「サンヨー食品(公式サイト)」より発売されておりますカップ麺「サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅(商品情報)」をお買い上げました。この商品は、東京にあります”地獄の辛さの担担麺”が評判のラーメン店「地獄の担担麺 護摩龍(店舗サイト)」とサンヨー食品がコラボした商品とのこと、辛さの度合いが大いに気になるのであるw(以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0076083.jpg

 エネルギー504kcal、まぁ標準的な数値でしょうか。
R0076095.jpg
R0076098.jpg

 中身の様子はこんな感じ、スープは液体と粉末の2種類が用意されてました。
R0076099.jpg

 まずはかやくを投入、肉そぼろが多めでこれまた宜しい♪
R0076104.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば5分待つんだけど、固麺大好きtakeさんは例によって例の如く2分強の茹で時間で強引に麺をほぐし、トータル3分弱の茹で時間にて…
R0076109.jpg

 まずは粉末の特製スープを投入、ザックリと混ぜた後に…
R0076114.jpg

 お次は液体スープを投入し、しっかりと混ぜてやりますれば…
R0076117.jpg

 「サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅」これにて大完成!
R0076128.jpg

 まずは麺を手繰りました、平打ち気味の中太縮れ麺であります。早速一口啜ってみますれば、ブツッとしっかり歯応えで茹で時間短縮大成功!また表面ツルツル質感で、啜り心地も大変心地良かったです♪
R0076133.jpg

 スープはゴマの風味がとても豊かで辛味もしっかり、深みのある旨辛味で大変美味しゅうございました!さらにスープにはとろみが結構あって麺への絡み良好、食味が非常に豊かなのがこれまた宜しい。
R0076143.jpg

 具材については肉そぼろの量が多めで、柔らか歯応え&噛み締めると肉の旨味ジュワッと濃厚、存在感のある味わいでこれまた旨しw
R0076151.jpg

 しかしtakeさん的には辛さが少々足りぬ、という事で今回も激辛調味料「ウルトラデスソース(購入記事)」にて更なる激辛化を図るべし!
R0076155.jpg

 ベースの味がしっかり目なので、今回は気持ち多めに大粒3滴投入してみました。
R0076156.jpg

 ざざっと混ぜて一口食べてみますれば、ゴマの風味豊かなベースの味を保ったままで、見事に激辛化されておりましたぞ!このカップ麺は、デスソース系の酸味の効いた辛味との相性もバッチリのようであります♪
R0076159.jpg

 ラストは激辛激旨スープをじっくりと味わって、大満足で箸を置いたのであります。
R0076164.jpg

 ゴマの風味しっかりで辛味も程良く、誰でも”旨辛味”を楽しめるバランスの良い味付けであると感じました。デスソースとの相性も抜群だったので、激辛が好きな人もバッチリ美味しく頂けますかと~さぁさ貴方もデスソースをぶっ込んで、激辛化して味わってみるべしw



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
サッポロ一番 四川担担麺 阿吽 つゆ無し担担麺(ファミマ限定)
2018-05-03 Thu 08:18
 先日は”サッポロ一番”のブランドネームでその名を知られる「サンヨー食品(公式サイト)」より発売されております「サッポロ一番 四川担担麺 阿吽 つゆ無し担担麺」をお買い上げました。この商品は、東京にあります人気ラーメン店「湯島・浅草 四川担担麺 阿吽(店舗サイト)」が監修をしております。さらにこの商品は、ファミリーマートの限定販売となっております。(以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0076176.jpg

 エネルギーは571kcal。ノンフライ麺を採用しているにも関わらず、結構高めの数値ですね。ソースや具材がハイカロリーな豪華構成になっておるのだろかと、ある意味期待しちゃうかもw
R0076179.jpg
R0076182.jpg

 中身の様子はこんな感じです。液体&粉末の2種類のスープが用意され、さらにレトルトの特製具材が用意されておりました。これはこれは、なかなか贅沢な仕様となっておりますな!
R0076187.jpg

 まずはかやくを投入、こちらはチンゲン菜ですね。
R0076192.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば5分待つんだけど、固麺大好きtakeさんは例によって例の如く2分強で強引に麺ほぐし開始、トータル3分弱の茹で時間で湯切りを行いました。
R0076193.jpg

 次いで特製調味だれを投入します、まずはラー油っぽいオレンジ色の液体がドボドボと出て…
R0076196.jpg

 後半はペースト状のスープが出てきました。最後の1滴までしっかりと絞り出し、ざっくりと混ぜた後に…
R0076197.jpg

 お次は特製スープを投入してしっかりと混ぜ、最後にフタの上で温めておいたレトルト調理品を麺の上にトッピングしてやりますれば…
R0076199.jpg

 「サッポロ一番 四川担担麺 阿吽 つゆ無し担担麺」これにて大完成なり!
R0076208.jpg

 まずは麺を手繰りました、見るからにオイリー旨そげな中太縮れ麺であります。早速一口啜ってみますれば、強い弾力感のあるシッカリむっちり歯応えで、茹で時間短縮大成功♪またノンフライ麺であるが故に表面の質感が良いですね、啜り心地も快適でした。そして味についても花椒の痺れる刺激&ラー油のオイリーな旨味と辛味が非常に強く、さらに胡麻の風味も濃厚で抜群美味しゅうございました!
R0076215.jpg

 レトルト具材の肉そぼろは大粒でありながらも歯応え柔らか、量も多めで大満足の食べ応え♪味についても肉の旨味バッチリで、旨辛オイリーなタレの味をより引き立てておりましたよ。
R0076218.jpg

 その他の具材はチンゲン菜で、シャクシャクとした食感が良いアクセントとなってました。
R0076223.jpg

 また最後になって気がついたんだけど、器の底にはレトルト具材と一緒に出てきた汁が大量に沈んでおりました。
R0076229.jpg

 最後はしっかりと混ぜて、その汁を麺に絡めて食べたんだけど、今にして思えばもっと早い段階でレトルト具材を混ぜ込んだ方が、味のバランスが良かったかもしれませんです。
R0076230.jpg

 このカップ麺は麺の完成度、旨辛な味付け、レトルト具材の質、どれをとっても非常に完成度が高いと感じましたよ。この商品は発売開始から既に一ヶ月ほど経過しており、もしかするとそろそろ店頭から姿を消してしまうかもしれませんです。という訳でこの商品が気になる人は、急ぎ近所のファミマへと急ぐべし!



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ペヤング ピリ辛野菜炒め風やきそば
2018-05-01 Tue 07:18
 先日は”ペヤング”のブランドネームでその名を知られる「まるか食品(公式サイト)」より発売されております「ペヤング ピリ辛野菜炒め風やきそば(商品情報)」をお買い上げました。野菜炒め風の焼そばとは、なんとも奇抜な商品ですなぁw(以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0075825.jpg

 エネルギー542kcal、若干高めの数値ですね。
R0075828.jpg
R0075834.jpg

 中身の様子はこんな感じ、ソース&かやくというシンプル構成であります。
R0075837.jpg

 まずはかやくを投入、お野菜たっぷりでしたぞ!
R0075840.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば3分待つんだけど、固麺大好きtakeさんは例によって例の如く1分強の茹で時間で強引に麺ほぐし開始、トータル2分弱の茹で時間で湯切りを行いました。
R0075846.jpg

 次いでソースを投入であります、野菜炒めの炒め汁を濃くしたような色をしておりましたぞw
R0075850.jpg

 しっかりと混ぜてやりますれば「ペヤング ピリ辛野菜炒め風やきそば」これにて完成なり!
R0075855.jpg

 早速麺を手繰りました、通常のペヤング麺と共通のようです。歯応えブツッとしっかり目で、茹で時間短縮大成功!味は塩気しっかり塩コショウ味、野菜の甘味&旨味も感じますね~なかなかの旨さでしたぞ。
R0075862.jpg

 具材はキャベツとニンジン、さらにモヤシ&キクラゲで、量も種類も豊富でこれまた宜しい♪
R0075870.jpg

 たっぷりお野菜は麺にしっかりと絡み、ザクザクの歯応えで良いアクセントになってましたよ。
R0075874.jpg

 そんなこんなであっという間に残り僅か、最後は具材たっぷりの贅沢な一口にてフィニッシュでございます。
R0075876.jpg

 ”野菜炒め風”焼そば、商品タイトルは奇抜なイメージかもだけど、実際の食味は「野菜の旨味たっぷり塩焼そば」といった感じで、普通に美味しゅうございましたよ~皆さんも宜しければお試しあれ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
まるか食品 ペヤング たこやき風やきそば
2018-04-21 Sat 07:18
 先日は「まるか食品(公式サイト)」より発売されております「ペヤング たこやき風やきそば(詳細情報)」をお買い上げました。たこ焼き風の焼きそばとは、妙な組み合わせではあるけど味の想像はつきやすいかもw(以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0075615.jpg

 エネルギー563kcal、この手の商品にしては若干高めの数値ですね。
R0075619.jpg
R0075620.jpg

 中身の様子はこんな感じです。「後入れかやく」としてたっぷりの揚げ玉&紅生姜がついておりました、これはちょいと珍しいね!
R0075630.jpg

 まずはかやくを投入、こちらはキャベツのみであります。
R0075632.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば3分待つんだけど、固麺大好きtakeさんは例によって例の如く1分弱で強引に麺ほぐし開始、トータル1分強の茹で時間で湯切りを行いました。
R0075636.jpg

 次いでソースを投入し、しっかりと混ぜた後に後入れかやくを投入してやりますれば…
R0075640.jpg

 「ペヤング たこやき風やきそば」これにて大完成!
R0075646.jpg

 まずは麺を手繰りました、通常のペヤング麺ですね。早速一口啜ってみますれば、ブッツリしっかり歯応えで茹で時間短縮大成功!ソースの味は濃いめで甘め、そして鰹節の風味がフワリと香ってこれは確かにたこ焼きっぽいw
R0075651.jpg

 今度は揚げ玉&紅生姜と一緒に食べてみると、サクサク歯応え&オイリーな旨味が加味されて、さらに紅生姜の風味が良いアクセントとなってこれはこれは美味しゅうございます!揚げ玉のサクサクとした歯応えは、銀だこの様な揚げ系たこ焼きのカリッとした皮の食感を意識しているのかもですね。
R0075660.jpg

 その他の具材はキャベツのみ、量も少なく存在感はやや希薄だったかな。
R0075662.jpg

 後半は揚げ玉など軽く混ぜつつ食べ進むべし、麺に丁度良い具合に揚げ玉が絡んでこれまた旨し♪
R0075669.jpg

 ラスト、器の底には揚げ玉などの具材が沢山残っており、最後の一口は贅沢具沢山にフィニッシュでございます。
R0075671.jpg

 この商品は揚げ玉が肝ですね、サクサク歯応え&オイリーな旨味も加味してくれて、全体の旨さを底上げしてくれた名脇役でございましたよ。なかなか面白い商品であると感じました、皆さんも是非とも1度お試しあれ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT