日清ラ王PREMIUM 台湾まぜそば
2017-08-12 Sat 11:18
 先日は「日清食品(公式サイト)」より発売されております「日清ラ王PREMIUM 台湾まぜそば(商品情報)」をお買い上げしました。日清の看板商品である「ラ王(ブランドサイト)」の、さらに”PREMIUM”な「台湾まぜそば」ですからね~これはこれは期待が持てそう♪(以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0067684.jpg

 標準の麺茹で時間は5分とのこと、はいはい~どうせ短時間で湯切りしてしまうと思うのだケレドモw
R0067688.jpg

 エネルギーは525kcal、まぁ標準的な数値でしょうか。
R0067693.jpg

 中身の様子はこんな感じ、かやくが2袋も付いてましたよ!
R0067697.jpg

 まずはかやくを投入しました。右と左で1袋ずつで、右の白いネギのみわざわざ別梱包されておりましたです。パッケージに「甘くてやわらかい下仁田系ねぎ使用」と書かれてたけど、もしかしてコレがそうなのかな。
R0067703.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば5分待つのですが、固麺大好きtakeさんは例によって例の如く3分弱の茹で時間で強引に麺ほぐし開始、トータル3分強の茹で時間で湯切りを行いました。
R0067704.jpg

 ここでうっかりしたのが、液体だれの袋に「お願い お召し上がりの直前によくもみほぐしてお入れ下さい」と書かれていたのを見落としちまいました。それが原因でしょうか中で液体が分離しており、最初はラー油みたいな液体が出てきたぞと思ったら…
R0067707.jpg

 その後で濃い色のタレが出てきました。しっかりもみほぐしてから投入した方が、麺との絡みなど良くなるのかもしれませんです。
R0067709.jpg

 しっかりと混ぜた後、最後にふりかけを全体にかけてやりますれば「日清ラ王PREMIUM 台湾まぜそば」これにて大完成!
R0067714.jpg

 まずは麺のみを頂くべし。ほんのり辛味の効いたニンニク醤油味で、なかなかの旨さでしたよ。麺はムッチリしっかり歯応えで、茹で時間短縮も大成功でした♪
R0067721.jpg

 お次はふりかけを絡めて頂くべし。このふりかけは魚介の風味がとても濃厚で、一緒に食べるとコクが一気に増しますね~これまた旨し!
R0067725.jpg

 具材は粒が大きめの肉そぼろがたっぷりで、歯応えも柔らかでこれまた美味しゅうございました。ただ具材のほとんどが器の底に、沈んでしまっていたのが残念です。この辺りはカップ焼そばの宿命かもですが、この商品についてはその傾向がより強いように感じました。
R0067731.jpg

 パッケージに書かれてた下仁田系ねぎも沈んでしまっていたけど、風味&甘味が豊かで、味については一級の仕上がりでしたよ!
R0067733.jpg

 麺を手繰る時に、具材もなるたけ絡むよう努力しつつ食べ進んだけど…
R0067735.jpg

 ん~具材やっぱり大量に残っちゃった、この辺りの問題はやっぱりどうしようもないのでしょうかね。またカロリーの割に量も少ないように感じたけど、それは単にtakeさんがこの商品の味を大いに気に入ってしまい「もっと食べたかったのに、もう終わっちゃった…」というイメージが、強くなり過ぎただけなのかもですw
R0067738.jpg

 さすがは日清ラ王PREMIUM、その完成度は伊達ではありませんでしたよ。具材も麺との絡みは今一つだったけど、それぞれの味についてはとても完成度が高かったように思います。なかなかの逸品でしたよ~皆さんも是非とも1度お試しあれ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
エースコック 焼そばモッチッチ 麺が本当にモッチモチ、これ凄いよ!
2017-08-01 Tue 08:18
 先日は「エースコック(公式サイト)」より発売されております「焼そばモッチッチ(商品情報)」をお買い上げしました。モッチッチだなんて妙ちくりんなネーミングではありますが、パッケージには”新食感”と力強く謳われております、その味わいが大いに気になるトコロですな。(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 エネルギーは409kcalとやや控え目の数値ですが、内容量も99g(麺85g)とやや少な目の数値となっております。(参考値:日清焼そばU.F.O. 内容量128g(麺100g))
R0067320.jpg

 麺の茹で時間は5分とのこと、はいな了解。
R0067326.jpg

 中身の様子はこんな感じ、具材は既にぶちまけてあるタイプでした。麺は結構な細麺であります、この細さでも茹で時間は5分指定なんですね。
R0067344.jpg

 普段であれば固麺大好きtakeさんは麺の茹で時間を短縮するのですが、この商品は麺の食感にこだわっておるようなので、今回はあえて5分キッチリで湯切りを行いました。
R0067348.jpg

 次いでソースを投入すべし。甘くスパイシーな香りがします、「日清焼そばU.F.O.(紹介記事)」と似ている様に感じました。
R0067352.jpg

 しっかりと混ぜてソースを全体に馴染ませた後に、ふりかけをかけてやりますれば「焼そばモッチッチ」これにて完成ッチw
R0067363.jpg

 早速麺を手繰って1口食べてみると、麺の歯応えが本当にもっちりモチモチで驚いた!フライパンで調理する、マルちゃんチルド焼そばの麺を思い起こさせる食感で、表面のツルッとした質感も油揚げ麺とは思えぬ仕上がり、この麺は凄いですわ!!味については、麺だけで食べると甘味が強めのごく一般的なソース味ですが…
R0067372.jpg

 鰹節の風味が濃厚に香るこのふりかけが味に個性を出してますね、これまた旨し♪
R0067378.jpg

 具材についてはキャベツのみ、ザクザク歯応え&甘味豊かで味の良いアクセントになってましたよ。
R0067380.jpg

 ただし量はやっぱり少な目ですね、あっという間にラスト一口w 一気にガガッと掻っ込んで大満足で箸を置いたのであります。
R0067383.jpg

 このカップ焼そば、麺の完成度についてはかなりのモノがあるかと思います。油揚げ麺とはとても思えぬ食味で、パッケージに謳われた”新食感”の文字は伊達ではありませんでしたよ。カップ焼そばが好きな人は、この麺は絶対に1度は味わっておくべきでありますかと~是非ともお試しくださいな♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
まるか食品 ペヤング 激辛カレーやきそば&ウルトラデスソース♪激辛激旨
2017-07-23 Sun 11:18
 ”ペヤング”のブランドネームでその名を知られる「まるか食品(公式サイト)」より発売されております「ペヤング 激辛カレーやきそば」、もう何年も前に発売された商品ですが、実はtakeさんこれまで食べた事がありませんでした。メーカーの公式サイトでは商品紹介のページも消去されているようなので、もしかすると既に廃盤扱いなのかもしれません。しかし先日になってドンキで偶然売られていたのを発見し、この機会にと購入してみた次第です。(以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0067044.jpg
R0067051.jpg

 中身の様子はこんな感じ、かやく&ソースという標準的な構成であります。
R0067056.jpg

 まずはかやくを投入しました、鶏挽き肉と共に結構な量のキャベツが入っておりましたよ。
R0067060.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば3分待つのですが、固麺大好きtakeさんは例によって例の如く2分弱で強引に麺ほぐし開始、トータル2分強の茹で時間で湯切りを行いました。
R0067063.jpg

 次いでソースを投入であります。ぱっと見はごく普通のソースに見えるけど、立ち上る香りは確かにカレー風味でしたぞ。さらに袋の端を舐めてみたら、結構な辛さで軽くむせちゃいましたw
R0067068.jpg

 最後にしっかりと混ぜてやりますれば「ペヤング 激辛カレーやきそば」これにて完成なり!
R0067071.jpg

 早速麺を手繰って1口食べてみますれば、味は商品名そのまんまの「激辛カレー味」でございましたw 辛味はスッキリとしており、スパイスの重厚さのようなものは感じなかったです。ベースのカレー味自体もライトな印象でした。また辛さの強度については、さっき袋を舐めた時は結構辛いと感じたけど、完成後の状態だとそこまでのヤバさは感じなかったですよw さらに麺の食感はザクッと強食感で、茹で時間短縮大成功でありました♪
R0067079.jpg

 具材についてはまず大量のキャベツ、豊かな甘味&ザックリとした歯応えが良いアクセントになってましたよ。その他には鶏挽き肉が入っており、こちらは味付け控え目で存在が主張し過ぎていなかったのがtakeさん的には良かったです。
R0067084.jpg

 さぁここで、激辛調味料「ウルトラデスソース(購入記事)」にて更なる激辛化を図りますぞ!
R0067086.jpg

 このカップ焼そばは既にそれなりの辛味を備えており、さらにベースの味もライトな印象なので、ウルトラデスを大量に使用すると味が崩壊してしまいそうな気がしたので、今回は控え目に3滴投入してみました。
R0067087.jpg

 ざっくりと混ぜて食べてみると…むむむ、辛味と共に苦味が一気に増してしまった印象です。ウルトラデスとの相性はあまり宜しくないようです、たまにはこういう事もありますのだw
R0067090.jpg

 デスソースって、使用する料理によってはごく稀に苦味が出てしまう場合があるんですよね。今回のように、ベースの味が軽い料理だと相性が悪い場合が多いように感じています。今回のようなケースも1つの経験になりますからね、これからもウルトラデスと様々な料理との組み合わせに挑戦すべし!



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
日清焼そばU.F.O.ビッグ わさマヨ地獄
2017-07-16 Sun 09:18
 先日は「日清食品(公式サイト)」より発売されております「日清焼そばU.F.O.ビッグ わさマヨ地獄(商品情報)」をお買い上げしました。takeさんはワサビの風味が大好きなので、この商品はむしろ”わさマヨ天国”なのかもしれん♪(以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0066454.jpg

 熱量831kcal、この数字にはちっとビビリましたw
R0066457.jpg
R0066460.jpg

 中身の様子はこんな感じ、ソース&わさびマヨのシンプル構成であります。具材は既にぶちまけてあるタイプで、内容はキャベツのみでありました。
R0066465.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば3分待つのですが、固麺大好きtakeさんは例によって例の如く1分弱の茹で時間で強引に麺ほぐし開始、トータル1分強の茹で時間で湯切りを行いました。…っと、わさびマヨはフタの上で温めてはダメだから要注意!
R0066469.jpg

 次いでソースを投入してやりまして…
R0066475.jpg

 しっかりと混ぜてやるべし。立ち上るこの香りは…もしかするとこの商品、わさびマヨ以外はいたってノーマルの「日清焼そばU.F.O.」かもしれませんです!?
R0066478.jpg

 最後に超たっぷりのわさびマヨをかけてやりますれば「日清焼そばU.F.O.ビッグ わさマヨ地獄」これにて大完成なり~ってか、わさびマヨ量が物凄いですわw
R0066482.jpg

 まずはマヨのかかっていない部分から麺を手繰って一口食べてみますれば、やっぱりこれはノーマルの「日清焼そばU.F.O.」と同じ味ですね~オイリー香ばしい風味とフルーティーな酸味が豊か、安定の美味しさであります♪ちなみに麺の歯応えは通常の柔らかさにまで戻ってしまってました、まぁこの辺りは想定の範囲内。
R0066490.jpg

 次いでわさびマヨをたっぷりと絡めて食べてみると…うっほぉ強烈w 鼻にワサビの風味がツンと抜けて、さらに舌にピリッとくる辛さもあるでしょうか、さらにマヨ本来の酸味とコクも豊か、これはこれは旨辛でしたぞ!
R0066494.jpg

 具材はキャベツのみ、もしかすると量が少な目かしらん。
R0066498.jpg

 さらにモリモリ食べ進むべし~エフンエフンw それにしてもワサビの刺激が強烈であるw 麺を啜る時に要注意、慌てて啜ると激しくむせちまいますよ!
R0066501.jpg

 さてラスト、器の底に残った具材の量はやっぱり少なく、具材量は控え目設定のようですね。既にわさびマヨゾーンは終了していたので最後は恐れることなく一気に掻っ込んで、大満足で箸を置いたのであります。
R0066503.jpg

 この商品、わさびのパンチ力は本当に強烈でありました。わさびが好きな人にとっては、ワサビ風味をエンドレス&強烈に楽しむ事が出来るので、かなりオススメのカップ焼そばでありますかと。本当にやばいレベルのわさび量であります、購入時はくれぐれもご注意をw



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
日清食品 カップヌードル シャンピニオンズ
2017-07-02 Sun 08:18
 先日は「日清食品(公式サイト)」より発売されております「カップヌードル シャンピニオンズ(商品情報)」をお買い上げしました。(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 この商品は「世界のカップヌードルサミット2017」と題して、海外現地のカップヌードル3品を同時販売されたうちの1品です。この他に「ラサ グライ アヤム ムラユ(スパイス香るココナッツカレー味)(インドネシア)」、「XO醤海鮮味 (香港)」が同時発売されたのですが、ココナッツカレー味はなんとなく味の想像がつくし、香港のは以前に「日清食品 カップヌードル 香辣海鮮味 ビッグ スパイシーシーフード(当該記事)」を食べた事があるからパス、という訳でドイツの「シャンピニオンズ」を購入したという訳でございます。
R0066275.jpg
R0066277.jpg

 中身の様子はこんな感じです。パッケージのイメージとはかけ離れた”緑色”なビジュアルで、ちょいと驚きましたですよw
R0066279.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば3分待つのですが、固麺大好きtakeさんは例によって例の如く、30秒程で強引に麺ほぐしを開始して…
R0066284.jpg

 1分程の茹で時間にて、あっという間に完成なりw 完成後のスープもやっぱり緑色をしていますね、パッケージのイメージとはちょいと様子が違いますな。
R0066289.jpg

 まずは麺を手繰りました、ノーマルのカップヌードル麺ですね。最初のうちは芯のあるしっかり歯応えでしたが、食べ進むうちに普通の柔らかさに戻ってしまうのは想定の範囲内w
R0066293.jpg

 スープはマッシュルームの風味が濃厚なポタージュ味で、見た目のイメージよりもマイルドな味わいでしょうか。さらにこれまで未体験の独特な風味も感じます、明らかに別の食文化圏の味で、なんとも面白美味しかった♪
R0066303.jpg

 具材はチキンの他に、スライスされたマッシュルームが大量に入っており、スープの風味に一役買っておりましたよ。
R0066309.jpg

 最後はマッシュルームの香り豊かなスープをじっくりと味わって、大満足で箸を置きました。
R0066317.jpg

 ドイツ料理ってあまり馴染みがないけれど、このカップヌードルを食べるとドイツの料理を食べた気分になれる…かも!?w ドイツ気分を味わえるカップ麺であります、皆さんも是非とも1度お試しあれ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT