ワラビの酢漬けの作り方、超簡単に長期保存が可能!@山菜保存法
2014-06-12 Thu 18:44
 先日、知人から「ワラビを超簡単に、しかも美味しく長期保存する方法があるよ!」と教わりました。これがまた本当に簡単で、さらにガチで美味しかったので急遽ブログにて紹介することとした次第!
オタフク らっきょう酢
オタフク らっきょう酢 posted by (C)take
オタフク らっきょう酢 原料等
オタフク らっきょう酢 原料等 posted by (C)take
 やり方はとっても簡単、アクを抜いたワラビを市販のらっきょう酢に漬けておくだけよw 写真の商品は「オタフクソース株式会社(公式サイト)」より発売されております「らっきょう酢(商品情報)」で、聞いた話だとこの商品を使用すると最も美味しくワラビが漬かるのだそうです♪

オタフク らっきょう酢 レシピ等
オタフク らっきょう酢 レシピ等 posted by (C)take
 「浅漬けは10日頃より召し上がれます」と書かれていますが、実際は漬けてから5日程でも美味しく食べられましたよ。

ワラビの酢漬け
ワラビの酢漬け posted by (C)take
 アクを抜いたワラビを食べやすい長さに切り揃え、写真のようにらっきょ酢に漬けておくだけで5日もすれば美味しく食べられるようになり、さらに保存期間は知人によると1年以上余裕で保存できるとのこと!2年物を味見させてもらいましたが、甘酸っぱくて美味しゅうございましたよ♪

 ここで1つ注意、「わら灰を使用してアクを抜いたワラビじゃないと酢漬けに使えない」と知人は言っていました。しかしワラビの酢漬けについてtakeさんがネット検索してみた限り「わら灰でアクを抜いたワラビじゃないとダメ」という情報はヒットしなかったので、もしかしたらあまり気にする必要は無いかもしれません(もしかしたら保存可能期間に差が出てくるのかも、重曹でアク抜きしたワラビは柔らかくなるので長期保存すると溶けてしまう可能性有り)。わら灰を使用したワラビのアク抜き方法は当ブログでも以前に紹介していますので、参考にして下さい(当該記事リンク)。重曹を使用したワラビのアク抜き方法はこちら(リンク)を参考にして下さい。

ワラビの酢漬け アップ
ワラビの酢漬け アップ posted by (C)take
 これは漬けてから5日ほどしか経っていないのですが、程良い甘酸っぱさで良い味でした。

 ワラビはまだ山で収穫することが出来ます、皆さんも是非とも酢漬けに挑戦してみて下さいな♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | 各種How to | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ハッカ油を利用したオリジナル虫除け剤のレシピ
2013-08-31 Sat 21:47
ハッカ油
 以前、当サイトのリンクにありますブログ「渓で会いましょう(リンク)」管理人のぴょん吉さんに「ハッカ油を水で薄めて首に塗ると最高の虫除け剤になるよ!」って教えてもらったんですよ。試してみると確かに効果絶大で、以来ずっと愛用しておりました。ちなみにハッカ油は薬局で売られています。

 使い方を自分なりに工夫して良い感じのレシピが出来上がったので、ここに公開させて頂きますです。
ハッカスプレー
 まずはスプレー仕様、ハッカ油:水=1:4程の割合で薄めてあります。基本的に水と油は混ざらないので、中で液体が二層に分かれているのが解りますでしょうか!?ちなみに水は水道水に含まれているカルキを嫌い、湧き水を使用しています。

撹拌後
 シャカシャカと振れば水と油でもしっかりと混ざりますのでご安心を。ただ、1:4という濃度は人によっては濃すぎると感じるかもしれません。ぶっちゃけtakeさんもこの濃度だと肌がヒリヒリしますw けど、濃度が高いほど虫除け効果も高いのですよ。なので濃度は各自お好みで調節して下さいな。
 ちなみにネットでは「ハッカ油2cc+無水エタノール10ml+水90ml」というレシピが広く出回っていますが、この濃度では効果がかなり弱いです。肌への影響を考慮したレシピなのだと思いますが、虫除け効果を上げるにはもっと高濃度じゃないと厳しいかと思いますよ。

百均スプレー
 スプレー瓶はダイソーの化粧品小物売り場で売られてます。

ハッカボールペン
 続いては巨大ボールペン仕様w 写真のは原液をそのまま入れてありますが、こちらについても濃度は各自で調節して下さいね。

百均ボールペン
 先端がこんな感じに巨大ボールペンみたくなっていて、液体を肌に塗ることが出来るのですよ。こちらもダイソーの化粧品小物売り場で手に入れることが出来ます。これだとピンポイントで使用することが可能で、衣類などへの臭い移りを避けたい場合に便利です。

百均スポイト
 ハッカ油を瓶から取り出すのにはスポイトを使用します、こちらもダイソーで売られてますよ。

 これらを使用すれば蚊の類いはほぼ完璧に防げますが、アブにはさすがに効果がありません。アブにも通用する虫除け剤、誰か知りませんか!?



にほんブログ村 アウトドアブログへ

別窓 | 各種How to | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
ウドの塩漬け、takeさんち流 @山菜保存法
2013-05-20 Mon 23:31
 今回はウドの塩漬けの作り方を紹介したいと思います。ちなみにこのやり方はあくまでもtakeさんち流ですからね、「どこそこで聞いたやり方と違う!」って言われても( ´;゚;ё;゚)シランガナ!w
切り揃えます
 まずは、漬ける桶の大きさに合わせてウドの長さを大まかで良いので切り揃えます。また、山から切り採ってきた一番下の汚れた部分も切り捨てます。

やらかい
 その時に、固くて食べられないウドが混ざっていないかを確認していきます。このように軽く曲げられればOK。

固い
 力を入れても固く、曲がらないようであればその部分は切り捨てます。大きく育った個体は下の方が硬いので、収穫する段階で柔らかい部分のみ採取するのが良いでしょう。

脇芽は切り捨て
 中間の脇芽は切り捨てます。この作業も収穫時にやっておくべきですな。

先も切り捨て
 一番先の開いた葉っぱの部分は基本的には切り捨てて塩漬けにしますが、根元まで柔らかな個体であればこの部分は天ぷらにして食べることができますので、有効活用して下さい。

 ここからは仮漬けの作業に移ります。
ざっと並べます
 こんな感じで桶に並べていきます。底に水が溜まっているのは、前に漬けてあったウドから染み出してきた水分です。シーズン中はこのように、新たに採ってきたウドをどんどんと上に積み重ねて漬けていきます。ウドを一段並べたら…
ざっと塩
 ざっと塩を振ります、塩をそんなにみっちり敷き詰める必要はありませんが、不安なら多めに使用しましょう。

さらにざっと並べて
 どんどんとウドを並べて塩を振ってを繰り返し、その日の収穫分が終わったら…
それなりに丁寧に塩
 最後は塩をたっぷりと敷き詰めて…
重し投下
 落とし蓋の上に重りの石を置いたらその日の作業は終了です。

 このまま放置し、数日後の状態はというと…
水が出ます
 こんな感じで水分が染み出してきます。シーズン中はここまでの行程を繰り返し、どんどんとウドを積み重ねつつ漬けて行きます。

 山菜シーズン中どんどんとウドを採っては漬けてを繰り返し、夏になってシーズンが終わったら次はいよいよ本漬けの作業に移ります。
洗います
 漬けたウドを流水でざっと洗い、ザルに上げていきます。

水を捨てます
 続いて、底に残った塩を極力流してしまわぬよう注意しつつ、残った水を可能な限り捨てます。

塩は再利用
 残った塩の上に再びウドを漬け直し、本漬けとなります。
 ちなみに、古い水が大量に残っていると本漬け後のウドの色が悪くなります。また、こだわって漬けるなら仮漬けで残った水も塩も全て捨ててしまい、新たな塩で本漬けを行えばウドの色が悪くなることもなく最良の結果を得られます。

 さぁ本漬けを開始しますよ!
丁寧に並べて
 本漬けではウドを隙間無く、可能な限り丁寧に敷き詰めます。一段敷き詰めたら…
丁寧に塩
 塩でびっしりと埋めます。これを繰り返して…
さらに丁寧に塩
 最後は特に丁寧に塩を敷き詰めて、これにて完成!

重し投下
 落とし蓋&重しを投下して…
保存しまする
 あとは水やゴミが入らぬよう蓋をして完成!これで1年以上余裕で保存できまっせw

 takeさんちはこんな感じで山菜シーズンはウドを漬けまくって、一年掛けてじっくり食べ尽くしますw シーズン中に採ったウドはほぼ全て保存に回してしまうので、今食べているウドも実は昨年採れたものなんですよ。今年採れたウドの本漬けが終了する頃に、昨年採れたウドを食べ尽くすって寸法であります♪

 さぁ皆もウドを漬けまくって、平成大不況に喘いでおるこのニッポンを共に生き抜こうではないかっ!www

 ちなみにワラビの塩漬けの作り方の紹介記事はこちら(リンク)、根曲がり竹の瓶詰めの作り方の紹介記事はこちら(リンク)、乾燥ゼンマイの作り方の紹介記事はこちら(リンク)になります、これら記事も併せてどうぞ♪

にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | 各種How to | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
キノコの下処理 ナメコ編 @山菜下ごしらえ
2011-11-26 Sat 08:18
ナメコ
 今回は山で採ってきたナメコの下処理のやり方を紹介したいと思います。あくまでもtakeさんち流のやり方ですのでご了承下さい。

 まずは育って傘が開いたナメコについて、虫に食われたりして汚れた部分を大胆にカットします。
表
裏
 表裏共このような感じで、綺麗なところだけ残しましょう。

これはアウト
 このように、汚れていかにも不味そうなのは捨ててしまいます。

 続いて、傘の開いていないナメコの場合。
根元を…
 木に生えていた、根本の固い部分を切り落とします。

切り落とす
 こんな感じになればOK。

 上記の作業を行いつつ、ナメコに付いたゴミを可能な限り除去しておくと良いでしょう。

第一段階終了
 全てのナメコをあらかた綺麗にしたら…
お塩投下
 塩をぶっかけます、量は写真を参考にして適当に。

お水少な目
 続いて水を少量入れます、量は写真を参考にして適当に。

 そしたらお次は…
ガシガシ洗うよ
 ガッシュガッシュと豪快に洗います!

お水追加
 さらに水を流し入れつつしっかりと汚れを除去!

 この「塩を入れる→流水で洗う」の行程を二回ほど繰り返します。

一つ一つ洗うよ
 最後の仕上げに、ナメコを一つ一つ流水で綺麗に洗えば汚れ落としの作業は終了。

お水少な目
 お次は鍋に入れて、水も少量入れます。量は先ほど水洗いした時よりもやや少ない程度。

焦がさないように
 焦げ付かないようにかき混ぜつつ中火で加熱します。

泡立ってきたらおk
 沸騰して泡立ってきたら…
醤油で味付け
 最後に醤油で軽く味付けをします。

冷めたら完成
 そのまま冷まして完成!このまま食べても良し、冷凍すれば長期保存も可能です。また醤油で味付けしてありますので、このままでもそれなりに日持ちします。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

別窓 | 各種How to | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
キノコの下処理 ムキタケ編 @山菜下ごしらえ
2011-11-25 Fri 13:21
 今回は山で採ってきたムキタケの下処理のやり方を紹介したいと思います。あくまでもtakeさんち流のやり方ですのでご了承下さい。

固いところを切除
 まずは写真の親指があたっているとこ、木から生えていた固くなっている部分をハサミでカットします。

こんな感じ
 こんな感じでサックリと。他にも虫に食われていたりとか、傷ついて汚れている部分も大胆にカットします。
 またこの段階で縦に裂いてみて、断面に黒いシミがないかチェック。万が一シミがあったら「ツキヨタケ」という毒キノコなのでゴミ箱行きです。

丁寧に洗って
 続いて流水にて、ヒダに沿うように水を流して丁寧にゴミを洗い落としつつ虫食いがないか更にチェックします。

虫食い
 写真判りづらいかもしれませんが、中央ヒダの間が虫に食われています。周囲に虫がいないかチェックし、場合によっては虫食い部分を切除します。

火にかけます
 続いて水から火にかけて…
一煮立ちで完成
 さっと一煮立ちしたらOK!

 これにて下処理は終了、あとは料理に使うなり冷凍保存するなりご自由に♪保存する場合はザルなどに広げて水気を切った後、ジップロックなどで冷凍保存しましょう。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

別窓 | 各種How to | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT