FC2ブログ
宇津尾ベト久と白蛇の伝説が伝わる「白蛇の祠」へと行って来ました!
2018-08-22 Wed 18:18
 先日アウトドア活動をしている最中に、なんとも興味深い伝説の伝わる祠を発見致しました!その場所はですね、大貫から中ノ俣へと至る県道199号を中ノ俣方面へと走っていると、下の地図の場所で右へと分岐している箇所があります。県道に車を停め、この細い道を徒歩で上がってすぐの右側に…(以下の写真は全てクリックで拡大可)



 下の写真のような場所があります。小さな看板が立ててありまして…
P4303704.jpg

 近くで見るとこんな感じ、さらに寄ってみると…
P4303708.jpg

 この土地に伝わる「宇津尾ベト久と白蛇」の伝説が書かれておりました!内容をザックリと書くと、宇津尾に「ベト久」と呼ばれる家が二百数十年前にあったのだそうで、家族は老婆と息子二人、娘一人の四人で暮らしていたとの事。ある日、家の近くに水田を掘ろうと作業を始めると、ある晩になって兄が不思議な夢を見たのだそうな。それは今掘っている水田の夢で、一匹の白蛇が土の中から現れて「私はこの場所で長いこと修行している蛇です、この土地を掘るのをやめてほしい」と頼まれた。弟も同じ夢を見て二人はすっかり気味が悪くなり「田を掘るのをやめよう」と話したんだけど、老婆はそれを受け入れず、仕方がないので田を掘り続けたのだそうな。すると土の中から白蛇がむくむくと姿を現した!それを見た兄は、なんと白蛇をクワで遠くへ投げ飛ばしてしまった!!すると兄と老婆は急死してしまい、弟も目が見えなくなって終いには気が触れてしまいました。そこで親類達が相談し、寺町三丁目にある「日枝神社(詳細情報)」の神主に依頼して祈祷してもらう事となった。神主は「この願いを聞き入れて弟から離れれば、神として祭ってやる。聞き入れなければ弓で殺す」と祈ると、白蛇は願いを聞き入れると言った。神主は「神に祭るが、神には神徳というものがある。お前は何を神徳とするか」と問うと、白蛇は「それでは腰から下の病を治すので、私の修行していた場所に祭ってもらいたい」と言ったので、注文通りに小さい石の祠を建立したのだそうな。その祠がなんと、今でもそこに残っておるとのこと!
P4303711.jpg

 という訳で、白蛇様の祠へと早速行ってみましょう!
P4303717.jpg

 看板の示す矢印の先に、小さな階段がありました。その階段を上っていくと…
P4303720.jpg

 やがて道は右へと折れます。
P4303723.jpg

 そのすぐ先にも、再び小さな階段が現れて…
P4303727.jpg

 そこを上がった先に「白蛇の祠」が姿を現しました!
P4303728.jpg

 祠を正面から眺めるとこんな感じ、ミニサイズでなかなか可愛らしいですな。
P4303731.jpg

 透明のケース内にあるのは剣のようです、宝剣の類か何かでしょうか!?
P4303739.jpg

 祠の向かって右側には何か漢字が彫り込まれておるようです、「**大明神」と読めますね。
P4303743.jpg

 向かって左側にも漢字が彫り込まれておるようですが、こちら側は風化してしまって文字は判別出来ませんでした。
P4303744.jpg

 横から引いて撮影した写真も一枚載せておきます。
P4303746.jpg

 説明書きの看板からほんの数分歩くだけで祠へと行けるので、皆さんも気軽に行ってみると良いですよ。腰から下の病に悩んでいる人は、祠の白蛇様にお願いするときっと治してもらえる事でしょう♪



ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 神社仏閣など | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
善光寺御開帳に行ってきました!
2015-05-19 Tue 20:24
 先日は響さんと一緒に「善光寺御開帳(公式サイト)」に行ってきました!善光寺の御開帳とは、秘仏である御本尊の御身代わりである「前立本尊」のお姿を拝むことが出来る七年に一度のイベントです。本堂前に高さ約10mの「回向柱」が立てられ、その柱は前立本尊の御手と「善の綱」によって結ばれています。その柱に触れると”前立本尊に触るのと同じ御利益がある”と信じられており、その柱に触ってくるのが今回のミッションなのだねw
北陸新幹線
 この日は休日で善光寺には大勢の観光客が押し寄せると予想されたので、新幹線で朝の8時に長野入りしました。ってかこの日初めて北陸新幹線を利用したのですが、長野まで本当にあっという間で驚きましたよ!

長野駅 御開帳の様子
 長野駅は御開帳ムード一色でありました、何せ七年に一度の大イベントですからね!

表参道
 長野駅から参道を歩いて徒歩で善光寺に向かいます、気合いを入れて早い時間に行ったつもりでしたが既に結構な人出で驚きいましたよ。

仁王門
 やがて善光寺が近づいてくると、回向柱に触る行列の最後尾が見えました。関係者の人が持つプラカードにはなんと「90分待ち」と書かれてました、朝8時でもこの待ち時間とは!列に並び、辺りの景色を眺めながらのんびりと参道を進みます。ちなみに目の前に見えているのは仁王門ですね、中には阿吽の仁王像が祀られております。

阿行
 (`□´#) アー!w

吽行
 (#`ω´) ン゙ーー!!www

山門
 仁王門を過ぎるとやがて山門が見えてきました。門の窓には人影が見えます、どうやら中に入ることが出来るようですね!せっかくなので帰りに山門の中を覗いてみるべしw

何かがやって来る!
 っと、いきなり警備の人達から「真ん中をあけて下さい!」と言われました。一体何が始まるのだと待っていると、お寺の方から見るからに徳の高そうなお坊様がやって来て、数珠を持った手で皆の頭を撫でております(写真撮影不可)。もちろんtakeさん達も撫でてもらいました、意味はよく解らないけどなんか得した気分w
 後になって調べてみたら、これは「お数珠頂戴(詳細情報)」という儀式で、毎朝行われているのだそうです。思いがけぬイベントに出会えてこれまたラッキーでした♪

平成27年 善光寺 回向柱
平成27年 善光寺 回向柱 posted by (C)take
 そうこうしているうちにようやっと回向柱にまで辿り着きました、柱をしっかりと撫でてきましたですよ~何卒御利益ありますようにw

善光寺 山門からの眺め
善光寺 山門からの眺め posted by (C)take
 回向柱に触れた後は山門に上ってきました、まだ朝の9時半だというのにこの人出ですからね!

平成27年 世尊院釈迦堂前 回向柱
平成27年 世尊院釈迦堂前 回向柱 posted by (C)take
 また、善光寺の御開帳には実は2本目の回向柱が存在するのです!「世尊院釈迦堂(詳細情報)」の前にも一回り小さいサイズの回向柱が立てられ(詳細情報)、両方の回向柱を触ることによって現世(釈迦堂)と来世(本堂)の幸せがかなうとされています。こちらの方は行列も短いですし、両方触っとかなきゃソンですよw

八幡屋礒五郎
八幡屋礒五郎 posted by (C)take
横町カフェ 緑カレー(ベジタブル) アップ
横町カフェ 緑カレー(ベジタブル) アップ posted by (C)take
 この日のランチは善光寺を出てすぐの所にある七味唐からしの専門店「八幡屋礒五郎(店舗サイト)」内で営業している「横町カフェ(店舗サイト)」でカレーを食べてきました。こちらの詳細につきましては後日グルメ枠の別記事で詳しく紹介しますね、ジャパニーズスパイス専門店が作ったカレーはなかなかの味でしたぞ♪

イベント開催中
 帰り道は参道をのんびりと歩きながら帰りました、歩行者天国になっていて見所が沢山ありましたよ!

自衛隊広報ROOM
 さらに途中には「自衛隊表参道広報ROOM(詳細情報)」なる施設を発見しました、なんかえらくゆるい雰囲気ですなw

しんちゃん
 自衛隊のゆるキャラもおりました、最近の自衛隊はなかなか面白い方向にベクトルを向けておるようだねwww

 なこんなで善光寺御開帳を堪能してきたのであります!御開帳の期間は今月いっぱい、七年に一度の貴重なイベント期間ですよ~皆さんも是非一度足を運んでみて下さい♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 神社仏閣など | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
弥彦神社の御朱印帳&御朱印ゲット!
2012-09-13 Thu 22:04
 takeさんは見習いレンジャー、山菜サーチや投網シュートなど狩りに関するスキルをメインとしてこれまで習得してきました。このままGMレンジャーを目指して修行を続けても良いのですが、ここであえてスキルの幅を広げてみようということで…
彌彦神社
 日本各地にある”聖なる神殿”を巡り、徳の象徴である”御朱印”を集めて賢者を目指すのじゃーwww

 …ってな訳でw 御朱印収集を開始したtakeさんなのであります!
 ちなみに「御朱印(ごしゅいん)」とは神社やお寺でいただける墨書・押印をした印のことで、一般的には「参拝した証」としていただくものです(厳密には違う意味合いらしいです)。「記念スタンプ」とは全く異なり、寺社で授与されるお札などと同等とされ「粗末に扱うべきではない」とされています。(御朱印について参考リンク

弥彦神社 御朱印帳
弥彦神社 御朱印帳 posted by (C)take
 先日のグルメツーリングの時(当該記事)に弥彦神社にて、まずは御朱印収集の要となる「御朱印帳」を入手しました。

弥彦神社 御朱印
弥彦神社 御朱印 posted by (C)take
 こちらが弥彦神社でいただいた御朱印です、初御朱印が越後一宮というのもなんとも縁起が宜しい♪

 さて旅のお楽しみがまた一つ増えました、これからは大きなお寺なんぞ見かけたらついつい寄ってしまいそうです。さぁこれからはあちこちの寺社を巡って徳を積んで、takeさんもそのうち魔法が使えるようになるかも!?w

ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 神社仏閣など | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
日本最古のピラミッド「皆神山」長野最大のミステリーに挑む!&加賀井温泉一陽館
2011-11-20 Sun 16:06
ピラミッド
 皆さんは長野県長野市松代に「日本最古のピラミッド」が存在しているのをご存じでしょうか。そのピラミッドは現在”皆神山(詳細情報)”と呼ばれて山頂には皆神神社が祭られており、地域住民による山岳信仰の対象として崇め奉られています。
 しかし神社などが祭られたのはあくまでも近代の話、皆神山とは超太古の時代に古代の神々の手によって造られたピラミッド=現存する古代の超オーバーテクノロジーの証なのである!

集合!
 今回はその真実に迫るべく、当サイトのリンクにありますブログ「引出し(リンク)」管理人の3Y5隊員と共に皆神山の真実を探る旅へと向かったのであります。

出発!
 というわけで出発進行!

 まずは腹ごしらえじゃ!というわけで向かった先は…
元祖つけめん丸長
元祖つけめん丸長 posted by (C)take
 中野市にありますつけ麺で有名な「元祖つけめん丸長(店舗サイト)」に行ってきました!

 3Y5隊員「せっかく長野まで来たんだからここは軽く普通盛りで我慢してさ、もう一件ハシゴしようよ!」

 連食なんてメタボ発想もいいとこ、そんな無茶喰いなんていたしませんよっ!と思ってたんだけど…
二軒目じゃ!
 やっぱし二杯目いっとくぅ!?w

 実は前からめちゃくちゃ気になってたメニューがあったんですよ、それは…
麺者我楽
麺者我楽 posted by (C)take
 長野市にあります二郎系ラーメンで有名なラーメン屋さん「麺者我楽(店舗情報)」ここんちの混ぜそばを食べてみたくてしょうがなかったのだ!

 これらグルメネタに関しては後日グルメ枠の別記事にて紹介します。

 さて、十分すぎるくらいお腹を満たした後は…
皆神山
 見えてきました、中央盛り上がっているのが皆神山ピラミッドであります!

皆神山 上から
 上空から撮影された写真をみるとその独特な形状がよく解るかと思います。明らかに不自然な形で土地が盛り上がっています、これこそが古代神による超テクノロジーによってピラミッドが形成された証拠!

皆神神社入口
 っと、ここから車で頂上まで上がっていけます。車一台がやっと通れるような細い林道を注意深く進んでいくと…
岩戸神社入り口
 途中、林道脇に階段があります。ここを上がると…
岩戸神社
 ここがピラミッドの入り口!現在では”岩戸神社”と称してその入り口を封印されていますが、かつてはここからピラミッド内にアクセスすることが出来たのです。

林道を登ります
 さらに林道を上がっていくと…
皆神神社 駐車場
 頂上には広い駐車場があります。ところでここに至る林道の途中、道の脇に…
皆神山 看板
皆神山 看板 posted by (C)take
 この立て看板が設置されていました。「皆神山は今から35万年前に…輝石安山岩の火山である。」などともっともらしいことが書かれていますが…インチキであります。

 皆神山ピラミッド、その真実の歴史は駐車場に設置された看板に記されているのです。早速見てみましょう…
皆神神社 駐車場 皆神山ピラミッド看板1
皆神神社 駐車場 皆神山ピラミッド看板1 posted by (C)take
 「皆神山の造山方法は…初歩的な重力制御技法…堆積土砂石を浮場させて空間移動させるというダイナミックな方法でした」これこそが真実の歴史!現在では失われてしまった超テクノロジーによる建造物なのであります!!

 また、ピラミッドの活用方法については…
皆神神社 駐車場 皆神山ピラミッド看板2
皆神神社 駐車場 皆神山ピラミッド看板2 posted by (C)take
 「…皆神山は、神々が活躍した基地であり、宇宙船で現われたり…」そう、皆神山ピラミッドとは即ち”宇宙船発着基地”なのである!
 ピラミッドを形成する土砂石がその自重によりねじれることによって摩擦発生=起電=電磁波が生じ、この磁力と重力制御によって古代宇宙船が離着陸を行ったのです。

 それらを裏付ける証拠と思われるものは各所に見受けられます…
山門
 この見事な山門、神社の規模と比べて明らかに不釣り合いです。溢れるピラミッドパワーを抑えるためにはこれだけの施設が必要とされたのでしょうか!?

クロサンショウウオ産卵池
 山門の脇には全国的にも珍しい「クロサンショウウオの産卵池」があります。これも強力な磁力異常による特殊な現象であることに間違いありません。

拝殿
 拝殿もこれまた不釣り合いに豪華、もう何もかもが怪しく見えます!

参拝の作法
 必要以上にうやうやしさを強要する参拝マナー、ここにも何らかの意図を感じるのですが…!?

皆神神社 御神木
皆神神社 御神木 posted by (C)take
 ご本尊の裏にはご神木が、強大なピラミッドパワーにより立ち枯れてしまったのに間違いありません。

謎の井戸
 更に奥には謎の石組みの井戸があります。この周囲では磁場の狂いが特に酷く、方位磁石がぐるぐる回転してしまうと言われています。今回うっかり磁石を持って行くのを忘れてしまい検証できませんでしたザンネン!

 これだけの証拠を見せつけられても、takeさんはこちらが宇宙船の発着基地であるという事に実は半信半疑でした。しかし、ここが宇宙船の基地であることを裏付ける確たる証拠に気がついたのです!それは…
ゴルフ場
 皆神山ピラミッドの頂上はゴルフ場となっているのですが、はっきり言ってこのような場所にわざわざゴルフ場なんてナンセンスな話…そう、この丁寧に整地されたグリーンこそが宇宙船の発着地なのです!これこそが揺るぎない事実っ!!

 …今回の旅はとてもハードでした。ラーメン連食の次は強大なピラミッドパワーの洗礼を受けてtakeさん達は疲労困憊、帰りは温泉に寄っていくこととしたのであります♪
加賀井温泉一陽館
 長野市松代にあります「加賀井温泉一陽館(詳細情報)」にお邪魔してきました!

 こちらの温泉は建物の直ぐ脇に源泉が湧き出しているのが特徴。
源泉ノーマル状態
 白く泡立っているように見えます、炭酸ガスが含まれているんですね。なので湯が肌にアワアワとまとわりついて入浴効果もより高まるのだそうです!

 ここは紛うこと無き沸きたて直の源泉なので、お湯の状態もその時々によってダイナミックに変化します。今回ラッキーにもその変化の瞬間に立ち会うことが出来ました!
源泉パワーアップ状態
 強烈に吹き出す泡がなんとも迫力満点!一時間のうちのほんの数分程度、このようにお湯が沸き返ってなんとも豪快な光景になるのだそうです(沸騰しているわけではないデス)。

 こちらの温泉は成分に鉄分を多く含んでおり、それが酸化することによって湯の色は真っ茶色です(露天風呂)。温泉成分がとても濃いので入浴効果も抜群!素晴らしいお湯に大満足でありました♪

 いやはや今回はなんとも濃ゆい旅でありましたよ。ラーメン二杯にピラミッドパワー、さらに濃厚温泉パワー充填でtakeさん鼻血が出そうっすw たまにゃこんなへんてこ旅行も楽しいですね、また何処か面白スポット見つけたら遊びに行ってみようっと!

ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 神社仏閣など | コメント:6 | トラックバック:1 | top↑
大清水観音に参拝!
2010-09-10 Fri 19:27
出発進行!
 以前に不思議な体験をして以来(当該記事)すっかり神仏に目覚めてしまったtakeさんです、昨日は柏崎との市境の山奥に居って日本海を見下ろしてらっしゃる観音様「大清水観音(参考情報)」へと参拝してまいりました。
 こちらの観音様、辺鄙な場所に存在するにも関わらずその規模はとっても大きなもので、以前からtakeさんも注目しており今回の来訪は二度目となります。

 ちなみに、大清水観音の具体的な場所についてはこちらリンクをご参照下さい。

細い林道を2km
 こちらの観音様、R8から2kmも林道を進んだ奥地にいらっしゃいます。かつてはこの神社を管理するための小さな集落が近辺に存在していたとのこと、神社の規模の巨大さを伺うことが出来ますね。

目印の看板
 この看板が目印、R8を右へ折れて林道に入ります。

分かれ道
 右の小道は歩行者用、左の広い道は自動車用です。もう5年以上も前になりますか、前回こちらに訪れた際は左の自動車用道路が土砂崩れで崩壊しており、右の歩行者用道路にパジェロミニで突入しましたw 今回はおとなしく、左の自動車用道路を進みます。
 実は右の細い方の道が昔からある本来の道で、山門へと繋がっています。左の道は新しいもので、山門とは逆側に繋がっています。 

細い林道を進みます
 つづら折れの林道を進むと…

到着! 
 到着!けっこう広い駐車場です。

大泉寺(大清水観音)文化財案内板
大泉寺(大清水観音)文化財案内板 posted by (C)take
 案内板ですね、画像クリックで拡大等が可能です。

ここは三番霊場 
 越後三十三観音霊場というのをご存知でしょうか!?霊場といえば四国霊場などが有名ですが、こちら越後霊場も鎌倉幕府の北条時宗が定めたと言われる由緒正しきものです(参考情報)。こちらはその33ある霊場のうちの3番目というわけですね。 越後三十三霊場巡礼…ちょっと興味あるんですけどね、俺にはやり切れないだろうなぁw

中越沖地震復興状況 
 あらまなんと、中越沖地震の震災にあっていたとわ!前回こちらを訪れたのはもう5年以上前だったので、震災のことはまるで頭になかったので驚きました。ほぼ復興を終えたようなので一安心です。

大泉寺 本堂 
 こちらが大泉寺の本堂、今になって思い出したけど、本堂にお参りするの忘れてたw

大泉寺観音堂 
 こちらが観音堂になります。

大泉寺観音堂 案内板
大泉寺観音堂 案内板 posted by (C)take
 観音堂の案内板ですね、画像クリックで拡大等が可能です。

観音堂入り口 
 お、観音堂は中に入れるようです。前回来たときは山門とかちゃちゃっと見ただけで帰っちゃったから気がつかなかったなぁ。

観音堂内部 
 観音堂内部です、霊場巡りの際はこちらで判子を押すみたいですね。

お参りしましょ 
 お参りしましょ。何をお願いしたかは確か人に言っちゃいけないんだよね!?

観音様 
 観音様です。

仁王門 
 こちらが山門(仁王門)です、先程の右側の方の細い道を上がってくるとこちらに直接到着します。そっちが昔からある本来のメインストリートなのですね。
 この山門に設置された仁王様がこれまた大迫力なんですよ!ここに初めて来たときは、こんな山奥に何故にこんなに巨大な仁王様が居るのかとしこたま驚きました。

云像様 
 口を閉じた”吽像”です、迫力が写真だといまいち伝わりきれんなぁ。

阿像は入院中 
 口を開けた”阿像”は震災のケガでまだ入院中とのこと。この秋に退院できるみたいですね。

功徳水看板 
 お、清水が湧いているみたいですね、行ってみましょう。

功徳水 
 冷たくてとっても美味しかったです!もしかして、”大清水観音”の名前の由来になった清水なのかな!?

石佛群看板 
 石佛群なんかもあったりして。

石佛群 
 周囲をぐるりと小さな石仏が囲んでおり…

中心におわす石佛隊長殿 
 その中央には巨大な石佛隊長殿が!

お地蔵様 
 お地蔵様群も発見、一番左のお地蔵様だけ何故だか帽子が白いw

震災の爪痕 
 あらま石灯籠が倒れています、震災の爪痕は未だ残っているようですね。

柿崎の街並みを一望!
 ひとしきり見て回って、今回はこんな感じでしょ!柿崎の街並みを見渡せる展望台でひと休みして、これにてお開きとしました。歴史ある観音様からパワーを頂いて、takeさんも微妙にレベルアップしたかも!?さーて次は何処にお参りに行きましょうかね♪
別窓 | 神社仏閣など | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT