ブランジェリーウーフ 素敵なパン屋さん、栄養士の考えたヘルシー料理も提供してます!@shop data
2016-12-02 Fri 08:18
 先日は響さんと一緒に直江津の春日新田にあります「ブランジェリーウーフ(Boulangerie Oeuf)(店舗facebook)」に行ってきました!
ブランジェリーウーフ

 ブランジェリーウーフ(Boulangerie Oeuf)(店舗facebook
 新潟県上越市春日新田5-16-20
 025-520-8789
 営業時間 09:00~21:30(LO) 通し営業
  ランチ 11:00~14:30(LO)
 夜カフェ 18:00~21:30(LO)
 定休日 月曜日・第3日曜日



 「ブランジェリー」はフランス語で「パン屋さん」という意味で、こちらのお店も基本的には”パン屋さん”という事になるのでしょう。また下のチラシでは「金土のみ夜カフェ営業」と書かれていますが、2016年の12月1日からは夜カフェ営業を毎日行っております。(画像クリックで元サイズ表示)
IMG_1006.jpg

 さらにこちらのお店では、栄養士が考えたこだわりのランチメニューも提供されております!ってな訳でこの日はランチタイムにお店へと訪れました。(画像クリックで元サイズ表示)
ランチ営業について

 店内入るとまずはパン売り場が目に入りました、可愛らしいパンが多数売られておりましたよ。(画像クリックで元サイズ表示)
IMG_1318.jpg

 パンの種類毎に再加熱の仕方などが詳しく紹介されてました、これはなかなか参考になりますね!(画像クリックで元サイズ表示)
IMG_1329.jpg

 またこちらのお店は、糸魚川にあります人気洋菓子店「フェルエッグ(shop data記事)」の商品も販売されています。さらにこちらのお店の料理には、フェルエッグで使われているSP鶏卵”ピュアエッグ(詳細情報)”を料理に使用しているのだそうです!栄養士が考えたスペシャルメニュー&スペシャル鶏卵、こりゃ最強の組み合わせでしょ♪(画像クリックで元サイズ表示)
IMG_1315.jpg

 飲食スペースは席毎にすだれで仕切られており、プライバシーがそれなりに確保されているのが良かったですね。
IMG_1011.jpg

 続いてメニューチェック!左側には様々なプレート料理が並んでおり、中でも上から2番目「美活 One プレート」が栄養バランス的にも優れてそうでイイ感じ!という訳で響さんはそちらを注文であります。takeさんはメニュー右のパスタが気になる、どうせならピュアエッグをガッツリ使用したのが良いなと「ピュアエッグのカルボナーラ」を頼みました。(画像クリックで元サイズ表示)
IMG_1020.jpg

 ふむ、1つ¥97でパンも頼めるのか…こちらについては後で腹具合と相談してだなw(画像クリックで元サイズ表示)
IMG_1028.jpg

 次いで料理のご紹介、まずはtakeさんが頼んだパスタの前菜でございます。一番左は「さかな豆の豆腐仕立て」お豆の風味が非常に濃厚で、大変ヘルシーな味わいでした。中央は「自家製ライ麦パンに豚のレバーペースト」レバーペーストが豊かなコクでこれまた旨かった!一番右のは確か「チアシードとマンゴー、グレープフルーツのエスプレッソ」だったかな、柑橘系の爽やかなお味でこれまた美味しゅうございました♪
IMG_1063.jpg

 サラダは甘味と酸味の効いたドレッシングが美味しかったですよ。
IMG_1065.jpg

 でもってお楽しみのカルボナーラはこんな感じ、チーズがたっぷりでこれまた素敵ビジュアルであるw
IMG_1126.jpg

 引いた全体像はこんな感じです。お皿の縁にまでチーズがトッピングされておりますね、もちろん残さず頂きまっせ!
IMG_1157.jpg

 早速パスタをクルクルして一口頂きます、乾麺独特のコチッとした歯応えでなかなか美味しゅうございましたよ。でもってソースがtakeさん好みの濃ゆい味でこれまた旨かった!チーズの風味が非常に濃厚で、さらに卵黄のまろやかな旨味もしっかり、これはこれはtakeさん好みのどっしり味でございました♪
IMG_1204.jpg

 ベーコンも香ばしオイリーな風味でこれまた旨し。
ベーコン旨し

 お皿の縁に盛られたチーズも忘れずに活用すべしw
モッタイナイ!

 でもって追加のパンもやっぱり注文しちゃいました、だってたったの百円だし!ちなみにパンのチョイスはお店の人にお任せで、今回は「ポピーシードロール」でした。
IMG_1284.jpg

 表面はケシの実がたっぷりプチプチ、中はモッチモチの歯応え♪
IMG_1294.jpg

 何しろこのパスタはソースが最高に旨かったので、パンを使って一滴残さず喰らい尽くすのであるw
あぁモッタイナイ!!

 続きましては響さんが頼みました「美活 One プレート」を紹介します、色鮮やかな盛り付けでこれまた美しい!ちなみに内容は日替わりのようです。
IMG_1089.jpg

 引いた全体像はこんな感じ、パンとスープの他に「上越産野草酵素”萬葉ドリンク”(詳細情報)」がセットになります。
IMG_1100.jpg

 盛り付けの様子が解りやすいよう響さんが全体を整えてくれました、これまた感謝!左から反時計回りでサラダ、ソーセージ、ピクルス、キッシュ、フルーツですね。(画像クリックで元サイズ表示)
IMG_1214.jpg

 takeさんもそれぞれ味見させてもらったのですが、まずはソーセージがハーブの香りしっかり&肉そのものの旨味も豊かで旨かった!
IMG_1227.jpg

 キッシュもバターの風味豊か、柔らかな歯応えでこれまた美味しかったです。
キッシュ旨し
 さらに写真撮り忘れてしまったけど、茹で卵のピクルスが旨かった!優しい酸味で初体験の味わいでしたよ♪

 パンは手前が「クロワッサン」ですね。奥のは「ラウゲン プレッツェル」ドイツのパンで、密度しっかりムッチリ食感で満足の食べ応えでしたぞ。
ドイツパン旨し

 「萬葉ドリンク」はいかにも身体に良さそうな滋味溢れる味なんだけど、甘味もあり飲みやすくてこれまた宜しかったです。
萬葉旨し

 食後はさらにレジ前の売り場を観察すべし。さっき飲んだ「萬葉ドリンク」の原液が売られていたんだけど、なんと720mlで¥9000もするんですって!
IMG_1324.jpg

 ショーケースには「美活 One プレート」で使用されていたオリジナルのソーセージも売られてました、今度来た時はお土産に買って帰ろうかな♪(画像クリックで元サイズ表示)
IMG_1306.jpg

 最後に駐車場について、お店前の駐車スペースの他にも車を止められる場所があようですね。
IMG_1001.jpg

 そんなこんなで、どの料理も素材の味を存分に活かしたヘルシーな味わいで大変美味しゅうございました。”栄養士が監修したメニュー”というのも納得、盛り付けの美しさも印象に残っていますね。またこちらのお店はそもそも「パン屋さん」なので、今度はパンをガッツリ買い込みに来るのも悪くないかもしれんw とっても素敵なお店であります、皆さんも是非1度来店してみて下さいませませ♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越のパスタ系、イタリア&フランス料理 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
森のレストラン フォレスタ 三和区にあります超和やか雰囲気イタリアンのお店♪@shop data
2016-08-17 Wed 08:18
 新井柿崎線の三和区、錦交差点に設置されております「世界一のボンゴレ!」を謳う大胆なこの看板、以前からその存在が大いに大いに気になっておりましたw 世界一と言い切るそのお味、いつか絶対に味わってみたいぞと思っておったのですが…
森のレストラン フォレスタ 店舗看板
森のレストラン フォレスタ 店舗看板 posted by (C)take

 先日ついに、三和中学の裏手にありますイタリアンのお店「森のレストラン フォレスタ(店舗サイト)」行ってきましたですよ!
森のレストラン フォレスタ
森のレストラン フォレスタ posted by (C)take

 森のレストラン フォレスタ(店舗サイト
 新潟県上越市三和区島倉2537
 025-532-2000
 営業時間 11:30~14:00/(夜は予約制)17:00~20:00(LO)
 定休日 月曜(祝日の場合は翌日)、時々不定休



 おぉ、店舗のお隣には見事なテラス席が用意されておりました!テラス席からは、全国的に絶滅の恐れが出ている稀少な植物「オニバス(参考wiki)」が自生している「谷内池(詳細情報)」を眺める事が出来ます。美しい池を眺めながら食事が出来るとは、釣り師的にも要注目なお店でありますなw
森のレストラン フォレスタ テラス席
森のレストラン フォレスタ テラス席 posted by (C)take

 店内の様子はこんな感じです、木のぬくもりを感じる癒しの空間でありましたよ♪
森のレストラン フォレスタ 店内の様子
森のレストラン フォレスタ 店内の様子 posted by (C)take

 続いてメニューチェック、画像クリックで拡大等が可能ですよ(PC表示のみ)。
 さぁいきなり「世界一のボンゴレ」の登場であります、とりあえず注文はこれしかないっしょ!通常のボンゴレロッソの他に、野菜をたっぷり使用した「スペシャル・ロッソ」なんてSPメニューがあるんですね、せっかくなのでこちらを頼むべし。…中央下に「パスタの大盛り、1.5倍…+300円、2倍…+500円」なんて書かれてるけど…イカンイカン、食べ過ぎ注意でありますよ!w
森のレストラン フォレスタ メニュー1
森のレストラン フォレスタ メニュー1 posted by (C)take

 ふむ、オリジナルのソースとチーズをふんだんにのせたピッツァもあるのか…ミニサイズだったら15cmだし…いやイカンイカン、そんなに頼んじまったらデブッチョまっしぐらだぞいw
森のレストラン フォレスタ メニュー2
森のレストラン フォレスタ メニュー2 posted by (C)take

 セットメニューなども用意されております、さらにメニュー右下にある「新幹線の車内販売限定のアイスクリーム」もこれまた気になりますな。
森のレストラン フォレスタ メニュー3
森のレストラン フォレスタ メニュー3 posted by (C)take

 これは…手作りの箸とスプーン!?イタリアンのお店には全く似つかわしくないアイテムも販売されております、これまた興味深い…
森のレストラン フォレスタ メニュー4
森のレストラン フォレスタ メニュー4 posted by (C)take

 っと、メニューをじっくりと眺めておる間に、待ちに待ったパスタが完成致しましたぞ~結構な盛りの良さでこれまた素敵w
森のレストラン フォレスタ スペシャル・ロッソ アップ
森のレストラン フォレスタ スペシャル・ロッソ アップ posted by (C)take

 引いた全体像はこんな感じです、ここんちのパスタは全品サラダ付きであります。
森のレストラン フォレスタ スペシャル・ロッソ¥1500
森のレストラン フォレスタ スペシャル・ロッソ¥1500 posted by (C)take

 まずはパスタをクルクルして頂くべし、ムッチリとした歯応えでなかなか美味しゅうございましたよ。
森のレストラン フォレスタ スペシャル・ロッソ パスタアップ
森のレストラン フォレスタ スペシャル・ロッソ パスタアップ posted by (C)take

 ソースはトマトのフレッシュな酸味が豊かでこれまた美味しゅうございました!さらに具材に使用されているハマグリの旨味がたっぷり溶け込んでおるのですよ、滋味溢れる旨味満載で強烈な旨さでしたぞ。
森のレストラン フォレスタ スペシャル・ロッソ ソースアップ
森のレストラン フォレスタ スペシャル・ロッソ ソースアップ posted by (C)take

 身厚なハマグリは歯応えもジューシーで、大変贅沢な食味でありました。
ハマグリ旨し

 たっぷりとトッピングされた粉チーズは風味豊かで、こいつをたっぷりとパスタに絡めて頂くと一気にリッチな味わいとなってこれまた美味しく頂けますのだ♪
チーズ旨し

 さらにお野菜もたっぷりと使用されており、豊かな甘味でこちらも美味しゅうございましたよ。
お野菜旨し

 セットのサラダに使用されたドレッシングは、酸味と甘味の効いたさっぱり和テイストでこれまた旨かったです。
森のレストラン フォレスタ スペシャル・ロッソ サラダアップ
森のレストラン フォレスタ スペシャル・ロッソ サラダアップ posted by (C)take

 なこんなで結構なボリュームがあったというのに、気がついてみたら残すはソースのみ!残ったソースをチビリチビリと頂きつつ、もう充分にお腹は満たされたんだけど…これだけで帰ってしまうのはなんとなく惜しいような気がして…
ソース旨し

 我慢できずについつい「マルガリータ(ミニ15cm)」追加注文しちまいましたw
森のレストラン フォレスタ マルガリータ(ミニ15cm)¥800
森のレストラン フォレスタ マルガリータ(ミニ15cm)¥800 posted by (C)take

 ここでふと、お店のマスター殿が話しかけて下さいました。
取り分け注意!
 マスター殿「うちのピザはチーズがたっぷりだから、そのまま普通に引っ張っちゃうとチーズが全て落ちちゃうよ!フォークで切れ目から丁寧に切り分けるようにして食べてね」

 ええっと、こんな具合で良いのかな…
丁寧分割

 ってな具合で無事切り分ける事が出来たのですが、ここんちのピザは確かにチーズ超たっぷり具沢山でたまげました!
森のレストラン フォレスタ マルガリータ(ミニ15cm) 断面の様子
森のレストラン フォレスタ マルガリータ(ミニ15cm) 断面の様子 posted by (C)take

 さらにチーズの下にはピッツァソースとバジルがたっぷりで、非常に豊かな食味でそりゃもう旨かったのなんのw
森のレストラン フォレスタ マルガリータ(ミニ15cm) 盛り付けの様子
森のレストラン フォレスタ マルガリータ(ミニ15cm) 盛り付けの様子 posted by (C)take

 ここんちのピザは耳の部分が厚く、生地がお皿のような形状になっています。その上にチーズやソースを贅沢にたっぷりトッピングしてあるのが旨さの秘訣でありますかと、こんなにもリッチな時わいのピザはちょっと他では味わう事が出来ないと思いますよ。
お皿のようだ

 ちなみにこちらのお店、来店時は席がほぼ全て埋まっていたのですが、takeさん以外のお客さん全てがなんと常連さん達でありました!マスター殿が皆に気さくに話しかけており、気がついたらtakeさんも一緒になって和気藹々と会話を楽しんでおりました♪

 食後はさらにマスター殿とお話しさせて頂いたのですが、この方はなんと「木工職人」という肩書きも併せ持っておられるのだそうです!店内に設置されたテーブルなどももちろん手作りなのだそうな、いやこれにはたまげましたよ。
木工職人!

 店内にはマスター殿の手による木工の工芸品も売られております、メニュー最後のページに載ってたスプーンや箸もマスター殿の作品だったんですね♪
森のレストラン フォレスタ 木工工芸品売り場
森のレストラン フォレスタ 木工工芸品売り場 posted by (C)take

 さらに店内の様子などビシバシ写真撮影してたら、マスター殿が「ちょっと待っててね、店内の照明を消してみるから…」
森のレストラン フォレスタ 夜の店内の雰囲気
森のレストラン フォレスタ 夜の店内の雰囲気 posted by (C)take
 マスター殿「夜になると店内はこんな印象になります、なかなか良い雰囲気でしょ!」
 昼の装いとは一気に雰囲気が変わって、落ち着いて大人びた雰囲気になりましたね~これまた良い感じ♪

 さらに二階席も案内して頂きました、天井が低くて秘密基地みたいな雰囲気なのがこれまたイイねw
森のレストラン フォレスタ 二階席の様子
森のレストラン フォレスタ 二階席の様子 posted by (C)take

 最後にお店の外に出てみると、店舗入口の左に「自然木工房 森のしごと人」の看板が掲げられていました。こちらでメニュー最後に載っていた木製の箸やスプーンなど作っておられるのでしょう、機会がありましたらそちらも是非とも購入してみたいものでありますな。
自然木工房 森のしごと人

 いやそれにしても、なんともアットホームで雰囲気の良いお店でしたよ。きっとマスター殿の気さくな人柄のおかげなのでしょう、お客さん達は気がついたらいつの間にか皆友達ね!是非ともまた行きたくなる、そして友達を連れていきたくなる素敵なお店であります、皆さんも是非とも1度来店してみて下さいな!

 …ちなみにこちらのお店、以前は富岡にありますパティオの2階で営業していたのだそうです。takeさん以前に「かつてパティオの2階でイタリアンの名店が営業していたんだけど、店を閉めてしまった。いずれは三和区で新たに店を開くつもり…らしい」なんて噂話を聞いた事があったんだけど、こちらのお店が噂の正体であったようですw

 最後にお店のチラシを貼っておきます、印刷して来店時の資料にご活用下さいませませ。
森のレストラン フォレスタ 店舗チラシ表
森のレストラン フォレスタ 店舗チラシ表 posted by (C)take
森のレストラン フォレスタ 店舗チラシ裏
森のレストラン フォレスタ 店舗チラシ裏 posted by (C)take



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越のパスタ系、イタリア&フランス料理 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【閉店】カーザ サンヴィート 上越イタリアンの老舗、料理はもちろん超一流!@shop data
2016-08-12 Fri 08:18
 先日は響さんと一緒に土橋にありますイタリアンのお店「カーザ サンヴィート」に行ってきました!
カーザ サンヴィート
カーザ サンヴィート posted by (C)take

 【閉店】カーザ サンヴィート
 新潟県上越市大字土橋1062-1
 025-525-8876
 営業時間 11:30~13:30(LO)/17:30~20:00(LO)
 定休日 火曜(祝祭日除く)
 2017/02/09追記、閉店しました



 こちらのお店は営業を開始してから30年以上が経過しており、上越にあるイタリア料理のお店の中では一番の老舗であるかと思います。その存在が以前から気になってはいたものの、これまで来店する機会がありませんでした。しかし先日ブログ読者様からコメント欄にてこちらのお店の話を聞いて、この機会を逃すべからずと来店してみた次第です。

 それにしても、さすがは上越一のイタリアンの老舗であります、お店の外壁などには長い歴史が刻み込まれておりますな。とりあえずは中に入ってみるべしと、階段を上がって店の扉を開けてみたら…
カーザ サンヴィート 店舗入口付近
カーザ サンヴィート 店舗入口付近 posted by (C)take

 店内これまたなんとも雰囲気の良い、お洒落でアットホームな空間でたまげました!それなりに歴史のある建物ですが、隅々まで清掃がビシッと行き届いている印象で、非常に居心地宜しかったですよ。
カーザ サンヴィート 店内の様子
カーザ サンヴィート 店内の様子 posted by (C)take

 メニューはランチとディナーでそれぞれ4種類、ラザーニャ定食は夏季はお休みとのこと。基本的には予約制で、注文するメニューも予約時に指定する必要があります。この日はランチタイムに来店したのですが、せっかくの機会だからという事で最も贅沢な「おすすめコース(肉)¥4000」いっちゃいましたw
カーザ サンヴィート ショップカード裏
カーザ サンヴィート ショップカード裏 posted by (C)take
カーザ サンヴィート ショップカード表
カーザ サンヴィート ショップカード表 posted by (C)take

 テーブルにはナイフやフォークが整然と並べられております。ええっと…外側にあるのから使えばいいんだっけか!?w
カーザ サンヴィート カトラリーなど
カーザ サンヴィート カトラリーなど posted by (C)take

 そうこうしているうちに、まずは前菜が並べられたお皿が運ばれてまいりましたよ!
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) 前菜 アップ
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) 前菜 アップ posted by (C)take

 上から見た図はこんな感じです。左下から反時計回りで「ズッキーニとカブ、ナスのマリネ」、「ブロッコリーのタルタルソース添え」、「海の幸のマリネ」、「フリッタータ」、「ローストポークのリンゴソース」、「生ハムメロン」であります。
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) 前菜
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) 前菜 posted by (C)take

 まず最初に「ズッキーニとカブ、ナスのマリネ」を頂いたのですが、コイツがまた甘味際立つ目の覚めるような味わいでぶったまげですよ!まるでデザートであるかのような甘酸っぱい味付けで、これまで全く未体験のオリジナリティ溢れる強烈な旨さでした。
マリネ旨し

 この「フリッタータ」は具材タップリなのがこれまた宜しい。具材の種類はカボチャとジャガイモ、ニンジンに椎茸などでしょうか。卵はほんのり甘い優しい味付けで、それぞれの素材の味を活かす絶妙な味加減でした。
フリッタータ旨し

 「海の幸のマリネ」は酸味がキリッと効いており、大変美しい盛り付けで目にも旨しだw
海の幸旨し

 ローストポークはリンゴの甘味がさっぱりで、こちらも美味しゅうございましたよ。
ローストポーク旨し

 続きましてはパスタ「リングイネ バジリコのソース」であります、濃厚緑色でバジルがこれまたしこたま入っていそうだどw
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) リングイネ バジリコのソース アップ
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) リングイネ バジリコのソース アップ posted by (C)take
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) リングイネ バジリコのソース
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) リングイネ バジリコのソース posted by (C)take

 パスタはリングイネで、恐らく乾麺を使用しているのでしょうか。早速一口食べてみると…歯応えモッチモチでこれまた想定外の見事な歯応え!この手のパスタはアルデンテのしっかり食感だとばかり思っていたので、一皿目に引き続き二皿目も超ぶったまげの驚き溢れる一皿でしたぞ!!
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) リングイネ バジリコのソース パスタアップ
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) リングイネ バジリコのソース パスタアップ posted by (C)take
 味は見た目の印象通り、バジルの香りが非常に豊かでこれまた美味しゅうございました。さらにニンニクの風味も効かせてあり、オイリーな風味も思いの外に濃厚でジャンキー要素もバッチリでしたぞw

 具材はインゲンとジャガイモで、バジルの香りを邪魔せぬ名脇役でありましたよ。
インゲン旨し

 お店の人が「せっかくの美味しいソースですから」とパンを持ってきて下さいました。皮パリパリ&中柔らかでこれまた旨いパンでしたよ♪
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) パン
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) パン posted by (C)take

 お皿のソースはもちろん一滴残さず頂きましたw
スープ残さず

 続きましてはお待ちかねのメインディッシュ「黒毛和牛のロースト サーロイン」であります、見るからに濃厚なソースがタップリとかけられていてこれまた重厚旨そうなり!
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) 黒毛和牛のロースト サーロイン アップ
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) 黒毛和牛のロースト サーロイン アップ posted by (C)take

 横から見た図はこんな感じ、お肉の厚さもとんでもないざますw
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) 黒毛和牛のロースト サーロイン 横から見た図
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) 黒毛和牛のロースト サーロイン 横から見た図 posted by (C)take

 引いた全体像はこんな感じ、盛り付けの美しさも見事ですな。
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) 黒毛和牛のロースト サーロイン
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) 黒毛和牛のロースト サーロイン posted by (C)take

 まずはお肉&その下のキャベツをカットしてみました。お肉の断面がほんのり赤く絶妙な火の通り具合で、さらに肉汁がたっぷり溢れ出しておるのが解りますでしょうか♪
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) 黒毛和牛のロースト サーロイン 断面図
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) 黒毛和牛のロースト サーロイン 断面図 posted by (C)take

 早速お野菜と一緒に頂いてみると、濃い目のソースと甘いキャベツのお味が絶妙なハーモニーでこれまた強烈な旨さ!さらにお肉の歯応えが絶妙なのですよ。実はナイフでカットする時は少々固めに感じたので、その印象の違いにこれまた驚かされたのであります。…これまで出てきたどのお皿にも、最低1つのサプライズが隠されているのがこれまたニクいねw
サーロイン旨し

 お野菜は甘いグラッセかと思いきや、ソテーされたのみのあっさり味で、口直しにこれまたもってこいでありました♪
ニンジン旨し

 肉料理に使用されているソースもこれまた美味しいなぁと思っていたところで、お店の人から「パンのお代わりはいかがですか?」…断れる訳がありませぬw ってな訳でソースを一滴すら残さず全て味わい尽くしました♪
お代わりしちゃった

 食後のデザートは左から順に、「グレープフルーツのジェラート」ほのかな渋味もあるまんまグレープフルーツな大人のお味でこれまた旨かったです。そのお隣は「カッサータ」、あまり聞き慣れないお菓子ですが、ドライフルーツが使用されたアイスチーズケーキで、軽い口当たりでこれまた美味しゅうございましたよ。一番右は「チョコレートのムース」であります、こちらはサラッと軽い味わいであっという間に完食なりw
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) ドルチェ
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) ドルチェ posted by (C)take

 最後は濃厚エスプレッソでビシッと締めて、大満足で店を後にしたのであります。
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) エスプレッソ
カーザ サンヴィート おすすめコース(肉) エスプレッソ posted by (C)take

 今回は老舗の風格をまざまざと見せつけられた印象であります。どの料理も味が良いのは勿論の事、旨さのポイントがしっかりと意識された見事な逸品ばかりでしたよ。上越のイタリアンを語る上で絶対に外すことの出来ぬお店であるかと思います、皆さんも是非とも1度来店してみて下さい!



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越のパスタ系、イタリア&フランス料理 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
待夢里 カレースパゲッティ 辛さZ 喫茶店のカレーパスタは家庭的な懐かしの味(けど辛いですw)♪激辛激旨
2016-07-27 Wed 10:18
 先日は直江津にあります「カレーが旨い!」と評判の喫茶店「待夢里(タイムリ)(shop data記事)」に行ってきました!お店の営業時間等の詳細につきましてはshop data記事をご覧下さい。
待夢里

 この日のお目当てはこの「カレースパゲッティ」であります。カレーとパスタを組み合わせたメニューって、上越地区だとかなりレアなんじゃないかと思いますよ♪
これ喰うよ

 選べる辛さはもちろん最辛の「Z(+¥100)」これしかないっしょw
辛くするよ

 まったりと待つ事暫し、運ばれてきたのは…
待夢里 カレースパゲッティ 辛さZ アップ
待夢里 カレースパゲッティ 辛さZ アップ posted by (C)take
 やや赤みがかったカレーがタップリとかけられた魅惑の一皿でありましたぞ♪

 引いた全体像はこんな感じです、パスタはほぼ見えないくらいに大量のカレーがかけられていますね。
待夢里 カレースパゲッティ 辛さZ¥950
待夢里 カレースパゲッティ 辛さZ¥950 posted by (C)take

 まずはパスタのみクルクルして一口頂きます。柔らか歯応えでなんとも家庭的な雰囲気の食味ですね~庶民的な感じでこれまた宜しいw
待夢里 カレースパゲッティ 辛さZ パスタアップ
待夢里 カレースパゲッティ 辛さZ パスタアップ posted by (C)take

 次いでカレーをたっぷりと絡めて頂きます。パスタとカレーの相性は思いの外に良好で、全く違和感なく美味しく頂けましたよ!辛さについては「Z辛」とはいうものの実際はそこまでとんでもない物でも無く、辛味と共に豊かな甘味が前面に出た非常に深みのある味わいで、大変美味しゅうございました!…ただし辛さの感じ方は人それぞれです、Z辛の注文はくれぐれも自己責任でw
旨辛旨し

 具材は豚肉のみかな、柔らか歯応え&旨味も濃厚で味の良いアクセントとなっておりました。
待夢里 カレースパゲッティ 辛さZ 具材の様子
待夢里 カレースパゲッティ 辛さZ 具材の様子 posted by (C)take

 ドレッシングがかけられたサラダと福神漬けが合い盛りされているのは通常のカレーと共通ですね。
待夢里 カレースパゲッティ 辛さZ 副菜の様子
待夢里 カレースパゲッティ 辛さZ 副菜の様子 posted by (C)take

 このサラダ&ドレッシングとカレールーとの相性がこれまた鉄板なのよ、さっぱりした食味でいくらでも食べられちゃう感じなのだ♪
サラダ旨し

 さらにサラダ&カレーとパスタを一緒に頂いてみたりして、色んな組み合わせを試してみるのが宜しかろうw
一緒で旨し

 福神漬けとカレー&パスタの組み合わせ、今回がお初だったけどこちらも間違いの無い旨さですな。
福神漬け旨し

 ラストはカレーにパスタにサラダに福神漬け、全部が混ざってしまってなんとも混沌とした雰囲気になったけど、賑やかな味わいでこれはこれで旨かった!キャベツのザックリとした歯応えも良いアクセントになってましたね。
混沌旨し

 待夢里のカレーパスタ、予想以上に美味しゅうございましたよ!これまで待夢里に行ったらカレーライスばかり頼んでたけど、たまには違うのを頼むのも良いもんですね。今度来店した時は、カレーとは全く関係の無いメニューにも挑戦してみよかな♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越のパスタ系、イタリア&フランス料理 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ワインサロン エルミタージュ ワインにこだわるお店です、ランチタイムも営業中!@shop data
2016-06-10 Fri 08:18
 先日は響さんと一緒に、高田駅の近くにあります「ワインサロン エルミタージュ」に行ってきました!こちらのお店は上越地区で最もワインに力を入れたお店であると言われています。しかしこの日はランチタイムに来店したので、今回は料理を中心としたレポになりますです。
ワインサロン エルミタージュ
ワインサロン エルミタージュ posted by (C)take

 ワインサロン エルミタージュ
 新潟県上越市本町5-1-1 ダイヤパレス高田本町1F
 025-526-6005
 営業時間 11:00~14:00(LO)/18:00~23:00(LO)
 定休日 月曜



 店内入るとまずカウンターがあり、奥がテーブル席となっています。さらに店内には大量にワインの瓶が飾られてました、さすがはワインサロンといったところですな。
ワインサロン エルミタージュ 店内の様子
ワインサロン エルミタージュ 店内の様子 posted by (C)take

 続いてメニューチェック、画像クリックしてフォト蔵のサイトに飛んで、さらに画像をクリックすると拡大等が可能ですよ。
 まずはランチメニューであります、注文するのは2人とも左上にあります「デリ2品+メイン ¥1300」にする事としました。メインについてはメニュー右下「本日の入荷魚のポワレ(この日はサーモンのクリーム煮)」と「鶏もも肉のトマト煮込み」から選ぶのですが、両方を1皿ずつ頼みました。デリについてはメニュー右の”本日のデリメニュー”から2人で4品選べる訳ですな。散々悩んだ挙げ句「エスカベッシュ」、「豚肉のリエット」、「タケノコのキッシュ」、「パテ ド カンパーニュ(田舎風パテ)」の4つに苦労して厳選しましたですw
ワインサロン エルミタージュ ランチメニュー
ワインサロン エルミタージュ ランチメニュー posted by (C)take

 ふむ、ランチタイムでもワインを頼めるんですね!けどこの日は車で移動しており、泣く泣く我慢であります。
ワインサロン エルミタージュ ドリンクメニュー
ワインサロン エルミタージュ ドリンクメニュー posted by (C)take

 こちらでは、お隣で営業している姉妹店のデリカテッセン「ラミ デュ ヴァン」のメニューの一部が紹介されております。この日頼んだデリメニューは全てがお隣で販売されているので、気に入ったメニューはお土産にする事も出来るんですよ!
ワインサロン エルミタージュ ラミ デュ ヴァンのデリメニュー
ワインサロン エルミタージュ ラミ デュ ヴァンのデリメニュー posted by (C)take

 まずはデリランチに付いてくるパンが運ばれてきました、パンは2種類でワンセットなんですね。
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン パン
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン パン posted by (C)take

 続きましてまずは1皿目、豚肉のリエットとエスカベッシュが盛られた皿が運ばれてきました~なんとも美しい盛り付けでこれまた旨そうね!
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン(豚肉のリエット、エスカベッシュ) アップ
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン(豚肉のリエット、エスカベッシュ) アップ posted by (C)take

 引いた全体像はこんな感じです、奥のはセットのサラダとスープ(ブロッコリーのスープ)であります。
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン(豚肉のリエット、エスカベッシュ)¥1300
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン(豚肉のリエット、エスカベッシュ)¥1300 posted by (C)take

 まずは右の「エスカベッシュ」を頂くべし、色鮮やかで食べてしまうのが勿体ないくらいの美しさですな。
ワインサロン エルミタージュ エスカベッシュ
ワインサロン エルミタージュ エスカベッシュ posted by (C)take

 いわゆる”魚のフライのマリネ”であります、酸味がとても上品で大変美味しゅうございましたよ!
ワインサロン エルミタージュ エスカベッシュ 盛り付けの様子
ワインサロン エルミタージュ エスカベッシュ 盛り付けの様子 posted by (C)take

 お次は「豚肉のリエット」であります。こちらについては”ラードで柔らかく煮た豚肉、パンと一緒に召し上がれ”とメニューに書かれてました。
ワインサロン エルミタージュ 豚肉のリエット
ワインサロン エルミタージュ 豚肉のリエット posted by (C)take

 パンにのせて食べてみた正直な感想は…「上等なシーチキンみたい!」って言ったら響さんに「貧乏舌め!」と怒られましたw こういった料理に詳しい響さんによると、通常リエットといえばペースト状のものが多いが、こちらのお店はそぼろ状であまり見かけないタイプとのことでした。パンとの相性は確かに抜群、旨かったですぞ♪
リエット旨し

 片方のパンはクルミが入ってました、風味豊かでこれまた旨かった!
クルミ旨し

 続いては2皿目、こちらにはパテ ド カンパーニュ(田舎風パテ)とタケノコのキッシュが盛られております。
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン(パテ ド カンパーニュ(田舎風パテ)、タケノコのキッシュ) アップ
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン(パテ ド カンパーニュ(田舎風パテ)、タケノコのキッシュ) アップ posted by (C)take

 引いた全体像はこんな感じです、セットのサラダ&スープはもちろん共通。
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン(パテ ド カンパーニュ(田舎風パテ)、タケノコのキッシュ)¥1300
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン(パテ ド カンパーニュ(田舎風パテ)、タケノコのキッシュ)¥1300 posted by (C)take

 まずは「タケノコのキッシュ」を頂くべし、takeさんこの手のパイの類が好物なのよw
ワインサロン エルミタージュ タケノコのキッシュ
ワインサロン エルミタージュ タケノコのキッシュ posted by (C)take

 タケノコは上越という土地柄から「根曲がり竹かも!?」と思ってたけど実際に食べてみたら孟宗竹で、ギュッと独特の歯応えでこれまた旨かった♪キッシュの具材は季節によって変わるらしく、時期によってはキノコになったりするみたいですよ。
ワインサロン エルミタージュ タケノコのキッシュ 断面の様子
ワインサロン エルミタージュ タケノコのキッシュ 断面の様子 posted by (C)take

 この生地のところがサクフワの繊細な歯応えで最高でしたw
生地旨し

 お次に紹介しますのはtakeさん的エルミタージュのイチオシメニュー「パテ ド カンパーニュ(田舎風パテ)」であります!昨年のバル街イベントの時に初めて食べたのですが(当該記事)、当時はあまりの旨さにぶったまげましたです!
ワインサロン エルミタージュ パテ ド カンパーニュ(田舎風パテ)
ワインサロン エルミタージュ パテ ド カンパーニュ(田舎風パテ) posted by (C)take

 ここんちのパテはお肉をそのまま食べているかのような柔らかしっとり歯応えで、ここでしか味わうことの出来ぬオンリーワンの逸品なのであります。味についても肉の旨味を殺さぬ程良い塩気で、強烈に旨いので皆さんもしっかりメモしておくようにw
パテ旨し

 お次はセットのスープであります、この日は冷製の「ブロッコリーのスープ」でした。
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン スープ(ブロッコリーのスープ)
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン スープ(ブロッコリーのスープ) posted by (C)take

 ぱっと見は判らなかったんだけど、さじですくってみるとドロドロ高濃度でちょいと驚きました。味については、ブロッコリーの甘味が豊かでまろやか美味しゅうございましたよ。
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン スープ(ブロッコリーのスープ) アップ
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン スープ(ブロッコリーのスープ) アップ posted by (C)take

 セットのサラダは酸味しっかり、こちらは目の覚めるような美味しさでした♪
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン サラダ
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン サラダ posted by (C)take

 お次はいよいよメインであります、まずは「鶏もも肉のトマト煮込み」いってみましょう!
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン 鶏もも肉のトマト煮込み
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン 鶏もも肉のトマト煮込み posted by (C)take

 こちらについて、まずは身離れの良さに驚いた!ナイフとフォークで簡単に身を骨から綺麗に外すことが出来ました。
身離れ良好

 さっぱり味の鶏肉にはトマトの酸味がしっかり効いたソースがこれまた好相性で、さっぱり美味しゅうございましたよ!
鶏旨し

 ソースをパンにのせて喰らう、これまた旨しだw
トマトソース旨し

 合い盛りされていたのはマッシュポテトかな、表面のチーズがカリッと香ばしくてこれまた旨かったです。
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン 鶏もも肉のトマト煮込み 副菜の断面の様子
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン 鶏もも肉のトマト煮込み 副菜の断面の様子 posted by (C)take

 続きましてはメイン2皿目「サーモンのクリーム煮」であります、具沢山なソースがたっぷりでこれまた旨そう!
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン サーモンのクリーム煮
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン サーモンのクリーム煮 posted by (C)take

 ホワイトソースはとてもクリーミーな味わいで、サーモンは柔らかく脂がたっぷりとのっていてこれまた美味しゅうございました♪
鮭旨し

 この身の厚さをご覧あれw
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン サーモンのクリーム煮 断面図
ワインサロン エルミタージュ デリ2品+メイン サーモンのクリーム煮 断面図 posted by (C)take

 さらに具材のキノコが風味豊かでこれまた旨かったです、非常に優秀な脇役でしたよ。
キノコ旨し

 こちらのソースももちろんパンにのせて喰らうべし、もちろん旨しだw
ホワイトソース旨し

 こちらのお店の料理は、基本的にはどれも上品な味付けであったように感じました。毎日でも食べられる、優しい味付けであると思います。

 なので、お隣で営業しているデリカテッセン「ラミ デュ ヴァン」で日々のおかずを購入すべしw ランチを食べて、気に入ったデリをお隣で購入してお土産に出来るというのは、他ではなかなか無い興味深いサービスであるかと思います。この日は「パテ ド カンパーニュ(田舎風パテ)」をお土産に買って帰ったのですが、滅多にこういった料理を食べないお袋が「これは旨い!」と喜んで食べてました。
ラミ デュ ヴァン
ラミ デュ ヴァン posted by (C)take

 こちらのお店は「ワインサロン」ということで、料理とワインのマリアージュを楽しむのが本来の姿であるかと思います。機会があれば夜の時間帯にも来店して、ワインと料理をガッツリ楽しみたいところでありますな!



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越のパスタ系、イタリア&フランス料理 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT