FC2ブログ
樽本地区にあるボタムキ集落跡を見学してきたです(・∀・)ボタムキ!
2018-10-23 Tue 14:18
 先日、何処ぞに良い釣り場などないだろかとネット地図を眺めていたら…(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 この「ボタムキ」って一体何ぞ!?w 地名だと思うんだけど、ネット検索しても情報はほとんどヒットしません。「春はうららの樽本(リンク)」というサイトの中でちらほらと”ボタムキ”という地名が出てきます(参考リンク)、昭和の時代までは数軒が定住して農耕を営んでいたようですね。ボタムキ、今時のネットスラングっぽい独特の雰囲気あるネーミングだと思いませんか!?w こうなったら1度実際に訪れてみるべしって事で…
P8256322.jpg

 車を飛ばして早速行って来ましたです(゚∀゚)ボタームキ!
P8256326.jpg

 ええっと、この辺りが集落の中心になるのかな!?
P8256334.jpg

 実際の様子はこんな感じでした!
P8256338.jpg

 地図によるとここには池があるハズなんだけど、小川がチョロチョロと流れているのみでした。
P8256342.jpg

 また辺りを観察してみると、道路にはみ出た木が伐採されているのが確認できました。車両が通行出来るよう今でも管理されているという事なのかしらん!?
P8256346.jpg

 道の左側は平らに整地されています、もしかして昔はここに家が建っていたりしたのかな。
P8256348.jpg

 この辺りは水田か畑の跡のように見えます。かつてはここで、人が生活していたのは間違いがないようですね。
P8256351.jpg

 改めて地図をしっかり確認してみると、ここに建物を示すマークが付いてるじゃん!もしかして家が残っておるかもしれん、車を飛ばしてその場所へと向かうと…
P8256358.jpg

 おぉぉ、既に崩壊してしまってはいたけど、家の一部がまだ残っておりました!
P8256359.jpg

 さらに建物跡の脇には、しっかりと管理されている畑がありましたです!!ボタムキ集落で生まれ育った人が今でも畑を続けておられるのでしょう、なんとも感慨深いモノが有りますな。
P8256361.jpg

 近くには湧き水が涌いており、ここで喉を潤した後に帰路へと就いたのであります。
P8256363.jpg

 上越各地には限界集落が沢山あり、ここボタムキのように誰も住まなくなってしまう場所もこれからはどんどんと増えていくことでしょう。そういった土地の記録を残していくのも、もしかしたら大切なことなのかもしれませんです。これからは各地の集落巡りをブログのテーマの一つに加えてみようかな!



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 上越(市)情報へ

別窓 | 上越各地の集落・史跡巡り | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
宇津尾ベト久と白蛇の伝説が伝わる「白蛇の祠」へと行って来ました!
2018-08-22 Wed 18:18
 先日アウトドア活動をしている最中に、なんとも興味深い伝説の伝わる祠を発見致しました!その場所はですね、大貫から中ノ俣へと至る県道199号を中ノ俣方面へと走っていると、下の地図の場所で右へと分岐している箇所があります。県道に車を停め、この細い道を徒歩で上がってすぐの右側に…(以下の写真は全てクリックで拡大可)



 下の写真のような場所があります。小さな看板が立ててありまして…
P4303704.jpg

 近くで見るとこんな感じ、さらに寄ってみると…
P4303708.jpg

 この土地に伝わる「宇津尾ベト久と白蛇」の伝説が書かれておりました!内容をザックリと書くと、宇津尾に「ベト久」と呼ばれる家が二百数十年前にあったのだそうで、家族は老婆と息子二人、娘一人の四人で暮らしていたとの事。ある日、家の近くに水田を掘ろうと作業を始めると、ある晩になって兄が不思議な夢を見たのだそうな。それは今掘っている水田の夢で、一匹の白蛇が土の中から現れて「私はこの場所で長いこと修行している蛇です、この土地を掘るのをやめてほしい」と頼まれた。弟も同じ夢を見て二人はすっかり気味が悪くなり「田を掘るのをやめよう」と話したんだけど、老婆はそれを受け入れず、仕方がないので田を掘り続けたのだそうな。すると土の中から白蛇がむくむくと姿を現した!それを見た兄は、なんと白蛇をクワで遠くへ投げ飛ばしてしまった!!すると兄と老婆は急死してしまい、弟も目が見えなくなって終いには気が触れてしまいました。そこで親類達が相談し、寺町三丁目にある「日枝神社(詳細情報)」の神主に依頼して祈祷してもらう事となった。神主は「この願いを聞き入れて弟から離れれば、神として祭ってやる。聞き入れなければ弓で殺す」と祈ると、白蛇は願いを聞き入れると言った。神主は「神に祭るが、神には神徳というものがある。お前は何を神徳とするか」と問うと、白蛇は「それでは腰から下の病を治すので、私の修行していた場所に祭ってもらいたい」と言ったので、注文通りに小さい石の祠を建立したのだそうな。その祠がなんと、今でもそこに残っておるとのこと!
P4303711.jpg

 という訳で、白蛇様の祠へと早速行ってみましょう!
P4303717.jpg

 看板の示す矢印の先に、小さな階段がありました。その階段を上っていくと…
P4303720.jpg

 やがて道は右へと折れます。
P4303723.jpg

 そのすぐ先にも、再び小さな階段が現れて…
P4303727.jpg

 そこを上がった先に「白蛇の祠」が姿を現しました!
P4303728.jpg

 祠を正面から眺めるとこんな感じ、ミニサイズでなかなか可愛らしいですな。
P4303731.jpg

 透明のケース内にあるのは剣のようです、宝剣の類か何かでしょうか!?
P4303739.jpg

 祠の向かって右側には何か漢字が彫り込まれておるようです、「**大明神」と読めますね。
P4303743.jpg

 向かって左側にも漢字が彫り込まれておるようですが、こちら側は風化してしまって文字は判別出来ませんでした。
P4303744.jpg

 横から引いて撮影した写真も一枚載せておきます。
P4303746.jpg

 説明書きの看板からほんの数分歩くだけで祠へと行けるので、皆さんも気軽に行ってみると良いですよ。腰から下の病に悩んでいる人は、祠の白蛇様にお願いするときっと治してもらえる事でしょう♪



ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 上越各地の集落・史跡巡り | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
中ノ俣周辺集落&ダムなどを巡るプチツーリングに行ってきた!
2012-06-10 Sun 22:46
 本日はtakeさんお休みでありました。私は休日がカレンダーと全く関係のない仕事をしているので、たまに日曜と仕事の休みが重なるととっても損をした気がします、だってだって釣りだって山菜採りだってお休みの日はどこへ行っても混雑しているんですもの!グルメの取材へ行くにしてもお店は大混雑で、写真を撮影しまくるtakeさんに対してきっつい視線が刺さりまくるのが目に見えているので外食もパス!w

 しかし、せっかくの休日を家でボケっとしているってのはもっとパスなので…
準備万端
 本日は中ノ俣周辺をカブ号で巡ってみることとしました!っと、写真に写っているのは最近購入した予備のガソリン携行缶です。600cc程しか入りませんが、カブだったらこれだけで30キロ以上走れますぞw

 takeさんは田舎の風景が好きで、特に中ノ俣辺りの風景は大好きで年に何回も顔を出しており、これまでも何度かブログの記事にしています。今回はかつての記事と繰り返しの内容になってしまう部分もあるかもしれませんが、どうかお許し下さいませませ。さぁ出発進行!

 山麓線を大貫にて折れて、中ノ俣方面へと進みます…
儀明
 まずは儀明の集落に到着!

儀明集落
儀明集落 posted by (C)take
 この黒いコンテナがわっかりやすいランドマークですなw

レンコン畑
 そのすぐ下にはレンコン畑が、今でも栽培しているのかな!?

 さらに道を進みますと…
上綱子
 今度は上綱子の集落に到着!

上綱子の風景1
上綱子の風景1 posted by (C)take
 ここもいい雰囲気の集落なんですよね、時間が昭和初期で停止しているかのように感じます。

上綱子の風景2
上綱子の風景2 posted by (C)take
 この集落は確か今でも人が普通に住んでいるはず、畑もきちんと整備されてますし。

 さらに道を進んで、中ノ俣集落に入る直前に…
中ノ俣学習施設 地球環境学校
中ノ俣学習施設 地球環境学校 posted by (C)take
 「中ノ俣学習施設 上越市 地球環境学校(公式サイト)」があります。この建物はたしか以前は「中ノ俣小学校」だったんですよね。
 ちなみにこの施設、takeさん何度も見に来たことはあるんだけど中に入ったことは一度もありませんw

 このすぐ先には…
中ノ俣
 この看板、最近になって設置されたはずw

中ノ俣の風景1
中ノ俣の風景1 posted by (C)take
 中ノ俣に到着!

 さて、ここに来る度にtakeさん毎度ツッコミを入れている看板があるのだよ…
中ノ俣にある看板
中ノ俣にある看板 posted by (C)take
 中ノ俣の連中はいちいち宣言せんと時間も約束も守れんのかーい!www

 …さて、恒例行事も終わったってことでw 集落を見て回りましょう!
中ノ俣の風景2
中ノ俣の風景2 posted by (C)take
中ノ俣の風景3
中ノ俣の風景3 posted by (C)take
 中心を清流が流れる、なんとも風情のある集落です。今日は水が濁っていたのがちょっと残念でしたね。

 集落の一番奥には…
駆け寄るわんこ
 中ノ俣のアイドルわんこがおりますw

見上げるわんこ
 この子がこれまた人懐っこいんですわwww ここに来る度にちょっとだけだけどいつも一緒に遊んでます♪

 さて今度は上越の山奥にありますちょいとマイナーなダム巡りに行ってみますかの!ここからは林道に突入です、砂利道をグングン進んで…
落合の滝
落合の滝 posted by (C)take
 まずは落合の滝に到着。以前は滝見台があったんですけどね、今は壊れてしまって使えません。

 さらに林道を進むと…
ビンゴ沢取水ダム
 「ビンゴ沢取水ダム」に到着!

ビンゴ沢取水ダム
ビンゴ沢取水ダム posted by (C)take
 あくまでも”取水ダム”なので水を蓄えているわけではないんですけどね、ダムはダムだw

 更にすぐ近くには…
中ノ俣取水ダム
 こちらは「中ノ俣取水ダム」であります!

中ノ俣取水ダム
中ノ俣取水ダム posted by (C)take
 こちらも取水ダムですからね、水は蓄えられておりませんです地味ダムw

ダム下
 ダムの直下はゴツゴツした岩がむき出しとなっており、意外と迫力がありますぞ。

ウワバミソウ
 っと、近くにウワバミソウがありました。手ぶらで帰るのもアレなのでちょっとだけ採っていこうかな。

本日の収穫
 一食分だけゲット、これ位のサイズだと皮を剥かなくても食べられるから楽で良いのだ♪

 さらに林道を進むと…
中ノ俣牧場
中ノ俣牧場 posted by (C)take
 お次は「中ノ俣牧場」に到着です!小さな小屋がぽつんとあるのがなんとも風情があって宜しい。
 この牧場っててっきり今は使われていないものと思っていたんだけど、震災の時に山古志の牛などを受け入れたみたいですね。

中ノ俣牧場にある小屋
中ノ俣牧場にある小屋 posted by (C)take
 小屋を近くから撮影、いつ頃建てられたものなのだろうか?

中ノ俣牧場を上から
中ノ俣牧場を上から posted by (C)take
 上からも撮影してみました、良い眺めであります♪

森林基幹道 南葉高原線
森林基幹道 南葉高原線 posted by (C)take
 さぁ今度は最近開通しました林道「南葉高原線」に突入、南葉高原キャンプ場方面へ進みます!

南葉高原キャンプ場
南葉高原キャンプ場 posted by (C)take
 あっという間に「南葉高原キャンプ場(公式サイト)」に到着w

南葉高原キャンプ場の看板
南葉高原キャンプ場の看板 posted by (C)take
 いろいろな施設があるようですな、キャンパー見習いtakeさんもいつか利用してみたいものであります。

雲の上
 んむ~普段だったら食堂の裏から絶景が眺められるはずなんだけど、半分雲の上だw

 さて今度はキャンプ場からちょっと下って…
後谷ダム
 「後谷ダム(詳細情報)」に到着!

後谷ダム
後谷ダム posted by (C)take
 今度はちゃんと水が蓄えられているダムでありますw

放水口
 実はですね、これまで巡ってきたダムは全て水路で繋がれているのですよ。ビンゴ沢取水ダムと中ノ俣取水ダムにて取水された川の水はここ後谷ダムに蓄えられ、水力発電所である高田発電所に落水されるわけです。このダムはいってみれば調整池みたいな存在になるのかな!?

 さて今度は山を下りますぞ。
灰塚方面
 ここで上越のバイク乗りに朗報です、これまでバイク進入禁止だった灰塚~南葉高原キャンプ場を繋ぐ林道がなんとなんと今年よりバイク通行可能になったようです!バイク進入禁止の看板が撤去されてますからね、恐らく間違いないでしょう。

青田方面
 だがしかし今回あえてtakeさんは青田経由で山を下るのだw

 もう一ヶ所寄ってみたい場所があったんだよね、それは…
花清水
 青田にあります「花清水」であります!
 この清水って、名称はtakeさんの記憶している限り”歯にしみるほど冷たい水”ってことで「はな清水」だと思ってたんだけど、「花清水」と記されておる…イメージアップを狙って改名したか!?w

青田 花清水(はな清水)
青田 花清水(はな清水) posted by (C)take
 この清水、当サイトのリンクにありますブログ「渓で会いましょう(リンク)」管理人のぴょん吉さんもお気に入り(詳細記事)の名水です♪

 さらに下って最後に目指しますのは、今回巡ってきたダムにて取水された水が最後に辿り着く…
高田発電所(新高田発電所)
高田発電所(新高田発電所) posted by (C)take
 「高田発電所(施設サイト)」&「新高田発電所(施設サイト)」であります!
 正確には名立取水ダム・桑取取水ダム・谷内取水ダム・ビンゴ沢取水ダム・中ノ俣取水ダムにて取水された水が後谷ダムに集められ、この発電所に一気にドカンと落水して水力発電を行なっているわけですね。

大放水
 うっは大迫力www

 今回はほんの半日のプチツーリングでしたが、集落巡り&水力発電の勉強にもなってとっても有意義なものでありました!最近だと休日は山菜採りというパターンが多かったけど、たまにゃデジカメを抱えてツーリングというのも悪くないですね!また旗日と仕事の休みが重なったらどっかに旅に行ってみようそうしよう♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 上越各地の集落・史跡巡り | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
塩荷谷~上湯谷 林道巡りプチツーリング♪
2011-07-20 Wed 21:36
出発進行!
 昨日は上越山奥の旧集落を巡るプチツーリングへと行ってまいりました!

 まず目指したのは”塩荷谷(地図リンク)”、謙信公の時代以前から塩の集積地であったそうです。こんな山奥の集落が塩の集積地として利用されていたとは、果たしてどのような理由からなのでしょうかね!?

魚っ気無し
 儀明川沿いの林道を上がっていきます。魚の気配は…あるにはあるけど、トラウトの類ではないな。

左へ行きます
 分かれ道を左へ行きます。

山菜ゲット!
 っと、途中でワラビを見つけました♪ちょっと時期が遅いので量は少ないもののそれなりにゲット!
 先日お蕎麦屋さんで“葛の芽の天ぷら”を初めて食べて(当該記事)それがやたらに旨かった!なので今回は葛の芽も探してみたのですが、こんな遅い時期にもかかわらずうまいこと生えたばかりの柔らかい芽も見つけたのでいくつか採ってみました。さてどんな味だろかね!?

 さて、林道をグングン進んで…
到着じゃ!
 到着!

キャンプ場看板
 「塩荷谷ワイルドランドキャンプ場」それらしい設備は何も見あたらないのですがw

虚空蔵院
 こちらは「虚空蔵院」ですね。昔は商売の神様として人気を集めたこともあったそうです。

封印されし井戸!
 封印された井戸があった…なんとなくオッカナスw

清水
 清水もありました、冷たくって美味しかったこと♪

学校跡
裏面
 昔は学校があったんですね、当時の集落の規模が伺えます。

 さーて今度は「上湯谷(地図リンク)」を目指しますかの!さっきの分かれ道まで戻る最中…
ミズナ群生
 ミズナ(ウワバミソウ)の群生地を発見!

たっぷり採れたよ!
 良い案配のお土産が出来ました♪

今度は右
 今度はさっきの分かれ道を右へと向かいます。

新幹線のトンネル
 途中、新幹線の工事現場を通り過ぎます。

舗装されてます
 舗装された林道をグングン進んで…
到着!
 到着っす!

湯谷山荘
 地名にも”湯”とありますし温泉が湧いてはいるようなのですが、現時点では営業しているのかどうかなどは不明です。

生活臭あり
 集落に人の気配はあるんですけどね。

 この時点でぱらぱらと雨が降り始めたのでこの日は撤収としました。
2011/07/19の収穫
2011/07/19の収穫 posted by (C)take
 昨日の収穫はこんな感じ、今回初収穫となる”葛の芽”のお味が気になるところ!

葛の芽の天ぷら
 葛の芽はさっそく天ぷらになりました、そのお味は…ぐおぉ美味い旨いぞ、ほんのりほろ苦モッチリ食感でこれは天ぷらの具としては秀逸ですわ!

 いやぁ良い山菜を覚えちゃった、来シーズンは葛の芽たんまり採るぞ!

にほんブログ村 アウトドアブログへ

別窓 | 上越各地の集落・史跡巡り | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
横清水までプチツーリング
2010-06-23 Wed 09:36
バイクでお出かけ
 昨日は下正善寺にあります「横清水(参考情報)」まで、カブでプチツーリングに行って参りました。
 こちらは大変に歴史のある清水で、古くは戦国時代、近くにある宇津尾砦の兵士のための飲料水として利用されていたといわれています。もしかしたら謙信公もここの水を飲んだかも!?

宇津尾集落入り口
 まずは下正善寺から、宇津尾方面へと左へ折れます。

林道入口
 やがて右側に「トヤ峰砦」と「宇津尾砦」の看板があり、ここから林道に入ります。

トヤ峰砦入り口
 ちょいと進むと、右側に「トヤ峰砦」の看板が。
 ちなみに林道の脇、きちんと草刈りされていました。これだけの区間を草刈りするのはさぞや大変だったでしょう、takeさん頭が下がる思いでありました。

トヤ峰砦看板
 春日山城支城群とあります、歴史を感じますね。
 この林道はそれぞれの支城を結ぶ、かなり歴史のある道だと思われます。昔のお侍さんもこの道を通ったんだろうなぁと思うと、何となく不思議な気持ちになりますね。

眼下に野池を確認
 おや、眼下に野池があるのを確認!釣り人としてはチェックせずにはおれませんですっ!!

野池へと至る小道
 野池へと続く小道、それなりに踏み跡がありますね。こんな道を通る人が結構いるもんだなと少々驚きました。

野池
 少々歩いて野池へと到着…う~ん、カエルの姿くらいしか確認できませんでした。水草が多くて釣りも成立しなさそうです。

もうすぐ横清水
 気を取り直して再度前進開始…ついに看板に「横清水」の文字が♪

横清水
 到着であります。小さな祠がかわいらしいですね。

新聞切り抜き
新聞切り抜き posted by (C)take
 新聞の切り抜きが貼り出してありました、画像クリックすると拡大等が可能です。
 記事を読む限り、祠自体はまだ新しい物のようですね。

水量は少なめ
 水量は正直チョロチョロですね。梅雨のこの時期でこの水量だから、真夏になったら枯れちゃわないか心配です。
 謙信公も味わったかもしれないこの清水、早速すくって飲んでみると…冷たくて美味♪

 さぁ水も飲んだし、出発進行であります!この林道を抜けると、中ノ俣に至る道へと繋がっているはずなのですが…
草刈はここまで
 おろ、清水のすぐ先で草刈り地帯が終了となってしまいました。
 後半はワラビ採りをする予定でいたのですが、草刈り後の方がワラビがたくさん生えているんですよね。それに、草刈り後で草がぼうぼうと生えていない方が探すのも楽ですし。
ワラビ
 こんな案配で、草が少ない方が探しやすいんですよね。

 なのでここでUターンして、来た道をワラビを採りながら帰ることにしました。
 ワラビを見つけてはバイクを止めて周囲を探し、また小移動してを繰り返していたら…
ウドにカメムシ
 巨大なウドに交尾中のカメムシがわんさかと、ちっとばかしキンモー

今日の収穫
 そんなこんなで、量はたいしたことありませんがそれなりに採れました。もうこの時期になるとワラビも固いですね、今シーズンのウワバミソウ以外の山菜採りはそろそろ終了かな…!?
別窓 | 上越各地の集落・史跡巡り | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT