ビバ梅雨明け!昨日は渓流釣りに行ってきたです、清水の沢&恐怖のナメ滝スライダーw
2018-07-11 Wed 19:18
 上越地区もようやっと梅雨が開けましたね!という訳で昨日は車をぶっ飛ばして渓流釣りに行ってきました!(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 この日向かいましたのは上越地区山間部やや奥地の某所、takeさん大のお気に入りの渓でございます♪ここは何が良いかって…
P7105204.jpg

 流れる水がとてつもなく綺麗なのですよ!水の透明度については、この辺りではずば抜けているかと思います。
P7105207.jpg

 ただ、この梅雨期間中はかなり増水していたようで、周囲の草木や岩の表面の苔がすっかり荒らされてました。本来はとても景観の良い渓なのでありますが。
P7105214.jpg

 この日の相棒も、釣友Troutriverさん(竹竿工房 鱒幸庵代表)が作ってくれた超ショートなバンブーパックロッド「鱒幸竿 -小竹弓-(購入記事)」であります。早くこの渓の景色を小竹弓に見せてやりたかったんだけど、ようやっと願いが叶いました♪
P7105215.jpg

 しかし渓は大増水の直後といった印象で周囲の岩もグラグラと収まりが悪いものも多く、流れの筋も以前とは変わってしまったようです。果たして渓魚達は以前と同じように暮らしておるのでしょうか、期待半分不安半分でフライを流すと…
P7105220.jpg

 イワナはすぐに反応してくれました、君達は逞しいねぇ!
P7105230.jpg

 ただこの渓で釣れるイワナはやっぱりチビちゃんばっかりなんだよね、ここは放流量&フィッシングプレッシャーの両方が高い場所なのかなぁ!?
P7105237.jpg
 ところで一般的な魚って浅瀬に寝かすと横に倒れてしまうけど、イワナは上の写真の様にビシッと立ち上がって両生類的な感じがするんだよね。イワナは大雨が降って地面が川のようになると、この体勢で陸地を這うように移動すると聞いた事があるし、少々の増水にも負けぬ逞しい生き物なのである!

 さらに渓を叩き上がります、小さなポイントを丁寧に攻めると…
P7105260.jpg

 こんなチビちゃんが釣れちゃいましたw この渓については、釣れるポイントの規模と釣れる魚の大きさが比例するようですな。
P7105264.jpg

 おぉぉ今度は折れた生木がゴンゴロと、一体何が起こったというのだ!?w
P7105270.jpg

 さらに上流へと向かうと、増水の影響が次第に収まってきたような感じがしますね。
P7105274.jpg

 イワナからの反応もより良くなってきたような気がします♪
P7105277.jpg

 しかし今度は突然の大雨!木の下で雨宿りしてたらすぐに止んでくれたんだけど、とりあえずはこれにて一旦納竿する事としました。
P7105280.jpg

 今度は一気に山を下って…
P7105288.jpg

 続きましては道無き道を進みます、すぐ右側は谷なのでかなりおっかなかったw
P7105294.jpg

 そんなこんなで、お次は上越地区中山間部奥地を流れます某渓へとやって来ました!
P7105296.jpg

 この場所は入渓点のちょっと先にナメ滝があり、その上流はこれまで竿を出したことがなくて、一体どうなっているのか非常に気になっておったのですよ。ツルツルのナメ滝を、這いつくばるようにしてよじ登りましたですw
P7105299.jpg

 第一のナメ滝と第二のナメ滝の間には深い滝壺がありました!大イワナがいるかもと思ったんだけど、残念反応無しであります。
P7105303.jpg

 その上はこんな感じになっておりました。この先にはまた小さなナメ滝があって、それを頑張ってよじ登ると…
P7105307.jpg

 再びナメ滝が出現!この滝も頑張ればよじ登れそうだったんだけど、takeさんは温室育ちの安全第一ヌクヌクフライフィッシャーなので危ない橋は渡るべからずと、ここで諦めて帰ることとしました。ちなみにこの滝壺も丁寧にフライを流してみたけど、魚からの反応は残念ゼロでありました。
P7105317.jpg

 帰りはナメ滝を豪快に滑り降りて、全身びしょ濡れになったけどかなり楽しかったっすwww 
P7105318.jpg

 渓流はやっぱりなんといっても水の綺麗さが一番重要だと、takeさんは思うのですよ。水が汚い場所だと、たとえ大物が釣れても癒し効果は薄いと感じてしまうのです。しかしたとえ水がバッチリ綺麗でも、魚がまるっきり釣れないとそれはそれでダメなんだけどねw これからも水の綺麗な&イワナが棲んでいる渓を求めて、上越各地を走り回らなくちゃですわ!



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

別窓 | 2018年のアウトドア遊び | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
昨日は新調した渓流シューを装備して、ちょいとだけ渓流釣りw
2018-07-05 Thu 17:18
 昨日は台風が絶賛接近中だったけど天気がそんなに悪くならなかったので、こりゃボケッとしているのはもったいないぞと車を飛ばして渓流釣りに行ってきました!(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 実はですね、takeさん渓流シューズを新調したのであります!アマゾンで¥4980とお安いのを買っちゃいましたw 夏の暑い時期はウエーダーを装備せず、渓流シューズ&速乾ズボンの軽装で釣りをするのであります。
P7045102.jpg


 ソールがフェルトのみの「沢登りタイプ」と、金具のスパイスが付いた「磯釣りタイプ」の2種類があるんだけど、フェルトのみの「沢登りタイプ」をチョイスしました。またこのシューズは親指が分かれていない「中丸」タイプであります。足袋みたく親指が分かれた「中割」タイプだと踏ん張りがきくんだけど、やっぱり指が痛くなりやすいように感じますね。
P7045104.jpg

 takeさんは足の幅が広く甲高で、さらに人差し指がかなり長いという特殊な形状をしており、靴選びにはいつも苦労しています。普段の靴のサイズは26.5cmで、これまで使用していた渓流シューズも26.5cmだったんだけど、長時間歩くと人差し指が猛烈に痛くなってしまい難儀しておりました。今回購入した渓流シューズは幅が狭めとのことで、あえて2サイズアップで購入してみました。
P7045107.jpg

 実際に履いた感じは、幅についてはぴったりジャスト!長さについては十分なゆとりがあって長時間歩いても痛くなるということはなさそうだけど、やはりフィット感にはやや欠けるので、平坦な道を歩くのは全く問題なかったけど、岩がゴロゴロした渓流を歩くのには若干の違和感がありました。まぁまぁゆっくり注意して歩けばOKな訳で、足が痛くなるよりは良いかw
P7045108.jpg

 でもって今回向かった渓は以前に地図で見かけてその存在が気になっておった、上越地区中山間部やや奥地の某所であります。辺りの景色を眺めつつ、山道をのんびりと進みますれば…
P7045110.jpg

 目的地の渓に到着なり!流れる水はそれなりにキレイだけど…
P7045112.jpg

 んんん~河床が泥質の場所も結構あります、これはちょいとテンション下がっちゃうなぁw
P7045113.jpg

 けど雰囲気の良いポイントもありまっせ♪という訳で再び気合を入れ直し、テンポよく渓を叩き上がりますれば…
P7045120.jpg

 あいたたた~すぐ先で堰堤登場!小さな堰堤だったので高巻くのは簡単そうだったけど、渓の雰囲気が今ひとつだったのでそこまで頑張る必要はないかなと、これにて納竿することとしました。
P7045124.jpg

 今回は釣りの方は今ひとつだったけど、新しい渓流シューズの使い勝手を試せたのでまぁ良しとしましょ。足が痛くなることはなさそうだけどフィット感にやや劣るので、長距離を歩く本格的な渓流釣りに使用するのはちょいと不安があるかも!?場合によってはもう一足、別の渓流シューズを買ってしまうかもしれんw



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

別窓 | 2018年のアウトドア遊び | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
昨日は秘密の渓に調査釣行、チビイワナ達と戯れてきました♪
2018-06-26 Tue 16:18
 takeさんは一昨日に引き続いて昨日も仕事がお休みで、さらにこの日も好天に恵まれました♪という訳で昨日も渓流釣りに行ってきたのであります!(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 今回向かいましたのは、某氏に教えて頂いた秘密の小渓流であります。「とりあえず魚がいるのは確認済み」程度の情報しかなく、この渓についての詳細は不明であります。ぱっと見の印象だと流れは細いけど、水質はかつかつクリアー!頭上は開けており、気持ちよく竿も振れそうです。これで魚が沢山いてくれたら最高だどw
P6254909.jpg

 今回の相棒も、釣友Troutriverさん(竹竿工房 鱒幸庵代表)が作ってくれた超ショートなバンブーのパックロッド「鱒幸竿 -小竹弓-(購入記事)」であります。この竿は使い始めてから2回目の釣行で尺イワナをかけたりと、我が家でピカイチのラッキーロッド♪今回は初めて竿を出す渓だから、キミが持っている運に期待しておるぞ!
P6254917.jpg

 いつものように#14のイワイイワナを結んで釣り始めると、早速魚からの反応あり、しかもバカスカ反応あり!w どうやら魚のサイズが小さいようで、フライをなかなか上手に咥えられないようです。最近は出来ることならチビイワナは虐めたくないので、無闇にフライをサイズダウンしないようにと心がけていたんだけど、今回は初めて竿を出す渓だからとりあえずイワナをキャッチしたいぞと、フライサイズを#16に落としたら…
P6254920.jpg

 よーしよしフッキング成功!この渓は流れの細さに比例して、イワナのアベレージサイズも小さいようであります。
P6254922.jpg

 とりあえず1匹キャッチできたので、ここからは再びフライを#14にサイズアップして渓を叩き上がります。少しでも水深のある場所を探し、丁寧にフライを流していくと…
P6254931.jpg

 やったね、結構なサイズのイワナが釣れてくれました!
P6254963.jpg

 このポイントも規模は小さいけれども、一般的な渓流の落ち込みをそのままサイズダウンしたような好場所であります。水深もそれなりにあるし、気合を入れてフライを打ち込みますれば…
P6254994.jpg

 やや大きめのイワナが釣れました、まぁまぁ上出来w
P6254995.jpg

 この辺りでお弁当休憩しましょ。そういえば最近は、「サントリー(公式サイト)」より発売されております「CRAFT BOSS(商品サイト)」というコーヒーがバカ売れしているらしいですね!発売前は、コーヒーの専門家達は「こんな麦茶みたいな薄味のコーヒーが売れる訳ない」と思ってたらしいですよ。薄味だからこそ今みたいな暑い時期は、ゴクゴク飲めて良いと思うけどなぁ。渓を眺めながら飲むCRAFT BOSSは、最高に旨かったですぞ♪
P6254998.jpg

 さらに渓を釣り上がると、川岸に石が組まれているのを見つけました。明らかに人の手が入っていると思われます、こんな山奥でも昔は人が暮らしていたんですなぁ。
P6255016.jpg

 ふむ、いよいよ流れがか細くなってきました。この渓は入渓場所から既に流れが細かったので、もしかすると水源まですぐに辿り着けちゃうかも!?なんて思っておったのですw もちょっと頑張ればこの渓の最初の1滴を拝むことができるかも、釣りのテンポを早めて急ぎ釣り上がりますれば…
P6255024.jpg

 っとっとっと、こんなか細い流れになっても未だイワナの反応あり、こんなちんこいのが釣れましたぞw
P6255037.jpg

 ややっ、いよいよヤブが深くなってきおった、水源ももうすぐそこカモネ、カモネ!?w
P6255053.jpg

 んほ~また頭上が開けてきおった、まだ奥が深そうだなぁ…
P6255055.jpg

 イワナからの反応もまだあります、こんな上流にまでよくも上ってきたもんだねぇw
P6255058.jpg

 んむ~上れども上れども渓はダラダラと続き、一向に終りが見えませんです。水源まで上ってみたかったけど、精神的にも体力的にももう限界!ってな訳でこれにて納竿し、渓を下ることとしました。
P6255060.jpg

 渓を下る途中で、恐ろしく巨大に育ったフキのような植物を見つけました。まるで自分が小さくなってしまったかのような錯覚を覚えましたぞw
P6255063.jpg

 そんなこんなで、昨日は秘密の小渓流にてチビイワナ達と存分に戯れてきましたです。この渓は魚影が濃くてロケーションも良く、素晴らしい渓を教えてくれた某氏には大感謝です!今度機会があったら、この渓の下流域に竿を出してみようかな♪



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

別窓 | 2018年のアウトドア遊び | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
昨日は某渓で渓流釣り、堰堤プール遊びもなかなか楽しw
2018-06-25 Mon 16:18
 昨日は超久しぶりに仕事の休み&日曜&好天が重なりました。という訳で釣友Doumtakaさんに声をかけ、一緒に渓流釣りに行ってきました!(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 この日まず向かったのは、某堰堤下の巨大プールであります。ここにイワナが沢山いるのは既にチェック済みだったんだけど、真剣に竿を出すのはこの日がお初でありました。いい釣りできると良いのだけれどもw
P6244800.jpg

 右奥のオーバーハング下にイワナが着いているのを見つけたんだけど、残念口を使ってくれませんです。
P6244808.jpg

 今度はプールをフラフラ泳ぎ回っているイワナの鼻っ面にフライを落としてみたら…即座に反応して浮いてきた!けど残念フライの直前でUターンしおったw その後もお互い1バイトずつあったけどフッキングが甘く、キャッチには至りませんでした。水面がフラットなので警戒心が強く、なかなかフライをしっかりと咥えてくれないようです。さらにカエルとイワナを間違えてフライを打ち込んだりとこの場所だけで1時間ほど遊んだ後に、堰堤を高巻いて上流を目指しました。
P6244815.jpg

 堰堤の上はこんな感じ、藪沢っぽい雰囲気となりましたぞ。
P6244816.jpg

 ここからは藪沢専用の竿にチェンジ、釣友Troutriverさん(竹竿工房 鱒幸庵代表)が作ってくれた超ショートなバンブーパックロッド「鱒幸竿 -小竹弓-(購入記事)」でブッシーな沢を叩き上がるのだ!
P6244817.jpg

 目の前には好場所が立て続けに現れるんだけど…イワナからの反応はなかなかありませんです。
P6244830.jpg

 ここも良いポイントで、Doumtakaさんが粘るけど…残念イワナからの反応は無し。
P6244839.jpg

 っとっとっと、さっきまでの好場所が全て空振りだったのに、こんな小さなポイントでイワナがフライに出てきたぞ!どうやら小場所の方が魚が着いてるみたいね、今度は小さなポイントを丁寧に攻めるよう心がけてみたら…
P6244841.jpg

 よーしよし、チビちゃんだけどイワナの顔をようやっと拝むことが出来た♪
P6244851.jpg

 Doumtakaさんもチビちゃんだけど、ボウズ逃れの一匹をキャッチ!
P6244854.jpg

 あら~良い雰囲気のポイントだ。魚からの反応はなかったけど、なかなか迫力のあるナメ滝であります♪
P6244866.jpg

 滝の上でパチリと1枚、水が冷たくて気持ち良いのだw
P6244873.jpg

 その後もチビちゃんからの反応はポチポチあったんだけどフッキングには至らず、もうこれで十分だと渓を下ることとしました。
P6244882.jpg

 やっとさっきの堰堤まで下ってきました。スロープをえっちらおっちらと登り、今度は堰堤下流側のスロープをヒィヒィ言いながら下りまして…
P6244884.jpg

 ようやっと入渓ポイントまで戻ってきたぞ、大変お疲れ様でした!
P6244886.jpg

 実はtakeさんこの渓とはあまり相性が良くなくて、これまでイワナをキャッチした経験がありませんでした。今回はようやっと最初の1尾をかけることができて大満足♪Doumtakaさんまた今度も、どこかの渓にご一緒しましょう!



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

別窓 | 2018年のアウトドア遊び | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
昨日は渓流釣り、ちんこいのが沢山釣れたw
2018-06-20 Wed 16:18
 昨日はやっと休日と好天が重なってくれたので、久しぶりに渓流釣りに行ってきたです!(以下の写真は全てクリックで拡大化)


 今回向かいましたのは上越地区山間部奥地の某渓流、takeさんお気に入りの渓であります♪
P6194753.jpg

 今回の相棒も、釣友のTroutriverさん(竹竿工房 鱒幸庵代表)が作ってくれた超ショートなバンブーのパックロッド「鱒幸竿 -小竹弓-(購入記事)」であります、今日もよろしく頼むぜ!
P6194756.jpg

 っとっとっと、入渓直後のポイントでいきなりチビちゃんがフライを食べ損ねました、これまた幸先良いぞw
P6194757.jpg

 愛竿と共に渓をまったりと釣り上がります。バンブーロッドは扱いも丁寧になるし、釣りのテンポを穏やかにしてくれますのだ♪
P6194761.jpg

 っとっとっとまたフライを食べ損ねられた!これはtakeさんがフライをナチュラルドリフト(流れに任せて毛鉤を自然に流す)出来ていないから、フライを咥えることが出来ないのかも!?という訳でここからは、フライをより丁寧に流すよう心がけたら…
P6194763.jpg

 よ~しよしまずは1匹目、やっぱりフライの流し方が悪かったのねw さらにそのすぐ次のポイントでも…
P6194766.jpg

 どチビちゃんが釣れたけど、写真撮影する前にハリが外れちゃってオートリリースw さらにそのすぐ次のポイントでも…
P6194773.jpg

 また釣れたw 三連チャンでフライが乾く暇もねぇwww
P6194779.jpg

 以降も好調は続いたけど、どういう訳だかサイズアップしてくれませんです。
P6194789.jpg

 うおぉ水深のある大場所だぞ、今度こそ大物が釣れるはず!
P6194790.jpg

 けど釣れたのはやっぱりチビちゃんでした~まぁ釣れてくれるだけでも有り難いのだけれどもw
P6194792.jpg

 こんな感じでこの日はチビちゃんばっかりバカスカ釣れて、もう十分楽しめたぞと早めに納竿して渓を下ったのであります。
P6194794.jpg

 この渓はやっぱりイイね~釣れるサイズは日によってまちまちだけど、ハズレた経験はほぼありませんです。けど次回はロケーション重視で、また違う渓へ行ってみよかな♪



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

別窓 | 2018年のアウトドア遊び | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT