日本一うまいトコロテン 明治創業の超老舗なり!@shop data
2017-08-28 Mon 11:18
 先日は釣り仲間達と一緒に大島区にありますトコロテンのお店「日本一うまいトコロテン」に行ってきました!こちらのお店はその名を広く知られる有名店で、”日本一うまい!”という大胆なネーミングも非常に印象的なのでありますw (以下の写真は全てクリックで拡大可)


 日本一うまいトコロテン
 新潟県上越市大島区下達460-2
 025-594-3701
 営業時間 9:00~18:00 通し営業
 定休日 冬期(10月体育の日の翌日~4月昭和の日の前日まで休業)



 店内入ってすぐの所で、地元農家の手によるものと思われるお野菜などが売られてました。さらにカウンターではお酒も販売されてましたよ。
IMG_0116_20170827221856b5e.jpg

 こちらのお店はカウンターにて先に注文と会計を済ませるシステムとなっております、頼むのはもちろん全員「日本一うまいトコロテン」で決まりだよねw 他にも珈琲とアイス、さらに土日祝限定で「おむすび」も提供しておるようです。
IMG_0122_201708272218571b7.jpg

 テイクアウトも出来るんですね、店舗オリジナルの「トコロテン突き棒」とセットで買ってみるのも悪くないかも。
IMG_0189_20170827221858235.jpg

 店内の様子はこんな感じです、チープな雰囲気がこれまたタマランw
IMG_0280.jpg

 池には沢山の鯉が泳いでました。またこの時はうっかり見落としたんだけど、下の写真右に写っているのがトコロテンに使用されている湧き水ですね。この水こそが”トコロテンの旨さの秘訣!”なんて話も聞いたことがあります。
IMG_0287_2017082722190207e.jpg

 テーブルの上にはトコロテンのウンチクが書かれたメニュースタンドが置かれてました。一番下に書かれた「カロリーゼロ、腹持ちが良い」これらが嬉しいポイントですね♪
IMG_0320_20170827221903e43.jpg

 またこちらのお店では、トコロテンは一本箸で提供されます。食べ方のコツが書かれてますね、「かき混ぜずに、真ん中から箸ですくうようにして口に運ぶべし」か…まぁなんとかなるっしょw
IMG_0324_20170827221904f70.jpg

 そうこうしているうちに、待ちに待ったトコロテンが運ばれてまいりました!
IMG_0331.jpg

 実はtakeさんここんちのトコロテンはこの日が初体験だったのですが、ビジュアル的美しさがこれまた素晴らしい!表面の艶やかな質感、さらに切断面のグラデーションもとても綺麗であります~食べちゃうのがもったいないねw
IMG_0335_20170827221852d53.jpg
【日本一うまいトコロテン 日本一うまいトコロテン¥300】

 滑っちゃってかなり難しかったけど、頑張って一本箸で手繰りましたぞw 見た目の第一印象として、角がしっかりと立っていますね。味の方はと言いますと、天草の風味控え目でとても上品な味わいで、さらに市販の物よりも質感がしっかりしていますね。デフォルトでかけられている酢醤油は最低限の量で、トコロテンそのものの味をバッチリ楽しめましたよ~ツルリと喉越しも良く、抜群美味しゅうございました!
IMG_0357.jpg

 それにしても、一本箸はツルツル滑って非常~に食べづらいw という訳でここからは器を手に持って、箸で掻っ込むようにして食べちゃいました。
IMG_0361.jpg

 またテーブルの上には青じそ、酢、醤油と3種のタレが用意されておりました。基本の味を確認したら、これらを使用して自分好みの味を追求すべし!
IMG_0363_201708272218274ab.jpg

 まずはお醤油を投入、これぞ基本ってなお味でなかなかの旨さでしたぞ。
IMG_0365_201708272218297a4.jpg

 次いで青じそを投入、こちらは風味豊かで大変美味しゅうございました!
IMG_0367.jpg

 今度はお酢を投入、目の覚めるようなお味でこれまた旨しw
IMG_0368_201708272218300aa.jpg

 最後はカラシでキリッと味変、刺激的な味わいでこれまた旨しだ♪
IMG_0370.jpg

 なこんなであっという間に完食であります、今にして思えばもう一皿食べても良かったかもw
IMG_0377.jpg

 お店を出る時になって気がついたんだけど、こちらのお店ってなんと明治18年の創業なんですって!そんなに歴史のあるお店だとは全く思っていなかったので、大いにぶったまげましたです!!
IMG_0388.jpg

 こちらのお店はその存在がずっと前から気になってはいたんだけど、ずっと来店する機会がなかった長年の課題店でありました。今回ようやっと来店することが出来、ついにshop data記事も書き上げることが出来ましたです。上越を代表するお店の1つに数えられる名店でありますかと~もしもまだ来店したことがないという方がおられましたら、この機会に是非とも行ってみるべし♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越の各種和食 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
丸亀製麺「鮭おむすび茶漬け」まだまだあります丸亀の裏技メニュー!
2017-03-20 Mon 08:18
 先日は土橋にあります讃岐うどんの専門店「丸亀製麺 上越店(shop data記事)」に行ってきました!(以下の写真は全てクリックで拡大可)

 今回はですね、先日ブログ読者様から「”おむすび+お出汁”でお茶漬がイケる!」と提案して頂きまして、急遽来店した次第なのです。

 「お茶漬けならやっぱり鮭が良いよなぁ~」なんて思ってたら、来店時には運良く「鮭おむすび」ありました!
IMG_4142.jpg
【丸亀製麺 鮭おむすび¥130&出汁(無料)】

 さらに今回も、前回(当該記事)頼んだ裏技メニュー「冷し明太釜玉うどん」を頼んでみることとしました。前回は図らずも麺が大盛りになってしまったので、今回は間違いなく”並”にて注文であります。味のバランスが前回よりも良くなることを期待するのだ。
IMG_4231.jpg
【丸亀製麺 上越店 かけうどん(並、冷)¥290】
 ちなみに冷たい状態の麺を注文する場合、前回は「ぶっかけの並を冷で、出汁はいりません」と頼んだけど、今回は「かけの並を、冷たい麺でお願いします」と頼んでみたのですが、こちらの方がスムーズに注文が通るように感じました。

 「冷し明太釜玉うどん」の味のベースはサイドメニューの「明太子」と「温泉たまご」であります。
IMG_4239.jpg
【丸亀製麺 上越店 明太子¥60、温泉たまご¥60】

 引いた全体像はこんな感じです。上記注文の他に薬味のネギと、天かすをもらってきました。前回は天かすの量が多すぎたので、今回は若干控え目にてw
IMG_4265.jpg

 さてまずは「鮭おむすび茶漬け」から行ってみますかの!おむすびのビニールを外して…
IMG_4269.jpg

 お出汁にドボン!…もしかしたらちょいとお出汁が少なすぎたかしらん!?
IMG_4274.jpg

 お箸でおむすびをザックリと崩してやって…
IMG_4279.jpg

 サラサラッと頂くべし!鮭の塩気と風味が思いの外にしっかりしており、お出汁の旨味と相まってこれまた驚きの旨さ!!…けどやっぱりお出汁の量が少なかったな、もっともっと汁気がないとお茶漬けっぽくないよぅw
IMG_4289.jpg

 後半は天かすを適量投入、オイリーな旨味との相性もバッチリでこれまた美味しゅうございました♪けどご飯がお出汁を吸湿し、汁気はいよいよ不足しておりますw
IMG_4294.jpg

 さぁ今度は「冷し明太釜玉うどん」行ってみましょう、明太子に温玉を投入し…
IMG_4299.jpg

 しっかりとシェイク!
IMG_4300.jpg

 これをおうどん様にかけてやって…
IMG_4307.jpg

 しっかりと混ぜた後に、ネギをトッピングしてやりますれば「冷し明太釜玉うどん(並)」これにて完成なり!
IMG_4312_20170319213547472.jpg

 はてさて今回は麺が並だから明太子との量的バランスが改善されて、味のバランスがより整っているはずなのですが…果たして如何なものでしょうか?麺を手繰って一口啜ってみると…んんん、前回よりも確かに明太子の味が濃いけど…やっぱり何か物足りないカモ!?
IMG_4329.jpg

 器の底には混ざりきらなかった明太ソースが沈んでおり、器の底からソースがタップリと絡んだ麺を引っ張り出して食べてみても…やっぱり一味足りぬ印象、ぐむむw
IMG_4343.jpg

 という訳で今回もやはり、卓上に用意されている「だししょうゆ」を使ってみることとしました。
IMG_4345.jpg

 軽く2プッシュほど投入し、しっかりと混ぜて食べてみると、今度は味がバッチリ整いました!もしかすると「冷し明太釜玉うどん」に”だししょうゆ”は必須アイテムなのかもです、使用する量など皆さんも色々と試してみて下さいませ。
IMG_4346.jpg

 最後に天かすを軽めに投入、こちらについても今回は控え目の使用が大正解でした~オイリーな旨味が程良く加味されて、さらに天かすのザクザクした歯応えが良いアクセントとなって大変美味しく味変されましたです♪
IMG_4351.jpg

 ラストは濃厚明太スープをズゾゾッと味わって、大満足で店を後にしました。
IMG_4353.jpg

 裏技メニュー「鮭おむすび茶漬け」、鮭の風味が予想以上に際立っていて大変美味しかったです。ただ出汁の量は失敗でした、次回は空の器におむすびをセットし、その上からお出汁を適量かけた方が間違いないでしょう。次回は出汁の量を間違えずに…また、おむすびを「鮭&明太子」のダブルなんてのも悪くないかもしれん~可能性はいよいよ無限大、皆さんも様々な組み合わせにチャレンジしてみるべし♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越の各種和食 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
丸亀製麺にて裏技メニュー「明太茶漬け」食べてきました!
2017-02-10 Fri 07:18
 先日は土橋にあります讃岐うどんの専門店「丸亀製麺 上越店(shop data記事)」に行ってきました!お店の営業時間等の詳細につきましてはshop data記事をご覧下さい。(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 さて今回は、ブログ読者様からとってもとっても興味深い丸亀の裏技メニューを教えてもらい、これは早速試してみるべしと急遽来店した次第なのです。そのメニューとは、「天丼用ごはん」に「かけうどん」用の出汁をかけて「お茶漬け」として食べるという裏技なのだ!(下の写真は無料トッピングのネギものせてあります)
IMG_0565.jpg
【丸亀製麺 上越店 天丼用ごはん¥130+ネギ+出汁】

 さらに明太子を追加トッピングして「明太茶漬け」として食べるのが最高に旨いとのこと!!
IMG_0569.jpg
【丸亀製麺 上越店 明太子¥60】


 また今回はついつい「野菜かき揚げ」までお盆にのせちまった、takeさんご飯と明太子だけでレジへと突撃する度胸はなかったんだよぉ、勘弁してくれよぉぉw
IMG_1558.jpg
【丸亀製麺 上越店 天丼用ごはん¥130+ネギ+出汁、明太子¥60、野菜かき揚げ¥130】

 ってな訳で明太子を上にトッピングしてやりますれば「丸亀製麺謹製 明太茶漬け」これにて完成なり!
IMG_1583.jpg

 まずは出汁とご飯だけでサラサラッと、これだけでも出汁の旨味しっかりでバッチリ美味しゅうございます♪
IMG_1586_201702091755080e9.jpg

 次いで明太子と一緒に頂くべし、辛味とコクが加味されてより一層美味しく頂けますな!
IMG_1592.jpg

 同時購入した野菜かき揚げはスーパージャンボサイズ、やっぱオイリー成分あった方が正解よ正解w
IMG_1597.jpg

 お茶漬けをサラサラッと掻っ込んで…
IMG_1601_20170209175513c84.jpg

 大胆にかき揚げにかぶりつく、いやぁ至福の時であります♪
IMG_1604.jpg

 そうそう「天丼用ごはん」を頼むと「天だれ」がセットで付いてくるんだけど、やっぱり天ぷらにはこれを使用した方が美味しく食べられますね~かき揚げのみでモリモリ食べ進むと、流石のtakeさんでもやっぱり油っこくて口の中がムッチャムチャになりますわw
IMG_1605.jpg

 ってな訳であっという間にラスト1口、サラサラッと流し込んで大満足で店を後にしたのであります。
IMG_1609.jpg

 今回は読者様のお陰で「お茶漬け」という裏技メニューを体験することが出来ました、情報提供誠に大感謝です!さらに追加トッピング「明太子」の存在を知ることができたのもでかかった。これを使って新たな裏技メニューを現在模索中であります、近いうちにまたちょっと変わったメニューを紹介出来るかもしれませんよ!
 今回食べた「明太茶漬け」も、さらに天かすなど追加トッピングするとより美味しく頂けるかもです~皆さんも色んな組み合わせにチャレンジしてみて下さいな♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越の各種和食 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
六花の里 あるるんの杜にあります地元食材にこだわったビュッフェレストラン!@shop data
2016-10-12 Wed 11:02
 先日は響さんと一緒に、上越アルカディアシティの近くにあります「あるるんの杜(shop data記事)」内で営業しておりますレストラン「六花の里(リッカノサト)(店舗サイト)」に行ってきました!
六花の里
六花の里 posted by (C)take
あるるんの杜
あるるんの杜 posted by (C)take

 六花の里(リッカノサト)(店舗サイト
 新潟県上越市大道福田621 あるるんの杜内
 025-530-7330
 営業時間 モーニング(平日限定)8:30~9:30(LO)
     ランチバイキング 11:00~14:00(LO)
     ディナーバイキング(土日祝限定)17:00~20:00(LO)
     (平日ディナーはコース料理で予約制)
 定休日 水曜(祝日の場合は営業)



 こちらのお店は食べ放題のビュッフェ形式となっており、料金体系も年齢&曜日別となっています。この日は平日昼間に来店したので、料金は一人¥1500ですね。店内入ってすぐの所にレジがあり、最初に会計を済ませるシステムとなっております。
六花の里 メニュー
六花の里 メニュー posted by (C)take

 店内の様子はこんな感じ。茶系のアースカラーで統一されており、とても落ち着いた印象でした。
六花の里 店内の様子
六花の里 店内の様子 posted by (C)take

 む、テーブルにアルコールメニューが用意されてました。別料金にはなってしまいますが、酒もガッツリ呑めるようですw
六花の里 アルコールメニュー1
六花の里 アルコールメニュー1 posted by (C)take
六花の里 アルコールメニュー2
六花の里 アルコールメニュー2 posted by (C)take

 さぁここからが本番だ、ビュッフェコーナーにて料理をゲットしてくるべし!今回はほぼ全ての料理を写真に納めてきました(料理は2016年9月某日来店時のものです)、画像クリックしてフォト蔵のサイトに飛んで、さらに画像をクリックすると拡大等が可能ですよ(PC表示のみ)。
 まずはビュッフェコーナーの中央、様々なおかずがズラリと並んでおります!右の「大学かぼちゃ(大学芋のかぼちゃ版)」がなかなか興味深いですな。
六花の里 ビュッフェコーナー1
六花の里 ビュッフェコーナー1 posted by (C)take

 「季節野菜の浅漬け」や「おから煮」など、いかにもヘルシーな印象の料理が多いのがこれまた宜しい!
六花の里 ビュッフェコーナー2
六花の里 ビュッフェコーナー2 posted by (C)take
六花の里 ビュッフェコーナー3
六花の里 ビュッフェコーナー3 posted by (C)take

 この辺りには「塩麹から揚げ」など、ガッツリ肉系メニューもちゃんと用意されていますのでご安心を♪
六花の里 ビュッフェコーナー4
六花の里 ビュッフェコーナー4 posted by (C)take

 ここでは「温泉たまご」などが用意されてました。さらに写真中央やや左上『-ご飯のお供-』ここが要チェック、「ごはんみそ」などどれも味が良かったですよ。
六花の里 ビュッフェコーナー5
六花の里 ビュッフェコーナー5 posted by (C)take

 ここからはカウンターに並べられた”主食系”の料理を紹介していきます、この辺りはちょいとカロリー高めかもだw まずは主食のご飯について、定番の「コシヒカリ」の他に「みずほの輝き」と「釜戸ごはん(上越産コシヒカリ)」が用意されてました。
六花の里 ビュッフェコーナー6
六花の里 ビュッフェコーナー6 posted by (C)take

 こちらでは「手づくりチャーハン」と「野菜たっぷり焼きそば」、さらに「六花の里”キーマカレー”」が用意されてました。お店の名前を冠したキーマカレーが、もしかしたら自慢の料理の1つなのかな?
六花の里 ビュッフェコーナー7
六花の里 ビュッフェコーナー7 posted by (C)take

 こちらは「季節の天ぷら」や「ポテトフライ」など、左奥の「茹でうどん」も気になるねw
六花の里 ビュッフェコーナー8
六花の里 ビュッフェコーナー8 posted by (C)take

 続いてはサラダバーであります。お店のオリジナルと思われる「雪下人参ドレッシング」これ来店時は食べ損ねちゃったんだけど、今にして思えばこれ選んでおけば良かったなぁ。
六花の里 サラダバー1
六花の里 サラダバー1 posted by (C)take

 それぞれのお野菜の産地が書かれています、生産者の名前が書かれている野菜までありましたよ!
六花の里 サラダバー2
六花の里 サラダバー2 posted by (C)take

 米粉で作られたパンも用意されてましたが、この日はこのパンだけは食べる余裕が無かったです。料理の種類が多すぎるんだもんさ、食べきれないよ~w
六花の里 米粉パンコーナー
六花の里 米粉パンコーナー posted by (C)take

 デザートも三和区にある「北代ぶどう園」のマスカットベリーなど、地元食材にこだわった品揃えでした。
六花の里 デザートコーナー
六花の里 デザートコーナー posted by (C)take
六花の里 ジェラートコーナー
六花の里 ジェラートコーナー posted by (C)take

 最後にドリンクコーナーの写真をば。今回撮影し忘れてしまったんだけど、コーヒーメーカーも設置されておりました。
六花の里 ドリンクコーナー
六花の里 ドリンクコーナー posted by (C)take

 ってな訳で少量づつではありますが、ほぼ全ての料理をゲットしてきましたぞ!
さぁ喰うぞ!

 まずはこちらのお皿、中央ビュッフェコーナーの料理を全てのっけてきましたですw どれも上品な味で、食べる人の好みを選ばぬ優しい味付けであると感じました。
六花の里 ランチビュッフェ 2016年9月某日の料理ほぼ全て その1
六花の里 ランチビュッフェ 2016年9月某日の料理ほぼ全て その1 posted by (C)take

 こちらの右下のは味噌汁ですね、具沢山でこれまた驚いた!左上のは例の「六花の里”キーマカレー”」であります、辛さ控え目でありながらもスパイスの旨味しっかり、大変旨かったですよ♪
六花の里 ランチビュッフェ 2016年9月某日の料理ほぼ全て その2
六花の里 ランチビュッフェ 2016年9月某日の料理ほぼ全て その2 posted by (C)take

 続いては天ぷらなど、カラリと揚げられていてこれまた旨かった。また、右の小さな皿に盛られているのが先ほどチラッと書いた『-ご飯のお供-』達で、特に下の「ごはんみそ」これ激ウマw
六花の里 ランチビュッフェ 2016年9月某日の料理ほぼ全て その3
六花の里 ランチビュッフェ 2016年9月某日の料理ほぼ全て その3 posted by (C)take

 ここまで食べて、すでにほぼ満腹になっていたのですが…
六花の里 ランチビュッフェ 茹でうどん
六花の里 ランチビュッフェ 茹でうどん posted by (C)take
 さらに「茹でうどん」をゲットして、メインの料理はこれにてほぼコンプリートなり!

 っとっとっと飲み物の類を忘れておった、という訳で「手作りしそジュース」ゲットであります~さっぱり味で旨かった!そういえばジュースの類ってこれしかなくて、他はお茶の類とコーヒーと牛乳のみというこれまたヘルシーな組み合わせでした。
六花の里 ランチビュッフェ 手作りしそジュース
六花の里 ランチビュッフェ 手作りしそジュース posted by (C)take

 さて最後はデザートタイム、左から順にコーヒーゼリー、ミルク寒天、ヨーグルトケーキ、ルイボスティーを頂いて、これで終わりにしようかとも思ったんだけど…
六花の里 ランチビュッフェ コーヒーゼリー、ミルク寒天、ヨーグルトケーキ、ルイボスティー
六花の里 ランチビュッフェ コーヒーゼリー、ミルク寒天、ヨーグルトケーキ、ルイボスティー posted by (C)take

 最後の最後、この日食べて美味しかったベストスリー「ごはんみそ、なす南蛮、塩麹から揚げ」に、さらに「釜戸ごはん」のお焦げ部分をゲットしまして、これにて今度こそ締めだっ!w
六花の里 ランチビュッフェ 釜戸ごはん(お焦げ)、ごはんみそ、なす南蛮、塩麹から揚げ
六花の里 ランチビュッフェ 釜戸ごはん(お焦げ)、ごはんみそ、なす南蛮、塩麹から揚げ posted by (C)take

 一方その頃、響さんは2周目の料理をゲットしてきたようであります。
響さん2週目

 む、ご飯&キーマカレーに温泉玉子を投入しておる…やるなぁおいw
キーマカレー

 うどんにも温泉玉子を追加してるし、そんな事をされたらまたお腹が空いちゃうじゃないっ!
うどん

 …とは言いつつもやっぱり料理はもうお腹に入りませぬ、ミルクジェラートで今度こそ最後にするからねw 優しい甘さでこれまた旨かった♪
六花の里 ランチビュッフェ ミルクジェラート
六花の里 ランチビュッフェ ミルクジェラート posted by (C)take

 響さんもデザートで締めであります。マスカットベリーを1つ分けてもらったんだけど、これがまた甘くてビックリ!
六花の里 ランチビュッフェ ミルク寒天、マスカットベリーA、ブルーベリー&ミルクジェラート
六花の里 ランチビュッフェ ミルク寒天、マスカットベリーA、ブルーベリー&ミルクジェラート posted by (C)take

 最後にコーヒーを一杯頂いて、超大満足で店を後にしたのであります。
六花の里 ランチビュッフェ ホットコーヒー
六花の里 ランチビュッフェ ホットコーヒー posted by (C)take

 こちらのお店、来店時は高齢のお客さんが多くて驚きました。料理はどれも上品な味付けでヘルシーな料理ばかりだし、さらに料理の種類が豊富なので、お年を召した人でも好きな料理だけ選んで食べられるのが良いのかもしれません。野菜料理が中心なのも、高齢の人に喜ばれるポイントかもですね。ヘルシーな料理ばかりでtakeさん大いに気に入ってしまいましたよ、皆さんも是非とも1度来店してみて下さいな♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越の各種和食 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
冨喜寄 木田新田店 鰻重御膳(特)&鰻肝焼き(6個) @shop data
2012-04-13 Fri 09:59
集合!
 先日は当サイトのリンクにありますブログ「引出し(リンク)」管理人の3Y5さんと、ちょいとリッチなお店へとランチへ行ってきましたよ!今回向かったお店は…
冨喜寄(フキヨセ) 木田新田店
冨喜寄(フキヨセ) 木田新田店 posted by (C)take
 高志小学校近く、住宅街のど真ん中にあります本格和食のお店「冨喜寄 木田新田店(店舗情報)」であります!

 冨喜寄(フキヨセ) 木田新田店
 新潟県上越市木田新田2-3-28
 025-526-7963
 営業時間 11:30~14:00(LO)/17:00~21:30(LO)
 定休日 日曜(予約は相談可)

 今回はtakeさんどうしても美味しい鰻が食べたくなっちまって、3Y5さんに無理を言って付き合ってもらっちゃいましたw なんでそんなに鰻が食べたいのかって、最近「う」という鰻を題材にしたマンガ(参考情報)にすっかりはまってしまって、「まともな鰻を食いたい病」にかかってしまったのですww

 さぁのんびりしている暇はありません!店内に入ってメニューチェックです画像クリックで拡大等が可能ですよ。
冨喜寄 木田新田店 メニュー1
冨喜寄 木田新田店 メニュー1 posted by (C)take
冨喜寄 木田新田店 メニュー2
冨喜寄 木田新田店 メニュー2 posted by (C)take
 「お昼のおまかせ定食」これが¥1000とリーズナブルなんですよね!ただ、ウナギが入らないらしいので要注意です。

冨喜寄 木田新田店 メニュー3
冨喜寄 木田新田店 メニュー3 posted by (C)take
 っとあったぞ鰻重!実はtakeさん専門店で鰻を食べた経験がこれまでたったの一回しかありません、なので今回は後悔の無いよう気になるメニューは全て食べ尽くしたいのだぁ!…ってことで、まずは”鰻白焼き”を初体験してみたいぞということでメインは白焼きがセットになった”鰻重御膳(特)”をオーダー!さらに漫画で読んで気になっていた”鰻肝焼き”こちらもこのタイミングで初体験しておかないと後で絶対に後悔するっ!とオーダーしちまいましたエライ高級な昼飯だぞおいw

冨喜寄 木田新田店 メニュー4
冨喜寄 木田新田店 メニュー4 posted by (C)take
 あ~ひつまぶしもいつか体験してみたいっ!これは次回の目標だわw

冨喜寄 木田新田店 メニュー5
冨喜寄 木田新田店 メニュー5 posted by (C)take
冨喜寄 木田新田店 メニュー6
冨喜寄 木田新田店 メニュー6 posted by (C)take
 その他メニューは豊富に取り揃えられています。

 以下は日本酒等のメニューですね、それぞれ詳細な情報が記されており大変参考になります!
冨喜寄 木田新田店 メニュー7
冨喜寄 木田新田店 メニュー7 posted by (C)take
冨喜寄 木田新田店 メニュー8
冨喜寄 木田新田店 メニュー8 posted by (C)take
冨喜寄 木田新田店 メニュー9
冨喜寄 木田新田店 メニュー9 posted by (C)take
冨喜寄 木田新田店 メニュー10
冨喜寄 木田新田店 メニュー10 posted by (C)take

 さて待つこと暫し、思ったよりも短めの待ち時間で…まずは鰻肝焼き登場!
冨喜寄 木田新田店 鰻肝焼き(6個)
冨喜寄 木田新田店 鰻肝焼き(6個) posted by (C)take
 っと、てっきり串に刺さってくるものとばかり思い込んでいたので少々肩すかしを食らいましたw
 人生お初の鰻肝焼きw そのお味は…むおぉぉなんとも濃厚でコクのある旨さ!こりゃ食べ過ぎると胸焼けしそうだぞw

 肝焼きを頬張りつつさらに待つこと暫し…本当の鰻屋は鰻を捌くところから調理しますからね時間がかかって当たり前。3Y5さんとグルメ談義なんぞしつつのんびり待っていると…やって来ました鰻重様!
冨喜寄 木田新田店 鰻重御膳(竹)
冨喜寄 木田新田店 鰻重御膳(竹) posted by (C)take
 まずは3Y5さんのが到着、香ばしくて旨そうですの♪

 続きまして…キマシタw
冨喜寄 木田新田店 鰻重御膳(特) アップ
冨喜寄 木田新田店 鰻重御膳(特) アップ posted by (C)take
 こんがりふっくら超旨そうw
 鰻重などの松竹梅のグレードで差が付くのは「鰻の枚数」なんですよね。今回”竹”と”特”では鰻の枚数&白焼きがセットされるという差別化がなされています。

冨喜寄 木田新田店 鰻重御膳(特) 鰻白焼き
冨喜寄 木田新田店 鰻重御膳(特) 鰻白焼き posted by (C)take
 でもってこれがtakeさん人生初対面の鰻白焼き様、なんとも上品なビジュアルですの!

冨喜寄 木田新田店 鰻重御膳(特)
冨喜寄 木田新田店 鰻重御膳(特) posted by (C)take
 全体的なバランスはこんな感じ、肝吸いなどがセットとなっております。

冨喜寄 木田新田店 鰻重御膳(特) 鰻アップ
冨喜寄 木田新田店 鰻重御膳(特) 鰻アップ posted by (C)take
 まずは鰻様を持ち上げてみます、なんちゅう分厚さやw

 さぁガブリと頂きますよ、そのお味は…
鰻旨し
 旨めぇぇww 超フワフワの恐ろしく軽い食感、こりゃスーパーで売っている鰻とはひと味もふた味も違いますわ!
 さらに、スーパーで売っている鰻って独特の臭みがありますよね、あれが苦手で小さい頃は鰻が苦手でした。その臭みが一切存在せず、純粋に鰻の旨味だけなんですよね!その辺りにも専門店の鰻の凄さを感じました。

 実は同様の感想を、はるか大昔のtakeさんがまだ小さくて鰻が苦手だった頃、初めて専門店で鰻を食べた時に感じたのですよ、「ちゃんとした店で食べる鰻はこんなに旨いのか!」と。それ以来徐々に鰻が食べられるようになったのですがやはり”微妙な臭み”が気になっていて、「いつか専門店で、かつて味わった一切臭みのない旨い鰻を食べたいなぁ…」と願っていたのですよ、それが今回ようやく実現したのです!

冨喜寄 木田新田店 鰻重御膳(特) 断面図
冨喜寄 木田新田店 鰻重御膳(特) 断面図 posted by (C)take
 断面図はこんな感じ、本当に旨い鰻にはタレ少なめが正解!

 続きましては、takeさん初体験第二段…
冨喜寄 木田新田店 鰻重御膳(特) 鰻白焼きアップ
冨喜寄 木田新田店 鰻重御膳(特) 鰻白焼きアップ posted by (C)take
 鰻白焼き様でございます!まずは何もつけずにそのまま頂きました、そのお味は…おぉぉこれも旨い!あっさりしているのかと思いきや、大変脂がのっており思いの外に濃厚な旨味です!!また、蒲焼きのようにタレをつけたりせずに単に焼いただけなので食感は焼き魚的なやや歯応えのあるしっかりとした風味で、新鮮な食味でこれまた楽しい食べ応えです♪

醤油にディップ
 続いてはワサビ醤油で、さっぱりとした食味になってこれまた美味!

冨喜寄 木田新田店 鰻重御膳(特) 肝吸いアップ
冨喜寄 木田新田店 鰻重御膳(特) 肝吸いアップ posted by (C)take
 そういえば肝吸いもtakeさん人お初の料理です、ほろ苦い肝の旨味とあっさりしたお吸い物がこれまた好相性で美味しゅうございましたよ♪

山椒忘れず
 っといけねぇ、山椒の粉があったのを忘れてた!ラストに軽く味変をして、最後まで大変美味しく頂けました!

 いやぁ贅沢な昼飯になっちまった、3Y5さん今回は無理言っちゃってゴメンチョw
 まぁあれだ、たまには良いもの食って味覚を鍛えておかないといけません、これも言ってみれば自分への投資なのです(プ さぁ次はっ!…今度は節約チープに行こうさねw

 最後にお店のチラシを貼っておきます、お店の情報など参考にして下さい。
冨喜寄 木田新田店 チラシ
冨喜寄 木田新田店 チラシ posted by (C)take

にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越の各種和食 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 |