海無県から釣り仲間達がやって来た!フォッサマグナミュージアムなど見学してきたよ♪
2017-04-10 Mon 19:18
 昨日は海無県人の釣り仲間、ブログ「我が心の川(リンク)」管理人troutriverさんと、ブログ「ミィのyama♪kawa日記(リンク)」管理人ミィさんが上越へと遊びに来てくれて、当サイトのリンクにありますブログ「渓で会いましょう(リンク)」管理人ぴょん吉さんと一緒に上越の各地を観光してきましたです!ちなみにお二人は前日8日から上越にいらっしゃっており、その日は山菜パーティーや海釣りなど楽しんでおられたのだそうな!その時の様子はぴょん吉さんのブログで紹介されております(リンク)、事前に目を通しておくと彼らの旅の様子が時系列を追って楽しめますぞ。(以下の写真は全てクリックで拡大可)
IMG_0007_201704102302475bb.jpg

 ミィさんがプレゼントしてくれたリポDで早速一本イッといた瞬間!
IMG_7228.jpg

 その瞬間を撮影しちゃってるぴょん吉さんを激写しちゃった瞬間!!
IMG_7229_20170410223641a0a.jpg

 ぴょん吉丸に乗り込みまして、皆で向かった先は…
IMG_7237.jpg

 ゲストお二人のご希望で、糸魚川市にあります「フォッサマグナミュージアム(公式サイト)」へと行ってきました!takeさんこちらの施設はこれまで行ったことがなく、”フォッサマグナ”についての知識も全く持っておりませんでした。…糸魚川と静岡辺りを繋いでいる断層のことを指しているんだよね!?(マチガイw
IMG_7246.jpg

 中へと入ると、様々な石がズラリと展示されておりました!こういった方向性の展示をする施設だとは全く思っていなかったので、ちょいと面食らいましたですよ。
IMG_7250_20170410223646d85.jpg

 糸魚川で石といえばやっぱり「ヒスイ(参考wiki)」だよね!
IMG_7258_20170410223646b80.jpg

 2016年の7月、ヒスイが日本の「国石(参考wiki)」に認定されたのだそうです、地元で産出されている石が選ばれたのはなんとも喜ばしい♪
IMG_7260.jpg

 この日は有り難いことに、ボランティアスタッフの方が詳しい説明をしながら館内を案内して下さいました。施設に常駐しているのかは不明ですが、ボランティアの方がいらっしゃった時は案内をお願いした方が絶対に良いですよ!
IMG_7270.jpg

 この黒っぽい石、これもヒスイなんですって!
IMG_7283.jpg

 この青っぽい色をしたのや…
IMG_7284.jpg

 ほんのり紫がかったこの石も、どれもヒスイなのだそうです。さらにヒスイを見分けるコツも教わりました。全体に角張っており表面ツルツル、透明感があるなどの特徴があるとのことでした。
IMG_7286.jpg

 これまた濃い発色&巨大なヒスイであります、一体いくらくらいの値が付くのだろかね!?w
IMG_7295_20170410223558faf.jpg

 またヒスイ誕生の歴史も紹介されてました。ヒスイ自体が誕生したのは約5億年前で、日本国内でヒスイを産出し、宝石として扱う(ってか、最初は「この石固いぞ」ってハンマー代わりに使っていたらしいw)宝石文化が生まれたのは約7千年前の縄文時代であると言われています。しかし日本のヒスイ文化は残念なことに後世へと受け継がれず、一旦消え去ってしまいました。
IMG_7304.jpg

 やがて昭和の時代になってから糸魚川にてヒスイが再発見され、日本のヒスイ文化が再び始まったのだそうです。下の写真のヒスイはまさに、歴史を変えた記念すべきヒスイなのだそうですよ!
IMG_7309.jpg

 その他にも糸魚川には、この地域でしか産出されない岩石が多数存在するのだそうです。地質学的に特異な土地なのでしょう。
IMG_7319.jpg

 さらに施設内には壁面と床面を利用した巨大なモニターが設置されており、「フォッサマグナ(参考wiki)」について詳しく解説する動画が流されておりました。
IMG_7331.jpg

 かつて、日本列島は東西に分断されておったのだそうです。画面右上、上下に分かれた島が当時の日本の姿であります。
IMG_7336_201704102236074d6.jpg

 分断されていた部分の海底が火山活動などにより隆起して陸地となり、その部分のみが新しい地層となっておるのだそうです。この南北に続いている新しい地層の帯を”フォッサマグナ”と呼ぶのだそうです。…より詳しい説明は、皆もフォッサマグナミュージアムに行ってボランティアの人に教わってくるべしw
IMG_7338.jpg

 ちなみにフォッサマグナの地帯はかつて海底であったために、海洋生物の化石が大量に出土するのだそうですよ。下の写真の黒い石、表面の白い模様はそのほとんどが海洋生物の化石なのだそうな!
IMG_0042_20170410230249cee.jpg

 地質学の勉強を終えた後は、”糸魚川で1番旨い!”と評判のお蕎麦屋さん「そば処 おだじま(店舗情報)」でお蕎麦を食べてきました。
IMG_7371.jpg

 細麺であるにも関わらずコシ感しっかり、大変美味しいお蕎麦でしたよ!こちらについての詳細は、後日グルメ枠の別記事で詳しくお伝えしますです。
IMG_7397.jpg

 続きましては、糸魚川の浜にてヒスイ探しじゃ!
IMG_7538.jpg

 フォッサマグナミュージアムで教わった特徴を参考に、各自気合いを入れてヒスイを捜します…
IMG_7543.jpg

 んほ~ヒスイこんなに見つけちゃった、takeさん大金持ちじゃんね!w
IMG_7557.jpg

 ぴょん吉さんもミィさんもしっかりとヒスイを発見したようです…ってか上のぴょん吉さんが見つけたの、ガチでヒスイの特徴を兼ね備えておるまいか!?
IMG_7559.jpg
IMG_7560.jpg

 troutriverさんてばヒスイをこんなに拾っちゃって、欲張りすぎ!w
IMG_0062.jpg

 お次は上越へと戻ってきて、本町にあります「高田小町(公式サイト)」を見学したり…
IMG_7570.jpg

 東本町にあります「町家Cafe Re:イエ(店舗サイト)」でまったりコーヒータイム♪
IMG_7583.jpg

 でもって最後は仲町にあります「居酒家 彦左エ門(shop data記事)」にてガッツリ呑んできましたですw
IMG_7591.jpg

 ここからはtakeさんの山菜お師匠様であるDoumtakaさんと響さんが合流しました、まずは乾杯!
IMG_7595.jpg

 ザックリと料理をご紹介、この日のお通しがこれまた旨かったんですわ~冷や奴の上にたっぷりの蟹ミソと蟹足がトッピングされており、大変贅沢な味わいで抜群旨かったです~これ後で追加注文しちゃったw
IMG_7598.jpg

 こちらは「ポテトと明太子のチーズ焼き」であります、こちらも熱々香ばしいチーズの風味と明太子のコク豊かな旨味が相性抜群、抜群の旨さで3皿も頼んじゃったw
IMG_7612.jpg
【居酒家 彦左エ門 ポテトと明太子のチーズ焼き¥480】

 こちらは彦左エ門の看板メニュー「もつ煮」であります、モツがトロトロ柔らかでこれまた旨かった~噛む必要なし♪
IMG_7617.jpg
【居酒家 彦左エ門 もつ煮¥390】

 ここで当サイトのリンクにありますブログ「日々是好日(リンク)」管理人のいぶきちさんが合流しました、この日は遅くまでお仕事だったそうです~大変お疲れ様でした!
IMG_7645.jpg

 皆で楽しく語らいながらお酒と料理を楽しんで、楽しい夜は更けていったのであります。
IMG_7655_20170410223429819.jpg

 今回の上越観光を紹介するぴょん吉さんブログ記事はこちら(リンク)であります。同じネタでも見る角度が違うので、読み比べるときっと楽しいですよ~是非とも併せてお読み下さい♪

 次回予告、次の日はtroutriverさんと渓流釣りに行ってきました!脱サラしてバンブーロッドビルダー(竹竿職人)となった彼の手による見事な竹竿を振らせてもらい…
IMG_7657.jpg

 さらに道に迷って行き着いた先にて、季節外れの根曲がり竹ゲット!ドタバタの渓流釣行をお伝えする記事は現在鋭意執筆中、公開までもう少々お待ち下されw
IMG_7658.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
お盆は里帰りの季節、旧友達と呑んできました!
2016-08-13 Sat 23:09
 お盆は里帰りの季節です、先日は旧友が久しぶりに上越に帰省して「皆で集まって呑もうや!」という話になりました♪はて、春日山のモランボンにて17時集合の予定だってのに…誰もやって来ませんのだ。
早すぎた!
 改めて、飲み会の招集メールを確認してみると…「夜7時から予約しといたわ」アイターアイター、夜7時と17時を勘違いしておった!w

 上越の象徴である山和ビルディングを前にして、これから2時間一体どうすりゃいいんだと途方に暮れるtakeさんだったのであります…
山和ビル

 とりあえず近くのローソンにて、冷たい飲み物を頂いてクールダウンすべし。ここに2時間も籠もっているってのも面白くないし…そうだ!
ローソンにて

 猫カフェ「猫とお茶(shop data記事)」にて、時間までネコちゃん達と戯れてこようそうしようw
猫とお茶

 前回来店時にいたこの子猫ちゃん(この時点では名前はまだなし)、あれからどれくらい成長してるかとっても気になっていたんだけど…
子猫ちゃん

 たったの4ヶ月ですっかり大きく育っておりました!まだまださらに大きくなるとのこと、今後の成長がコレマタ楽しみ♪
大きくなったね!

 「ポン」という名前をもらったんですね、ピッタリかもしれんw
ポンちゃん

 さらにジャックくんという新人子猫ちゃんもおりましたよ!
新人

 んほ~カワユイw
眠るジャックくん
まだ眠たいジャックくん

 そうこうしている内に予定の時間となりまして、春日山にあります「焼肉モランボン 市役所前店(shop data記事)」へ今度こそ突撃でありますw
モランボン市役所前店

 このメンツで呑むのは何年ぶりでしょうか、みんなお久しぶり!
乾杯!

 まずはお肉の盛り合わせなど頼んだんだけど…
焼肉モランボン 市役所前店 モランボン盛り¥3218
焼肉モランボン 市役所前店 モランボン盛り¥3218 posted by (C)take

 一番最初に食べるお肉はやはり、モランボンの看板メニューである「黒毛和牛のモランボンカルビ(タレ)」しかないでしょう!このお肉だけはベストな状態で食べたかったので、お店の人に焼いてもらいました。
焼いてもらいます

 プロが焼いたお肉はやっぱりひと味違うのであります、見事な脂ののり具合で大変美味しゅうございましたよ!
極上旨し

 ここからは自分らでお肉を焼きつつ昔の思い出話に花を咲かせ、ビールもグイグイと進んだのであるw
セルフ焼き

 ここでメンバーの一人が「お肉のうま味をひきだす”ネギバカ”」の存在に気がつきました、そういえば前回これ頼まなかったな。
これ喰ってみよう
焼肉モランボン 市役所前店 ネギバカ¥410
焼肉モランボン 市役所前店 ネギバカ¥410 posted by (C)take

 コイツがまた驚異的に旨かった!お肉の余計な脂っ気を抑えてくれて、さらに旨味をグググイッと引き出してくれるのですよ~これはこれは絶対に頼まなきゃソンw
ネギ旨し

 さらに今回は、前回頼まなかった麺類も頼んでみました。「冷麺」はヒンヤリ冷たくさっぱり味で、暑い今時期にピッタリでしたよ♪
焼肉モランボン 市役所前店 冷麺¥950
焼肉モランボン 市役所前店 冷麺¥950 posted by (C)take

 でもってこの「ビビン麺」がこれまたピリ辛で旨かった!
焼肉モランボン 市役所前店 ビビン麺¥1058
焼肉モランボン 市役所前店 ビビン麺¥1058 posted by (C)take

 麺の下にはキャベツの千切りが盛られていて、優しい甘さ&ザックリ歯応えで良いアクセントとなってました。
キャベツ入り

 そんなこんなでこの日は旧友達ととっても美味しいお酒を飲んできたのであります~また機会があったら皆で集まりましょ!
また呑みましょ!

 お盆の時期は皆さんも懐かしい人と会う機会が多いと思います。思い出話に花が咲いてついつい酒が進んでしまうかとも思いますが、飲み過ぎには要注意ですぞw



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
タイイング合宿2015後編、某アジトで飲めや歌えの大騒ぎ~ちゃんと毛針も巻いたですよw
2016-02-07 Sun 10:25
 昨日は御柱や針金アートを見学してきた様子を紹介しましたが、今回はその日の夜に某アジトにて行われた「フライタイイング合宿」という名の大宴会の様子を紹介しますw
某アジト

 一発目はウコンで乾杯じゃ~悪酔い防止!
乾杯!

 まずは皆が持ち寄ったツマミをネタにビールを呑って…
飲み始めるよ

 この日の主役はこのジビエ達なのであります!
ジビエ沢山

 まずは猪鍋であります、最初に猪肉を煮込んだんだけどアクが物凄くて驚きました。
お肉を煮込む

 次いでお野菜を入れ、じっくりと煮込んでいる間に…
お野菜投入

 シカのお刺身を準備しましょう~たっぷりお肉でなんとも幸せ♪
お肉をカット

 こちらはただカットするだけの簡単調理、生姜とニンニクで頂くべし。臭みなど一切無くて大変美味しかったですよ!
フライタイイング合宿2015 シカ刺し
フライタイイング合宿2015 シカ刺し posted by (C)take

 猪鍋の方も白菜がまだ火が通ってないようにも見えるけど、とりあえず完成って事でw 味付けは味噌ベース、こちらも嫌な臭みは一切無くて旨いばっかりでしたよ!旨味が濃厚な豚肉といった印象でしょうか、風味豊かで大変美味しゅうございました。
フライタイイング合宿2015 猪鍋
フライタイイング合宿2015 猪鍋 posted by (C)take
猪鍋旨し

 焼いた猪肉もこれまた旨かった、脂身の旨さは鍋にするよりもこちらの方がダイレクトに楽しめますな。
フライタイイング合宿2015 猪肉のソテー
フライタイイング合宿2015 猪肉のソテー posted by (C)take

 アヒージョはタイイング合宿定番のメニューであります、これを食べると「今年もアジトにやって来たんだな…」という気持ちになるのだw
フライタイイング合宿2015 アヒージョ
フライタイイング合宿2015 アヒージョ posted by (C)take

 お酒もガンガン呑みましたよ~こちらは鳥取にあります「高田酒造(詳細情報)」の「瑞泉・純米」であります、辛口でこれまた旨かった!
ポン酒旨し

 こちらはなんと、一升瓶に入ったワインであります!塩尻にあります「株式会社 林農園(公式サイト)」の「五一わいん エコノミー(白)(商品情報)」で、恐ろしく呑みやすいワインでグイグイ呑っちゃいましたよ。私ら上越民にとってはかなりの珍品に思えたけど、信州では定番のデイリーワインなのだそうです。
ワイン旨し

 ガッツリと呑んだ後は、お楽しみのカラオケタイム♪
カラオケじゃ!

 ぴょん吉さんの歌う永ちゃん(矢沢永吉)がこれまた最高なんですわ!
ぴょんさん熱唱

 ガッツリ食べてぐっつり呑んで、しこたま騒いで気がついたらもうこんな時間であります。そろそろオネムかと思いきや…
夜中です

 こんな時間になってからフライを巻き始める一同なのであったw
フライ巻くべし

 ミィ「さぁ、私の為に皆頑張ってフライを巻くのよっ!」
 (*_*;ハヒーwww 
これに入れなさい!

 takeさんは定番のイワイイワナを巻きました。ここ数年の間、巻く&使用するフライはもう9割方コイツばっかりよw
イワイイワナ

 いわなたろうさんは定番のパラシュートであります。takeさんはウイングポストにケミカル素材(エアロドライウイング)を使っているけど、カーフテイルの方がやっぱり見栄えが良いですね。
パラシュート

 そんなこんなでフライタイイングをつまみにさらに夜遅くまでワイワイがやがや楽しく呑って…
皆で巻き巻き

 3時近くになってようやっと就寝したのであります。
おやすみなさい

 明朝の朝飯もガッツリ行きましたよ~鍋の残りにおうどん様を投入だ!
おうどん投入

 てるっちさんが差し入れてくれたソーセージも旨味濃厚でこれまた旨かった♪
ソーセージ旨し

 なこんなで締めに皆で恒例の足だけ集合写真を撮影し、てぃこまさんとはここで別れました~大変お疲れ様でした!
全員集合!

 最後にいわなたろうさんが「皆さんを是非ともお連れしたい場所があるんです!」と、思いがけずプチ冬山登山へ行くこととなったのであります。約30分程、雪の登山道をえっちらおっちら登っていくと…
プチ登山

 素晴らしい大絶景が目の前に広がりました!八子ヶ峰の山頂であります、この抜けるような青空の美しさよ!
ヒュッテ・アルビレオ
ヒュッテ・アルビレオ posted by (C)take

 周囲には視界を遮る木々もなく、素晴らしい眺めでした。大絶景をしっかりと目に焼き付けて、上越へと帰路に着いたのであります。
八子ヶ峰からの眺め
八子ヶ峰からの眺め posted by (C)take

 今回の合宿のいわなたろうさんブログ記事はこちら(リンク)、ぴょん吉さんブログ記事はこちら(リンク)、てぃこまさんブログ記事はこちら(リンク)、ミィさんブログ記事はこちら(リンク)であります。同じイベントを紹介している記事なんだけど、皆それぞれ注目する視点が異なるので読み比べるととても楽しいですよ!

 なこんなで今回のフライタイイング合宿もとっても楽しかったです、某アジトで呑む酒はこれがまた最高~に旨いのだ♪次回も参加出来ると良いなぁ、また声かけて下さいね!



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

別窓 | 日記 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
タイイング合宿2015前編、諏訪の御柱様など見学してきました!
2016-02-06 Sat 11:18
 ちょいと報告するのが遅くなってしまいましたが、昨年の暮は某アジトにて毎年開催されているフライタイイング合宿に参加してきました!今回Team上越から参加したのは、当サイトのリンクにありますブログ「渓で会いましょう(リンク)」管理人のぴょん吉さん&takeさんの2人であります。高速道をどんどんと南下しまして…
突撃!

 まずは上田にて、ブログ「ミィのyama♪kawa日記(リンク)」管理人のミィさんと合流しました!
集合!!

 とりあえずは昼飯にすべし、一昨年のタイイング合宿(当該記事リンク)と同じくこの日も「草笛 上田店(shop data記事)」へと向かいました♪
草笛上田店

 こちらのお店は味が良いのは勿論のこと、盛りも非常に良くて評判のお蕎麦屋さんなのであります!この日のランチについては後日グルメ枠の別記事にて詳しく紹介しますね。
草笛 上田店 もりそば¥610、かき揚げ¥200
草笛 上田店 もりそば¥610、かき揚げ¥200 posted by (C)take

 しっかりと腹を満たした後は、当サイトのリンクにありますブログ「いわなたろうのFool’s BAR(リンク)」管理人のいわなたろうさんと合流し、彼の案内で…
さらに集合!

 諏訪で6年に1度開催されている「御柱祭(公式サイト)」に関する様々なものを見学してきました!2016年は御柱祭がちょうど開催される年で、祭りで使用される御柱などを実際に目にすることが出来る貴重なチャンスなのであります。
御柱祭

 こちらが今年開催される御柱祭で実際に使用される御柱であります、どれもかなりの極太サイズでしたよ!ちなみにこの場所は「棚木場(たなこば)」と呼ばれ、御柱があの有名な”木落”を経て諏訪大社へと運ばれる、約8キロにも渡る道のりのスタートラインなのであります。
御柱祭2016 棚木場(たなこば)
御柱祭2016 棚木場(たなこば) posted by (C)take

 この柱に跨がって坂を転がり落ちるとは…なんとも過激なお祭りですなぁ!
長いっすな

 まずはこの細い林道を、御柱を引っ張って下るのだそうです。その先には…
ここを下るのだ!

 かの有名な”天下の木落し坂”が待っておるのだ!
御柱祭2016 天下の木落し坂の碑
御柱祭2016 天下の木落し坂の碑 posted by (C)take

 木落し坂を上から見た図であります、斜面が見えなくてとんでもない斜度でしたよ!!
御柱祭2016 木落し坂を上から
御柱祭2016 木落し坂を上から posted by (C)take

 坂を下から見上げるこの絵はなんとなく見覚えがありますね、ニュース映像などで目にしたのかな。
御柱祭2016 木落し坂を下から
御柱祭2016 木落し坂を下から posted by (C)take

 木落し坂からさらに1キロほど下ると「注連掛(しめかけ)」と呼ばれる場所があり、ここが山出しの最終地点となります。ここで御柱の周囲に白樺を立て、注連縄(しめなわ)で囲う”注連掛祭”が行われた後、5月の里曳きまで御柱はこの地にて休息します。左には御柱を曳行するルートが示されていますね。
御柱祭2016 注連掛(しめかけ)について
御柱祭2016 注連掛(しめかけ)について posted by (C)take

 ちなみに注連掛にもミニ木落し坂がありました!本物に比べたら小さな坂だけど、ここだって大木に跨がって転がり落ちるのはtakeさん怖いなぁw
ミニ木落し坂

 なこんなでラストはゴール地点である諏訪大社にやってきました!
諏訪大社

 これは前回の御柱祭で山から曳行されてきた御柱ですね、これが今年は新しいものに立て替えられるという訳か。
前回の御柱

 ちなみに諏訪大社にもミニミニ木落し坂がありました、木を落とす坂が計3箇所もあったなんてtakeさん全く知らなかったですよ。
プチ木落し坂

 その後はブログ「Fly Fishing! <釣りに行こうよ>(リンク)」管理人のてぃこまさんと合流し、彼の友人である「ちゃんこ工房(公式facebook)」さんの個展を見学してきました。
ちゃんこ工房

 ちゃんこ工房さんは様々なジャンルの芸術活動をされてますが、中でもこの針金を曲げて造り上げたフォルクスワーゲンがメインの作品群となっております。
ちゃんこ工房さん作 針金VW
ちゃんこ工房さん作 針金VW posted by (C)take

 この作品の何が凄いって、各部がちゃんと可動するんですよ!
開閉するよ

 この他にもVWバスなど様々な作品が展示されておりました、どれも見事な出来栄えでぶったまげですよw
針金作品群

 この針金カメラはレンズのズームリングが稼働するのは勿論のこと、レンズの取り外しが可能というとんでもない造り込みの逸品でありました!
ちゃんこ工房さん作 針金カメラ
ちゃんこ工房さん作 針金カメラ posted by (C)take

 これらはなんと全てフリーハンドで作成されているのだそうです、器用さGMクラスでありますな。
制作過程

 これはなんと、ぴょん吉さんのブログに時折出現するライトマンだ!これがネタ元なんだと初めて知ったですw
ちゃんこ工房さん作 ライトマン
ちゃんこ工房さん作 ライトマン posted by (C)take

 こちらは流木で造られた作品ですね、どれも遊び心が溢れていてこれまた楽し♪
ちゃんこ工房さん作 ながれぼく
ちゃんこ工房さん作 ながれぼく posted by (C)take
ながれぼく達

 こちらは平らな石に描かれた魚達であります、普通の紙に描かれた作品よりも柔らかみがあってこれまたイイ感じですな。
ちゃんこ工房さん作 石絵
ちゃんこ工房さん作 石絵 posted by (C)take

 なこんなでアートをガッツリと堪能した後は、いよいよフライタイイング合宿のはじまりはじまり~夜の様子はまた後日紹介します!
乾杯!



ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 日記 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
ホームパーティーやってきたです、皆で料理すると楽しいね♪
2015-12-31 Thu 09:18
 先日は当サイトのリンクにありますブログ「酔 楽 夢(リンク)」管理人の師匠さん宅にて、当サイトのリンクにありますブログ「ツーリングとetc・・・(リンク)」管理人のつぬまるさん&響さんと一緒にホームパーティーしてきましたです!
パーティーじゃ!

 師匠さんは元料理人、見事な包丁捌きでありました♪
師匠さん

 一方のつぬまるさんは現料理人、驚きの手際の良さで次々と調理して下さいました!
つぬまるさん

 takeさんだって見ていただけじゃないんですからね!餃子の具を混ぜたし、皮を包むのだって手伝ったけんねっ!!w
餃子包んだ

 ちなみに先程の写真でつぬまるさんが調理していたのは、この麻婆豆腐であります。takeさんこの手の料理は市販の”麻婆豆腐の素”を使ったものしかこれまで食べたことが無かったのですが、つぬまるさんは豆板醤など使用してゼロから調理されておりました!
お手製麻婆豆腐

 こちらは塩豚とマッシュルームのアヒージョなのですが、塩豚についてもつぬまるさんお手製のスペシャルな逸品であります♪
お手製塩豚とマッシュルームのアヒージョ

 こちらもつぬまるさんが調理してくれたピエンロー鍋であります、まだお肉に火が通ってないですね。
ピエンロー鍋

 そろそろアヒージョも煮えてきたようだし…
アヒージョ

 餃子もバッチリ焼き上がりました!
お手製餃子

 ってな訳で料理もほぼ出揃ったという事で、乾杯してガッツリやるべしw
乾杯!

 まずはtakeさんが自ら包んだ(強調w 餃子であります、まぁまぁ立派な具合に出来上がっとるでしょw
しっかり包まれとる

 こちらの餃子、TBSテレビ「マツコの知らない世界(番組サイト)」で紹介されたレシピにほぼ則って調理しました(レシピ参考:東京餃子通信「マツコの知らない世界で作った餃子のレシピをご紹介(餡作り編)」)。白菜の代わりに浅漬けの白菜を使用するなど、アイデアを凝らしたレシピであります。味付けをちょいと濃くし過ぎて若干しょっぱかったけど、お醤油不要の旨々餃子でありましたよ!
マツコさん餃子の中身

 つぬまるさんお手製の麻婆豆腐も深みのある味わいで、オイリーな旨味も強烈で大変美味しゅうございました♪
麻婆旨し

 「ピエンロー鍋(参考wiki)」とはあまり聞き慣れぬ名前ですが、中国の鍋料理とのこと。ベースの味付けはごま油のみで、取り分ける段階で各自が好みに応じて塩と一味唐辛子で味を付けて食べるのだそうです。
自分で味付け

 素材そのものの味を楽しめるシンプルな風味で、こちらも大変旨かった!
ピエンロー鍋旨し

 アヒージョは残った油にほうれん草と粉チーズを絡めて、サラダにして食べたらこれまた旨かったです♪
アヒージョサラダ

 ラスト、こちらもつぬまるさんが調理してくれた「ヤンソンさんの誘惑(参考wiki)」こんがり焼き上がりました!これまた聞き慣れぬ名前の料理ですが、グラタンの一種とのことです。アンチョビのコクのある塩気がポイントでしょうか、チーズや生クリームの風味も濃厚で強烈な旨さでしたぞ!ただしカロリーも激高とのこと、食べ過ぎ注意の魅惑のグルメなのだw
ヤンソンさんの誘惑

 ラストは響さんが作ってきてくれたケーキで〆であります、上品な甘さ&生地が柔らかでこれまた美味しゅうございました♪
手作りケーキ

 皆でワイワイ料理を作って食べるのって楽しいですね~今回は餃子くらいしかまともにお手伝いできなかったけど、次回はtakeさんももちっと活躍できるよう精進せねばw

 今回ホームパーティーの師匠さんブログ記事はこちら(リンク)、つぬまるさんブログ記事はこちら(リンク)であります、是非とも併せてお読み下さい!



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | 日記 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT