FC2ブログ
上越を代表するイラストレーター「ひぐちキミヨ」さんの原画をゲット!
2020-01-13 Mon 16:18
 先日は直江津にあるショッピングセンター「エルマール(公式サイト)」にて開催されておりました…(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 上越を代表する有名イラストレーター「ひぐちキミヨ(公式ブログ)」さんの「ゆく年くる年」展に行ってきました!(参考記事:ラーメンカレンダー復活「平方屋」「上海」など上越市内12店がイラストに上越タウンジャーナル)彼女は直江津にあるラーメン屋さん「ニューハルピン(shop data記事)」など、上越各地で営業している様々なお店の絵などを描いて各方面にて広く発表されており、上越民のほぼ100%が彼女の作品を目にしているはず!
IMG_0067_20200111205306837.jpg

 会場の様子はこんな感じです、超大量の絵はがきがずらずらずらりと並べられておりましたよ。
IMG_0068_202001112122242b7.jpg

 この辺りに並べられている絵は高田公園の桜やお堀のハスがモチーフですね、緑とピンクのコントラストが美しい♪
IMG_0074_2020011120525644b.jpg

 右下の招き猫も、キミヨさんが着色された作品なのだそうです~これまた気になる!
IMG_0164_202001112052599d9.jpg

 お、これは先ほど紹介した上越タウンジャーナルの記事(ラーメンカレンダー復活「平方屋」「上海」など上越市内12店がイラストに)で紹介されてたカレンダーですね!
IMG_0254_2020011120525823d.jpg

 これは北本町にある「中華料理 上海(shop data記事)」のメニューを描いた作品ですね、レトロで味のある雰囲気が見事に表現されております!
IMG_0257_2020011120530139d.jpg

 これは今は無き百貨店「大和 上越店(参考wiki)」ですね、このお店はtakeさんも思い出が沢山ありますです。
IMG_0260_202001112053022cd.jpg

 さらに会場を眺めていると…やややっ、これはキミヨさんが描いた絵の原画が販売されておる!?
IMG_1752_202001112053039b0.jpg

 お値段¥12,000…おいらのお小遣いでも手が出せちゃう価格やんけ…マジッすか…!?takeさんキミヨさんの絵は昔から大好きだったけど、まさか自分が出せる範囲の金額で原画が手に入るとは、全く思っていませんでした。これはイカンぞ…危険な散財の兆候である…
IMG_1753_20200111205303656.jpg

 やややややっ、すぐ横ではさっき見かけた「大和 上越店」の原画が売られておりました!こりゃ見逃す訳にはいかねぇだろ!!…という訳で即行お買いあげちゃった次第、下の写真の値札に付いてる「売約済」マークは実はtakeさんが付けちゃいましたのだw この他にもいくつか気になる絵があって…
IMG_3748_2020011120490728c.jpg

 今回は3枚の原画をゲットしました!
IMG_6869_20200111204910f7b.jpg

 まず最初は…
IMG_6871_20200111204911bf3.jpg

 先ほど紹介した「中華料理 上海」であります、レトロで味のあるお店のメニューの雰囲気が、キミヨさんの手によってより温かみのあるイメージに描かれておりますな♪
IMG_6883_202001112049146e5.jpg
IMG_6875_20200111204916383.jpg

 お次は原画が会場に飾られていた「大和 上越店」であります。こちらも雪がちらついている冬の景色の絵だというのに、とても温かみのある雰囲気ですね!
IMG_6900_20200111204920cc8.jpg
IMG_6893_20200111204919299.jpg

 ラストに紹介しますのは、昨年5月末に惜しまれながら店を閉めたパン屋さん「フランボワ(参考記事:上越に本格的なフランスパンを広めた「フランボワ」が閉店上越タウンジャーナル)」であります。takeさんここんちのパンが大好きで、ずっと以前だけどブログで「レルヒさんカレーパン(紹介記事)」を紹介しました。お店はなくなってしまったけど、この絵を眺めれば営業していた頃の様子が目に浮かびますのだ♪
IMG_6920_202001112049245d6.jpg
IMG_6910_20200111204922f0d.jpg

 上海の絵が我が家にやって来た日の夜は、久しぶりに上海で「焼そば(あんかけ)(紹介記事)」食べてきました。やっぱり味のあるメニューだなぁと、しみじみ眺めてきましたですよw
IMG_6928_20200111204926f3c.jpg

 そんな訳でありまして、ひぐちキミヨさんが描いてくれた絵が我が家にやって来てくれました!これはもう我が家の家宝であります、大事に飾って大切にしなきゃだ♪



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 上越(市)情報へ

別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
直江津祇園祭2019の「御饌米奉納」を見てきました、大迫力で大盛り上がりでしたよ!
2019-08-13 Tue 14:18
 先月の29日は、響さんと一緒に直江津で行われてた「直江津祇園祭(公式サイト)」の「御饌米奉納」を見てきました!西本町にある「八坂神社(詳細情報)」に米俵を奉納する「御饌米奉納」は、直江津祇園祭のフィナーレを飾るビッグイベントなのでございます!御饌米を生で見るのはおよそ20年ぶり、超久々で大いに楽しみ♪(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 駅前から車の通行が規制されておりました。八坂神社方面へと歩いて向かうと…
IMG_9704_20190810223049d53.jpg

 おほ~やってるやってるw
IMG_9709_20190810223051b81.jpg

 太鼓の音が鳴り響き&紙吹雪がじゃんじゃんと舞って、大いに賑わっておりましたぞ!
IMG_9714.jpg

 各町内の屋台が次々にやって来ます、それぞれ特徴があって見ていて楽しかったです♪
IMG_9715_20190810223039e8d.jpg

 こちらは「四ツ屋(町内紹介)」の屋台であります、前に子供が乗ってるw
IMG_9716_20190810223040ba3.jpg

 屋台の中には、奉納される米俵が納められております。
IMG_9718_2019081022304206e.jpg

 この米俵を担いで…
IMG_9725.jpg

 八坂神社まで全力で走って奉納するという訳だ!
IMG_9728.jpg

 奉納チームが帰ってきたら、皆で万歳して大盛り上がりよw
IMG_9770_20190810223047e4c.jpg

 っとここで、takeさん高校時代の同級生で、本町にある「浜焼太郎 上越高田店(shop data記事)」の女将さんが祭り屋台の行列からやって来てくれました!彼女はとってもイケメン女性で、祭りの装いが似合いまくりw 今度お店へ遊びに行くね!
IMG_9788.jpg

 その後の各町内の屋台が次々とやって来たんだけど…
IMG_9793_201908102230173ad.jpg

 takeさん的には「福永町(町内紹介)」が最も印象に残っています、マイクを持って「フックナ~ガチョ!」って叫びまくってるお姉さんの声がもうずっと頭から離れないwww
IMG_9796_20190810223022605.jpg

 そんなこんなでおよそ20年ぶりに体験した御饌米奉納、大迫力でしたよ!皆さんも来年の直江津祇園祭では、JCVの放送じゃなくて生の御饌米奉納を是非とも体験してみるべし♪



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 上越(市)情報へ

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
アンティークマニアの某氏宅にて古物見学、包丁研ぎも教わってきたw
2019-08-10 Sat 14:18
 下の写真は家に昔からあった包丁なんだけど、長いこと使用せずにほったらかしておいたらサビサビになっちゃいました。takeさん以前にお山で畑をやってた頃(参考記事)にお世話になってたアウトドアお師匠様がプロ級の包丁研ぎ師なので、彼に包丁研ぎを教わりながら包丁を研いでもらってきましたです!(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 ちなみに左下がお師匠様の包丁であります。見事に研ぎ上げられており、切れ味メチャクチャ良さそうw
IMG_0371_20190809193430ab9.jpg

 その他の包丁コレクションも見せてもらっちゃいました、巨大な中華包丁が大迫力!
IMG_0375.jpg

 そんなこんなで、包丁研ぎを開始するよ~ここまで錆が進行してしまったら、砥石で研ぐ前にまずはクレンザーで錆をそぎ落とし…
IMG_0378_2019080919341833e.jpg

 さらに今度は耐水ペーパーで錆を削り落とすべし。まずは粗い40番を使い、番手を次第に細かくして時間をかけてじっくりと錆を落とし続けると…
IMG_0380_201908091934191be.jpg

 表面はこんなにキレイになりました、ここからはいよいよ砥石での研ぎ工程に移ります!
IMG_0383.jpg

 ここからはさらに丹念に丁寧に研ぎ続けるべし。takeさんも一応やらせてもらったんだけど、力加減などまだまだ良く解りませんです。実はtakeさんもマイ砥石を持っているので、家でひたすら練習するしかありませんな。
IMG_0385.jpg

 そんなこんなで、あんなに錆だらけだった包丁がこんなキレイになりました!
IMG_0387_20190809193424694.jpg

 切れ味も完全復活、自分でやってもここまでキッチリ研げるようになるまでひたすら練習しなきゃだなぁ。
IMG_0388_20190809193425859.jpg

 その後はお師匠様のアンティークコレクションを見せてもらいました。お師匠様は床屋さんをやってらっしゃるんだけど、このレトロなレジスターはなんと現役で稼働しております!
IMG_0390_201908091934271db.jpg

 この公衆電話もちゃんと使用出来まっせw
IMG_0398_2019080919335054c.jpg

 このマッサージ器だってもちろん現役稼働中!
IMG_0400_20190809193336d38.jpg

 十円玉を入れると一定時間動くんだけど、お金を投入する部分もなんとも言えぬ雰囲気ですなぁ。
IMG_0402_20190809193338db3.jpg

 そして下の写真は、お師匠様が実際に仕事で使用している日本剃刀のコレクションであります。日本剃刀は日本の鍛冶職人が作っている伝統的なカミソリで、なんと1000年以上の歴史があるのだそうな!日本剃刀でのお顔そりは肌にとても優しく、非常に優れたカミソリなのであります。ただし自分で研いで手入れする必要があるなど扱いが困難で、現在ではこれを使用しているヘアサロンはごくごく限られた存在となってしまいました。という訳でありまして、お師匠様のお店はとってもレアな存在なのだ!
IMG_0428_20190809193339e41.jpg

 こちらは革砥(カワト)といって、研磨の仕上げに使用するツールです。これを使用すると砥石での研磨時に発生する微細なバリ等を除去する事が出来、髭剃りの際の安全性を高める事が出来るんですよ。
IMG_0439_201908091933413d4.jpg

 こちらもマニアックなアイテムだ、耳毛を処理するのに使用する穴刀(アナトウ)であります!
IMG_0450_20190809193342b75.jpg

 これらはお師匠様の斧コレクションであります!ひとえに斧と言っても、様々な形状のモノがあるんですね。
IMG_0458_20190809193344699.jpg

 この2つの斧は…
IMG_0460_20190809193345682.jpg

 刃の厚さがこんなにも異なっています。右の刃が薄いのは薪割り用なんですって!
IMG_0461_201908091933476ab.jpg

 また斧の表面を見ると、線が入れられているのが確認出来ます。
IMG_0465_201908091933488cd.jpg

 こちら側には三本の線が入っており…
IMG_0468_20190809193317d0e.jpg

 ひっくり返すと、逆側には四本の線が入っております。この線にはちゃんと意味があって、「大木が倒れてきても身(=三)を避ける(=四ける)」と縁起を担いでいるのだそうな。(この他にも三本線=ミキ(神酒)、四本線=ヨキ(四気)など、諸説あるようです)
IMG_0469_20190809193319e0f.jpg

 最後にお師匠様からナイフを1つ頂いてしまいました、自分でしっかり研いで大切に使わせて頂きますです!
IMG_6271_201908091933151ca.jpg
IMG_6274.jpg

 やっぱり男子は何かしらのこだわりを持って生きていかなきゃ成らないぞとtakeさん思うのでございます。takeさんももっともっとマニアックなこだわりを持って、濃い人生を生き抜いてやりますのだ!



ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
大地の芸術祭2018に行ってきたです、清津峡渓谷トンネルも素晴らしかった!
2018-09-09 Sun 12:18
 先日は響さんと一緒に、越後妻有地区にて開催されております芸術イベント「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018(公式サイト)」に行ってきました!(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 このイベントは2000年から3年に1度開催されておりまして、越後妻有地区の各地に世界中の芸術家達の手による作品を展示し、それを巡って楽しもうというイベントなのでございます!なおイベントの開催期間は、2018年の7月29日~9月17日までとなっております。
IMG_0002_20180908210758549.jpg

 作品は会期中以外でも常設展示されている物も多数あって、1年を通じて芸術鑑賞を楽しめるんですよ。また各種アートイベントなども、1年を通じて開催されているようですね。
IMG_0006_201809082107591e4.jpg

 芸術作品を鑑賞するのは基本的には無料なんだけど、一部有料の物も存在します。「作品鑑賞パスポート」を購入すると、全ての作品を観る事が出来るようですね。
IMG_0008_201809082107580d2.jpg

 この作品は、日本を代表する芸術家「草間彌生(公式サイト)」さんの作品「花咲ける妻有(詳細情報)」であります。なんともサイケでありますなぁ!w
IMG_0010_20180908210800053.jpg

 こちらはモロッコ出身の芸術家「ムニール・ファトゥミ」さんの作品「カサバラタ(詳細情報)」であります。白い壁から煙突が何本もニョキニョキと生えており、モクモクと白い煙を吐いております。裏へと回り込んでみると…
IMG_0021_201809082107402ea.jpg

 薪ストーブが幾つも設置されておりました、なんとも不思議な感じでありますw
IMG_0027_201809082107424a6.jpg

 下の写真の建物は、このイベントの拠点施設の1つ「まつだい雪国農耕文化村センター『農舞台』(公式サイト)」であります。この建物自体が、 オランダの建築家グループMVRDVが設計した芸術作品なんですよ!建物の内部にも多数の芸術作品が展示されており、特にトイレがとってもアーティスティックで必見なのだw
IMG_0002_201809062123232ea.jpg

 建物から見える棚田では、農作業の様子を表したオブジェが展示されております。これを眺める舞台って事で、この建物は「農舞台」って事なのかしらん!?
IMG_2028_201809082107455c9.jpg

 またこの施設内では「越後まつだい里山食堂(shop data記事)」が営業しており、地元の食材にこだわった無添加のヘルシーな料理を楽しむ事も出来ますのだ♪
IMG_2029.jpg

 でもってここからが今回のtakeさん的大本命「日本三大峡谷 清津峡(公式サイト)」でございます!
IMG_7100_2018090821075091a.jpg

 ここには「清津峡渓谷トンネル(詳細情報)」という施設が整備されておるのですが、今年の春に芸術祭の作品の1つとしてリニューアルオープンしましたのだ!
IMG_7101_20180908210752bbb.jpg

 こちらは清津峡渓谷トンネルのパンフレットであります。
IMG_7305_20180908210705704.jpg

 全長約750mのトンネルで、内部には渓谷を眺める事の出来る見晴らし所が4箇所設置されております。このトンネル全体が、大地の芸術祭のアート作品となっておりますのだ!
IMG_7310.jpg
IMG_7312.jpg

 こちらがトンネルの入口であります。周囲にある斜めに傾いた岩は、清津峡の渓谷にある「柱状節理(ちょうじゅうせつり)(詳細情報)」のレプリカであります。
IMG_8102.jpg

 トンネル入ってすぐの所に料金所があります。入坑料は通常だと¥600だけど、大地の芸術祭開催期間中は¥800となっております。
IMG_8200.jpg

 トンネル入ってすぐの所に、清津峡の詳しい解説が掲示されておりました。画像クリックで拡大出来ますので、良かったらじっくり読んでみてくださいな。
IMG_8201_201809082106572f4.jpg
IMG_8202.jpg
IMG_8203.jpg

 さぁトンネルを奥へと進むべし!設置された照明の色が場所によって異なっており、アーティスティックな雰囲気で歩いていて飽きませんでしたよ。
IMG_8204.jpg

 そうこうしているうちに最初の見晴らし所が見えてきました!
IMG_8208_20180908210703438.jpg

 ふむ、こちらはいたって普通の見晴らし所って感じねw
IMG_8210_20180908210617dfe.jpg

 下には見事な渓谷が見えましたよ、次は釣り竿担いで行ってみるべしw
IMG_8215.jpg

 さらにトンネルを奥へと進みます、紫の照明でなんとも妖しい雰囲気なのだ…
IMG_8216.jpg

 でもってこちらが第2見晴らし所であります、中央に設置された銀色のドームは…
IMG_8218_2018090821060841d.jpg

 なんとおトイレでした、しかも内側から外が透けて見えちゃう(もちろん外から中は見えないよ)マジックミラー号トイレだ!w 美しい渓谷を眺めながら用を足せるアートなトイレ、こちらも必見でありますぞw
IMG_8223.jpg
IMG_8221_20180909012908583.jpg

 第3見晴らし所はこんな感じ、いよいよアート作品っぽい雰囲気になってきましたね!
IMG_8226_20180908210609c4d.jpg

 さらにトンネルを奥へと進むべし。トンネル内は奥へと進むにつれて気温が下がり、この辺りまで来るとかなり涼しかったです。
IMG_8231.jpg

 トンネルは左へと回り込んで、外の明かりが見えてきました!ゴールは目前なり!!
IMG_8233.jpg

 そんなこんなでやっとこ辿り着いたこちらが、中国出身の芸術家「マ・ヤンソン」さんが設立した建築事務所「MAD アーキテクツ」によるアートトンネル「ライトケーブ(詳細情報)」の最深部にある「パノラマステーション」であります!
IMG_8235.jpg

 床一面に渓谷から湧き出た清水を張り、トンネル壁面にはステンレスを貼って、幻想的な空間を演出しておるのだそうです。
IMG_8240_201809082106153c0.jpg

 人が映り込んでいた方が、やっぱり絵になるかも!?
IMG_8251.jpg

 皆が思い思いのポーズで写真撮影しておりました、めっちゃインスタ映えしそう!ちなみにトンネルの隅は水深が1cm程ととても浅くなっており、奥まで歩いて行けますよ。
IMG_8255.jpg

 外側の眺めはこんな感じになっちょります。中央やや左下に人工の階段があって最初は驚いたんだけど、かつては渓谷沿いに遊歩道が整備されていたんですね。昭和63年に落石死亡事故があって以来遊歩道は閉鎖され、それの代替としてこのトンネルが整備されたのだそうです。
IMG_8260.jpg

 外側から内側を眺めるとこんな感じ。みんな写真を撮影するのに必死になっておる~ほれほれ、takeさんの姿をしっかりと撮影するのじゃwww
IMG_8264_20180908210536df6.jpg

 そんなこんなで見事な芸術作品をガッツリと堪能して、下界へと戻ってきたのでございます。
IMG_8276_20180908210535273.jpg

 この芸術イベントは9月17日までの開催だけど、ライトケーブなどの芸術作品はイベント終了後でも鑑賞できますのでご安心を。さぁ皆さんも次の休日は、越後妻有までドライブして芸術鑑賞してくるべし♪



ブログランキング・にほんブログ村へ

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
徳合へ枝垂れ桜を見に行ってきました!
2018-04-17 Tue 16:18
 昨日は響さんと一緒に糸魚川市の「徳合(公式サイト)」へ枝垂れ桜を見に行ってきました!高田の桜はすっかり散ってしまいましたが、徳合の桜は今でもバッチリ見頃なのだ♪(以下の写真は全てクリックで拡大可)

 国道8号を上越から糸魚川方面へと進み、筒石の手前にある徳合川の所で左折して…


 2キロほど進むと「枝垂れ桜の里 徳合」へと行く事が出来ます!
IMG_2075_201804172010597c4.jpg

 徳合の桜は、高田公園のように特定の場所にごっそり大量に植えられているという訳ではなく、集落内のメインストリート沿いに枝垂れ桜が点在して植えられておりますのだ。
IMG_2086.jpg

 車をのんびり走らせてると、枝垂れ桜が次から次へと現れてなんとも美しい眺めなのであります♪
IMG_2103_20180417201102a2e.jpg

 この枝垂れ桜が最も見応えありました、見事に咲き誇っておりましたよ!
IMG_2117_20180417201103076.jpg

 しかしtakeさん的にはやっぱり花より団子w 「魚勢 上越店(shop data記事)」で買ったお寿司を、桜を眺めながら頂いてきました♪
IMG_2124.jpg

 そうそう、徳合には見事な棚田もあるんだよね~田植えを終えると、緑の階段が連なる素晴らしい眺めになるでしょう♪
IMG_2130_20180417202404e00.jpg

 高田公園は既に葉桜となってしまったけど、徳合の桜はまだまだ見頃!さぁさ皆もお弁当を持って、徳合へとお花見に行ってくるべし♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT