吉野家 鰻重三枚盛セット お値段¥1720、熱量1229kcal!
2017-05-24 Wed 09:18
 先日は木田の上越大通り沿いにあります「吉野家 上越高田店(shop data記事)」に行ってきました!(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 この日はなんとなく贅沢気分、奮発して「鰻重」をば頼んでみるべしw せっかくの機会なんだし、1番贅沢な三枚盛をセットでいってみようっ!
IMG_0012_20170523205709517.jpg

 まったりと待つこと暫し、鰻蒲焼きがガッツリ山盛られた見事なお重が着丼なり!
IMG_0053_20170523205701f6c.jpg

 引いた全体像はこんな感じ、今回はセットで頼んだのでお味噌汁とお漬物が付いてきましたです。さらに山椒も二袋付いてました。
IMG_0076_20170523205657acc.jpg
【吉野家 上越高田店 鰻重三枚盛セット¥1720】

 中央の鰻を避けてみると、その下にもお鰻様が鎮座ましましておられます~ダブル鰻の超贅沢盛りなり!
IMG_0081_201705232056597a1.jpg

 まずは肝心の鰻を頂くべし、柔らか歯応えでなかなかの旨さでしたよ。使用されているタレの量は少なめに感じましたでしょうか。
IMG_0086.jpg

 ご飯にかけられたタレも量はあまり多くないようです。
IMG_0099.jpg

 ってな訳で鰻とご飯を一緒に頂くべし~タレの量が少なめであるが故に、鰻の香ばしい風味をよりダイレクトに味わうことが出来ますな!
IMG_0105.jpg

 しかしタレが少ない故に、鰻独特の臭みが僅かに気になるかも?けど山椒をかけるとその辺りは全く気にならなくなりました♪
IMG_0113_201705232057078aa.jpg

 そうそう吉野家の鰻って、提供毎の量的ばらつきを防ぐために、3分割にカットされたものをバランス良く盛り付けてあるんですよね。見た目が悪くなってしまう反面、食べやすくて量的なバランスも確保されておりまする。この提供スタイルじゃないと三枚盛も実現しづらいと思うし、これはこれで良いアイデアであるかと思います。
IMG_0123_20170523205706c5d.jpg

 さぁダブルで盛られた鰻に山椒をタップリとかけてやるべし~何しろ鰻量がたっぷりだから、山椒はやっぱり二袋ないと全く足りないねw
IMG_0125_20170523205615e6a.jpg

 断面図はこんな感じ、ダブル鰻のスーパーアタマ大盛りなり♪タレの量が少なめなのもこの写真でよく解りますね。
IMG_0145_20170523205617e93.jpg

 今回はセットで頼んだので、副菜としてお味噌汁とお漬物が付いております。takeさん基本的にこういったお店では単品注文なんだけど、やっぱり汁物などあった方が料理としてバランスが良いですな。
IMG_0154.jpg

 ラスト一列も鰻はダブル、こんなに素敵盛りの鰻重は専門店でもなかなかお目にかかれないと思いますぞw
IMG_0161.jpg

 〆にお茶をじっくりと味わって、大満足で店を後にしたのであります。
IMG_0165.jpg

 今回頼んだメニューはお値段¥1720、熱量なんと1229kcal!あらゆる意味でヘビーな逸品なのでございます!!皆さんも給料日などにはたまに贅沢して、鰻超山盛りの豪快重を試してみてはいかがですか♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越の牛丼チェーン店系各種丼飯 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
エースコック 厚切太麺 背脂こってり油そば 大盛り 超油っこいギンギラな逸品なり!
2017-05-23 Tue 08:18
 先日は「エースコック(公式サイト)」より発売されております「厚切太麺 背脂こってり油そば 大盛り(商品情報)」をお買い上げしました。(以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0065211.jpg

 「分厚い太麺×背脂入りこってりダレの食べ応え」、「太い!分厚い!濃い!」など、なんとも魅惑的な単語がずらずらと並んでおりますなぁw
R0065213.jpg

 エネルギー716kcal、高めの数値は覚悟の上よ!
R0065214.jpg
R0065220.jpg

 中身の様子はこんな感じ、かやく&調味たれという標準的な構成であります。
R0065223.jpg

 まずはかやくを投入、量がめっちゃ少ないように見えるのは気のせいだと信じたいw
R0065228.jpg

 熱湯を注ぎ入れて通常であれば5分待つのですが、固麺大好きtakeさんは例によって例の如く2分弱の待ち時間で強引に麺ほぐし開始、トータル2分強の茹で時間で湯切りを行いました。
R0065229.jpg

 次いで調味たれを投入し、しっかりと混ぜてやりますれば…
R0065232.jpg

「厚切太麺 背脂こってり油そば 大盛り」これにて完成なり!
R0065236.jpg

 早速麺を手繰りました~かなりの太さの縮れ麺であります、さらに麺の表面が油でギンギラめっちゃ旨そう♪早速一口啜ってみますれば、ギトギトこってり油味&塩気もしっかりキンキン濃厚、背脂独特の風味もしっかりと感じます、これはこれは油旨いぞ!麺の歯応えもムッチリしっかり、茹で時間短縮も大成功したようです♪
R0065247.jpg

 具材はナルト1枚に、メンマとネギと唐辛子がほんの少々…まぁアレだ、具材にかける予算を全て油に回したんだと信じておりますw
R0065256.jpg

 さらにワッシワッシと食べ進みます、稀に麺に絡む唐辛子が味の良いアクセントになってましたよ。さらに麺の表面は油で完全にコーティングされており、啜り心地もギットギトでこれまた宜しいw
R0065260.jpg

 ラスト、器の底に具材がたっぷり残ってしまう”カップ焼そば現象”も一切発生しなかったけど、油っこくて美味しかったからヨシとしましょw
R0065262.jpg

 油っこい料理が好きな人には自信を持ってオススメ出来る、非常にオイリーな逸品でした。具材が少なかったのは少々気になったけど、こと”油っこさ”においては非常に突き抜けた商品であります。麺も太くごわごわでとっても食べ応えがありましたよ~この手の味が好きだって人は是非とも1度お試しあれ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | インスタント、カップ麺 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
蒲公英拉麺YAMATO 上越妙高駅前にありますオシャレなラーメン屋さん♪@shop data
2017-05-22 Mon 11:18
 先日は上越妙高駅の西口前にありますラーメン屋さん「蒲公英拉麺YAMATO(たんぽぽラーメン やまと)(店舗サイト)」に行ってきました!ちなみにこちらのお店、三和区にあります人気ラーメン店「たんぽぽラーメン(shop data記事)」の姉妹店なんですよ。(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 蒲公英拉麺YAMATO(たんぽぽラーメン やまと)(店舗サイト
 新潟県上越市大和5-26-1 フルサット内
 025-530-7774
 営業時間 11:00~13:30(LO)/17:00~19:30(LO)
 定休日 不定休(水曜との情報もあり)



 こちらのお店は、上越妙高駅の西口前にあります複合商業施設「フルサット(公式サイト)」内にて営業しております。狭い範囲に多数のお店がごちゃっと固まっていて、なかなか楽しい空間ですよ♪
IMG_1871.jpg

 お店の入口脇にはそれぞれのラーメンに関する説明が詳しく書かれてました、入店する前にここでしっかり予習しておくと良いでしょう。
IMG_2865.jpg

 こちらは”夜メニュー”と書かれています、昼と夜でメニューの内容が異なるようですね。「トリュフオムレツ」なんて洒落たメニューが載ってますな、これまた気になる!
IMG_2868.jpg

 店内入ると目の前に券売機が設置されておりました。夜メニューの料理はここには載っていないようです、券売機を使用するのはランチだけのようですね。
IMG_2888.jpg

 左の壁には写真付きのメニューが掲示されており、これを見て注文する料理を最終決断すべし。この日の注文は、右下にある「上越田舎みそチャーシューメン」にする事としました。
IMG_2890.jpg

 店内の様子はこんな感じ、ラーメン屋さんとはとても思えぬオシャレな雰囲気!
IMG_3899.jpg

 テーブルにもメニューが用意されてました、次回来店時の参考にすると良いでしょう。
IMG_4109.jpg

 これらは夜専用のメニューと思われますが、ぎょうざなど一部ランチタイムでも注文出来るメニューがあるようです。
IMG_4123.jpg
IMG_4124.jpg

 これは夜のみ10食限定の…ラーメンなのか?w とってもオシャレな一杯ですね、これまた気になる!
IMG_4133.jpg

 そうこうしているうちに、待ちに待った一杯がご到着なり~なかなか賑やかな盛り込みでこれまたイイ感じ!透明感のあるスープもこれまた美しいですな。
IMG_7947.jpg

 引いた全体像はこんな感じです。ちなみにこのメニューは三和区にあります「あおき味噌(公式サイト)」の味噌を使用しており、さらに上越地区を代表する銘酒「雪中梅(詳細情報)」の酒粕を使用しているのだそうです!また右下にあるのは酒粕とかんずりを混ぜたもので「後半味変に使って下さい」とのことでしたが、この「かんずり(公式サイト)」も上越地域を代表する調味料であります。この一杯はまさに「上越田舎みそ」の名に偽り無しの、上越を代表する味噌ラーメンなのだ!
IMG_7955.jpg
【蒲公英拉麺 ヤマト 上越田舎みそチャーシューメン¥1130】

 まずはスープにご注目、上越地区の味噌ラーメンでは珍しい赤味噌系なり。そしてこの特徴的なビジュアルですよ、以前にこのラーメンを食べたぴょん吉さんが「まるで味噌汁のようなラーメンだ!」とビックリして連絡くれたことがあったんだけど、それも納得の味噌汁チックな見た目でありますw
IMG_7975.jpg

 軽く混ぜるとこんな感じ、濁った感じもこれまた味噌汁だw
IMG_7998.jpg

 早速レンゲですくって一口飲んでみると、ドッシリとした味噌味と共にほのかな甘味も効かせてあって、大変美味しゅうございます!さらに酒粕の風味が良いですね~身体の芯からポカポカ温まる感じ、きっと寒い時期だともっと美味しく感じるかもだ♪
IMG_8008.jpg

 次いで麺をリフト、やや細めの縮れ麺であります。ムッチリ歯応えでなかなかの旨さでしたよ、でもってスープの絡みがバッチリ良好♪
IMG_8019.jpg

 チャーシューは味付け濃い目、スープの味に全く負けぬなかなかの強キャラでしたw 脂身プルプル旨かった♪
IMG_8046.jpg

 味玉も同じく味付けやや濃い目だったけど、こちらは黄身の旨味もちゃんと楽しめる程良い味の濃さでした。
IMG_8056.jpg

 メンマは逆に味付け甘め、ザクザク強歯応えでこれまた旨かった!
IMG_8067_20170521183417bf6.jpg

 そして中央にはモヤシが大量トッピングされておりました、味噌ラーメンにはやっぱり大量のお野菜がなくっちゃねw
IMG_8071.jpg

 さらに紅生姜が味の良いアクセントとなっており、酒粕の風味をより引き立てている印象でした。
IMG_8081.jpg

 さぁここで味変用のかんずりを使ってみますか!箸でちょっと舐めて味をみてみると、ストレートのかんずりよりも辛味が若干マイルドである様に感じました。
IMG_8085.jpg

 ドカッと一気に全投入w
IMG_8091.jpg

 スープにしっかり溶かしてやると、やや赤みが増しましたでしょうか。早速一口飲んでみると、まろやかな辛味とコクがガッツリと加味されて大変美味しく味変されましたよ!
IMG_8101.jpg

 …それにしても麺量が結構あるな。実は最初の段階では器がやや小さめであると感じたんだけど、中には麺がギッチリと詰められており予想以上のボリューム感でしたよ。
IMG_8103.jpg

 最後は濃厚味噌スープをじっくりまったり味わって、大満足で店を後にしました。
IMG_8108.jpg

 上越地区の味噌ラーメンは甘い白味噌系が多いですが、こちらの味噌ラーメンは数少ない赤味噌系で、さらに上越の食材を多数使用しており、非常に注目度の高い一杯であるかと思います。「トリュフオムレツ」や「ヌードルブランシュ」等の夜メニューもとっても気になりますよね、こりゃランチ利用だけじゃもったいない~機会があったらディナータイムも是非とも来店してみたいっ!オシャレなディナーメニューも要注目の、なんとも興味深いお店でありますかと~皆さんも是非とも1度来店してみるべし♪



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

別窓 | 上越の赤味噌系ラーメン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
渓流釣りに行ってきたです、タケノコも沢山採れた!
2017-05-21 Sun 13:56
 昨日は家でウエーダーなど渓流釣りセットをフル装備し、カブ号に跨って渓流釣りに行ってきました!(以下の写真は全てクリックで拡大可)


 今回向かいましたのは、上越地区中山間部奥地の某所であります。車止めから山道を少々歩きまして…
P5208496.jpg

 んほ~いい眺め、マイナスイオンたっぷりw
P5208498.jpg

 そんなこんなで入渓点に到着なり!
P5208502.jpg

 今回持ち込んだ竿は源流域専用の超ショートパックロッド「MICRO FY49 #2/3 6pcs(購入記事)」であります、藪沢ではコイツが一番♪
P5208504.jpg

 準備完了、さぁ頑張るぞ!
P5208507.jpg

 っと開始直後のポイントにて、手前の木に引っ掛けたフライを回収しに行ったらチビちゃんに走られちまったw けどこれで今年もこの渓にイワナがいてくれることがハッキリした訳で、やる気の方も俄然アップ!
P5208510.jpg

 直後に無事一匹キャッチすることが出来ました、とりあえずボウズは逃れたぞw
P5208518.jpg

 やがて目の前に小さな雪渓が現れました。昨年は左岸から雪渓の上に簡単に上がれたんだけど今年は足場が悪くてダメで、腹をくくって雪渓の下を抜けました。落ちてこなくてよかったけどハラハラドキドキ、心臓にはあまり良くないねw
P5208525.jpg

 緑に覆われた谷底を清らかな水が流れています、なんとも美しい眺めなのだ♪
P5208526.jpg

 魚からの反応も飽きない程度にポツポツと。けしてサイズは大きくないけど、ドライフライの釣りは釣れる魚の大きさ関係なしに、魚さんからの反応があるだけで十分に楽しいのだ!
P5208527.jpg

 やがて流れがカクンと直角に曲がるポイントにやって来ました。昨年はここで一匹釣れたけど、今年は残念ながら反応なしw
P5208528.jpg

 さらに釣り上がるとヤブも次第に深くなり、水量も減って魚からの反応も乏しくなってきたので…
P5208534.jpg

 ここでフライロッドを山菜袋に持ち替えて、今度は渓を下りながら山菜採りだ!
P5208544.jpg

 まずは小さな竹やぶ発見。親竹もたいして太くないようだし、規模も小さくてぱっと見は全くどうってことない印象の竹やぶだったんだけど…
P5208548.jpg

 中に潜り込んでみたらビックリ、見事な「根曲がり竹(姫竹)(詳細情報)」のタケノコがワッシャワッシャと超大量に生えておりました!
P5208554.jpg

 極太でやんすw 若干時期が遅く育ち過ぎた個体も多かったけど、これだけ大量に生えてりゃ文句なしよw
P5208557.jpg

 「ウルイ(オオバギボウシ)(詳細情報)」も少量ながら生えてました。若芽は雪解け直後しか採れないので、今となってはレアキャラ扱いw
P5208559.jpg

 さて再び目の前には、小規模ではありますが竹やぶが姿を表しました。実はこの場所では昨年もタケノコを採っており、極太の見事なのがたんまり採れたのよ♪この日も渓を釣り上がっている最中に「この場所だな…」とタケノコの生え具合など確認済みだったのですが…
P5208562.jpg

 ふと足元を見ると、見慣れぬ足跡があるじゃない(右側にももっと目立つ足跡があったんだけど、自分の足で踏み潰しちゃったw)!さっきはこんなのなかったと思うんだけど…
P5208563.jpg

 ちょえ~タケノコも採られちゃってる!takeさん釣りしてる間に誰かがやって来て、タケノコはすっかり採り尽くされてしまったようです、なんてこったいw
P5208566.jpg

 それでもヤブの中を執念深く這いつくばって、前の人の採り残しを頑張ってゲットじゃ!
P5208569.jpg

 さらに渓を下ると「モミジガサ(シドケ)(詳細情報)」を見つけました、この辺りでは準レアキャラ扱いの山菜ですね。独特の香りがしてとっても美味しいんですよ!
P5208572.jpg

 基本的には若い芽を根元から折って収穫するんだけど、上の写真ほどに大きく育った個体から先の柔らかな部分だけを収穫するやり方の方が、株へのダメージを最小限に抑えることが出来るのでオススメです。
P5208577.jpg

 あら、その近くでは誰かが斜面を登って山菜を採った跡がありました。takeさんが釣りしている間に下流の方では誰かが随分と頑張っておったようですのw
P5208578.jpg

 そうこうしているうちにようやっと山道まで下ってきました、ゴールまであと少し!
P5208591.jpg

 実はこの山道の脇にも竹やぶがあるんだよね。
P5208592.jpg

 こちらもやや育ち過ぎたのも多かったけど、結構な量のタケノコが生えておりました。
P5208595.jpg

 さっき採ったタケノコと比べると随分細いけど、自家用ならこれで十分♪
P5208597.jpg

 そんなこんなで無事車止めまで帰ってきました~今回は予備のザックまでタケノコでずっしりよw
P5208604.jpg

 この日の収穫は極太タケノコがたっぷりと…
P5208622.jpg

 さらに左がモミジガサ、右がウルイであります。これらは保存が利かないので、一食分のみ控えめ採取。
P5208624.jpg

 でもってタケノコ採りは後の処理が大変、この日も夜遅くまでお袋と2人で皮むき作業w 今回の収穫だけでタケノコ瓶詰めが8本作れました!
P5208627.jpg

 タケノコの収穫量は順調に増えておりますが、1年分の食料としてはまだまだ全く足りませぬ!さぁ次の休みも頑張ってタケノコ採らなきゃ!!



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

別窓 | 2017年のアウトドア遊び | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ローソン 餃子定食弁当
2017-05-21 Sun 08:18
 先日は近所のローソンにて「餃子定食弁当」をお買い上げしました。餃子の定食のお弁当か…なんか微妙な存在のお弁当だなw (以下の写真は全てクリックで拡大可)

R0065068.jpg

 ほれ早速ご開帳、ジャンボな餃子がズラリと並んでこれまた迫力のビジュアルである!
R0065076.jpg

 引いた全体像はこんな感じ、餃子のタレとラー油の小袋が付いてました。
R0065083.jpg

 まずは餃子を1つリフトアップ、焼き目がこれまた香ばしい!けど所詮はコンビニ餃子、カリッと香ばしい歯応えを期待してはいけませんよw
R0065088.jpg

 裏側はこんな感じ、皮はやや厚めの印象であります。
R0065091.jpg

 中身の様子はこんな感じ、具材は肉系という事になるのかな?
R0065101.jpg

 早速一口がぶりんちょ、ニンニクの風味しっかりでそのままでもバッチリ美味しゅうございます!ちなみに皮は焦げた部分もやっぱりモシャモシャ歯応え、この辺りはまぁしょうがないねw
R0065107.jpg

 具材の味がしっかりしているが故に、メシもガッツリ進む旨さでございました♪
R0065112.jpg

 今度はタレとラー油を餃子にかけてやって…
R0065113.jpg

 タレたっぷりの餃子が旨いのはモチロンのこと、タレをご飯にチョンチョンして…
R0065117.jpg

 餃子のタレが染みたご飯、こちらもまた抜群の旨さなのだw
R0065120.jpg

 またこのお弁当は餃子の他に、鶏唐揚も2つ入ってましたよ。
R0065121.jpg

 こちらも早速がぶりんちょ、濃い目の味付けでこれまたメシが進むw
R0065124.jpg

 その他の副菜はこんな感じ、メンマと茹でモヤシが付いてました。メンマはジャンボサイズで満足の食べ応え、モヤシはピリ辛味で口直しにもってこいでしたよ。
R0065128.jpg

 さぁタレがたっぷりの餃子を on the ライスにてワシワシと食べ進むべし!
R0065135.jpg

 器の底に溜まった餃子のタレに鶏唐揚をディップして…
R0065136.jpg

 最終的には残ったタレにご飯までディップして、タレ&ラー油を一滴すら残さず全てをガッツリ味わい尽くしました!
R0065139.jpg

 餃子とご飯の組み合わせ、中国の人が聞いたら首をかしげるかもだけど、日本人にとってはメシが進む最高のパートナーですよね。ジャンボサイズの餃子がたっぷりで満足の食べ応えでございます、餃子好きさんは是非とも1度お試しあれ♪



にほんブログ村 グルメブログへ

別窓 | コンビニ等グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 上越に暮らすtakeさんの忘我混沌な日常 | NEXT